池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ。 【池袋ウエストゲートパークのネタバレ】とあらすじ!感想や無料試し読みあり!

NHK『100日の郎君様』6話ネタバレ感想~嫉妬する郎君様

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

TV版での真島 誠(マコト) 長瀬智也さんが演じています。 当時21歳の長瀬さん、とても若く今とは違ったカッコ良さがありますね。 ボウリングが異常に上手く、掛けボウリングで小遣いを稼いでいます。 横山や、度々登場するおばちゃんボウラーとの対決など、ボウリングはTV版でのコメディ要素として重要な役割を担っています。 川崎麻世と矢沢永吉の熱狂的ファンで、麻世にサインをもらって大喜びしている回もあります。 初体験は風俗嬢に強引に奪われた為、それが原因となり勃起不全という悩みを抱えており、女の子と良い感じになっても土下座して謝るということもしばしば。 しかも、その事実を母親に知られているという・・・。 母親の得意料理である焼きそばが大好物で、どこに行ってもまず焼きそばを頼んでしまう。 「めんどくせぇ!」と言うのが口癖で、基本的に口は悪いが、根は真面目な母親想いの好青年です。 真島 誠(マコト)の名言 「あぁ、世界中が認めなくてもよ、俺がみとめてやるよ」・・・ゴリラの回(第五話)で、翔がアスミを助ける際に勇気付けるために言った一言。 「当たり前のことが出来ないで何が家族だよ、バカヤロー」・・・6チャンネルの回(第六話)で、ヒロキの両親に対して叫んだ一言。 「泥棒だっていいじゃねーかよ!俺のかーちゃんなんだよ!泥棒だろうがヤクザの愛人だろうが、たった一人の俺のかーちゃんなんだよ!」・・・七洋の回(第七話)で、ドリームコネクション幹部に言った一言。 「俺は好きな服着て好きな場所で遊びてーから。 それがなきゃブクロに住んでる意味無いっしょ」・・・九州の回(第九話)で、京一からなぜGボーイズに入らないのか聞かれた際の一言。 「なぁタカシ... お前死ぬなよ」・・・十手の回(第十話)でタカシから立会を頼まれた際の一言。 「ほらCDだってさ、レコードだったころはA面とかB面あったけど、CDは全部オモテじゃん。 だから早く、CDになれよ...... 何言ってんだ俺.... 」・・・士の回(第十一話)で、多重人格だと判明したヒカルに掛けた一言。 「なぁタカシ... 俺はオメーのことキングだなんて思ってねぇよ...... これから死んでもキングだなんて呼ばねーよ!.... オメーはサウナのタカシじゃねーのかよ!!!小さいころから同じパン食ってたタカシじゃねーのかよ!!!」 ・・・士の回(第十一話)で、タカシに殴られながら言った一言。 どんなやつでも救いたい、真島 誠(マコト)の優しい人柄 みかんの回(第三話)で、サルと姫を探すことになったマコト。 LICSというコンビニにいたという手掛かりを頼りに、2人はLICSで情報収集を開始します。 一向に進展がない中、マコトは前のマンションからの光に違和感を感じます。 中学の同級生が住んでいるマンションなのでは?と思ったマコトはサルに中学時代の卒業アルバムを持ってくるように言います。 卒アルを見てマコトは確信し、自宅に向かうが、カズノリは引きこもりになっていて、母もどうしたら良いのかわからない状態。 そんなカズノリにマコトは昔話をしながら、また遊びに来ると言って、何度も足を運びます。 怒るわけでも、説得するわけでもなく、ただ友達として語り掛け、また遊びに来ると告げて帰る。 この行動の繰り返しが、カズノリの心を動かし、閉ざされていた扉が開きます。 カズノリは部屋の窓からLICSを観察していて、記録を録っており、それが姫捜索の大きな手掛かりとなりました。 しかし、マコトはそんな計算で動いていたのではなく、自分の友達を外の世界に連れ出したいという気持ちだけで動いていたと思います。 今度は帰れなくなったカズノリ マコトのおかげで、外の世界に出れるようになったカズノリはマコトとの約束で家まで遊びに来ますが、この時は近くまで来てすぐに帰ります。 しかし、次に会うときはファミレスで情報屋をやっていて、家に帰ると「二度と出れなくなる気がする」と言って、寝るとき以外はファミレスにいる生活を送っていました。 カズノリの情報網はすごく、この後もマコトの事件解決の手助けをしてくれます。 カズノリを演じているのは高橋 一生さんですが、まだ売れる前で、髪も長いため、気付いていない人もいるのではないでしょうか? 肝心なところで痛恨のミス・・・ 洋八の回(第八話)で、テレクラで出会った16歳の女の子を妊娠させてしまったマサは女子高生から多額の賠償金を請求されます。 最初は自分でどうにかしろと言っていたマコトたちだったが、マサの真剣な気持ちを聞いて、 各々が出来ることでお金を稼いできます。 そして目標の金額の半分(約40万円)まで貯まったところで、全額を掛けてマコトが得意の掛けボウリングで2倍にしようとします。 「倍にすれば良いんでしょ?OK!喜んで!」と言い 勝負に挑むマコト。 仲間は勝利を確信し、すでに喜んでいました。 おばちゃんボウラーは子供の学費の為に勝負に挑み、ミニスカで動揺を誘ってきます。 ヒカルからも同様したらダメと念を押されますが・・・結果は1ピンしか倒せず、 全額持っていかれました。 どんな時でも頼りになる男ですが、おばちゃんのパンチラで動揺する可愛らしく間抜けな一面が見れるシーンとなっています。 勇ましいマコトの情けない一面 イチゴの回(第一話)で、いつもの5人でカラオケを楽しんでいた時に、リカはマコトを誘い出し二人で抜けることを提案します。 拒否するマコトでしたが、リカは半ば強引にマコトを連れ出しホテルへと入る二人。 ここまできたらやるしかない!男を見せようとするマコトであったが、童貞を風俗嬢に強引に奪われ勃起不全となってしまったマコトは、コトを成すことが出来ませんでした。 最初は少し待ってとごまかして、なんとかやろうと試みますが、やはり無理だったようで、リカに土下座で謝ります。 誠実なマコトの態度は逆にリカを惚れさせることになりました。 こんだけイケメンなら許されるよね・・・(笑) ヒカルとのやりとりでも・・・ 洋八の回(第八話)でも似たようなシーンがあります。 ヒカルに迫られたマコトは「ラーメン食いに行くぞ」とごまかしますが、あまりに何度も拒むマコトの態度はバレバレだったようで・・・。 「ヒカルとできない」=「他の人ともできない」という解釈でヒカルは安心します。 この後、カナと燃え尽きるわけですが・・・。 主人公「真島 誠(マコト)」とはどんな人物?まとめ いかがだったでしょうか? 口癖、好きな食べ物、性格などが作品を通して一貫しているため、真島 誠というキャラクターは非常にわかりやすく、 熱く、強く、優しく、そしてちょっぴりお茶目な正に主人公といった人物となっています。 2020年7月から放送予定のアニメではどのように描かれているのか楽しみですね。

次の

アニメ化決定!!池袋ウエストゲートパーク 原作小説の主なあらすじと登場人物を紹介|おうちで楽しく過ごそう

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月04日 このシリーズはとても好き。 あまり縁のない、時として敬遠してしまうそうな人たちも同じように何かしら煩わしい事を抱えちゃったりしているんだなとか、小説の中だけれどもあまりの事に気の毒に思いつつも少し親近感を覚えた。 ユーチュバー、がんばれ。 ブラックなお話は自分もその手のドラッグストアのパートで社員さんの勢 いに怖気づいたり、福祉系の事業所で体育会系的な組織の中で戸惑ったりしたので、その構図や法律を駆使して色々な表現の言葉で人を貶めていいように使いこなしている景色は想像に容易かった。 一人の大人として、若い人に明るい未来を夢見て欲しいと思うのに、何もできないでいる。 せめて自分の子どもには、と思うけれど、何を伝えればいいんだろう。 そう思った。 Posted by ブクログ 2020年01月30日 IWGPの12作目 今回のテーマは現代アート、Youtuber、美容整形、ブラック企業の4本 Youtuberってそんなに新しい話題だったか? この小説の発表当時は2015年 もっと前からいたような気がするんだけど、タカシが詳しく認識してなかったあたり、情報のアンテナは大丈夫かね? ま、キングは俗 世間の事は知らなくてもいいってことか? PVを稼ぐためにどんどん過激な方向にいく理屈はわかってはいるけど、なんとかならないものかね?と思う その昔、テキストサイト全盛期でも同じような事があったよなぁ 別にお金が発生するわけではないけど、自分のWEBページのアクセス数を増やすために大手に喧嘩売ったり中堅同士でバトったりの、今でいう炎上マーケティングは存在した 手っ取り早くアクセス数を稼げるけど、その業界全体が殺伐として荒れていくんだよなー まぁ、youtubeの場合は運営側がコントロールする手段があるからそうひどい状態にはならないんだろうけどさ ブラック企業、特にブラックバイトに関しては解説で語られている通り、若い人に犠牲を強いる酷い時代になったものだ 企業として労働力の確保が困難というのは数年経った今でも変わらず そしてそれを補うために既存の社員の負担が増えて益々ブラック化していく 企業が利益を求める集団というのはわかるんだけど、もっとその勢いが緩まないものかね ま、そんなこと言ってたらすぐに会社が潰れてしまうんだろうね そしてある時期からは毎回思う「マコトとタカシは今いくつよ?」問題 若者がGボーイズのキングとか言ってるのはある意味で微笑ましいけど、もうすでにおっさんな年齢になってるんだよなぁ その辺の描写をかなり曖昧にしてるけど、このシリーズの数年後がさらに心配(笑)• ネタバレ Posted by ブクログ 2019年06月03日 目次 ・西池第二スクールギャラリー ・ユーチューバー@芸術劇場 ・立教通り整形シンジゲート ・西一番街ブラックバイト ユーチューバーや整形依存症など、相変わらず現代の闇を切りとるのが上手い。 しかしそれはもう、池袋だけの問題ではなくなっている。 日本全体が閉塞感に押しつぶされそうになりながらあがい ていて、弱者にそのツケを払わせようとしているかのよう。 今の子どもたちが憧れる職業、ユーチューバー。 撮影しているか、編集しているか、企画を練っている。 一日の自分の時間のほぼすべてをそれに捧げて、ようやくユーチューバーとして食べていけるようになったころ、運営から報酬額を一方的に切り下げられる。 数年前に実際にこれが行われたのだとしたら、最近人気ユーチューバーがテレビに出るようになった理由もわかるというもの。 一生懸命作ったものが評価されているのに、金銭的に報われないというのなら、ユーチューブの世界もあまり将来性はないのかもしれないなあ。 そして表題作。 「ブラックバイト」と言っているけど、これは「ブラック企業」の告発だ。 認められない。 口でいうのはカンタンだが、そいつはでたらめに人の心を傷つけることだった。 おれたちのまわりには、経済の原理だけで人を切る空気ができていないか。 あんたやおれは誰でもいい人間なのだろうか。 なのに無謀なノルマがクリアできないと人格を否定される。 「こんなこともできないお前には、この世に居場所なんかどこにもない」と面罵される。 これは若者にだけ起こることではない。 だから中高年の引きこもりが増えているのではないだろうか。 会社にそこまでする権利があるのだろうか。 労働力なんていくらでも補充できる。 人口が減りつつある日本で、どうしてそんな傲慢なことができるのかわからない。 人が人としてきちんと尊重される会社を、どうやって増やしていけるのか。 それはマコトやタカシの仕事ではなく、今の大人たちが考えなければならないことのはずだ。 Posted by ブクログ 2018年09月14日 安定の面白さ。 メイン登場人物の年齢がだいぶ高くなってきたからか、昔に比べての迫力やスリル感は減ったけれど、その分、人と人の繋がりが強くなったような気がする。 安心のマンネリだから、結果最良の解決に行き着く事は分かっていても楽しめる。 これってよくよく考えて見ると1冊になった時の構図が『東京バンド ワゴン』と一緒なんだな。 まあ、IWGPの方が先に書かれ出した作品だけれど。 久しぶりの文庫化だからか、時事ネタがちょっと古い。 それでもいまだに続いているネタも多く、IWGPは池袋を日本の縮図にした作品なんだなと思わされる。 帯はなかなか。 言葉もマコトが言いそうな言葉だし、赤と黒のコントラストもいいな。 解説は、初めてのパターン。 ほぼ作品についての話はしていない上に4章中の最後についてのみなのだけれど、この解説を読むとすごく考えさせられるし勉強になる。 こういう解説もアリだな。 Posted by ブクログ 2018年09月09日 おお~最新刊出てる。 やっぱり安定して面白い。 マコトとタカシが安定しているからだろうな。 街も人も世界も変わるけど変わらないものもある。 今回マコトの口から疲れたという言葉が出て驚いたけれどもこれは作者の言葉なのかもしれないなぁなんて読みながら思いました。 でも、ファンとしては続けてほしいシリーズだなぁ。 若者視点ではなくても、これからもマコトの目から見た日本社会の問題を取り上げてもらえると嬉しい。 全面解決は無理でもお話の中だけでも救われた人が居れば現実に同じようなトラブルを抱えている人が、問題に立ち向かうちょっとした勇気と希望みたいなものをもらえたらいいなと思ったりするのです。 西池第二スクールギャラリー 空いたスペースを利用した現代アートって確かにこの頃よく聞くかもなぁ。 ちょっと廃材ゴジラは見てみたい。 ユーチューバー@芸術劇場 アフィリエイトで稼ぐって言葉が何年か前は理解できなかったけれども。 ネット広告の方が今や主流になりつつある時代なのか。 個人的には小中学生はスマホで動画サイトとか見てるのかなぁとそこが気になったり。 立教通り整形シンジケート 綺麗になりたい心理はわからなくもないけれども行き過ぎは良くない。 コワイ。 でも別にその辺りの価値観は人に言われて納得がいくものではないから自分で決めるしかないんだろうな、と思ったりもする。 西一番街ブラックバイト 外食産業、コンビニ、宅配サービスと便利な世の中になった分だけその裏で酷使されている労働者が居るって事なんだよなぁ。 なんでこの値段でやっていけるんだろうって思うモノが巷に溢れている。 宅配も不在時の再配達は有料にするべきだとは思う。 昔は隣近所に預かってもらったりとかしてたけどなぁなんて事を思いだしました。

次の

漫画「池袋ウエストゲートパークR」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

池袋 ウエスト ゲート パーク ネタバレ

文体は1人称小説であり、主人公マコトの回想録の形態である。 ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。 舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。 外伝として、本編に登場する「サル」が、マコトではない主人公と共に活躍する『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』がある。 書籍情報 [ ]• 『 池袋ウエストゲートパーク』 (発行:・1998年 、・2001年 )• 「池袋ウエストゲートパーク」(初出:「オール讀物」1997年11月号)• 「エキサイタブルボーイ」(「オール讀物」1998年4月号)• 「オアシスの恋人」(「オール讀物」1998年7月号)• 「サンシャイン通り内戦 (シヴィルウォー)」(書き下ろし)• 『 少年計数機 池袋ウエストゲートパークII』(文藝春秋・2000年 、文春文庫・2002年 )• 「妖精の庭」(「オール讀物」1999年9月号)• 「少年計数機」(「オール讀物」1999年12月号)• 「銀十字」(「オール讀物」2000年4月号)• 「水の中の目」(書き下ろし)• 『 骨音 池袋ウエストゲートパークIII』(文藝春秋・2002年 、文春文庫・2004年 )• 「骨音」(「オール讀物」2001年11月号)• 「西一番街テイクアウト」(「オール讀物」2002年2月号)• 「キミドリの神様」(「オール讀物」2002年5月号)• 「西口ミッドサマー狂乱 (レイヴ)」」(書き下ろし)• 『 電子の星 池袋ウエストゲートパークIV』(文藝春秋・2003年 、文春文庫・2005年 )• 「東口ラーメンライン」(「オール讀物」2002年12月号)• 「ワルツ・フォー・ベビー」(「オール讀物」2003年1月号)• 「黒いフードの夜」(「オール讀物」2003年4月号)• 「電子の星」(「オール讀物」2003年7月号)• 『 反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV』(文藝春秋・2005年 、文春文庫・2007年 )• 「スカウトマン・ブルース」(「オール讀物」2003年10月号)• 「伝説の星」(「オール讀物」2004年2月号)• 「死に至る玩具」(「オール讀物」2004年4月号)• 「反自殺クラブ」(「オール讀物」2004年8月号)• 『 灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI』(文藝春秋・2006年 、文春文庫・2008年 )• 「灰色のピーターパン」(「オール讀物」2004年12月号)• 「野獣とリユニオン」(「オール讀物」2005年4月号)• 「駅前無認可ガーデン」(「オール讀物」2005年7月号)• 「池袋フェニックス計画」(「オール讀物」2005年11月・12月号)• 『 Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVII』(文藝春秋・2007年 、文春文庫・2009年 )• 「要町テレフォンマン」(「オール讀物」2006年3月号)• 「詐欺師のヴィーナス」(「オール讀物」2006年6月号)• 「バーン・ダウン・ザ・ハウス」(「オール讀物」2006年9月号)• 「Gボーイズ冬戦争」(「オール讀物」2006年12月・2007年1月号)• 『 非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパークVIII』(文藝春秋・2008年 、文春文庫・2010年 )• 「千川フォールアウト・マザー」(「オール讀物」2007年5月号)• 「池袋クリンナップス」(「オール讀物」2007年8月号)• 「定年ブルドッグ」(「オール讀物」2007年11月号)• 「非正規レジスタンス」(「オール讀物」2008年2月・3月号、連載時のタイトルは「非正規難民レジスタンス」)• 「キャッチャー・オン・ザ・目白通り」(「オール讀物」2008年7月号)• 「家なき者のパレード」(「オール讀物」2008年10月号)• 「出会い系サンタクロース」(「オール讀物」2009年1月号)• 「データBOXの蜘蛛」(「オール讀物」2009年12月号)• 「北口アイドル・アンダーグラウンド」(「オール讀物」2010年5月号)• 「鬼子母神ランダウン」(「オール讀物」2010年2月号)• 「PRIDE」(「オール讀物」2010年8月・9月号)• 『 池袋ウエストゲートパークXI』(文藝春秋・2014年 、文春文庫・2016年 )• 「北口スモークタワー」(「オール讀物」2013年2月号)• 「西池袋ノマドトラップ」(「オール讀物」2013年9月号)• 「憎悪のパレード」(「オール讀物」2014年1月号)• 『 西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII』(文藝春秋・2016年 )• 「西池第二スクールギャラリー」• 「ユーチューバー 芸術劇場」• 「立教通り整形シンジケート」• 「西一番街ブラックバイト」• 『 裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII』(文藝春秋・2017年 )• 「滝野川炎上ドライバー」• 「上池袋ドラッグマザー」• 「東池袋スピリチュアル」• 「裏切りのホワイトカード」• 『 七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(文藝春秋・2018年 )• 「泥だらけの星」• 「鏡のむこうのストラングラー」• 「幽霊ペントハウス」• 「七つの試練」• 『 絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV』(文藝春秋・2019年 )• 「目白キャットキラー」• 「西池袋ドリンクドライバー」• 「要町ホームベース」• 「絶望スクール」 のでオーディオブック化されており、現在9巻まで配信されている。 真島誠役は。 外伝 [ ]• 『赤(ルージュ)・黒(ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』• 初出は「週刊アサヒ芸能」2000年5月18日号 - 12月28日号。 、2001年、。 、2004年、。 文春文庫、2006年、。 『キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇』• 文庫書き下ろし特別長編作品。 文春文庫、2014年、 アンソロジー [ ]• 『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』(・2007年 、・2011年5月 )• ・石田衣良・・・・・による。 解説本 [ ]• 『IWGPコンプリートガイド』(文藝春秋・2010年 、文春文庫・2012年 )• 著者石田衣良による創作秘話や全エピソード、紹介、との対談など。 書き下ろし短編「北口アンダードッグス」収録。 あらすじ [ ] 真島フルーツで働くマコトにはもう1つの顔があるそれは池袋のトラブルシューターだ。 友人のタカシやサルと協力しマコトは様々なトラブルを解決していく この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] 真島誠(マコト) 通称「池袋のトラブルシューター」。 血液型O型。 身長は180cm近く。 地元・の工業高校を卒業後に「」()となり、実家の果物屋を手伝って小遣いを稼ぎながら、=池袋ウエストゲートパークで過ごしている。 のちにファッション雑誌のも勤めるようになる。 池袋では名の知れた存在で、カラーギャングのリーダー・タカシをはじめ、みな彼には一目置いている。 彼の家にはしばしば困難な依頼が持ち込まれるが、持ち前の好奇心と人の良さから首を突っ込む羽目になり破天荒な方法で解決する。 元は有名な不良だったが、性格は母親の教育の賜物か意志が強い正義漢であり、また作品序盤に関わった事件がきっかけで、鑑賞やなどの文化的な趣味にも目覚める。 愛車は店の仕入れ用の。 安藤崇(タカシ) 池袋を勢力下に置く集団「G-Boys」(チームカラーは「黄」)の「キング」。 血液型A型。 身長は175cm。 色白で細身。 天才的な反射神経と運動神経に裏打ちされた喧嘩の実力を持ち、自身のカリスマ性でストリートの不良少年少女たちをまとめ上げる。 体型はマコト曰く「モデルのような細く薄い身体」で腕や脚は「ぎりぎりに絞りあげたワイヤーロープのように引き締まっている」。 警察ですら目をむくほどの動員力を持ち、その存在は裏社会でも侮れないものとなっている。 マコトとは工業高校の時の同級生で親友。 高校時代からマコトの資質に注目し、何度か勧誘もしている。 「凍えるほどにクールないい男」で、彼と一緒にいる時の誠は完全に女性の視界から消えてしまうほど。 水野俊司(シュン) 初登場は第一巻第一話。 血液型B型。 イラストが得意な専門学校生。 マコトやマサとは本屋でフランスのアニメ画家の画集を万引きしている所を見つかり、カツアゲ目的で喫茶店に連れ込まれるもその不思議なノリ故に解放されたが、それ以降勝手にマコトの周りに居座るようになり、仲間となった。 自閉気味で、人見知りが激しいが何故かマコトには懐く。。 マコトがラジオと知り合うきっかけを作った。 同じく「あきれたボーイズ」。 おふくろ マコトの母。 池袋西口公園商店街のはずれにある果物屋「真島フルーツ」を営み、女手ひとつでマコトを育ててきた。 マコトにとっては目の上のタンコブであり、全く頭の上がらない強者。 チンピラの脅し程度では眉一つ動かす事は無い。 マコト曰く「最終兵器」。 たまにその視線は「冷酷な殺人者」のものに変わることすらも。 原作において彼女の名前は不明(一度もフルネーム・ファーストネームで呼ばれない)。 吉岡 池袋署生活安全部少年課の平刑事。 池袋に古くから勤務しており、池袋に詳しい。 マコトとは彼が13歳で補導された時以来の付き合い。 背が低く、毛髪の薄さが悩みの種。 始終頭を掻いてはフケを飛ばしまくっている。 マコトによく偽名としてその名を騙られている。 『小説版こち亀』においてが「警察学校の同期」と発言。 横山礼一郎 池袋署の署長。 文 I 卒のキャリア警視正。 マコトが子供の頃からマコトとは面識があり、彼にとっては「ご近所のお兄さん」だった。 好青年だがマコトが舌を巻く程の切れ者。 ただし、署では現場サイドに押され気味で、実権はあまりない。 そのため犯罪学の論文執筆に勤しんでいる。 住所は目白の高級マンション。 初登場は第一巻第四話「サンシャイン通り内戦」。 斉藤富士夫(サル) 池袋を仕切る「羽沢組」の構成員。 血液型O型。 組長の娘である「姫」こと天野真央の付き人だった。 マコトの中学の同級生。 昔はいじめられっ子だった。 身長155cmの小柄な体躯だが非常に闘争心が強く、冷静な判断力も持ち合わせている。 行方不明の姫捜索を組長がマコトに依頼したことが再会のきっかけ。 その一件以来マコトに恩義を感じ、情報の提供などで便宜を図っている。 初登場は第一巻第二話。 「外伝 赤・黒」より後は本部長代行・若頭に出世している。 波多野秀樹(ラジオ) 電波マニア。 血液型A型。 盗聴・盗撮・映像編集その他諸々電波絡みの達人であり、その特技でマコトを手助けしている。 目までかかるマッシュルームカットが特徴。 コンビニで働いている。 マコトの「あきれたボーイズ」のメンバー。 初登場は第一巻第三話「オアシスの恋人」。 江古田在住。 ゼロワン 凄腕のハッカー。 ファミレスを根城に年がら年中ハッキングし続けている情報屋。 ガス漏れのような声が特徴。 頭髪はスキンヘッドだが、いつ「メッセージ」が送られてきてもいいようにと、頭部に二本の細長い金属片をインプランティングしている。 ファミレスメニューにないラーメンが好物で七生のラーメンを出前してもらったことがある。 氷高善美 関東賛和会羽沢組の財務担当。 氷高組組長。 サルの直属の上司。 表向きには「株式会社氷高クリエイティブ」の社長。 羽沢組組長の後継者候補の一人。 見た目は怜悧な銀行員といった雰囲気の人物であり、それに違わぬ頭脳派。 「外伝 赤・黒」での小峰・サルの活躍により、関東賛和会の後継者としての地位を確固たるものにした。 羽沢辰樹 関東賛和会羽沢組組長。 初登場は第一巻第二話。 鷲のような鋭い鼻筋が特徴。 砂岡賢治(ケンジ) 初登場は第一巻第三話。 シュンのバイト友達にしてコンピュータの師匠。 「人はよさそうだが、1本足りないような笑顔」の持ち主。 「あきれたボーイズ」としてマコトに協力。 森永和範 初登場は第一巻第二話「エキサイタブルボーイ」。 マコトの中学の同級生。 学年1番の秀才だったが、重度のとなる。 しかしマコトの1週間に渡る訪問と会話により、復帰を果たした。 「あきれたボーイズ」のメンツ。 張り込みに関してはプロ顔負けの忍耐力を有する。 ツインタワー1号・2号 初登場は第一巻第二話「エキサイタブルボーイ」。 Gボーイズメンバーの双子の兄弟。 本名は小倉保(1号)と実(2号)。 タカシのボディガード。 アダ名の由来は身長(保は196cm、実は195cm)。 その体躯に似合わぬ俊敏さを有する。 お互い以外の人間をなかなか信用しない。 4巻収録の『東口ラーメンライン』ではGボーイズを卒業し、ラーメン屋「七生」(読み仮名は「なお」。 7月生まれのため、命名)を開店した。 父は洋食屋のコック。 形見は使い込まれた。 小峰渉 「外伝 赤・黒」の主人公。 売れない映像制作者。 横浜出身の33歳。 眼で見た景色を写真を撮るように記憶する能力の持ち主。 賭博に溺れた挙句に多額の負債を抱え、狂言強盗に加担する。 しかし、仲間の裏切りによって儲けを全て奪われた上、被害カジノの元締めたる氷高組に捉まり、「奴隷」契約を強制される。 彼が解放されるには、儲けの全てを取り戻す他に道は無く、監視役のサルと共に、当ての無い捜査を始めることとなった。 テレビドラマ [ ] この節のが望まれています。 書籍情報(コミック) [ ] 単行本(連載誌)• 『池袋ウエストゲートパーク』(有藤せな画、『』、2000年-2004年、全4巻)• 2001年7月12日、• 2001年12月20日、• 2002年6月13日、• 2004年11月25日、• 『池袋ウエストゲートパークR』(有藤せな画、秋田書店『ヤングチャンピオン』、2008年-2009年、全2巻)• 2008年10月20日、• 2009年4月20日、• 『IWGP 電子の星』(画、『』2006年14号~18号・20号~23号、期間限定連載、全1巻)• 2006年7月14日、• キャストは真島誠役が。 主題歌は『』。 CD [ ]• 『池袋ウエストゲートパーク オリジナル・サウンドトラック』(ユニバーサルミュージック、2000年) TOCT-24394• 『池袋ウエストゲートパーク Classic Edition』(ワーナーミュージック・ジャパン、2005年) WPCS-11850 作中、度々に登場するクラシック音楽の中から、原作者が全面監修して選んだコンピレーション・アルバム。 曲目解説も石田が執筆。 舞台 [ ] 『 池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』と題しておよびの企画制作で化され、からまで東京芸術劇場シアターウエストにて、から1月21日まで阪急中ホールにて上演された。 テレビアニメ [ ].

次の