りんどう。 岩手県

リンドウの育て方|ヤサシイエンゲイ

りんどう

名称 [ ] 和名の リンドウは、中国植物名()の竜胆 /龍胆 (りゅうたん)の音読みに由来し 、中国では代表的な苦味で古くから知られる(くまのい)よりも、さらに苦いという意味で「竜胆」と名付けられたものである。 リンドウの全草は苦く、特に根は大変苦くて薬用になる。 地方による別名は、イヤミグサ 、ケロリグサ などがあり、イヤミグサは、「胃病み草」の意味である。 分布・生育地 [ ] の以西の、、に分布し、、、湿った、に自生する。 形態・生態 [ ]。 は、黄白色のひげ根状に何本も伸びる。 は直立または斜め上に伸び、高さは20 - 100 cm 、はし、笹に似た卵状皮披針形で 、はなく茎を抱く。 葉身は細長く、3条の脈があり、指でこするとざらつき感がある。 には鋸歯はないが、ルーペで見ると小さな突起がある。 花期は(9 - 11月ころ)で 、茎頂や上部のに太いを出す。 花はの時だけ開き 、やや大型で形のきれいな青紫色で、上向きにいくつも咲かせる。 はで、枯れた花冠や萼に包まれたまま突き出し、熟すと縦に2裂する。 種子は長さ1. 5 - 2 mm ほどでごく小さく、種皮には縦長に網目模様がついている。 また、種子には翼がついていて風に乗って飛散される。 かつては周辺の草地やのなどにリンドウやなどの草花がたくさん自生していたが、それはとの関係で定期的に草刈りがなされ、草丈が低い状態に保たれていたためだった。 近年、そのような手入れのはいる場所が少なくなったため、リンドウをはじめこれらの植物は見る機会が少なくなってしまい、リンドウを探すことも難しくなってしまっている。 栽培 [ ] 繁殖はとによって行われる。 挿し芽は、初夏に2 - 3節を切り取って、切り口を渇かさないようにして水上げして、挿し芽用土に挿すと、2 - 3週ほどで発根する。 播種は秋にに種を蒔く。 やとして、またはとしてよく栽培されるが 、園芸店でよく売られているのは別種のの栽培品種のことが多い。 利用 [ ] 根にはである、の1種、のなどを含んでいる。 根はの(竜胆/龍胆)の原料のひとつとして用いられる。 リンドウ科で、日本薬局方に収録されている生薬の代用品。 かつて根は民間薬として用いられた。 竜胆は、地上部が枯れる10 - 11月に根を切らないように根茎を掘り上げて、茎を切り捨てて水洗いし、天日乾燥させて調整される。 竜胆は、漢方専門薬局でも取り扱われている。 苦味質は一般に口内の神経終末を刺激し、やの分泌を高め、消化機能の改善、食欲増進に役立つものと考えられている。 リンドウ(竜胆)の苦味は、苦味健胃、消化不良による、食欲不振、胃酸過多に薬効があるといわれ、、の分泌を増進する効果がある。 では、消炎解毒の作用があるものと考えられていて、処方に配剤されている。 では、竜胆1日量2 - 3を、水300 - 400 で3分の2ほどになるまで煎じ、食後3回に分けて服用する用法が知られている。 食欲不振時のもう一つの用法は、竜胆をなるべく細かく刻んですり鉢などで粉末にしたものを、1回あたり0. 1 - 0. 2グラムを食後に水か白湯で飲む。 患部の熱感をとる薬草で、排尿痛、排尿困難で排尿時に熱を感じるときや、目の充血や痛みで冷やすと痛みが楽になる人によいとも、患部に熱が溜まり、のどが渇いて冷たいものが欲しい人によいとも言われている。 連用は避けることと 、妊婦や患部か冷えている人への使用はとされている。 中国産のは、、などに野生し、中国では竜胆として薬用されているが、苦味はリンドウよりも劣る。 フォーム(品種) [ ] 本変種は変異が大きく、下記の通りいくつかの form に分類される。 ホソバリンドウ G. var. stenophylla ホソバリンドウ 千葉県・成東市 葉が細長いことが特徴。 シロバナリンドウ G. var. albiflora 白い花をつけるフォーム。 キリシマリンドウ G. var. procumbens Toyok. 草丈がやや低く、比較的葉が細い。 園芸品種の交雑親とすることが多い。 クマガワリンドウ G. var. saxatilis 葉がやや細く、花の色がやや濃い。 アケボノリンドウ G. var. alborosea N. Yonez. 近縁種 [ ] 類似の種に湿地に生える、白花のがある。 (学名: Gentiana triflora var. japonica)- ホソバエゾリンドウの変種。 北海道から本州の近畿以北に分布。 (学名: Gentiana makinoi) - 別名キヤマリンドウ。 名は山中に生えることに由来する。 本州中部以北の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana thunbergii var. minor) - ハルリンドウの1種で、名は立山に生えることに由来する。 北海道・本州中部以北の日本海側の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana zollingeri) - 二年草で、日が差すと花が開いて、陰ると花を閉じる。 日本・朝鮮半島・中国・樺太に分布。 象徴 [ ] 2011年10月、 県花 [ ]• 市町村花 [ ] ()内は消滅• 青森県:(南津軽郡)• 岩手県:、岩手郡、和賀郡、(岩手郡、胆沢郡、九戸郡)• 秋田県:(仙北郡)• 宮城県:、(玉造郡)• 山形県:東村山郡、最上郡、• 福島県:岩瀬郡、(伊達郡、岩瀬郡、田村郡)• 栃木県:那須郡• 群馬県:吾妻郡、• 千葉県:印旛郡• 神奈川県:、• 富山県:中新川郡• 山梨県:、(西八代郡、北都留郡)• 長野県:、木曽郡、(更級郡)• 三重県:度会郡• 兵庫県:、(朝来郡)• 岡山県:(苫田郡)• 山口県:(美祢郡)• 徳島県:勝浦郡• 愛媛県:(上浮穴郡)• 熊本県:、阿蘇郡、(阿蘇郡)• 宮崎県:(北諸県郡) 竜胆紋(龍胆紋) [ ]• 118. 138. 431. 116. 東京生薬協会• 林輝明、 大阪大学 博士論文 1976-03-05, :• 433. , p. 432. 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、138頁。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、431頁。 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『草木の種子と果実』〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2012年9月28日、80頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、118頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、116頁。

次の

竜胆(リンドウ)

りんどう

名称 [ ] 和名の リンドウは、中国植物名()の竜胆 /龍胆 (りゅうたん)の音読みに由来し 、中国では代表的な苦味で古くから知られる(くまのい)よりも、さらに苦いという意味で「竜胆」と名付けられたものである。 リンドウの全草は苦く、特に根は大変苦くて薬用になる。 地方による別名は、イヤミグサ 、ケロリグサ などがあり、イヤミグサは、「胃病み草」の意味である。 分布・生育地 [ ] の以西の、、に分布し、、、湿った、に自生する。 形態・生態 [ ]。 は、黄白色のひげ根状に何本も伸びる。 は直立または斜め上に伸び、高さは20 - 100 cm 、はし、笹に似た卵状皮披針形で 、はなく茎を抱く。 葉身は細長く、3条の脈があり、指でこするとざらつき感がある。 には鋸歯はないが、ルーペで見ると小さな突起がある。 花期は(9 - 11月ころ)で 、茎頂や上部のに太いを出す。 花はの時だけ開き 、やや大型で形のきれいな青紫色で、上向きにいくつも咲かせる。 はで、枯れた花冠や萼に包まれたまま突き出し、熟すと縦に2裂する。 種子は長さ1. 5 - 2 mm ほどでごく小さく、種皮には縦長に網目模様がついている。 また、種子には翼がついていて風に乗って飛散される。 かつては周辺の草地やのなどにリンドウやなどの草花がたくさん自生していたが、それはとの関係で定期的に草刈りがなされ、草丈が低い状態に保たれていたためだった。 近年、そのような手入れのはいる場所が少なくなったため、リンドウをはじめこれらの植物は見る機会が少なくなってしまい、リンドウを探すことも難しくなってしまっている。 栽培 [ ] 繁殖はとによって行われる。 挿し芽は、初夏に2 - 3節を切り取って、切り口を渇かさないようにして水上げして、挿し芽用土に挿すと、2 - 3週ほどで発根する。 播種は秋にに種を蒔く。 やとして、またはとしてよく栽培されるが 、園芸店でよく売られているのは別種のの栽培品種のことが多い。 利用 [ ] 根にはである、の1種、のなどを含んでいる。 根はの(竜胆/龍胆)の原料のひとつとして用いられる。 リンドウ科で、日本薬局方に収録されている生薬の代用品。 かつて根は民間薬として用いられた。 竜胆は、地上部が枯れる10 - 11月に根を切らないように根茎を掘り上げて、茎を切り捨てて水洗いし、天日乾燥させて調整される。 竜胆は、漢方専門薬局でも取り扱われている。 苦味質は一般に口内の神経終末を刺激し、やの分泌を高め、消化機能の改善、食欲増進に役立つものと考えられている。 リンドウ(竜胆)の苦味は、苦味健胃、消化不良による、食欲不振、胃酸過多に薬効があるといわれ、、の分泌を増進する効果がある。 では、消炎解毒の作用があるものと考えられていて、処方に配剤されている。 では、竜胆1日量2 - 3を、水300 - 400 で3分の2ほどになるまで煎じ、食後3回に分けて服用する用法が知られている。 食欲不振時のもう一つの用法は、竜胆をなるべく細かく刻んですり鉢などで粉末にしたものを、1回あたり0. 1 - 0. 2グラムを食後に水か白湯で飲む。 患部の熱感をとる薬草で、排尿痛、排尿困難で排尿時に熱を感じるときや、目の充血や痛みで冷やすと痛みが楽になる人によいとも、患部に熱が溜まり、のどが渇いて冷たいものが欲しい人によいとも言われている。 連用は避けることと 、妊婦や患部か冷えている人への使用はとされている。 中国産のは、、などに野生し、中国では竜胆として薬用されているが、苦味はリンドウよりも劣る。 フォーム(品種) [ ] 本変種は変異が大きく、下記の通りいくつかの form に分類される。 ホソバリンドウ G. var. stenophylla ホソバリンドウ 千葉県・成東市 葉が細長いことが特徴。 シロバナリンドウ G. var. albiflora 白い花をつけるフォーム。 キリシマリンドウ G. var. procumbens Toyok. 草丈がやや低く、比較的葉が細い。 園芸品種の交雑親とすることが多い。 クマガワリンドウ G. var. saxatilis 葉がやや細く、花の色がやや濃い。 アケボノリンドウ G. var. alborosea N. Yonez. 近縁種 [ ] 類似の種に湿地に生える、白花のがある。 (学名: Gentiana triflora var. japonica)- ホソバエゾリンドウの変種。 北海道から本州の近畿以北に分布。 (学名: Gentiana makinoi) - 別名キヤマリンドウ。 名は山中に生えることに由来する。 本州中部以北の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana thunbergii var. minor) - ハルリンドウの1種で、名は立山に生えることに由来する。 北海道・本州中部以北の日本海側の亜高山帯に分布。 (学名: Gentiana zollingeri) - 二年草で、日が差すと花が開いて、陰ると花を閉じる。 日本・朝鮮半島・中国・樺太に分布。 象徴 [ ] 2011年10月、 県花 [ ]• 市町村花 [ ] ()内は消滅• 青森県:(南津軽郡)• 岩手県:、岩手郡、和賀郡、(岩手郡、胆沢郡、九戸郡)• 秋田県:(仙北郡)• 宮城県:、(玉造郡)• 山形県:東村山郡、最上郡、• 福島県:岩瀬郡、(伊達郡、岩瀬郡、田村郡)• 栃木県:那須郡• 群馬県:吾妻郡、• 千葉県:印旛郡• 神奈川県:、• 富山県:中新川郡• 山梨県:、(西八代郡、北都留郡)• 長野県:、木曽郡、(更級郡)• 三重県:度会郡• 兵庫県:、(朝来郡)• 岡山県:(苫田郡)• 山口県:(美祢郡)• 徳島県:勝浦郡• 愛媛県:(上浮穴郡)• 熊本県:、阿蘇郡、(阿蘇郡)• 宮崎県:(北諸県郡) 竜胆紋(龍胆紋) [ ]• 118. 138. 431. 116. 東京生薬協会• 林輝明、 大阪大学 博士論文 1976-03-05, :• 433. , p. 432. 参考文献 [ ]• 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、138頁。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、431頁。 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『草木の種子と果実』〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2012年9月28日、80頁。 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、118頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、116頁。

次の

竜胆(りんどう)ってどんな花?花言葉・由来・種類について!!│www.digitaleskimo.net

りんどう

肥料 季節・日常の手入れ ポイント 咲き終わって茶色く変色した花はそのままにしておくと、栄養がタネを作る方に取られて株が疲れることがありますので、タネを採集しない場合は花茎の付け根から摘み取るようにしましょう。 冬を迎える頃に茎葉が枯れて地下の根の状態で冬越しをします。 枯れてしまった茎は地際近くで切り戻します。 摘心 草丈をコンパクトに抑えたい場合は摘心(生長している芽の先を切り落とす)を2度ほど行います。 5月中旬頃に下の方の葉を4枚ほど残して茎を切り落とします。 そうするとワキから芽が出てきますので、その芽が伸びたら同様に伸びた芽の先端を切り落とします。 切り落とした茎はそのままさし木に利用できます。 ただし、わき芽を伸ばさないエゾリンドウやオヤマリンドウは、摘心をしてしまうと花が咲かなくなります。 また、わき芽を伸ばすものでも時期が遅いと花が咲かないこともありますので気をつけましょう。 日当たり・置き場所 春の芽が出る時期~秋の花が咲き終わる時期は、できるだけよく日の当たる場所で育てましょう。 日照不足になると茎葉が間延びします。 よく日に当てることで枝葉もしっかりした丈夫な株になり、花付きも良くなります。 葉は元気なのに花が付かない場合、ネコブセンチュウや根づまりなども考えられますが、第一の原因は「日照不足」の場合が多いです。 つぼみも日が当たると開き、日陰では閉じてしまうので、鉢植えを購入した場合もできるだけ日当たりのよい場所に置きます。 ただし、暑さと乾燥にやや弱いので、真夏は直射日光を避けた明るい日陰のほうが安全です。 特に高山性の常緑タイプは冷涼な気候を好むので、 夏は風通しのよい場所で日射しをある程度遮って夏越しさせます。 暑さに弱い反面、耐寒性は強く霜や寒風に気をつければ屋外で冬越しできます。 露地で育てる場合はできるだけ涼しい地域が適しています。 高地性常緑タイプについて アルプスやピレネーを原産とする高地性のリンドウは暑さや多湿に特に弱く、梅雨や夏をいかに涼しく過ごさせるかが栽培の最大のポイントとなります。 それらの栽培には気化熱によって鉢内の温度を下げるように工夫された「断熱鉢」や「水冷鉢」がよく使われます。 水やり・肥料 根の乾燥を嫌う植物です。 春の芽が出る頃から花が終わる晩秋までの間、極端に乾かさないように土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。 特に真夏は乾きやすいので水切れには気をつけましょう。 水切れを起こしてしまうと、葉が下の方から枯れてきます。 乾燥に弱いからと言って、常に土が水でじめじめしているような状態にすると、今度は湿りすぎで葉の先から枯れ込むことがあります。 草花全般の基本ですが、水やりはメリハリを付けて、土の表面が乾いていたら与えます。 つぼみや花びらに水がかかると傷むことがありますので、開花中は株元から静かに水を与えます。 肥料はさほどたくさん必要ありませんが、少し与えるとよく育ちます。 芽の出る頃から真夏の暑さがくる手前まで、月に2回程度液体肥料を与えます。 過湿同様、肥料のやり過ぎでも葉先から枯れ込むことがあるので、ほどほどにしましょう。 用土 水はけのよい酸性土が適しています。 鹿沼土7:ピートモス3の割合で混ぜた土を利用します。 植え替え・植え付け 鉢植えの場合、鉢の中が根でいっぱいになり根づまり状態になると花付きが悪くなるので、1~2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。 ふやし方 さし芽(さし木)、株分け、タネまきでふやすことができます。 宿根草タイプも根は年ごとに老化していきいずれは株自体が寿命を迎えて枯れてしまうので、さし芽で常に若い株を作っておくのもよいでしょう(これを「株を更新する」といいます)。 さし芽は5~6月が適期で、茎の先端を5~8cmの長さに切り、土に挿す部分(2~3cm)になる下の方の葉を取り除き鹿沼土を鉢に入れてそこに挿します。 日陰で乾かさないように管理すると1ヶ月ほどで根が出てきます。 株分けは3~4月に行います。 株を鉢から抜いて(地植えの場合掘り上げて)傷んだ根をある程度取り除いて、根をしっかりと両手でもって裂くようにして分け、それぞれを植え付けます。 タネは花が咲いた後、2ヶ月ほどでできます。 さや全体が茶色く変色するか、自然に裂けた頃が採りごろです。 採取したタネは保存しておき、3月上旬頃にまきます。 発芽までは1~2ヶ月かかる上に、成長して株が花を咲かせるまで時間がかかります。 タネを採るところから始めると非常に気の長い話ですが、タネから育てるのは山野草栽培の醍醐味のひとつだと思うので、興味のある方は挑戦してみてもおもしろいのではないでしょうか。 かかりやすい病害虫 病気 さび病 ・害虫 ネコブセンチュウ アブラムシ ヨトウムシ さび病は葉にイボのような斑点ができ、さびが付いたように見えるのでこの名前があります。 葉を枯らしてしまい、胞子をまき散らして病気を拡大させるので、早めの処置が必要です。 病気になった葉はすぐに取り除き株を消毒します。 ネコブセンチュウは根に潜り込んで養分を吸い取る害虫で、被害を受けた根には小さなこぶができます。 被害を受けた株は生育が衰えて花が咲かないこともあります。 一般では薬剤での対処が困難なので植え替え時にコブのできた根を切り詰めて新しい用土で植え替えるか、さし木で新しい株を作ります。 被害を受けないためにはしっかりと日光消毒した用土を用いてセンチュウを持ち込まないようにするのが大切です。 アブラムシは新芽や茎について栄養を吸います。 見つけ次第薬剤を散布して駆除します。 ヨトウムシは主に夜に活動する害虫では葉やつぼみを食い荒らします。 昼は土の中に潜っていて見つけにくいですが、株元を軽く掘ると見つかることがよくあります。 まとめ 真夏以外は日によく当てて育てます 根を極度に乾燥させると生育に支障が出ますので水切れは禁物です 常緑タイプ以外は冬に地上部分が枯れます 関連するページ ・ ・ ・ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の