統合失調症家族ブログ。 統合失調症の症状で多い「思考障害」についての理解を深めよう

統合失調症の症状で多い「思考障害」についての理解を深めよう

統合失調症家族ブログ

はじめまして、精神保健福祉士のシアンです。 統合失調症に苦しむ当事者はもちろんのこと、 それを身近で支えるご家族や周囲の方々の苦労は計り知れないもの。 まだはっきりとした原因や治療法が確立されていない病気だからこそ、 あなたはこういったことでお悩みではないですか?• 医師の指示通りに服薬を続けているのに、一向に回復しない。 言っていることが支離滅裂で、理解できない。 監視されているとか狙われているとか、ありもしないことに怯えている。 急に叫んだり怒り出したりするので、身に危険を覚える。 自分は病気ではないと言い張って、病院に行ってくれない。 仕事をしようともせず、家で寝てばかりいる。 この先どういった人生を送っていくのか、明るい希望が見えない。 ここに挙げた以外にも、まだまだあるでしょう。 特に常識的に生きてきた方にとっては理解しがたいことばかりですし、 なぜ自分がこんなことで悩むことになったのかと悲観的にもなるかと思います。 何とかしたい。 何とかしてあげたい。 でもどうすればいいかわからない。 と、不安と焦りに押し潰されそうではないですか? しかし諦めるのはまだ早いです。 統合失調症は、接し方で100パーセント変わるのです。 そのためにもまず、あなたから変わってみませんか? そのきっかけやヒントを、本音で包み隠さずお伝えしていこうと思います。 統合失調症は服薬だけでは回復しない 統合失調症は、薬を飲んでいるだけでは回復しません。 なぜなら統合失調症は、 医師の指示通り服薬して休養を取れば治るといった、 たとえば風邪のような病気ではないからです。 もちろん服薬は必要です。 幻覚や妄想など、 病気の症状の部分を薬が抑えてくれるからです。 でもそれだけではダメ。 それで終わりではないのです。 むしろそこからが始まり。 症状が抑えられたからといって、 すぐに統合失調症が発症する前の状態に戻れるわけではないからです。 なぜ症状が抑えられているのに、治ったとは言えないの? 統合失調症というのは、 幻覚や妄想といった病気の部分だけではなく、 その後に残る生活のしずらさが非常に大変です。 病気の症状が治まっても、 「何もする気になれない」 「考えることが困難になった」 「疲れやすい」 「ひとに何か言われたことを、悪く受け取ってしまう」 「ちょっとしたことでも耐え難いストレスを感じる」 などなど個人差はありますが、 元々ばりばり仕事をしていた人でも、 すぐに元の生活に戻るというのは難しいことが多いです。 これは統合失調症が、ただの病気ではないからです。 病気の部分と、そのひとの性格や物事の捉え方が絡み合って、 しんどさとなって現れてくると私は考えています。 つまり服薬治療と並行して、当事者自身が変わらないといけません。 そこでリハビリテーションが必要になってきます。 リハビリによって、• 自分の今の状態• どういった経緯で統合失調症になったのか• どういったときにストレスを感じるのか• ストレスを感じたときどう処理してきたのか• なぜ統合失調症になったのか• どうすれば再発せず回復に持っていけるか などを理解し、少しずつ改善していくのです。 しかし統合失調症に実際になったことのない人からしてみれば、 そのしんどさが理解できず、 「怠けているようにしか見えない」 「なにがそんなにしんどいのかわからない」 「ただのわがまま」 といった話もよく聞きます。 特に家族や身近な人からしてみれば、 イライラして文句を言ったり叱りつけてしまったり。 しかしそれは本人にしてみれば強いストレスとなって重くのしかかります。 一番の味方になってほしい、 一番のよりどころであるはずの家族など身近な人だからこそ、 そのストレスも想像以上。 逃げ場を失ってしまいます。 そうすると更に統合失調症からの回復を遅らせたり、 病状を悪化させ、 再発のきっかけとなることもしばしば見かけます。 誰よりも心配し、 回復を望んでいるはずの家族が、 統合失調症再発のきっかけになることも、珍しくないのです。 こんなに悲しいことってありませんよね。 でもこれがよくある事実。 接し方が回復への環境を作る 回復へのリハビリを成功に導くには環境が重要です。 統合失調症の原因がストレスに関係している以上、 そのときそのときの状態に応じた適切な対処が大切なのです。 つまり周囲のひとの接し方が本当に大切になるのです。 接し方が、 統合失調症に悩む人の回復を左右する! といっても過言ではありません。 言い換えれば、 接し方ひとつで回復力を高めることだってできるのです。 以前、こんなことがありました。 私の勤める施設、 地域活動支援センターに通う利用者さんが、 統合失調症を再発し、再び入院しました。 この方は初めて発病して入院し、退院してからは、 もう何年も毎日施設に通われていました。 その間も被害妄想はありましたが、 それでも比較的、少なくとも施設で過ごしている時間は、 元気に明るく生活しておられました。 しかし働けるといったところまでではなく、 それが昔気質の父親からすれば情けないと思うらしく、 いけないとは思いながらもついつい怒鳴りつけ、 手を上げてしまっていたそうです。 その結果病状が悪化して入院となってしまったわけですから、 働くとまではいかないまでも、 支援センターで明るく過ごせていたときよりも、 本人も、ご家族も辛いし、 しんどい思いをしているということは間違いないことでしょう。 今挙げたのは悪化してしまったひとつの例ですが、 家族が病気を理解し、 周囲が適切な接し方をすることで回復に至った例もたくさんあるわけです。 なぜ「接し方」が重要なのか? 統合失調症の原因はまだはっきりと解明されてはいません。 ただストレスが関係しているのは間違いありません。 ストレスが関係している病気であるからこそ、 薬を飲んで終わり、というのではなく、 ストレスを受けにくくするための物事の捉え方などを 身につけてもらうことが重要になってきます。 また症状や状態はひとそれぞれ。 病気の症状が出ていてしんどい状態の中で、 ストレスを受けにくくするための方法などを話したところで、 本人からしてみればそれどころではありません。 その話がいくら正論でも、 プレッシャーを感じさせるだけのストレスとなって、 病状を悪化させることだってあります。 そういったときには、なるべくストレスがかからない環境を作ってあげ、 安心して休養を取ってもらうようにすることも必要です。 回復して本人にやる気が出てきたときに、 適切な言葉をかけてあげることで良い方向に進むこともあります。 つまり当事者自身も変わらなければなりませんが、 家族など周囲の人も一緒に変わらなければなりません。 統合失調症とひとくくりにすることなく、 ひとそれぞれ、そのときの状況や状態に合った、 適切な接し方が重要なのです。 統合失調症と向き合う なぜ統合失調症になってしまったのか? つまりなぜ統合失調症に至るまでに、 ストレスが重くのしかかってしまったのか。 一般的に、統合失調症は誰にでも起こりうる病気で、 誰のせいでもないというようなことが言われています。 果たしてそれをまともに受け取っていいのでしょうか? 確かに誰のせいでもないかもしれません。 でも実際に起きてしまったことは、 誰のせいでもないと言っても、 何も解決しないのではないでしょうか。 ここを読んでくださってるあなたは、 現状を何とかしたいと、 強く思っているのではないでしょうか? 慰めを求めているのなら、 他のサイトやブログにたくさん書いてあると思います。 このブログを読んでも耳当たりのよい言葉はありません。 そういったことを求めておられるなら、 そちらに行っていただいた方が良いかと思います。 そうではないなら、 「統合失調症の苦しみから本気で抜け出したい」 「そのために頑張ろう」 そう考えているのなら、一緒に変わりましょう。 少しずつでもいいんです。 変わっていきましょう。 私は医師ではなく、精神保健福祉士です。 精神保健福祉士ですが、 病院やクリニックで働く医療関係者ではありません。 統合失調症でお悩みの方が日中活動される場所で、 それを支えるソーシャルワーカーとして、 病気の治療ではなく、 日々の活動を共にすることを通じて、 その方の持っている力を引き出すお手伝いをしています。 だからこそ気づいたことがあります。 だからこそ思うこと、伝えたいことがあります。 メンタルランプという当サイトの名前は、 このサイトを読むことで、 統合失調症でお悩みのあなたの心に、 「たとえ小さくても希望の明かりが灯ればいいな」 という思いを込めて、つけました。 メンタルランプでは統合失調症に関する情報や考え方を、 地域生活における実体験を通した私の本音として提供いたします。 その中には医療の立場ではNGであったり、 現在の世で一般的には正解とされていないこともあるかもしれませんが、 恐れずにお伝えしようと思います。 統合失調症は、接し方で変わります。 そしてこれまでの接し方を変えるのはあなたです。 少しずつでいいんです。 一緒に変わっていきましょう。

次の

【統合失調症】家族ができる対応と限界、家族として願うこと

統合失調症家族ブログ

まずは、 「家族会」というのがどんな団体なのか見ていきましょう。 家族会とは? 家族会は、色んな種類がありますが、ここでは主に統合失調症をはじめとする、精神疾患の方に向けた情報をお届けします。 家族会というのは、主に統合失調症などの精神疾患の患う患者さんを抱える家族のための団代です。 家族の方が、当事者と一緒に治療を進めていくうえ感じる、悩みや疑問などに答えて、お互いに情報交換をしていく集まりになります。 実を言うと、家族会はすべての都道府県にあり、全国に1700を超える数があるのです。 家族会は、大きく分けて2つあります。 病院家族会• 地域家族会 この2つです。 病院家族とは、病院を基盤とする家族会です。 これに対し、地域家族会とは、地域を基盤にする家族会になっています。 近年では、作業所と連携する家族会や、地域の枠を超えて有志が結成する家族会など、スタイルも多様化しているのです。 家族会は、規模もさまざまになっています。 例えば、法人格を持つ家族会もある一方で、少人数でアットホーム的な感じの家族会まで、本当に幅広く展開しているのです。 現状の制度の改善を行政や医療機関に働きかける• 勉強会を行う• 患者さんの社会復帰を目指していく などの活動をしています。 統合失調症の患者さんを抱えた家族は、途方に暮れます。 どうやってこれから生きていけばいいのか迷うでしょう。 そんな時は、家族会を参加すると、色々な情報交換ができますし、悩みの共有ができます。 そして、苦しんでいるのは自分たちだけではないと、前向きに生きられるのです。 また、家族会には、活動するための3本の柱があります。 相互支援• 社会的活動 この3つです。 詳しく1つずつ見ていきましょう。 語り合う 色んな悩みを抱えている家族が多いです。 そして、悩みを通して、仲間がいるという発見ができるので、安心や癒しにつながります。 相互交流 家族会は話し合いだけではありません。 レクリエーションや行事を開催しているので、参加するとさらに親睦が深められるのです。 そうすると、治療のために経験や活力を得られるでしょう。 情報交換 統合失調症の情報は色んな場所で得ることができます。 しかしながら、どれが正しくて自分に合った情報なのかはわかりません。 そんな中、家族会はより具体的な情報交換ができるのです。 そのため、本当に困った時に助けてもらえます。 どんなリハビリがあるか?• 福祉制度はどんなものがあるか?• 利用できる社会資源は何か? このような情報も得ていかないとなりません。 ですが、これはなかなか一人でやるのは難しく困難でしょう。 ただ、家族会ではこれらの学習を効率的にできます。 家族教室• 研修会• 講演会• 施設の見学 など、色んな所で学習する機会を提供しているのです。 つまり、家族が聞き手をして参加するだけでなく、実際に学びの場を与えてくれます。 医療や制度などの改善を要求する• グループホームや作業所などの開発や運営をしていく• 現状の福祉制度や計画に向けた署名活動や発言 このように家族の方が、対外的活動できるようになっているのです。 活動を通し、家族自らが、経験や知識を高められるようになっています。 このような3本の柱をメインに活動しているのです。 と、そんな風に思う方も多いでしょう。 そこで、家族会や精神疾患についての情報サイトを紹介します。 ウッチー ウッチーは、下記の3つのサイトが使いやすいと考えています。 公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会 みんなねっと• 全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会• 特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構・コンボ この3つです。 精神障害に特化しているので、精神疾患の患者さんを抱える家族にはピッタリです。 本人と家族が安心して暮らせる社会を目指して活動しています。 また、多くの仲間ができるので、お互いに学び、手をつないで活動できるのです。 兄弟の抱える色々な問題を解決するために活動しているのです。 兄弟の会になりますが、兄弟だけでなく、両親も支援しているので安心してください。 家族全体への支援をしながら、福祉の充実を目指ししているのです。 その上で、地域で活動する人たちと交流を持ち、科学的に根拠のあるサービス内容を展開しているのです。 統合失調症に関連する情報も豊富なので、確かな知識が身につきます。 このようなサイトを利用すると、家族会がどんな団体なのかわかります。 また、色々な情報を得られるので、本当にオススメです。 家族会は悩みの共有ができますし、病気に対する知識が高まる団体です。 最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

次の

~メンタルランプ~ 統合失調症は接し方で100%変わる!

統合失調症家族ブログ

はじめまして、精神保健福祉士のシアンです。 統合失調症に苦しむ当事者はもちろんのこと、 それを身近で支えるご家族や周囲の方々の苦労は計り知れないもの。 まだはっきりとした原因や治療法が確立されていない病気だからこそ、 あなたはこういったことでお悩みではないですか?• 医師の指示通りに服薬を続けているのに、一向に回復しない。 言っていることが支離滅裂で、理解できない。 監視されているとか狙われているとか、ありもしないことに怯えている。 急に叫んだり怒り出したりするので、身に危険を覚える。 自分は病気ではないと言い張って、病院に行ってくれない。 仕事をしようともせず、家で寝てばかりいる。 この先どういった人生を送っていくのか、明るい希望が見えない。 ここに挙げた以外にも、まだまだあるでしょう。 特に常識的に生きてきた方にとっては理解しがたいことばかりですし、 なぜ自分がこんなことで悩むことになったのかと悲観的にもなるかと思います。 何とかしたい。 何とかしてあげたい。 でもどうすればいいかわからない。 と、不安と焦りに押し潰されそうではないですか? しかし諦めるのはまだ早いです。 統合失調症は、接し方で100パーセント変わるのです。 そのためにもまず、あなたから変わってみませんか? そのきっかけやヒントを、本音で包み隠さずお伝えしていこうと思います。 統合失調症は服薬だけでは回復しない 統合失調症は、薬を飲んでいるだけでは回復しません。 なぜなら統合失調症は、 医師の指示通り服薬して休養を取れば治るといった、 たとえば風邪のような病気ではないからです。 もちろん服薬は必要です。 幻覚や妄想など、 病気の症状の部分を薬が抑えてくれるからです。 でもそれだけではダメ。 それで終わりではないのです。 むしろそこからが始まり。 症状が抑えられたからといって、 すぐに統合失調症が発症する前の状態に戻れるわけではないからです。 なぜ症状が抑えられているのに、治ったとは言えないの? 統合失調症というのは、 幻覚や妄想といった病気の部分だけではなく、 その後に残る生活のしずらさが非常に大変です。 病気の症状が治まっても、 「何もする気になれない」 「考えることが困難になった」 「疲れやすい」 「ひとに何か言われたことを、悪く受け取ってしまう」 「ちょっとしたことでも耐え難いストレスを感じる」 などなど個人差はありますが、 元々ばりばり仕事をしていた人でも、 すぐに元の生活に戻るというのは難しいことが多いです。 これは統合失調症が、ただの病気ではないからです。 病気の部分と、そのひとの性格や物事の捉え方が絡み合って、 しんどさとなって現れてくると私は考えています。 つまり服薬治療と並行して、当事者自身が変わらないといけません。 そこでリハビリテーションが必要になってきます。 リハビリによって、• 自分の今の状態• どういった経緯で統合失調症になったのか• どういったときにストレスを感じるのか• ストレスを感じたときどう処理してきたのか• なぜ統合失調症になったのか• どうすれば再発せず回復に持っていけるか などを理解し、少しずつ改善していくのです。 しかし統合失調症に実際になったことのない人からしてみれば、 そのしんどさが理解できず、 「怠けているようにしか見えない」 「なにがそんなにしんどいのかわからない」 「ただのわがまま」 といった話もよく聞きます。 特に家族や身近な人からしてみれば、 イライラして文句を言ったり叱りつけてしまったり。 しかしそれは本人にしてみれば強いストレスとなって重くのしかかります。 一番の味方になってほしい、 一番のよりどころであるはずの家族など身近な人だからこそ、 そのストレスも想像以上。 逃げ場を失ってしまいます。 そうすると更に統合失調症からの回復を遅らせたり、 病状を悪化させ、 再発のきっかけとなることもしばしば見かけます。 誰よりも心配し、 回復を望んでいるはずの家族が、 統合失調症再発のきっかけになることも、珍しくないのです。 こんなに悲しいことってありませんよね。 でもこれがよくある事実。 接し方が回復への環境を作る 回復へのリハビリを成功に導くには環境が重要です。 統合失調症の原因がストレスに関係している以上、 そのときそのときの状態に応じた適切な対処が大切なのです。 つまり周囲のひとの接し方が本当に大切になるのです。 接し方が、 統合失調症に悩む人の回復を左右する! といっても過言ではありません。 言い換えれば、 接し方ひとつで回復力を高めることだってできるのです。 以前、こんなことがありました。 私の勤める施設、 地域活動支援センターに通う利用者さんが、 統合失調症を再発し、再び入院しました。 この方は初めて発病して入院し、退院してからは、 もう何年も毎日施設に通われていました。 その間も被害妄想はありましたが、 それでも比較的、少なくとも施設で過ごしている時間は、 元気に明るく生活しておられました。 しかし働けるといったところまでではなく、 それが昔気質の父親からすれば情けないと思うらしく、 いけないとは思いながらもついつい怒鳴りつけ、 手を上げてしまっていたそうです。 その結果病状が悪化して入院となってしまったわけですから、 働くとまではいかないまでも、 支援センターで明るく過ごせていたときよりも、 本人も、ご家族も辛いし、 しんどい思いをしているということは間違いないことでしょう。 今挙げたのは悪化してしまったひとつの例ですが、 家族が病気を理解し、 周囲が適切な接し方をすることで回復に至った例もたくさんあるわけです。 なぜ「接し方」が重要なのか? 統合失調症の原因はまだはっきりと解明されてはいません。 ただストレスが関係しているのは間違いありません。 ストレスが関係している病気であるからこそ、 薬を飲んで終わり、というのではなく、 ストレスを受けにくくするための物事の捉え方などを 身につけてもらうことが重要になってきます。 また症状や状態はひとそれぞれ。 病気の症状が出ていてしんどい状態の中で、 ストレスを受けにくくするための方法などを話したところで、 本人からしてみればそれどころではありません。 その話がいくら正論でも、 プレッシャーを感じさせるだけのストレスとなって、 病状を悪化させることだってあります。 そういったときには、なるべくストレスがかからない環境を作ってあげ、 安心して休養を取ってもらうようにすることも必要です。 回復して本人にやる気が出てきたときに、 適切な言葉をかけてあげることで良い方向に進むこともあります。 つまり当事者自身も変わらなければなりませんが、 家族など周囲の人も一緒に変わらなければなりません。 統合失調症とひとくくりにすることなく、 ひとそれぞれ、そのときの状況や状態に合った、 適切な接し方が重要なのです。 統合失調症と向き合う なぜ統合失調症になってしまったのか? つまりなぜ統合失調症に至るまでに、 ストレスが重くのしかかってしまったのか。 一般的に、統合失調症は誰にでも起こりうる病気で、 誰のせいでもないというようなことが言われています。 果たしてそれをまともに受け取っていいのでしょうか? 確かに誰のせいでもないかもしれません。 でも実際に起きてしまったことは、 誰のせいでもないと言っても、 何も解決しないのではないでしょうか。 ここを読んでくださってるあなたは、 現状を何とかしたいと、 強く思っているのではないでしょうか? 慰めを求めているのなら、 他のサイトやブログにたくさん書いてあると思います。 このブログを読んでも耳当たりのよい言葉はありません。 そういったことを求めておられるなら、 そちらに行っていただいた方が良いかと思います。 そうではないなら、 「統合失調症の苦しみから本気で抜け出したい」 「そのために頑張ろう」 そう考えているのなら、一緒に変わりましょう。 少しずつでもいいんです。 変わっていきましょう。 私は医師ではなく、精神保健福祉士です。 精神保健福祉士ですが、 病院やクリニックで働く医療関係者ではありません。 統合失調症でお悩みの方が日中活動される場所で、 それを支えるソーシャルワーカーとして、 病気の治療ではなく、 日々の活動を共にすることを通じて、 その方の持っている力を引き出すお手伝いをしています。 だからこそ気づいたことがあります。 だからこそ思うこと、伝えたいことがあります。 メンタルランプという当サイトの名前は、 このサイトを読むことで、 統合失調症でお悩みのあなたの心に、 「たとえ小さくても希望の明かりが灯ればいいな」 という思いを込めて、つけました。 メンタルランプでは統合失調症に関する情報や考え方を、 地域生活における実体験を通した私の本音として提供いたします。 その中には医療の立場ではNGであったり、 現在の世で一般的には正解とされていないこともあるかもしれませんが、 恐れずにお伝えしようと思います。 統合失調症は、接し方で変わります。 そしてこれまでの接し方を変えるのはあなたです。 少しずつでいいんです。 一緒に変わっていきましょう。

次の