ちび まる子 ちゃん ゲスト 声優。 ちびまる子ちゃんの声優交代の歴史の一覧は?初代のままの人もまとめ

ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

ちび まる子 ちゃん ゲスト 声優

さくらももこ原作によるTVアニメ「ちびまる子ちゃん」にて、10月6日放送回より「10週連続ゲスト声優まつり」と題した企画が行われる。 同企画では10話連続でゲスト声優が番組に登場。 第1弾として「おどるポンポコリン」で知られるB. クィーンズの近藤房之助と坪倉唯子が10月6日の「『まる子、さすらいのジャグラーに会う』の巻」に、第2弾としてフジテレビのは永島優美、久慈暁子アナウンサーが10月13日の「『まる子、運動会がめんどくさい』の巻」に、第3弾としてももいろクローバーZのメンバーが10月20日の「『まる子、お茶を楽しむ』の巻」に出演する。 近藤と坪倉が担当するのは清水の町に突如現れた2人組の曲芸師。 永島、久慈アナウンサーはまる子と同じ小学校に通う少し先輩のゆうみちゃんとあきこちゃんを演じる。 ももいろクローバーZのメンバーはお茶屋さんのかわいいお茶娘4人組役を務める。 第4弾以降のゲスト声優については続報を待とう。 クィーンズコメント 坪倉唯子 私は小さい頃から声が変わっていて、声優になりたいと思っていたので最初に『ちびまる子ちゃん』の声優のお仕事を頂いた時はものすごくうれしかったし、いまも超うれしいです。 今回演じたのはジャグラーの役で、鍋を回したり、普段は絶対できないことをさせてもらったので楽しかったです。 実際演じてみて、最初は緊張していたのか周りをちゃんと見られず指示の意味がよくわからなかったりしましたが、少しずつ慣れました。 また機会があれば是非挑戦したいです 近藤房之助 できるかな?と言うのが最初の印象でした。 ナレーションの仕事は経験があったけれども、せりふと動きのタイミングをあわせたり、声優さんの仕事は難しいのではと思いましたが、孫が喜んでくれそうなのでやってみてよかったです。 台本を事前に見られなかったので、あたって砕けろという精神でやりました! もしもう一度オファーがあったら。。。 僕ちょっと考えちゃいます!(笑) フジテレビアナウンサーコメント 永島優美アナウンサー まさか自分がちびまる子ちゃんの世界に入れるとは…!と、うれしい気持ちを噛みしめながら収録に臨みました。 改めて声優さんの凄さを感じました。 劇中、まるちゃんと掛け合いが出来たこと、孫の代まで伝えます! 久慈暁子アナウンサー アフレコのヘッドフォンを付けたときに聞こえてきたまるちゃんの声で、小さい頃から見ていた〈あの〉ちびまる子ちゃんの世界に私も参加させてもらっているんだと感激しました。 普段の原稿読みとは全く違って、笑い1つにしても〈照れ笑い〉〈安堵(あんど)の笑い〉などを表現するのがほんとに難しく感じました。 声優初挑戦ですが、ぜひ〈あきこちゃん〉を見つけて見てください ももいろクローバーZコメント 百田夏菜子 過去に他の方がゲスト声優を務めるのを見て羨ましいなと思っていたので、今回の話をいただいて本当にうれしかったです。 長い説明ゼリフがあって、なじみのない言葉をたくさん言わないといけなかったのでそこが少し大変でした。 自分も静岡県出身で、毎日急須でお茶を飲んでいたので静岡のお茶の良さを伝えられてうれしかったです 玉井詩織 台本を読んだだけで、まるちゃんの世界観が頭の中で広がってイメージすることができたのですが、その世界観に自分が入れるのか少し不安でした。 でも実際はすっと入ることができたので良かったです。 実際演じてみたときは、すでにまるちゃんたちの声を入れていただいていたので、まるでまるちゃんたちと実際におしゃべりをしているみたいな感覚で、すごく楽しく演じることができました! 高城れに 『ちびまる子ちゃん』はやっぱりみんなが知っている定番のアニメなので、その世界に自分がなじむことができるか最初は不安だったけど、実際やってみてまるちゃんと会話しているのがうれしかったです。 お茶屋さんのお茶娘を演じたのですが、実際には売り子さんとか、やったことがないのでやってみたことがないことを経験できて楽しかったです 江花松樹プロデューサーコメント 4月から始まった〈アニメちびまる子ちゃん 30周年イヤー〉。 この10月からは〈10週連続ゲスト声優まつり〉がスタートします! 記念すべき第1回目のゲストは、OPテーマ『おどるポンポコリン』の初代担当、B. クィーンズのお2人。 そんな〈レジェンド〉が清水の街で大暴れします! さらにももクロやフジテレビアナウンサーと豪華な声優陣が続きます。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ちびまる子ちゃんの声優交代の歴史の一覧は?初代のままの人もまとめ

ちび まる子 ちゃん ゲスト 声優

10週連続ゲスト声優まつり、続報! 1990年1月7日(日)に放送をスタートしたアニメ『ちびまる子ちゃん』が来年1月にアニメ化30周年を迎えることを記念して企画された、<10週連続ゲスト声優まつり>。 10月6日(日)の放送を皮切りに、B. クィーンズ、永島優美(フジテレビアナウンサー)、久慈暁子(フジテレビアナウンサー)が声優をつとめた回がすでに放送され、本日はいよいよ『ちびまる子ちゃん』30周年アンバサダーをつとめている、ももいろクローバーZがかわいいお茶娘<かなこ、しおり、あやか、れに>の4人組として登場。 10月27日(日)の放送回には、『ワンピースONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ役をはじめ、『ドラゴンボール』のクリリン役など、人気作品の声優でおなじみの田中真弓が、東京から清水の町に遊びに来た小学校3年生の<透くん>として登場する。 また11月10日(日)の放送回は<七色の声を持つ男>と言われる声優界のレジェンド、山寺宏一がつとめる。 山寺が演じるのは物まねが上手な露天商の男で、その魅力に人は集まり、大繁盛。 果たしてどんな物まねが聞けるのか?ご期待頂きたい。 幼い頃、おばあちゃんの家に遊びに来ていた透くんは空き地で遊んでいて、とある男の子と仲良くなる。 一緒に紙ひこうきを飛ばす約束をしていたが、急に東京に帰ることになり、約束を果たせないままその男の子とも5年もの間、会えずにいたのだ。 久しぶりにおばあちゃんの家に遊びに来ていた透くんは、思い出の空き地を探している時にまる子たちに出会い、一緒に空き地を探すことになる。 まる子は町で動物のものまねがうまい露天商のおじさんと出会う。 あまりにものまねが上手で、おじさんの周りにはたちまち人だかりができてしまい、商品は次々と売れていく。 すっかりおじさんのとりこになったまる子も、おじさんが売っている商品を買ってほしくてお母さんにねだっていると、おじいちゃんが買ってくれることに。 でもおじさんが売っているのはゴム手袋や風呂おけ。。。 果たしてまる子は何を買ってもらうのか?乞うご期待! <10週連続ゲスト声優まつり>のゲスト声優発表も今回の発表で折り返し地点に到達した。 残り5組も超豪華なゲスト声優が登場する予定。 果たしてまる子の世界を彩る次のゲスト声優はいったい誰なのか、引き続きご期待頂きたい! <コメント> 田中真弓コメント 「30年もレギュラーメンバーで続いている「ちびまる子ちゃん」に出られる日が来るなんて。。。 ! まずは、嬉しい!と小躍りしました。 が、いざ収録が近くなってくると、色んなことを考え緊張してきました。 当日、緊張のあまり、1時間早くスタジオに着いてしまい、皆さんに驚かれてしまいました。 始まったら、楽しくて、あっという間に録り終えて寂しいくらいでした。 小杉くんの、あるセリフに大爆笑。 レギュラーの方々は付き合いの長い大好きな先輩や友人だらけ!長年テレビを通して親しんだキャラクターの掛け合いを、生で聞く事が出来て嬉しかったです。 僕は子供の頃から動物のものまねが好きで、その点においては声優界で誰にも負けない自信があります。 なので、今回の役は実にありがたかったのですが、収録が凄く早いテンポで進んで行くのでチョット焦りました。 でも本当に楽しい現場でした!<物真似おじさん>の再登場を期待してます!」 プロデューサー:江花松樹(フジテレビ編成部) コメント 「今回参加して頂くのはレジェンド声優のお二人。 現場では迫力のある演技で圧巻!アフレコ現場も大盛り上がりでした。 テレビを通じてお二人のパワフルな演技をぜひお楽しみください!」.

次の

『ちびまる子ちゃん』広瀬アリス、三浦翔平、吉岡里帆がゲスト声優 広瀬は“静岡愛”全開

ちび まる子 ちゃん ゲスト 声優

<10週連続ゲスト声優まつり>もいよいよ後半戦がスタート! 後半戦のスタートとなる6話目のゲスト声優をつとめるのは、お笑いコンビアンジャッシュの児嶋一哉、そして7話目のゲスト声優は今年公開された映画『ライオン・キング』のプンバァ役を演じたのが記憶に新しい、佐藤二朗がつとめることが決定! 児嶋が演じるのは、飲み屋で偶然一緒になったことでまる子の父、ヒロシと意気投合した<大島さん>というキャラクター。 そして佐藤が演じるのは、公園でまる子たちが偶然出会った謎の<知らないおじさん>。 偶然飲み屋で<大島さん>と一緒になったヒロシは意気投合し、一緒に釣りに行く約束をする。 まる子も連れだって<大島さん>の持つ船で近くに釣りに行くことになるが、そこでアラスカにキングサーモンを釣りに行ったという<大島さん>に、今度一緒にアラスカに行かないかと誘われる。 すっかりその気になったヒロシは酒もたばこもやめて、旅費をためるために節約をはじめる。 果たしてヒロシは人生初のアラスカ旅行に行くことができるのか?2013年に放送された『ちびまる子ちゃん』の実写ドラマに<ヒロシ>役で出演していた児嶋一哉が、ヒロシと意気投合するという釣り好きの<大島さん>を、自然体で演じる。 過去にも何度か声優の経験があるという児嶋は感情豊かにキャラクターを表現し、スタッフ一同も納得の<大島さん>を作り上げた。 仕事の途中、道に迷っているうちにたどり着いた公園で鬼ごっこをするまる子たちに出会った<知らないおじさん>は、自分の子供の頃を思い出して一緒に遊ぼうと声をかける。 早速、<知らないおじさん>が鬼になってかくれんぼが始まるが、親しげ過ぎるおじさんに少しずつ不安になり始める子供たち。 ついには<知らないおじさん>が交番で見た指名手配犯の写真に似ているのではないかと言い出す始末。 <知らないおじさん>は、恐怖の悪人なのか!?そんな怪しげなおじさん役を佐藤二朗が怪演。 どことなく疲れたサラリーマン役が妙にしっくりくる。 乞うご期待! <10週連続ゲスト声優まつり>のゲスト声優発表も残すところあと3組となった。 ラスト3組もあっと驚く超豪華なゲストが登場する予定だ。 引き続きご期待頂きたい! 【児嶋一哉(アンジャッシュ)コメント】 Q ちびまる子ちゃんの声優が決まった時の感想は? 「うちの嫁さんが(ちびまる子ちゃんが)大好きで、決まった時はものすごくテンションがあがっていましたね。 僕は実写ドラマでヒロシをやらせてもらっていたので、最初にヒロシと絡むシーンがあって感慨深かったです」 Q 実際演じてみていかがでしたか? 「難しかったです。 声の加減が難しかったですが、監督さんがいろいろ指示を出してくれたのでやりやすかったです。 OAが楽しみです!」 【佐藤二朗コメント】 Q ちびまる子ちゃんの声優が決まった時の感想は? 「私の妻が、さくらさんの大ファンなんです。 妻が小学校6年生当時、さくらさんが『ちびまる子ちゃん』の前身の読み切りを描いていて妻がそれを読み、その中にお母さんに前髪をぱっつんに切られてしまうというエピソードがあったらしいのです。 自分も同じ経験をしていたのでそのことをファンレターに書いて送ったら、"これからも頑張るので、お母さんと一緒に応援してください"というお返事が来たそうです。 それをいまも大事にとってあるんですよ!なので今回の話が来たときに誰よりも妻が喜びました。 もちろん『ちびまる子ちゃん』はたくさんの方に長く愛されている作品なので、私としても"光栄"の一言です」 Q 実際演じてみていかがでしたか? 「吹き替えは何回か経験がありますが、やるたびに思うのは、"プロの声優さんってすごいな"ということなのですが、今回はそれよりも、普段テレビで見ているキャラクターの声と自分の声が同じ画面から聴こえるのが不思議な感覚でした」 【プロデューサー:江花松樹(フジテレビ編成部) コメント】 「ゲスト声優まつりもついに後半戦!実写ドラマ『ちびまる子ちゃん』でお父さん役を演じてもらったことのある児嶋さん(アンジャッシュ)、そしてドラマ、バラエティで引っ張りだこの佐藤二朗さんにご参加いただきます。 お二人とも奥様が『ちびまる子ちゃん』のファンだということで、作品との縁を感じるキャスティングとなりました。 不思議だけど、どこかやさしさを感じるお二人が参加する今回のお話、ぜひお楽しみください!」 みなさん、『ちびまる子ちゃん』毎週(日)18時~18時30分放送、「10週連続ゲスト声優まつり」をどうぞお楽しみに!•

次の