バンギラス 厳選。 バンギラスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンソードシールド】バンギラスの入手方法や種族値、覚える技まとめ

バンギラス 厳選

【良いところ】• 攻撃種族値の高さとタイプ一致「ストーンエッジ」から高い決定力を持ち、ほとんどの相手を2発以内に倒すことができます。 「ストーンエッジ」読みで出てくる地面タイプやドータクンに等倍がとれる「かみくだく」も強力です。 得意な相手に交代出しし、相手の交代際に1発撃ち逃げするスタイルが合っています。 砂嵐による特防上昇効果で特殊耐久が高いです。 タイプ耐性を活かさずともサンダース・ライコウ・サンダーなどの電気タイプに対して交代出しができます。 電気タイプは「めざめるパワー」のタイプが氷or草の2択であることからラグラージやドサイドンなどの電気流しでも安定して対策できません。 しかしバンギラスは「めざめるパワー氷or草」に4倍弱点を持たないため安定した対策となります。 また、特殊耐久の高さからハピナスに安定して交代出しができます。 ヘラクロス・メタグロス・ドサイドンなどの物理エースはハピナスに出すときに弱点を突かれる心配がありますが、バンギラスがハピナスに弱点を突かれることはまずありません。 物理エースの中でも安定してハピナスを起点にできるポケモンといえます。 高い種族値は受けにくさにも繋がります。 特殊耐久と攻撃力の高さ・水に4倍弱点を持たないことから、岩タイプでありながらスイクンやシャワーズなど水タイプに後出しされにくいです。 エスパー技に対して無償降臨ができます。 「きあいだま」を持つフーディンは無理ですが、格闘技を持たないエスパータイプに交代出しができます。 具体的にはアグノム、クレセリア、ラティアスなどです。 彼らを「おいうち」で狩ることもできます。 プラチナ以降のDS環境ではバグにより「おいうち」が使えませんが・・• そのほかノーマル・炎などのタイプに耐性を活かして交代出しができます。 カビゴンの「おんがえし」読みや、ファイヤーの「だいもんじ」読みで出すことができます。 対炎タイプでは、「にほんばれ」を打ち消しつつの降臨もできます。 砂嵐のダメージにより、相手の「きあいのタスキ」を潰せるだけでなく味方のエースの決定力のサポートができます。 味方のエースが乱数でしか倒せない相手を確定で倒せることがあり、相手の耐久調整も崩すことができます。 6on6では「ステルスロック」と合わせてダメージを蓄積させることもオススメです。 砂嵐の効果は強力で、見せ合いなし6on6では特に砂パでなくてもパーティ全体で砂嵐に対応することが必要となります。 相手のパーティの構築にまで影響を与える特性です。 砂嵐は味方のガブリアスやグライオンの「すながくれ」を発動させることもできます。 回避率を上げ、砂嵐下で「みがわり」「つるぎのまい」を積みやすくしたり「はねやすめ」連打で相手の攻撃が外れるまで粘る戦法がとれます。 オマケですが、天候を砂嵐に書きかえられるため雨パの全抜きを阻止しやすいです。 バトル終盤の「すいすい」キングドラは雨状態で止めにくいエースですが、死に出しでバンギラスを出すことによりキングドラの火力と素早さを下げることができ、止めやすくなります。 天候が砂嵐になれば、終盤にコチラの砂パガブリアスとキングドラでタイマンになっても突破が可能です。 【悪いところ】• 特性「すなおこし」により天候を変えてしまうため味方のメンバーを考えて選ぶ必要があります。 砂嵐ダメージを受けない岩・地面・鋼タイプでパーティを固める必要はありませんが、耐久が半端なポケモンを流しとして組み入れにくくなります。 本来耐えていたはずの相手の攻撃を砂嵐で耐えられなくなってしまうからです。 また、相手のガブリアスの「すながくれ」を発動させてしまいます。 6on6では特に砂パがメジャーなので、相手に「すなおこし」要員がいなくても砂パ型のガブリアスがちゃっかり入っていることさえあります。 相手の交代を読みつつ1発撃って逃げます。 様々な相手に交代出しして撃ち逃げするためにHPに振ります。 努力値を36だけ攻撃から特防に割くと特攻全振り性格補正無しラティオス@こだわりメガネ の「りゅうせいぐん」を2発耐えるようになり役立つケースがあります。 コチラが「おいうち」を持っている可能性があるのでラティオスは交代しにくいため、逃がさずに狩れることがあります。 「ストーンエッジ」は最も火力が出るメインウェポンです。 コレ読みでガブリアスやラグラージなどが出されるため、交代読みの技を選択することが必要です。 「かみくだく」は「ストーンエッジ」半減読みで出てきた相手に等倍ダメージを与えやすい技です。 交代際のダメージは「しっぺがえし」の方が大きいですが、「かみくだく」にすると耐久無振りドサイドンを高乱数2発で押し切れたり、防御特化ドータクンを中低乱数2発で押し切れたりします。 エスパーを狩れる「おいうち」もありますが、この型は超霊対策というよりはエースなので、交代先に負担をかける「かみくだく」の方が合っています。 「じしん」はメタグロスやルカリオなど鋼タイプへの交代読みで使います。 ドサイドンの弱点を突くこともできます。 残りの技は選択肢となります。 「アクアテール」はカバルドンへの交代読みで撃つことができます。 「れいとうパンチ」では防御特化カバルドンが中低乱数2となり突破できませんが、「アクアテール」なら確2となり突破できます。 ドサイドンの4倍弱点を突くこともできます。 「れいとうパンチ」はガブリアスやグライオンへの交代読みで使います。 特に「ストーンエッジ」読みでガブリアスに出されてしまうとコチラの交代際に「みがわり」「つるぎのまい」を積まれ、相手の「すながくれ」と合わせてイタイです。 見せ合いありなら交代読み「れいとうパンチ」を決めやすいです。 役割関係.

次の

バンギラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バンギラス 厳選

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるバンギラスの育成論と対策について掲載しています。 バンギラスのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 特にすなあらし下では特防が1. 5倍となるため、後出しで相手の特殊アタッカーを流しつつ突破することも可能です。 耐久の優秀さを活かせるので、HPを倍化させるダイマックスとの相性も良いです。 優秀な技範囲 バンギラスはいわ、あくタイプの一致技以外にも炎、電気、格闘等、多くのタイプの技を習得できて技範囲が優秀です。 またちょうはつやでんじは、ステルスロックといった変化技も覚えられるので起点作り用のサポート型としても優秀な性能をしています。 採用する技の構成によって非常に多くのポケモンに対して役割を持てるでしょう。 その耐久力は非常に高く、大抵の不一致格闘技でも耐えてしまうほどです。 さらにダイスチルやだいダイアースでさらに防御力を高めることもできてしまいます。 まさに不沈艦です。 耐久の努力値調整 多くの努力値を耐久に割いて特定の攻撃を耐えるようにし、余りを攻撃力に振っています。 交代読みで相手の後続に負荷をかけられる技を選択していくことがポイントになります。 相手のダイマックス技で天候を変えられることがあるので注意してください。 バンギラスのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・Lvで習得 ・タイプ一致のいわ技 ・火力・追加効果共に優秀だが、命中が80と低いのが難点 ・Lvで習得 ・タイプ一致のいわ技 ・ストーンエッジより威力は落ちるが、少しでも命中を安定させたいなら採用 ・で習得 ・タイプ一致のいわ技 ・相手の対面の素早さを1段階下げ、後続につなげる役割を持てる ・Lvで習得 ・タイプ一致のあく技 ・ドラパルト、ミミッキュに対して特に有効 ・Lvで習得 ・威力100の高火力で、はがね、ほのお、でんき、どくタイプの弱点を突ける ・で習得 ・フェアリータイプに対して有効 ・ダイスチルの防御1段階上昇との相性も良い ・で習得 ・ナットレイやアーマーガアに対して打点を持てる ・で習得 ・対バンギラスのミラー対面やサザンドラに対して有効 ・ダイナックルで攻撃の1段階上昇も狙える ・で習得 ・サポート型で採用 ・で習得 ・サニーゴなどの変化技を多用する物理受けポケモン等に対して有効。 積み技も警戒できる ・で習得 ・たすき潰しに有効で、サイクルでも有利を作れる。 砂パエースのドリュウズで抜きやすくするために採用 ・で習得 ・ちょうはつで積む起点をつくれるので相性が良い バンギラスのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 弱点が多く、高耐久のバンギラスと相性が良い すなあらし下でのとくぼう1. 5倍と合わせて強力な特殊流しに サポート型で採用。 相手を強制交換させてステルスロックやでんじはをうつ 高耐久のポケモン全般と相性が良い 苦手な格闘タイプ意識で持たせて1ターンは必ず動けるようにする さらさらいわ すなあらしのターン数延長に バンギラスの対策 注意点 環境にはじゃくてんほけんを持ったバンギラスが多く、耐久も優秀なのでダイマックスをされると2倍弱点では倒しきれないことがあります。 安易に弱点を突いて攻撃すると、相手の攻撃と特攻が2段階上がった状態で反撃されてしまうので注意が必要です。 対策方法 4倍弱点の格闘技で攻める バンギラスは耐久が高いので、素早く突破するためには 4倍弱点である格闘技で攻めるのが有効です。 ローブシンやルカリオのようなかくとうタイプのポケモンで一致技を叩き込み、一気に突破するのが良いでしょう。 ただし、 HPが満タンの状態でのダイマックス時には耐えられてしまう可能性があるため注意が必要です。 すばやさでバンギラスの上を取る バンギラスはすばやさの種族値が低いため、例えば物理型に対しては上からおにびを撃って機能停止させるなど、先手を取ることで対策を取ることができます。 物理受けポケモンで対応する アーマーガアやドヒドイデなどの物理受けポケモンで対策することも有効です。 ただし、特殊型で10まんボルトなどを採用している場合も稀にあるので注意してください。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】バンギラスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

バンギラス 厳選

バンギラス 種族値 HP 100 攻撃 134 防御 110 特攻 95 特防 100 素早 61 いわ あく 合計種族値 600 特性 すなおこし バトルに出た時、5ターンの間、天気が「すなあらし」になる 隠れ特性 きんちょうかん 相手がきのみを使えなくなる バンギラスの特徴 バンギラスの長所 種族値600族 ポケモン過去シリーズから存在する600族のひとりです。 素早さ以外の種族値にバランス良く配分されており、素早さを犠牲にして攻撃が高いのが特徴的。 耐久も申し分ない種族値ですので、受けながら攻撃できるポケモンと言えます。 特性でタスキつぶし可能 バンギラスの特性「すなおこし」で天候を「すなあらし」にすれば、相手のHPを毎ターン削ることができます。 そのため、相手ポケモンが「きあいのタスキ」を持っていても、天候のダメージがあるために「きあいのタスキ」が効果を発揮しにくい状況をつくれます。 ACが優秀なうえに技範囲が広い バンギラスのA種族値134・C種族値95と両方とも高いため、攻撃・特殊の両方が技候補に入ります。 またバンギラスが覚える技のタイプが多く、技の候補が豊富に存在します。 バンギラスの短所 かくとうタイプに弱い バンギラスのタイプが、いわ・あくタイプなので、かくとうタイプが4倍弱点で相性が悪いです。 かくとうタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。 素早さが速くない S種族値61と速くないので、素早さでほかのポケモンに勝つことが難しいです。 素早さを利用して戦闘するには、「こだわりスカーフ」などのアイテムや「りゅうのまい」などの技で補強する必要があります。 バンギラスの育成論一覧 弱点保険型.

次の