神奈川 緊急 事態 宣言 解除。 神奈川は27日に全業種解除 4道県の休業要請―緊急事態宣言:時事ドットコム

神奈川は27日に全業種解除 4道県の休業要請―緊急事態宣言:時事ドットコム

神奈川 緊急 事態 宣言 解除

政府は、緊急事態宣言が継続された東京都や北海道など、5都道県について、来週25日にすべて解除する方向で検討に入った。 解除されれば、緊急事態宣言が、全国で解除されることになる。 政府は、25日に専門家会議などを開催し、北海道と東京都を含む関東圏の5都道県の解除の是非を判断する。 解除の目安の1つである、「直近1週間の新たな感染者数が10万人あたり0. 5人程度以下」をクリアしているのは、東京・埼玉・千葉の3都県で、東京都は、21日に初めて0. 42人となり、目安を下回った。 一方、神奈川県は0. 87人、北海道は0. 67人と、目安を上回っていて、神奈川県は24日まで感染者数が0だとしても、目安をクリアできない状況。 これについて、政府関係者は、感染者数の減少傾向が続いていることや、感染ルートがある程度追えているとして、「25日の全面解除は十分可能だ」と説明している。 一方、政府高官は、25日に解除の判断を前倒しした理由について、「経済的にも自粛的にも、限界に近づいている」と話している。 政府は、対象地域の週末の感染者数の推移などを見極めたうえで、近く最終判断する方針。 引用:FNNプライムオンライン• 5月25日に残りすべて解除する方向で検討• 東京・埼玉・千葉は解除の目安をクリア• 神奈川と北海道も減少傾向で感染ルートも追える• 前倒し理由は「経済的にも自粛的にも限界に近づいている」 宣言解除の前倒しの主な理由は、「東京都の基準クリア」と「経済的に限界」ということです。 首都圏のホテルでは「このまま営業しなければ倒産になる」として緊急事態宣言解除を待たず営業を再開するホテルも出ていて、サービス業が限界に近づいているのも、大きな理由ではないでしょうか。 東京都は緩和方針を発表(5月22日) 東京都の小池都知事は、25日解除の場合、26日午前0時から自粛緩和を開始すると発表し、緩和方針も明らかにしました。 博物館や美術館、学校などが緩和対象• 運動施設は観客席を除いて緩和• 野球やバスケットボールなどのプロスポーツは無観客での開催が可能• 50人までの小規模イベントも実施可能• 25日解除の場合、自粛緩和の開始は27日午前0時からとなります。 原則としてすべての業種で休業要請を解除する方針• 段階を2つに分け、ステップ1では、営業時間を午後10時までにすることを要請• ステップ2では時短営業を解除し、中規模イベントから順次、開催を可能にする• 緊急事態宣言が25日に解除された場合、県内での休業要請の解除は27日の午前0時から 待ちに待った宣言解除ですが、再自粛にならないよう気をつけながらも経済活動に貢献すべく、レジャーや観光を楽しみたいですね。

次の

政府が「緊急事態宣言」解除を諮問 約1カ月半で終了の見通し

神奈川 緊急 事態 宣言 解除

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が、5月25日付で完全に解除された。 これに伴い、大手キャリアが代理店に委託して運営、または直営している「キャリアショップ」における時短営業や業務限定の解除を順次進めている。 この記事では、5月27日時点での状況をまとめる。 ドコモショップ(NTTドコモ) ドコモショップでは現在、原則として午前10時から午後4時までの時短営業と受け付け業務の限定を行っているが、以下のスケジュールで時短営業と受け付け業務の限定を解除する。 8都府県に所在する店舗 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県に所在するドコモショップでは、以下のスケジュールで時短営業と業務限定を解除する。 6月1日:受け付け業務の一部拡大()• 6月10日(予定):時短営業の解除と、受け付け業務の限定解除 上記以外の39県に所在する店舗 39県に所在するドコモショップでは5月20日付でを行っている。 6月1日からは、時短営業の解除と、受け付け業務の限定解除を実施する。 関連記事• 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、大手キャリアは自社ブランドのショップを休業、あるいは営業時間を短縮する動きを見せている。 オンライン手続きを促進する動きもあるが、オンラインでは完結できない手続きもある。 簡単にまとめた。 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が39県で解除されたことに伴い、解除された県に所在するドコモショップにおいて、5月20日から一部業務の受け付けを再開する。 当該ショップでは、6月1日からは通常営業に戻る見通しだ。 ソフトバンクが新型コロナウイルスの影響を受けたユーザーに対する支援措置として実施している「料金支払い期限の延長」措置について、一部のサービスを対象にWeb受け付けを開始した。 「緊急事態宣言」の対象地域の見直しに伴い、ソフトバンクショップとY! mobileショップの時短営業と業務縮小の対象地域も見直される。 ソフトバンクが、通信サービスの支払い猶予について期限を「6月30日まで」延長する。 25歳以下のユーザーを対象とする携帯電話のデータ通信容量の追加購入の無償化措置(50GBまで)も同日まで延長される。 新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から臨時休業していた楽天モバイルショップが、「特定警戒都道府県」以外で順次営業を再開する。 営業時間は原則として「午前10時から午後4時まで」だが、テナント出店している店舗は異なる場合がある。 関連リンク•

次の

埼玉、千葉、東京、神奈川、北海道の緊急事態宣言解除5月25日に判断 月末まで不要不急の移動自粛を全国で呼び掛け

神奈川 緊急 事態 宣言 解除

黒岩知事のツイッター投稿 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、知事のツイッター投稿が物議を醸している。 神奈川の感染者が1都3県で最多の状況を踏まえ、「足を引っ張っている状況で肩身が狭い。 解除条件をすでにクリアしている埼玉、千葉のみなさんゴメンナサイ!」と投稿。 コメント欄には「謝るのは感染者に失礼」「医療現場は必死にやっている」といった批判が相次いだ。 知事の投稿は20日午後10時55分ごろ。 一部解除の動きを見据え、「今日の感染者数は21人。 明日の首都圏の解除は絶望的」とし、政府が解除の目安とする基準を達成している千葉や埼玉への謝罪の言葉で締めくくった。 この投稿に対し、21日午後9時ごろまでに約1300件リツイート(転載)され、2千件近い「いいね」を集めた。 800件を超えたコメントは「気持ちは分かるから謝らなくていい」「一緒に頑張りましょう」と肯定的な声がある一方、「院内感染を起こした病院が悪いのか」「県民が迷惑を掛けているみたい」「感染者への差別を助長しかねない」といった批判が大半を占めた。 投稿を目にした小学生2児の母親(35)=横浜市南区=も「言葉が軽い。 ただただ残念」。 同市中区の飲食店に勤める男性(41)は「私たちに非があるような物言い。 県民が責められかねず、知事こそ足を引っ張っている」と憤った。 神奈川新聞社の取材に黒岩知事は「解除基準を上回ったことに強く責任を感じて発信した」と説明。 批判が相次いだことには「感染者を批判する意図はなく、誤解を与えてしまったことは申し訳ない」と陳謝した。 外部サイト.

次の