松尾キャスター。 テレ朝POST » 松尾由美子アナ、番組で妊娠を報告!福田成美「堂々と松尾さんの身体を労われます」

松尾剛

松尾キャスター

松尾剛アナウンサーの経歴や学歴 松尾剛アナの経歴などを見ていきましょう!• 名 前:松尾剛(まつおつよし)• 生年月日:1967年10月27日• 出身地:長崎県北松浦郡福島町 (現:松浦市) 松尾アナは 佐賀県立伊万里高等学校卒業後、 筑波大学生物資源学類へ進学。 伊万里高校の偏差値は52と顕著に高くはないのは、全クラスが進学クラスではなく高校卒業後に就職や専門学校などへ進学する生徒もいるからです。 国公立大学進学者数は近年毎年100名超とのこと! また茨城県にある筑波大学も偏差値57. 5なので、結構勉強しないと進学できません。 大学も卒業するまでに2年留年した情報も。 松尾剛さんはちょっと変わった経歴で、大学卒業後はすぐに就職せずカナダのバンクーバーでお土産を販売するワーキングホリデーをしていました。 帰国後にアナウンサーの年齢制限がNHK以外全てアウトだったために、ダメ元に願書を提出したところ採用となりました。 主にこれらの番組を担当されていました。 NHKニュースおはよう日本• サタデースポーツ・サンデースポーツ(2011年〜2015年) 松尾剛 NHK は結婚後嫁と離婚していた? 子供は? 松尾剛アナウンサーですが結婚して嫁や子供はいるか気になります。 あまり公表はしていませんが、2008年当時のトークショーでは 30代の奥さんがいて、小学2年生の息子がいると言っています。 息子さんは現在、高校生くらいになりますね。 松尾剛アナといえば、特徴的なのが 白髪! 視聴者からは急激に白髪が増えた為、ちょっと話題になったとか。 40代になって若白髪が増えていますが、黒髪と白髪混じりの頭がワイルドに見えますね。 以前、在籍していた登坂淳一アナウンサーも白髪だったので黒染めしなく、自然体でいるのが好ましいとされているのでしょうか。 白髪に関しての印象はどういうものがあるのでしょうか。 結果は賛否両論ありますが、「 似合っていればいい」との声が多いですね。 もちろん、ボサボサで清潔感が無ければ、悪印象ですが清潔感や髪を整えたり、オシャレ感を出すとカッコいい知的な印象もします! 松尾剛アナは 身長も高そうですね。 巨人の阿部慎之助捕手と並んでもほぼ一緒です。 阿部慎之助選手が身長180㎝なので180㎝前後の可能性が高いでしょう。 今回はすぐ、相手へ謝罪したので円満解決しましたが、冗談のつもりでもトップニュースで取り上げられるのですね・・・ 管理人もうっかり発言には気をつけようと思います! 【合わせて読みたい】:.

次の

松尾剛

松尾キャスター

名前:青山和弘(あおやま かずひろ) 生年月日:1968年5月6日 出身:千葉県流山市 血液型:A型 学歴:早稲田高校、東京大学文学部社会心理学科卒業 結婚:2回 所属:日本テレビ放送網報道局外報部所属 現職:日本テレビ官邸キャップ 「NEWS ZERO」の男性キャスターを担当予定の日本テレビ・青山和弘(あおやま かずひろ)氏は、東大卒、日本テレビ官邸キャップを務めるエリート。 元「コロンビア大学大学院東アジア研究所」客員研究員。 日テレ社内で最も官邸内、政治情勢に詳しいことから、「国会王子」として評される。 青山和弘氏の経歴は華々しく、東大卒後の1992年日本テレビ入社。 以後は、報道局社会部(警視庁担当)にて重大事件での現場取材を経験後、報道局政治部(首相官邸担当)に異動。 首相官邸担当として、当時の羽田孜首相、村山富市首相や、自民党・野中広務官房長官の番記者に抜擢。 ここ10年は、『NEWS ZERO』のデスク、2007年12月から政治部国会・官邸キャップ、2012年には「NNNワシントン支局長」を務めるなど管理職としてのポストに抜擢されており、日テレ社内での幹部候補となっている。 現在は現場を離れての活躍が多く、テレビ出演の機会も増えている。 選挙期間中の日本テレビ系の情報番組には必ずと言っていいほど青山和弘氏が解説として出演している。 日テレ社員と社内結婚後に離婚、そして次はアナと再婚 日テレ社内では仕事がデキる男として評価が抜群の青山和弘氏(同期には、岸田雪子、大神いずみ、松本志のぶなどの有名アナたち) そのため、社内の女性社員たちからかなりモテるらしく、青山氏は「社内結婚2回」という変わり種でもあります。 しかも、元妻と現在の妻2人ともがそこそこ有名人でもあります。 青山和弘の元妻・小林史 日テレ青山和弘の元妻・小林史さん こちらが青山氏が1回目に結婚した相手・小林史(こばやしふみ)さん。 年齢は47歳。 日本テレビ報道局ニュース編集部所属の報道記者として活躍しており、テレビ番組には多数出演。 2007年10月から2010年6月まで、有村昆さんの妻・丸岡いずみさんの後任として「真相報道 バンキシャ! 」にてニュースキャスターを務めていたことでも知られています。 元妻・小林史さんとの離婚時期は明らかになっていませんが、小林さんが報道畑の方のため、離婚後も元旦那と同じ部署で勤務していたことになります。 現在の妻は松尾英里子アナ 日本テレビは24日、報道番組「NEWS ZERO」(月~木=後10・54、金=11・58)にキャスターとして出演中の松尾英里子アナウンサー(29)が結婚したことを発表した。 総合広報部によると、相手は同局ワシントン支局の記者で、松尾アナの誕生日の22日に結婚したという。 2011年10月サンスポより 2011年年8月、NNNワシントン支局の特派員に就任した青山和弘さん。 青山和弘さんの現在の妻の画像はこちら。 松尾英里子アナは、青山氏の15歳年下の現在35歳。 結婚後に寿退社しており、その後、2014年に長男、2015年に長女を出産。 現在は2人の子ども母親として奔走しながら、フリーアナウンサーとしても活躍しています。 ちなみに、こちらが青山和弘&松尾英里子アナの子どもの写真。 現在、長男が4歳、長女が2歳。 青山氏は50歳ですが、2人の幼い子どもの父親ということになります。 元嫁と現妻が同じ会社勤務という気まずい職場環境 過去に「Oha! 4 NEWS LIVE」を担当していた松尾英里子アナ。 報道局ニュース編集部所属の元嫁・小林史さんとは当時からの顔見知り。 青山氏はワシントン支局で海外勤務する一方、元嫁と現在の妻が同じ社内で勤務するという気まずい職場環境を作り出した旦那に対して、「同僚のお下がりとか嫌だな」「後輩二人に手を付けたオッサン... 」との声が結婚当時は挙がっていたほど。 今後、青山氏が「NEWS ZERO」キャスターを担当すれば、嫌でも報道局の元嫁とやり取りすることが増えてくるのではないでしょうか。

次の

女性フリーアナウンサー、キャスター名鑑【一覧】

松尾キャスター

「ニュース シブ5時」は2015年4月度から放送開始された平日夕方のニュース番組。 最新ニュースや社会的なトレンド、生活情報などを取り扱う。 番組名の由来は「渋谷」と「5時(放送開始時間がおおよそ17時であることから)」とされている。 2017年4月からは、放送開始時間が前倒しされ2部制に移行。 本放送前に「4時も!シブ5時」も存在していたが2018年3月に終了している。 2018年9月いっぱいで番組のシンボル的存在だった寺門亜衣子アナが卒業。 現在は守本奈実アナが後任を務めている。 また2020年3月には約5年に渡りメインキャスターを務めた松尾剛アナが広島放送局への異動に伴い降板。 同年4月からは阿部渉アナが新たにキャスターを務めている。 この記事では「ニュース シブ5時」の出演アナウンサー&キャスターの情報をまとめている。 趣味は歌舞伎・時代劇・J-POP(AKB48ファン) 三輪誠司(みわせいじ) IT・社会問題 金曜 愛知県名古屋市出身、北海道大学卒。 趣味はマジック デスク 山下和彦(やましたかずひこ) NHKの女子アナ 2008年入局 1985年8月19日生まれ、茨城県生まれ、東京・アメリカ育ちの34歳 身長153cm、血液型はAB型 早稲田大学政治経済学部 卒 9歳~12歳までをアメリカ・ワシントンで過ごした帰国子女 2006年、大学時代にはBSフジに学生キャスターとして出演した経験を持つ NHK入局後の初任地は山形放送局 その後、札幌を経て2013年度から東京アナウンス室に勤務 札幌放送局以降は特にニュース・情報番組を担当することが多く「おはよう日本」では頻繁に代理キャスターを務めた 「ニュース シブ5時」は番組開始当初2015年3月30日~2018年9月7日までキャスターとして出演した プライベートでは既婚者で2018年7月にNHKの先輩職員と結婚している 「ニュースウオッチ9」は平日の21:00からNHKが放送している夜のニュース番組。 略称は「nw9」、2006年から放送開始。 キャッチコピーは【「そもそも」を掘り下げ、「見て、聞いて、納得」するニュースを目指す】。 NHK総合だけでなく、海外向けにNHKワールドプレミアムでも放送されている。 キャスターを務めるのはNHKのアナウンサー。 2017年度から有馬嘉男&桑子真帆がメインキャスターを担当。 このコンビは「ニュースチェック11」からのコンバートで、揃って同じ番組に異動してきたことから話題となった。 同時に番組にテイストがリニューアルされ、以前に比べるとNHKらしい真面目な硬さが減少し民放的なノリが増している。 この記事では「ニュースウオッチ9」の出演アナウンサー&キャスターの情報を中心にまとめた。 テレビ東京が平日夕方に放送する経済を中心に放送する情報番組。 同局の経済情報コンテンツブランドである「サテライト」がタイトルに付けられている。 2016年11月から放送開始されたが、「モヤモヤさまぁ~ず2」のアシスタントを卒業した狩野恵里アナがキャスターに挑戦する番組として事前に注目を集めていた。 既に番組開始初期の出演者からは入れ替わりを見せている。 メインキャスターの狩野恵里アナは産休のため、同局の元女子アナで現・報道キャスターの塩田真弓キャスターが就任。 解説要員だった進藤隆富キャスターは社内規定違反があったとして処分を受け降板、池谷亨キャスターが後任となっている。 2018年4月2日以降は放送時間が25分も削られており、番組の存続の危うさを感じさせる状態である。 お天気コーナーは、この放送時間短縮によりほぼ消滅して気象予報士は金曜日のみの出演となっている。 さらに2020年3月30日からは放送時間が16:54~17:00の僅か6分間まで短縮。 辛うじて番組が存続している状態と言える。 この記事では「ゆうがたサテライト」の出演者情報を中心にまとめた。 「報道特集」はTBS系列で土曜日の夕方に放送されている報道番組。 元々は1980年10月4日から始まった「JNN報道特集」の後継番組であり、「報道特集NEXT」を経て2010年4月3日から「報道特集」として現在まで放送が継続されている。 「JNN報道特集」から数えれば放送開始から約40年という長寿番組である、番組は、事件や事故、時事問題に関する取材リポートを中心に進行。 文字通り「報道」の「特集企画」が番組構成の中核となっている。 放送時間は17:30~18:50までの80分で、特集の他に最新ニュースやスポーツ、気象情報なども取り扱う。 出演するキャスターは報道畑のジャーナリストやフリーアナウンサーが中心となっているため、番組は常に硬派な雰囲気を漂わせている。 この記事では「報道特集」に現在出演するキャスターやアナウンサーの情報を中心に紹介している。 「サンデーステーション」は「サタデーステーション」と共にテレビ朝日が2017年4月からスタートさせた週末の報道番組。 これまでの土曜プライム(土曜ワイド劇場)や日曜エンターテインメント(日曜洋画劇場)などのエンタメ枠を廃止して新たに報道枠を設けた。 テレビ朝日はその理由として、報道・ニュースの需要を挙げている。 同時間帯の他局においては、TBS土曜の「新・情報days ニュースキャスター」やフジテレビ日曜の「ミスターサンデー」などが高視聴率を獲得しており、それらへの対抗措置と考えられる。 メインキャスターには、「報道ステーションSUNDAY」のメインキャスターだった長野智子を起用。 元フジテレビアナウンサーという点で「サタデーステーション」の高島彩と同様である。 「サタデーステーション」と比べると、報道色が色濃く出ており出演者もテレビ朝日のアナウンサーやジャーナリストなど手堅いキャストが起用されている。 この記事では「サンデーステーション」の出演キャスター・アナウンサー、コメンテーターなど出演者の情報をまとめた。 「news zero」は2016年10月から日本テレビ系列で放送されるニュース番組。 それまで52年間放送されていた「きょうの出来事」の終了を受けて開始された。 「今日の出来事」が報道メインであったのに対し、「NEWS ZERO」はスポーツやエンタメなども取り入れられており、コンセプトが極端に変更されている。 また、キャスターにタレントを起用するなどワイドショー寄りのイメージが強かった。 華やかさを押し出している一方で過去にはプロデューサーによるパワハラ・セクハラ問題が報じられるなど一般的なモラルが問われた不祥事が目立ったことも多い。 2018年6月6日付の報道で、メインキャスターの村尾信尚が同年9月を持って卒業。 同年10月より元NHKアナウンサー・有働由美子アナがメインキャスターに就任。 このキャスト変更に伴い、番組名も「NEWS ZERO」から「news zero」と小文字に変更された。 ここでは現在出演するキャスターやアナウンサー、リポーターと過去の出演アナウンサーについて一覧で記す。 「BSフジLIVE プライムニュース」は2009年4月からBSフジで放送されている報道番組。 20:00~21:55に生放送で行われている。 時事ニュースをピックアップし、テーマに沿った専門家がスタジオに登場。 主にキャスター陣からの問いに専門家が答える形で番組は進行されていく。 土曜日には1週間の総集編として「プライムニュース SUPER」を放送される。 2018年4月より出演者が変更。 不倫報道の秋元優里アナは降板、竹内友佳アナは月曜と火曜、秋元アナの代役だった斉藤舞子アナが水曜、新規加入の生野陽子アナが木曜・金曜を担当。 2019年4月からは産休中の生野陽子アナに代わって、「めざましテレビ」キャスターなどで知られるセントフォース・長野美郷がキャスターに就任した。 この記事では「BSフジLIVE プライムニュース」の出演キャスター・アナウンサーの情報を中心にまとめている。 「ワールドビジネスサテライト」は1988年4月からテレビ東京で放送開始された平日夜(最終便)の経済情報番組。 日本経済新聞社が制作協力している。 同時間帯の民放番組の中では最も長寿の番組。 放送時間もそれほど大きく変動しておらず、安定した人気を誇っている。 現在のメインキャスターは元アナウンサーで現報道局に所属する大江麻理子。 歴代のメインキャスターを振り返っても女性がキャスターに就任するケースが圧倒的に多く、初代キャスターは現・東京都知事の小池百合子(当時の名義は「小池ユリ子」)である。 番組で特に人気なのが「トレンドたまご」という最先端で斬新な商品・技術などをリポートするコーナー。 通称「トレたま」。 企画内容が支持されているのはもちろんだが、テレビ東京の若手女子アナがリポーターとして登場する点も視聴者人気の要素となっている。 と、テレビ東京の人気番組のひとつに数えられているのが「WBS」こと「ワールドビジネスサテライト」である。 この記事では「ワールドビジネスサテライト」の出演キャスター&アナウンサーなど出演者情報をまとめている。 1998年10月1日から早朝に放送されているテレビ東京の経済ニュース番組。 他局で言えば朝の情報番組に相当するコンテンツであり本放送以外にもTwitterで番組の裏側が公開されるなど積極的なPRが行われている。 取り扱うニュースは経済に特化しており、基本的に一般・スポーツ・芸能などのニュースは取り扱わない。 ただし、フラッシュニュースや気象情報などのコーナーは設けられている。 NY証券取引所からの中継など、他局では見られない独特な特徴を持っている。 開始当初は45分番組で、その後も40分~55分の拡大と縮小を繰り返していたが、2017年4月からは80分へと大幅に放送時間が拡大している。 2020年4月からは番組をリニューアル。 メインキャスターに秋元玲奈アナが昇格、新企画に片渕茜アナ、NYキャスターとして西野志海アナが加入。 番組は2部制で、前後半30分ずつに分割しての放送となる。 この記事では「モーニングサテライト」に出演するキャスター・アナウンサーの情報についてまとめた。 「かんさい情報ネット ten. 」(かんさいじょうほうねっと てん)は、2009年3月30日から放送が開始された平日夕方の生放送報道番組。 関西エリアにて放送。 2017年1月23日で放送2000回を達成した。 アナウンサー歴の浅い女子アナをキャスターに起用するケースがあり、中谷しのぶアナは入社2年目、黒木千晶アナは入社1年目でそれぞれ担当している。 この記事では「かんさい情報ネット ten. 」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーター・コメンテーター・気象予報士などの情報をまとめた。

次の