メトレート フォリ アミン。 先程は回答ありがとうございました。メトトレキサートとフォリ...

先程は回答ありがとうございました。メトトレキサートとフォリ...

メトレート フォリ アミン

リウマトレックスと葉酸の関係は? リウマトレックスは葉酸代謝拮抗剤です。 葉酸を活性型葉酸にする酵素の働きを阻止することにより、核酸合成を阻止し、細胞増殖を抑制します。 リウマトレックスによる副作用のうち、消化器症状(食欲不振、吐き気)は葉酸の作用不足によるものなので、葉酸を併用すれば症状は軽くなります。 しかし、リウマトレックスの作用機序が葉酸代謝拮抗作用によるものなので、大量の葉酸を投与してしまっては副作用だけでなく効果も減弱させてしまいます。 メトトレキサートと葉酸 葉酸の併用は, 肝酵素上昇,口内炎,消化器症状や一部の血球減少症など用量依存的副作用の予防に有効である。 MTX を週8mg以上使用する時や副作用リスクがある高齢者,腎機能低下例では併用が勧められる。 MTX週8 ~10mg であれば葉酸は週3mgでもよい。 葉酸製剤はフォリアミンを使用し、MTX最終服用後24~48時間目に投与する。 肝酵素上昇など副作用発生後に治療目的でも投与するが、この場合は葉酸を週5mg使用する。 葉酸併用後、RAに対する治療効果が減弱する場合があるが、葉酸を減量することにより効果が再現される症例も少なくない。 重篤な副作用 汎血球減少など 発現時は、MTXを中止し、活性型葉酸製剤ロイコボリンを使用し救済療法を行う。 メトトレキサートの副作用 MTX用量が増えて懸念される副作用は肝酵素上昇,口内炎,消化管障害,血球減少症と感染症である。 MTX 承認以来,副作用死亡症例内訳を3年ごとに見てみると,問質性肺炎の比率は減少し,感染症とリンパ増殖性疾患の増加傾向が見られる。 骨髄障害については減少傾向が見られない。 葉酸の服用のタイミングはいつ? うちの薬局では、土日でリウマトレックスを飲んで、月曜にフォリアミンを飲むという用法が多い。 火水にリウマトレックス飲んで、金にフォリアミンとかもあった。 メトトレキサートによる関節リウマチ治療において、副作用軽減のため、リウマトレックス投与後24~48時間後にフォリアミンを投与するのが一般的です。 しかし、この用法が確実であると結論が出ている訳ではなく、「リウマトレックス服用の24時間前もしくは24時間後にフォリアミンを服用するのが有効」という文献もあります。 ちなみに米国では、フォリアミン1mgを連日投与するのが通常です。 リウマトレックスの副作用軽減のためのフォリアミンはリウマトレックス服用前?後? 日経DI掲載クイズ QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず? リウマトレックス投与前に飲ませるという方法もあるのですね。 メトトレキサート服用後の早期に葉酸を投与すると明らかに関節リウマチの治療成績が低下するため、日本リウマチ学会のガイドラインでは、メトトレキサートの最終服用後、24~48時間以内に服用することを推奨している。 参 参考書籍:日経DI2014. 2 だよなあ、治療成績下がるよなあ。 リウマトレックスとフォリアミンを同日に投与されている患者や、フォリアミンを連日服用する患者等がたまにいるが、以前からその投与法だと服用法を変えることでコントロール不良になる可能性もある。 リウマトレックスと葉酸を同時服用しちゃダメ? MTXと葉酸を併用する場合、同時併用は避けるべきとされています。 MTXと葉酸は、小腸の葉酸特異的な輸送システムによって吸収されて血中に移行し、MTXは一部速やかに活性代謝物(7-OH-MTX)に変換されます。 ここで同一の輸送システムを利用するため、葉酸とMTXを同時に投与すると、競合的な阻害が生じると考えられています。 実際、臨床試験ではMTXと葉酸を併用すると、併用しない場合と比べてRAに対する効果が減弱することが明らかになっています。 吸収された葉酸や7-OH-MTXの血中濃度半減期は短く、分布相で1. 5~4時間、消失相は8~15時間と考えられているので、葉酸はMTX投与後24~48時間空けて投与されることが多いです。 リウマトレックスの最大用量 リウマトレックスの1週間最大用量が以前8mgだったのに、いつのまに16mgに増えていた。 現在の用法は、 通常、1週間単位の投与量をメトトレキサートとして6mgとし、1週間単位の投与量を1回又は2~3回に分割して経口投与する。 分割して投与する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で投与する。 1回又は2回分割投与の場合は残りの6日間、3回分割投与の場合は残りの5日間は休薬する。 これを1週間ごとに繰り返す。 なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減するが、1週間単位の投与量として16mgを超えないようにする。 16mgだと8カプセル。 3回に分割すると3cp、3cp、2cpか。 投与方法としてはさまざまなパターンが考えられるが、1回あたりの用量としては1個か2個というケースが多いだろう。 1週間当たりの用量として8個を超えてはいけないことに留意する。 関節リウマチの第一選択薬はリウマトレックス リウマトレックスは以前は添付文書に、「「過去の治療において、非ステロイド性抗炎症剤及び他の抗リウマチ剤により十分な効果の得られない場合に限る。 」というただし書きが書かれており、関節リウマチの第一選択薬として使えませんでした。 しかし日本では2011年2月23日にメトトレキサート成人用量の増量こついての公知申請が承認され、週16mgまでの増量と第1選択薬としての使用が可能となり、海外並みの積極的投与が可能となりました。 関節リウマチの関節破壊は,発症後1年以内に進行するうえ、発症後早期にメトトレキサートを問始した方が治療効果 有効率、寛解率、継続率,骨破壊進行抑制効果 が高く、治療中の効果の減弱 エスケープ現象 も少ない。 また発病早期からの強力なDMARDs治療は、関節リウマチの自然経過を変え、薬剤中止寛解につながる可能性も指摘されている。 日本リウマチ学会はRAコホートや製造販売後調査を解析し「MTXは必要に応じて週16mg まで増量することにより、RA治療の有効性は向上し,安全性には有意の変化は認められない」という調査成績をまとめた。 しかし、週15mgを超えると治療効果はプラトーに達する傾向がある。 日本リウマチ学会ガイドラインによる投与量 MTX開始時の投与量は、当時の日本でのMTXの使用状況を踏まえて週6mgとされている。 ただし,予後不良因子を持つ非高齢者では週8mgで開始し、副作用危険因子のある症例 高齢、腎機能障害など では週4mg以下で開始するなど、個々の症例のリスク/ベネフィットを考えながら用量の設定をすることが勧められている。 初期投与量で効果不十分であれば,4~8週ごとに漸増する。 副作用危険因子がなければ週16mgまで漸増することにより、有効性は増加するが, 週12mgぐらいから、増量による治療効果の増加は少なくなってくる。 したがって、最大用量まで増量しなくても、他のDMARDsや生物学的製剤との併用療法を考慮してもよい。 日本リウマチ学会ガイドラインによる用法 用法に関してはMTX1週間分の投与量を分1で投与することも可能になった。 薬物動態の検討ではMTX10mg以上の分1投与では、皮下あるいは筋注投与に比べて,生物学的利用能が20~30%減少するが、分2投与では分1投与に比べて約30%の生物学的利用能が期待できる。 また、高用量の分1投与では,血中濃度の一時的上昇により嘔気が起きることをしばしば経験する。 海外や小児例でも高用量分1投与による嘔気が問題になっている。 海外でも,嘔気を中心とした消化器症状に対して,皮下投与へのスイッチや分割投与の可能性が考慮されている。 メトトレキサートを何mgまで増量するか MTX単剤治療で寛解導入できる症例は,高用量まで使用しても約20~30%と報告されているが,極早期から使用することにより,寛解率はさらに増加する可能性はある。 しかし,最大でも60~70%と考えられる。 したがって,治療目標である寛解、最低でも低活動性を達成するには,他のDMARDsや生物学的製剤の併用が必要になる。 束海大学の症例のMTX投与量を解析すると,60歳未満の副作用リスクが低い患者群では週12mgが最も多く、次いで、週8mg、週10mgである。 また、MTX14mg以上の内服症例は、全体の約10%であり,14~16mg投与している症例の寛解率は必ずしも高くないことから、MTX治療反応性が良好な症例では、週12mgまで使用すればかなりの症例で効果が期待できると考えられる。 抗リウマチ薬の併用療法 DMARDs未使用のRA患者では、MTX単剤で治療を開始するのが一般的である。 MTX単剤治療で寛解導入できる症例は、高用量まで使用しても約40~50%であるが、極早期から使用することにより,寛解率はさらに増加する可能性はある。 効果不十分な例では,他の低分子DMARDsや生物学的製剤の併用が必要になる。 DMARDs併用療法は単剤に比べて有効性が高いことは,海外で広く受け入れられている。 RCTで有効性が確認され,かつ,日本で使用可能な併用療法はMTXとBUC、タクロリムス TAC ,LEF,SASP ,注射金剤,イグラチモドである。 日本では2種類以上のDMARDsを初めから併用することはまれで、1剤目のDMARDsが効果不十分な時にもう1剤追加併用する機会が多い。 MTX増量過程で,治療効果がプラトーになった場合は, MTXをアンカーとしたDMARDs 追加併用療法も選択肢の1つである。 MTX とLEF との併用は,日本では間質性肺炎,骨髄障害,肝障害の副作用が重複しており慎重さが必要である。 生物学的製剤使用の際も,原則はMTXとの併用が基本である。 単剤で使用できる生物学的製剤も多いが、MTXとの併用でより高い臨床効果が示されている。 生物学的製剤使用時や使用中のMTXの適正投与量や投与量調節に関してはほとんどエビデンスがない。 海外の生物学的製剤の臨床試験では平均M 12mg 以上のMTXが併用されている。 エンブレル製造販売後調査成績を見ると, MTX 週lOmg 以上併用している例では寛解例は31%だが,週6mg以下では20%以下である。 MTX低用量と生物学的製剤との併用では,寛觧率が低くなる可能性があり、現状では,MTX漸増過程での治療反応性を見ながら週10~12mgまで増量後も効果不十分であれば,生物学的製剤の併用を考慮してもよいと考える。 十分量のMTX併用下で生物学的製剤を使用すれば寛觧導入後,生物学的製剤を中止できる症例も少なくない。 687• 185• 257• 190• 251• 104• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

メトレート(メトトレキサート)とロキソニンについて。

メトレート フォリ アミン

リウマチの飲み薬の代表になります。 薬代も月2000-4000円(3割負担)で、効果も高いお薬です。 効果とお薬代の面で優れており、リウマチと診断したらまず使用する薬剤となっています。 飲み方が特殊で注意が必要です。 1週間に1~2日だけ薬を飲んで、あとの5~6日は飲みません。 「1週間のうち薬を飲まない日がこんなにあって効き目があるの?」と思われるかもしれませんがこの飲まない日というのが実は大切なんですね。 関節で悪さしている免疫細胞だけを退治して、それ以外の正常な細胞には影響を与えない、その絶妙なバランスが「1週間に1~2日だけ薬を飲んであとの5~6日は飲まない」というのみ方なんです。 もし毎日飲んだらどうなるか?絶対にやってはいけないことですが、正常の細胞まで退治されてしまうので、口内炎や嘔吐・下痢、貧血、腎機能低下などの副作用を引き起こします。 メトレートが使えない方• ・腎臓が弱っている方• ・御高齢の方• ・肺が良くない方• メトレートの効果は飲み始めて早ければ2週後から出てきます。 一方で、飲み始めは胃腸症状やアレルギーが出ることがあるので、最初は少ない量で初めて様子をみて1錠ずつ増やしていきます。 効果は飲み薬の中ではメトレートの次にある印象です。 そして特徴はメトレートが使えない• ・腎臓が弱っている方• ・御高齢の方• ・肺が悪い方 に使うことができます。 また飲み方も毎日夕食後に飲むだけなので、メトレートのように難しくありません。 またリウマチの薬の中で唯一、血液検査でタクロリムスがどの程度体に残っているかを調べることができます。 副作用が出てしまう前に、血液検査の結果で薬の量を調節できるので安全性の高い薬です。 ケアラム(副作用の少ない新しい飲み薬) 飲み薬の中では最も新しい薬です。 副作用が比較的少なく、メトレートが飲めないような方にももちろん使用できます。 唯一、ワーファリンという血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は胃潰瘍を起こすことがあるので使えません。 メトトレキサートが使用できない方に代わりに使ったり、生物学的製剤でだいぶ良くなりあと一歩という方に追加で使って頂くことが多いです。 アザルフィジン(安全性の高いベテラン) 昔からあるリウマチの薬です。 妊娠中も使用することができる数少ない薬で重宝します。 比較的弱いリウマチの方や、妊娠中の方、生物学的製剤でだいぶ良くなりあと一歩という方に追加で使って頂くことが多いです。 リマチル(まだまだ現役のベテラン) これも昔からあるリウマチの薬です。 比較的弱いリウマチの方や、生物学的製剤でだいぶ良くなりあと一歩という方に追加で使って頂くことが多いです。 ゼルヤンツ(生物学的製剤に匹敵する飲み薬) 2013年に承認されたJAKという新しいリウマチに関わる部位に注目した薬です。 非常に即効性があり、内服して1週間で効果が出る方もいます。 治療効果は注射の生物学的製剤に匹敵し、飲み薬の生物学的製剤といった印象です。 注意するのは帯状疱疹で、過去に帯状疱疹にかかった事のある方は再発する可能性があるので使えません。 新しい機序のお薬ですので、生物学的製剤でも治らないリウマチの方の治療に役立ちます。 ステロイドホルモン プレドニン・プレドニゾロン(昔からある膠原病治療の主役) 昔からある膠原病治療には欠かせないお薬になります。 もともと体の中で作られている副腎皮質ホルモンをお薬にしたものです。 副腎皮質ホルモンは免疫細胞を大人しくさせてくれる効果があるので、免疫細胞が体の中で暴れてしまって起きる関節リウマチや膠原病に効くのですね。 ・即効性があります 飲んで1-2日で効果が出てきます• ・腎臓や肝臓が悪くても問題ありません• ・お薬代金が安い• ・膠原病、特にリウマチ性多発筋痛症やSLE、多発性筋炎、IgG4関連症候群などによく効きます 一方で、プレドニンの弱点もあります。 ・骨密度が落ちて骨粗鬆症になりやすくなる• ・血糖が高くなる方がいる• ・感染症にかかりやすくなる• ・胃潰瘍になる方がいる• ・ムーンフェイス(顔に脂肪がついて丸くなる) ただこれらの副作用は、大量のプレドニンを長期間使うと出やすくなります。 ですので、膠原病の最初の治療ではプレドニンを多めに使って、良くなったら早めに減らしていくのがレドニンの上手な使い方です。 〇関節リウマチの方へのプレドニンの使い方 リウマチの診断は「関節エコー」で大きく変わりました。 関節リウマチでは生物学的製剤やメトレートなど優れたお薬が沢山出てきたので、プレドニンの出番は少なくなりました。 ただプレドニンにはすぐ効くという長所がありますので、リウマチの治療を始めたばかりでまだメトレートが効いてこない時期に、プレドニンで痛みを抑えたりします。 そして1-2か月してメトレートが効いてきたら、バトンタッチをするようにプレドニンを減らしていき最後はゼロを目指します。 メトレートの効果が出てくるまで助けてくれる、名脇役といったイメージですね。 プレドニンの長期使用• 閉経後の女性• 関節リウマチの方 の方になります。 当てはまる項目が多いほど骨粗鬆症になりやすく進行も早いです。 最近では、プレドニンを3か月以上使用する予定のある方は、骨密度の検査やお薬を始めることがすすめられています。 骨密度が下がると、骨がスカスカで弱くなりますので骨折しやすくなります。 ちょっと転んだだけで股関節を骨折して手術になってしまったり、重たいものを持っただけで背骨の圧迫骨折を起こして痛みで寝込んでしまうこともあります。 そんな骨粗鬆症のお薬ですが、近年とても進歩しいろんな種類がでてきました。 ビビアント・エディロール 毎日飲むタイプの骨粗鬆症のお薬になります。 女性の方は閉経するとなぜ骨密度が下がり骨粗鬆症になりやすいのでしょうか?実は女性ホルモンには骨にカルシウムを蓄えて、強い骨を保つ効果もあります。 それが閉経によって女性ホルモンが減ると骨に蓄えられていたカルシウムが減って骨密度が下がってきてしまいます。 これを治療するのがビビアントになります。 女性ホルモンのように働くので、カルシウムが骨から出てしまうのを防いでくれます。 エディロールはビタミンDのお薬になります。 ビタミンDは食べ物からカルシウムを吸収するときに活躍します。 食事からのカルシウム吸収を助けて、骨粗鬆症を予防してくれるお薬になります。 鎮痛剤 ロキソニン・セレコックス NSAIDsと言われる鎮痛剤の仲間になります。 痛みや熱を出すプロスタグランジンという物質が体の中でできるのを抑えてくれるので、関節の痛みが和らぎます。 また風邪やインフルエンザの時に熱がでて頭痛や体のあちこちが痛くなるのも、このプロスタグランジンが作られるからなんですね。 そんなプロスタグランディンを抑えるために風邪をひいて熱や頭痛があるとロキソニンが良く処方されます。 NSAIDsの弱点)• ・胃潰瘍が起きることがある• ・長期の使用で腎臓が疲れてしまう• ・妊娠中は使えない NSAIDsの中で、胃に負担がかからず胃潰瘍などを起こさないように改良されたものがセレコックスになります。 効果はロキソニンと同じですので、関節痛などで長期に使う場合にはセレコックスがおすすめです。 処方例:手指のこわばり、痛みがあり関節リウマチの疑いのある方。 血液検査の結果でリウマチの診断がつくまで処方。 セレコックス100㎎ 2錠 分2 朝・夕食後 パリエット(胃薬)1錠 カロナール 昔からある解熱・鎮痛剤になります。 風邪をひいたときなどに、よく処方されますよね。 正直どんな理由で効果があるのかははっきり分かっていませんが、解熱・鎮痛作用があり、妊婦さんやお子さんにも使える安全性の高いお薬です。 また、ロキソニン・セレコックスなどのNSAIDsが使えない腎機能低下の方にも使う事ができるので、重宝されます。 効き目はロキソニン・セレコックスに少し負けますが、妊娠中のリウマチの方の鎮痛剤、腎機能が低下されたリウマチの方の鎮痛剤として役に立つお薬です。 処方例:関節リウマチで治療中、腎機能低下がありNSAIDsなどの鎮痛剤が使えない方。 カロナール200㎎4錠 分2 朝・夕食後 トラムセット 前述のカロナール(昔からある安全な鎮痛剤)と、トラマドールという脳が痛みを感じるのを抑えてくれるお薬が合体したのがトラムセットになります。 2つの痛み止めが合体したお薬なので、よく効くのが特徴です。 ロキソニン・セレコックスなどのNSAIDs、カロナールなどでも抑えられない強い痛みの時によく使います。 最大で1日4錠を4回に分けて使う事が出来ますが、急に多い量を使うと人によっては吐き気が出てしまう事があります。 そのため当院ではまずは1日2錠を2回に分けて、吐き気止めと一緒に処方させて頂いております。 鎮痛効果や吐き気などのトラブルが無いかを確認し、必要があれば1日3錠を3回に分けてなど少しずつ増やして処方します。 また1日2錠でも吐き気が出てしまう方には、1日1錠に減量、それでも吐き気がでるようなら中止して頂いております。 処方例:リウマチの診断でメトレート、セレコックスを始めたばかりの方。 メトレートの効果がまだ出てこず、セレコックスでは痛みが治まらずトラムセットを追加。 トラムセット1錠にカロナールが325㎎入っています。 知らずに風邪薬としてカロナールも飲んでしまうと、カロナールを飲みすぎてしまうことになるので、注意しましょう。 リリカ ビリビリした痛み、しびれ、腰痛などの神経痛に効果が高いお薬です。 リウマチの腫れは無いが変形した関節が神経をさわってビリビリ痛んだり、長年の痛みで神経が過敏になって感じる痛みがある方に良く処方いたします。 他の痛み止めと違って過ぎ効く痛み止めではないので、飲み続けているとじわじわ痛みが緩和されます。 人によっては眠気やふらつきが出ることがあるので、当院では1日1回リリカ25㎎1錠から始めさせて頂きます。 その後の効果や、飲み合わせをみて少しずつ増やしていきます。 処方例:30年来の関節リウマチの方。 生物学的製剤で関節リウマチは良くなったが、関節変形による指のしびれが残りリリカを開始。

次の

メトトレキサートの注意|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学

メトレート フォリ アミン

メトレートのリウマチなどに対する効き目 メトレートはリウマチに対して高い効き目を示します。 メトレートは葉酸という免疫細胞のDNA合成に必要な物質の活性化を阻害することで免疫の異常の一つであるリウマチに対して効き目をもたらします。 メトレートの効き目は通常は1〜2ヶ月程度使用することで現れますが、早い場合は2週間程度で効果を実感できる場合もあるようです。 いずれにしても飲み続けることで効果を発揮する薬なので、正しい用法で継続して使用することが大切です。 メトレートは使用した6割〜8割程度の人に効き目があるとの報告があります。 メトレートの成分であるメトトレキサートの臨床試験では関節リウマチの患者さんに対して、60. この結果はリウマチ薬の中ではかなり高い効き目を示す結果であり、メトレートなどのメトトレキサート製剤は関節リウマチに対して使われる薬の中でも最も使われている薬と言えます。 1 リウマトレックスカプセル2mg インタビューフォーム メトレートの副作用と葉酸の併用 メトトレキサートはその作用メカニズムよりいくつか特徴的な副作用があります。 比較的よく見られるものとしては、吐き気や口内炎、倦怠感(だるいと感じる)、脱毛、ALT(GPT)・AST(GOT)等の肝機能検査値の上昇などです。 これらの症状は軽度でしたらメトレートを継続して使用することもできますが、必ず医師に上記のような副作用と思われる症状が出た旨を伝えるようにしましょう。 その他にも注意が必要な副作用として間質性肺炎や感染症などがあります。 間質性肺炎は肺の間質と言われる部分に炎症が起き、時に命に関わる疾患です。 多くのリウマチ薬で起きる可能性のある副作用であり、関節リウマチの患者さんではしばしば問題になることがあります。 頻度は決して高い副作用ではありませんが、間質性肺炎の副作用が出てしまった場合には迅速な処置が必要となるため、咳や息切れ、呼吸がしにくいなどの症状が現れた場合は注意が必要です。 感染症も注意が必要な副作用です。 メトレートは免疫を抑制する作用がある薬のため、通常の人では問題にならないような病原体でも、リウマチの治療をしている人は感染してして病気を患ってしまうケースがあります。 肺炎や敗血症などは重大な副作用と言えますので、発熱や倦怠感(だるさ)を感じる時は感染症の副作用であるケースも疑うことが重要です。 葉酸は副作用を予防したり治療の効果がある メトレートは前述のとおり、葉酸の活性を阻害することによりリウマチなどに効果を示す反面、この作用によって起きる副作用も多くあるとされています。 したがって、メトレートを使用する際にはフォリアミンなどの葉酸製剤も使用する患者さんが多くいます。 ただし、この葉酸は摂取するタイミングや量を間違えるとメトレートの効果に影響を及ぼす(効果を弱める)ことがあるため、正しい使い方をする必要があります。 通常はメトレートを最後に使用した翌日もしくは翌々日に使用することが一般的です。 なお、近年は葉酸のサプリメントも数多く発売されており、これらのサプリメントもフォリアミンなどの葉酸製剤に近い効果がある場合があります。 メトレートを使用している場合には葉酸のサプリメントは基本的には避ける方が良いと言えるでしょう。 継続したい場合は医師に相談の上、使用するようにしましょう。 また、葉酸が含まれている食べ物に関しては、過剰に摂取することを除けばそこまで注意する必要はないとされています。 アスパラガス、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆などの野菜やレバーなどに多くの葉酸が含まれていますが、あまり気にせず摂取して良いと言えるでしょう。 メトレートの使い方と飲み忘れたときの対処法 メトレートの用法用量は以下の通りです。 関節リウマチ 通常、1週間単位の投与量をメトトレキサートとして6mgとし、1週間単位の投与量を1回又は2~3回に分割して経口投与する。 分割して投与する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で投与する。 1回又は2回分割投与の場合は残りの6日間、3回分割投与の場合は残りの5日間は休薬する。 これを1週間ごとに繰り返す。 なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減するが、1週間単位の投与量として16mgを超えないようにする。 分割して投与する場合、初日から2日目にかけて12時間間隔で投与する。 1回又は2回分割投与の場合は残りの6日間、3回分割投与の場合は残りの5日間は休薬する。 これを1週間ごとに繰り返す。 なお、患者の年齢、症状、忍容性及び本剤に対する反応等に応じて適宜増減する。 メトレート錠2mg 添付文書 上記の通り、メトレートは通常、1週間に1日もしくは2日間のみ使用し、その以降の6日間もしくは5日間は薬を飲みません。 1週間で使用する回数は1〜3回となり、いずれも12時間間隔で使用するため、3回使用する場合のみ、2日間に渡って使用することになります。 このようにメトレートは特徴的な使い方をする薬であり、飲み忘れなどを防ぐためにもカレンダーなどを用いて薬を飲む日を確認しておくのが良いと言えるでしょう。 メトレートを飲み忘れてしまった場合は メトレートを飲み忘れてしまった場合、2回分を一度に使用するのは絶対にやめましょう。 1回の摂取量が増えると意図しない副作用などが現れる可能性が高くなります。 対処法は基本的は主治医の先生に連絡を取り、指示を仰ぐことになりますが、翌週から適切な量を使用するケースが一般的と言えます。 リウマチの治療は長期戦となることが多いため、正しい使用方法で継続することが重要です。 メトレートとステロイド メトレートはDMARDsと言われる抗リウマチ薬のグループに属しており、ステロイドではありません。 ステロイドは強い抗炎症作用があり、関節リウマチの関節破壊を抑える作用が期待できます。 代表的な薬にプレドニンなどがあります。 ステロイドは副作用も多いため、近年は可能な場合は減量したり中止をする傾向がありますが、それでもその高い効果から使用するケースは少なくありません。 メトレートはステロイドとは作用が異なるため、両薬剤を併用することでリウマチに対してより高い効果を期待することもでき、メトレートとプレドニンを併用しているというケースもよくみられます。 医師の適切な診察のもとに、メトレートの他にステロイドも処方された場合は、両薬剤を併用して使用するようにしましょう。 メトレートの薬価 メトレートの薬価は1錠あたり166. 6円です。 1週間で使用する量は3錠〜8錠が一般的ですので、1ヶ月では12錠〜32錠、薬価に直すと約2000円〜5300円程度になります。 実際には端数の計算のルールがあったり、クリニック、薬局で別途料金がかかりますが、薬だけの値段で考えると上記のような金額が目安になります。 メトレートとリウマトレックスの違い メトレートと同様に関節リウマチの治療で使用されるメトトレキサートを成分とする薬でリウマトレックスがあります。 メトレートとリウマトレックスは錠剤とカプセル剤という点を除くとほとんど同じ薬であり、効き目などに差はあまりないと考えられます。 また、先発医薬品(先に発売された医薬品)とジェネリック医薬品という分け方をすると、リウマトレックスが先発医薬品、メトレートがジェネリック医薬品となります。 ジェネリック医薬品の方が通常は安く購入でき、リウマトレックスの薬価は258. 9円に対して、メトレートは166. 6円となっており、メトレートの方が安価で手に入ります。 薬を使用する際には必ず添付文書を確認し、決められた用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の