ツイート 全 消し する 方法。 【Twitter】画像以外のツイートを一括削除する方法(逆も可)

ツイートを全消し・選択削除できる方法!ツイ消ししたいTwitterユーザー必見

ツイート 全 消し する 方法

Twitter(ツイッター)公式アプリで過去のツイートを全削除できる? Twitter(ツイッター)の公式アプリでは過去のツイートを遡って1つずつ削除できますが、一括で削除することはできません。 過去のツイートを一括で削除するには、便利ツールを使用する必要があります。 ツールを使用することにより、一括もしくは選択したツイートを削除できます。 過去のツイートを全削除できるツール こちらでは、過去のツイートを全削除するのに特化したTwitter(ツイッター)の便利ツールを3つご紹介します。 それぞれの使い方などを理解して、アカウントに合ったツールを選びましょう。 黒歴史クリーナー 「黒歴史クリーナー」は、タイムラインから新着のツイート3200件を取得して一括で全削除できるツールです。 削除オプションから削除するツイートを指定して削除もできます。 具体的には、リプライやいいねをもらったツイートなどを保護してそれ以外のツイートをすべて削除することや、日付を指定した期間のツイートのみを削除できます。 簡単に登録でき、10分程度でツイートの削除が完了します。 Tweet Deleter 「Tweet Deleter」は海外のツールですが、日本語に対応しており、これまでのツイートやリツイートをTweet Deleterのダッシュボード上で見やすく一覧表示してくれます。 ダッシュボードの上部にある「全てのツイートを選択」をチェックして、「ツイートを削除」ボタンをクリックすると簡単に全てのツイートを削除できます。 ツイートを指定して削除する場合は、ダッシュボード左側に表示されている上の画像のチェックボックスにチェックすることで、指定して削除できます。 自分がつぶやいたツイートやリツイートやリプライなど、画像や動画などのメディアを含んだツイートなどの指定が可能です。 また、日付を指定しての削除も可能です。 有料会員限定で、ツイートを自動的に削除してツイート数を保持してくれる「自動削除機能」などを利用できます。 常にツイート数を一定に保っていたい方などは利用してみてはいかがでしょうか。 ツイートの一括削除ツール! 「ツイートの一括削除ツール!」は、シンプルなデザインでTwitter(ツイッター)アカウントを認証するだけでツイートを一括削除でき、大量のツイートでも短時間で全削除がでるツールです。 指定した条件に合うツイートの件数を表示してくれるので、確認してからツイートを削除できます。 短時間に何度もツイートを削除するとTwitterの運営がツールをスパム対象と見なす可能性もあるため、短時間で何度も一括削除するのは辞めましょう。 ツイートを全削除する場合の注意点 ここでは、ツイートを全削除する場合に気を付けておきたい注意点についてご説明します。 ツールを使用してツイートを全削除するのはとても効率的ですが、注意点がいくつかあります。 注意点を理解して正しくツールを使用しましょう。 一度削除すると復元できない ツールを使用して一括で全削除したツイートは、復元することができません。 ツールや機能を使用して、削除してしまったツイートを確認することはできますが、削除前のように復元して表示はできません。 ツイートを一括で全削除する場合は、復元できないことを理解してから削除するようにしましょう。 ツイートが残ってしまう場合がある ツールや機能を使用して一括でツイートを全削除をしても、ツイートが残ってしまう場合があります。 ケース別でご説明します。 更新されない場合 自分がツイートを削除した場合でも、フォロワーなどがTwitter(ツイッター)のタイムラインを更新していない場合、削除したはずのツイートが相手のタイムラインに表示される可能性があります。• キャッシュ キャッシュとは、一度見たページや画像・動画などを一時的に保存しておくデータのことをいいます。 削除したはずのツイートでも、PCのブラウザからキャッシュを表示させることで最大20件のツイートを表示されます。• RSS RSSとは、Webサイトやブログなどの更新や新着情報を自動で取得してくれる技術です。 フォロワーなどがあなたのアカウントのRSSを取得して、RSSリーダーに追加している場合は、ツイートを削除しても相手のRSSリーダーに残ってしまいます。 削除後はアプリ連携を削除する ツールは効率的にツイートを一括で全削除ができてとても便利ですが、ツールを経由してTwitter(ツイッター)のアカウント情報が外部に漏れ出してしまう可能性もゼロではありません。 可能性は低いですが、ツールはTwitterへのアクセスを許可してアカウント情報を共有しているため、ツールがハッキングされてしまった場合などにアカウントを乗っ取られてしまう可能性があります。 ツールを使用したらアプリとの連携を解除するようにしましょう。 選択削除も可能 ツイートを選択して削除する場合も、一括で削除する方法と同じく公式Twitter(ツイッター)からは削除できないため、ツールを使用する必要があります。 先にご紹介した一括で全削除ができるツールは、ツイートを選択して削除する選択削除も可能ですが、選択削除に特化しているツールについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 削除できない場合の対応 ツイートを一括で全て削除したはずなのに削除できない場合は、下記の方法を試してみましょう。 キャッシュを削除する• Togetter(トゥギャッター)から削除する キャッシュが残ってしまっている場合は、削除したはずのツイートも表示されてしまいます。 キャッシュを削除してデータからツイートを削除しましょう。 便利ツールのTogetterを使用している場合は、公式Twitter(ツイッター)とTogetterの両方からツイートを削除する必要があります。 ツイートが削除できない場合の対処法について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。 ツイートはツールを使って全削除しましょう ツイートを全て一括で削除する方法についてご紹介しました。 ツイートを整理して1からTwitter(ツイッター)を運用したい場合、ツールを使用することによって一括でツイートをスムーズに削除できます。 ツールを使用して全削除することの注意点を理解して、効率的にツイートを削除しましょう。 また、ツイートを削除できない場合などの対処法についても理解しておき、もしもの場合に対処できるようにしておきましょう。

次の

ツイートの一括削除にはツールが便利!全削除の注意点と削除できない場合の対応まで

ツイート 全 消し する 方法

皆さん、SNS 使っていますか? Facebook や Twitter、Instagram などがメジャーですね。 いろいろと便利ですし楽しいのでどんどん使っていくといいと思うんですが、 懸念がないでもないです。 転職時に応募先の人事に投稿内容をチェックされることです。 かくいう私も「人事は応募者の SNS をチェックしている?そんな業務あらへんやろw 都市伝説やろw」と思っていたのですが、友人知人で人事をやっているひと複数に聞いてみた結果、 全員「ネット上での言動は確認はする」との回答でした。 母数は少ないですが、まったく異業種のかたがたに聞いてみたので、まあそれなりにあるあるのようです。 どこまでやるかはその社しだいでしょうけど。 それが自分にプラスになるようなもの、たとえば 自分が発明人の特許などならウェルカムなんですが、SNS などのプライベートなものはあまり知られたくないですよね。 Facebook は投稿の公開範囲を細かく制御できるのでそれほど問題にはなりませんが、 Twitter は基本的に全公開なので厄介です。 お、「俺は Twitter は実名じゃないのでだいじょうぶ!」とか思ったかた、要注意です。 わりと簡単に特定できるようです。 相手も百戦錬磨の 人事という名の会社の犬 採用のプロです。 われわれエンジニアがスキルを磨いている間に彼奴らは 可愛い女子社員 優秀なエンジニアを採用する方法を考えているのです。 聖人君子や、リア充パリピな人たちは問題ないとおもいますが、このブログを見に来てくださってる時点であなたはちょっとスネに傷を持っているのでは? 某巨大掲示板に書き込むノリでツイートしているのでは? ということで、今回はそのような脛に傷を持つエンジニアのために、 Twitter でのこれまでのツイートを削除する方法をご紹介します。 さっさと臭いものには蓋をしちゃいましょう。 いままでのツイート Tweet を保存する 全ツイートの履歴データをリクエストする まず、これまでのツイートを保存しましょう。 「おれは過去は振り返らない主義だぜ!」てかたもだまって保存してください。 このデータはあとでツイートを削除するときに使いますので。 まずはPCのブラウザから にいきログインしてください。 すると、下図のように左端にズラッと表示されると思います。 その中から「Twitterデータ」をクリックしてください。 下図のような「Twitterデータ」のページが表示されます。 そのページの下のほうに「ツイート履歴 すべてのツイート履歴をダウンロード」というのがありますので、それをクリックしてください。 下図のような「コンテンツ」のページが表示されます。 そこの「全ツイート履歴をリクエストする」をクリックしてください。 すると下図のようにリクエストを受け付けた旨が表示されます。 これでリクエストは終わりです。 普通は数分でメールが来ますが、ツイート数が多ければ数日かかることもあるそうです。 全ツイート履歴をリクエストすると、「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンが下記の図のように「メールを再送信」というボタンに変わります。 このボタンを押しても最新のツイート履歴は取得できません、最初に「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンを押した時のデータが再度送られて来ます。 再度、全ツイート履歴をリクエストするには1週間ほど待つ必要があります。 1週間くらい経つと、「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンが再度表示されるようになります。 慌てず1週間くらいお待ちくださいね。 リクエストした全ツイート履歴を保存する リクエストが終わってしばらくすると、Twitterに登録しているメールアドレス宛てに全ツイートの履歴データが準備できたという旨のメールが来ます。 そのメールの「ダウンロードする」ボタンをクリックしてください。 すると、長いランダムな英数字の羅列の zip ファイルがダウンロードされます。 これがツイート履歴です。 ちなみにこれは HTML ファイルなので普通にブラウザで閲覧できます。 これでいままでのツイートを保存する作業は終わりです。 このzipファイルはツイートを削除するときに使うので消さないでください! いままでのツイートを全削除する ツイートは手作業でポチポチ1つづつ削除することも可能ですが、それは人生の浪費です。 ここではサクッと既存ツールを利用します。 ここでは 黒歴史クリーナーというツールを使います。 サイトは下記からアクセスできます。 なにやら名前が怪しいですが、私が使った限り問題ありませんでした。 下記のようなサイトです。 ツイッターにログインした状態で「ツイッターでログイン」をクリックして次へ進みます。 このアプリの使用許可を聞かれるので、連携を許可します。 注意書きの書かれたページへ飛びます。 内容を確認して「削除設定ページへ」をクリックします。 削除するツイートを指定します。 ここでは、全ツイート履歴を削除します。 まず、「タイムライン」でなく「全ツイート履歴」を選択します。 つぎに、 全ツイート履歴のデータをアップロードします。 このファイルは、最初にダウンロードしておいた全ツイート履歴のデータのzipファイルのことです。 下図では 「tweets. zip をアップロードしろ」と書いてありますが、ファイル名は異なります。 長いランダムな英数字の羅列の zip ファイルです。 つぎに、ツイート削除開始時と終了時に自動ツイートするメッセージの設定です。 デフォルトではへんちくりんな文言が入っていますが、削除して 空欄にしておけばOKです。 もしなにかツイートしたい場合は、適宜設定してください。 削除を開始するとプログレスバーが出ます。 完了するまで待ちましょう。 完了したら、実際にツイートが削除されているか確認しましょう。 まずは からログインしましょう。 ここでホーム画面のツイート数を見てください。 0および0くらいになっていればOKです。 なぜかツイート全削除しても0にならない場合があるようです。 ツイート数の表示がゼロでなくても 下図のようにまだツイートしたことない状態になっていればOKです。 最後に、念のため黒歴史クリーナーの連携を解除しておきます。 つぎに「アプリ連携」をクリックしてください。 下記のような連携許可を設定するページになりますので、黒歴史クリーナーの「許可を取り消す」をクリックしてください。 これで 黒歴史クリーナーと縁が切れました。

次の

Twitter(ツイッター)でツイートを全消し(完全削除)する安全なツール・方法は?

ツイート 全 消し する 方法

この章の目次• 削除するツイートのサンプル 削除するツイートのサンプル ツイートを削除するとどうなるか、簡単に把握しておきましょう。 サンプルとして、図のようなツイートを用意しました。 このツイートにはリプライが2つ付いています。 そしてリツイートとお気に入り登録もされています。 自分とフォロワーのタイムラインから削除される まず基本的なこととして、そのツイートが本人のタイムライン、フォロワーのタイムライン、また検索結果など、全ての場所から削除されます。 ここまでは想像がつくと思います。 お気に入りと公式リツイートも削除される 次に他人がストックしたお気に入りや、リツイートした投稿はどうなるか。 お気に入りに登録されていても、そのユーザーのお気に入りリストからツイートは削除されます。 リツイートも同様で、リツイートしたユーザーの投稿が削除されます。 まとめると、お気に入りもリツイートも、元のツイートを削除すれば、連動して削除されるということです。 非公式リツイートは削除されない 非公式リツイートは削除されない ただし、図のような非公式リツイートは削除されずに残ります。 非公式リツイートは、簡単に言うと、あなたのツイートをコピーして自分のつぶやきとして投稿するのと形式的には同等の行為だからです。 それらを削除したい場合は、そのユーザーに依頼する必要があります。 リプライは削除されない リプライは削除されない 削除したツイートに付いていたリプライ 返信 は削除されません。 ツイートを削除後、それらのリプライは、何もないところに話しかけている独り言のようになって、残ります。 なので、もし削除するツイートにリプライが既に付いていたら、それらのユーザーに一言、「削除した」という旨のメンションを送っておく方がいいかもしれません。 Tweetを削除する手順.

次の