お聞かせ願います 意味。 不躾なお願いの意味とは何か ビジネス上での使用例と言い換え表現

「お聞かせください」という敬語を使う場合の注意点

お聞かせ願います 意味

A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。

次の

「見ざる・聞かざる・言わざる」の本当の意味は? どんな教訓を得るかはあなた次第!

お聞かせ願います 意味

「善処」の読み方と意味 「善処」の読み方は「ぜんしょ」 「善処」は「 ぜんしょ」と読みます。 「よいところ」「よいしょ」とは読まないので注意してください。 「善処」の意味は「適切に処置すること」 「善処」の意味は 「物事をうまく処置すること」です。 「善処」という漢字をひとつずつ見ていくと、 「善」は、「正しいこと、道徳にかなったこと、ほどよいこと」という意味です。 「処」は、「処する」という動詞であり「身を置く、とりさばく、はからう、定めて行う、処置する」などといった意味があります。 要するに、「善処」は文字通り「状況に応じて適切に処置すること」という意味になります。 「善処」は堅い言葉なので、日常生活ではほとんど使用せず、ビジネスシーンで使用することがほとんどです。 「善処」は仏教用語では「来世に生まれる善い場所」という意味 「善処」は仏教用語で 「来世に生まれてくる善い場所」という意味もあります。 この意味の場合、漢字は 「善所」と書くことが多いです。 「善い場所」とは、人間界と天上界(空の上、神々が住み世界)を指しています。 極楽浄土(死後の世界、苦しみのない安楽の世界)を表す場合もあります。 法華経には「現世安穏後生善処(ぜんせあんのうごしょうぜんしょ)」という言葉があります。 これは「法華経を信じる者は、現世では穏やかに過ごすことができて、来世では善い世界に生まれる」ことを意味しています。 この「来世で生まれる良い世界」がまさに「善所」です。 「善処」の使い方と敬語 「善処します」「善処いたします」 と相手の依頼に対する返事・返信で使う ビジネスシーンで上司や顧客、取引先など目上の立場の人間から依頼やお願いをされたが、その場ではすぐにイエスかノーか決断できないときに「善処します」を返事として使います。 お客様からのクレームに対して使うこともあります。 「前向きに検討する」「努力していく」という意味の場合もあれば、 「不安な点があるので決定は先送りにする」「一旦保留にする」という後ろ向きな意味で使われることもあります。 最初からきっぱりと断ると相手に不快感を与えてしまうので、それを避けるために「ノー」の婉曲表現として使う人もいます。 どちらのニュアンスなのかは、相手や状況で判断するしかありませんね。 日本独特の商習慣といえます。 「善処」という言葉自体は敬語ではないので、丁寧「ます」を付けて「 善処します」の形で用います。 「いたす」という「する」の謙譲語を使い、「 善処いたします」とするとより丁寧な敬語になります。 「 善処してまいります」も謙譲表現にあたります。 その他の表現には、 ・善処を尽くします ・善処するよう努めます などがあります。 「尽くす」とは「ありったけのものを全て出し切る」という意味です。 全力で対処するという場合は「善処を尽くす」を使うことができます。 例文 ・ご指摘いただいた件について善処いたしますので、今しばらくお待ちください。 ・「単価をもう少し下げてもらえませんか」「善処いたします」 ・お客様のご意見を参考にして、サービスの改善に向けて善処してまいります。 「善処いたしかねます」はきっぱり断るときに使う 「善処いたしかねます」は「処置することはできない」とキッパリ断るときに使います。 「善処できない」など直接的すぎるので、「善処いたしかねます」をビジネスシーンでは使用します。 「善処いたしかねます」の前に「申し訳ありませんが」「大変恐縮ですが」というクッション言葉を添えると、相手に丁寧な印象を与えることができます。 「いたしかねます」とは、 「する」の謙譲語「いたす」+「兼ねる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「兼ねる」は「〜することができない」「〜することが難しい」という意味です。 「ご善処いたしかねます」とするとより丁寧な謙譲表現になります。 恋愛における「善処します」は、間接的にノーと言っていることになります。 例えば、男性をLINEで食事に誘ったときに「善処します」と返信がきたらほぼ脈なしです。 それでも恋愛対象の女性にも「善処します」を使う堅い男である可能性は残ります。。。 気になる相手に「善処します」と言われたら、相手の性格を見極めて判断をしましょう。 「前向きに善処」は不自然な日本語 「前向きに善処」と使っている人がたまに見受けられますが、これは少し不自然な日本語です。 「前向きに」とは「積極的に」「建設的に」を意味します。 「前向きに善処」という使い方は「前向きに検討」と混同していると思われます。 「前向きに検討」とは直訳的には「積極的によく調べて考える」という意味で、ビジネスで依頼されたときに「承諾できるように手はずを整えるので少々お待ちください」というニュアンスです。 しかし、「前向き検討」も「間接的なノー」である可能性はありますので注意です。 「善処する」とは「適切に処置」です。 よって「前向きに善処する」とは「積極的に適切に処置する」という意味になります。 「適切に処置する」ことに積極的も消極的もありません。 「適切に処置をする」ということは「適切に処置をする」ということです。 したがって、「前向きに善処する」は文法的には誤りではありませんが、意味的にやや不自然な日本語ということになります。 ちなみに「適切に善処する」も誤用です。 なぜなら「善処する」が「適切に処置する」なので「適切に善処する」は二重表現にあたります。 「善処を求める」「善処願う」「善処してください」は目上から目下に使う 「善処してください」は一般的に目上の人が目下の者に対して使う言葉であり、問題等があった際に「何とかしてください」「何とかしろ!」といった言葉を柔らかくしたものになります。 例えば、「同じミスを繰り返さないよう、善処してください」などと使います。 「〜してください」は相手に行動を促す命令表現なので、目上の人に使うことはできません。 他にも、 ・善処願う ・善処を求める ・善処を望む ・善処を期待する ・善処を訴える というような使い方があります。 例文 ・事故が起きた原因を明らかにするとともに、善処してください。 ・ホールの改修工事について、善処を求めた。 ・今後同じような過ちを繰り返さないよう、善処を願う。 「善処します」への返し方は「よろしくお願いします」 「善処します」と言われた場合は、「よろしくお願いします」と返します。 より丁寧に表現したい場合は「どうぞよろしくお願いします」「何卒よろしくお願いいたします」「心よりお願い申し上げます」を使います。 「善処します」を相手がどういう意味合いで使っているかはわかりませんので、その場に具体的なことに言及するのは避けた方がよいでしょう。 一旦「相手が適切に処置してくれたらよいな」くらいの気持ちで受け止めましょう。 「ご善処いただく」は目下から目上に使う 「ご善処いただく」は「(目上の人に)適切に処置してもらう」という意味になります。 「ご善処いただきたい」とすれば、目上の人に対して「適切に処置してほしい」ことを丁寧に希望する表現になります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 接頭語「ご」は、文脈により尊敬語、謙譲語、丁寧語のどれにでもなりますが、「ご〜いただく」でセットの謙譲表現となります。 (二重表現だと主張する人もいますが、慣習的に広く使われているため許容とする見方が大半) より丁寧な表現には、 ・ご善処をお願いいたします ・ご善処のほどお願い申し上げます ・善処いただきたく存じます があります。 「ご善処いただきありがとうございます」は適切な対応をしてくれた相手に対して、感謝の気持ちを述べる場合に使います。 例文 ・今回の件につきまして、しかるべきご善処をお願い申し上げます。 ・本件に関して、善処していただきたくお願い申し上げます。 ・この度の私の失敗についてご善処していただきたく存じます。 「善処」の使用上の注意点 「善処します」で間接的に断るのは避けるべし 「善処する」は「事態に応じて適切に処置する」と意味ですが、「一旦保留にする」と後ろ向きな意味でも使います。 状況や話者の感覚次第でどちらの意味でも取れるので曖昧な表現です。 こちらが「間接的な断り」として「善処します」を使っているのに、相手が「対応してくれる」と勘違いしてしまう可能性があります。 そのため、絶対的に対応が不可な場合は「善処いたしかねます」などとちゃんと断る必要があります。 「善」という漢字に「ほどよく」という曖昧な意味があるため、「善処」という熟語には不明瞭な響きがあります。 時代劇などで殿様が家来などに向かって「善きに計らえ」と言ったりしていますが、これも「よろしくやってくれ」「ほどよく対応してくれ」という曖昧な言葉です。 言葉の曖昧さはヨーロッパ系の言語にはない、日本語独特な語感です。 「善処します」を間接的な断りで使ってしまったら、すぐに断りの連絡をする それでも、商談中にその場で「善処いたしかねます」と言いづらいときってありますよね。 対応不可だとわかっていても「善処いたします」と使ってしまうシチュエーションもあることでしょう。 その場合は、なるべく早い段階で断りのメールや電話を入れましょう。 その日のうちに返すのはあまり検討していないと思われる可能性があるので、翌日または翌々日あたりが無難でしょう。 その際に、なぜ処置できないのかという理由をちゃんと伝えることが大切です。 実際に「善処する」つもりなら、具体的な方法や時期を伝える ビジネスシーンで依頼してきた相手に対して実際に処置するつもりで「善処する」と答えたならば、具体的な方法や時期を伝える必要があります。 商談中にその場で伝えられる場合は、すぐ伝えましょう。 不確実性が残る場合は、その場では伝えずに後から連絡します。 こちらの連絡は早ければ早いほどいいでしょう。 「善処します」と言われたら、根掘り葉掘り質問しない 逆に「善処します」と言われた場合は、返事は一旦「よろしくお願いいたします」にとどめておいた方がよいでしょう。 相手がどのような意味合いで使っているかわかりませんのので、後からメールがくるのを一度待ちましょう。 一週間ほど経過しても何も連絡がない場合に限り、進捗状況をメールで質問すればよいでしょう。 「善処」の類語 対処 「対処」は「 ある事柄や状況に対し、適当な処置をすること」という意味があります。 出来事や変化・問題などに「その物事や個々のケースに対し適したふさわしい処理をすること」となります。 クレームやシステムエラーなどそれらの内容によって検討するわけではなく、決まった対応方法や処置がある際に使われます。 それに対して「善処」には問題が生じた時に間違いを正して処理を行い、方向性や相手によって「最良の処置」をするという意味があります。 そのため、仕事上のミスや商談における相手の要望に対しては「対処します」と使いません。 同じような意味合いで使ってしまう「善処」と「対処」ですが、意味に差異がありますので注意して使いましょう! 例文 ・システムの不具合があったので、私の方で対処いたします。 ・いつも来るクレーム客の対処をする。 ・エラーがあったため、対処をお願いします。 対応 「対応」の意味は、 ・お互いに対になって向かい合う ・複数の物事がお互いに一定の関係を持って相反する ・相手や状況によって物事を進めること です。 「善処」の類語としては、3つ目の意味を用います。 その時の状況や相手に応じて物事をすることを表します。 「対応」はプラスなことに対しても、マイナスなことに対しても使います。 ビジネスシーンでは「ご対応」という形で用います。 自分が対応する場合は、「ご対応させていただきます」「ご対応いたします」などと使います。 すぐに対応する、という場合は「迅速な対応」「早速の対応」などと言います。 「対応」は他にも、「対応する二つの角」「人気と実力が対応する」などと使うことができます。 例文 ・本日添付していただいた資料を拝見いたしました。 迅速なご対応ありがとうございます。 ・こちらの書類にサインをいただきたいので、ご対応のほどよろしくお願いします。 ・速やかに対応してもらったため、大きなトラブルにならなかった。 対策 「対策」は「 相手の出方や状況の変化によって、進める手段や方法」を意味します。 相手の態度や、事件の様子など、状況によって立てる処理の手段や方法を表します。 例えば、「対戦チームの対策を立てる」ならば「対戦チームに勝つために、どのような方法をとるか考えること」を意味します。 例文 ・プランを成功させるためには、対策を練る必要がある。 ・受験対策がしっかりとしている塾へ行くべきだ。 ・災害対策をきちんと立てることが大切だ。 努力 「努力」の意味は「 ある目標を達成するために、一生懸命力を尽くして励むこと」です。 目的を達成するために努めることを表します。 「努力する」「努力を重ねる」「努力が報われる」「努力が実を結ぶ」などと用います。 「努力」はビジネスシーンでも使うことがあります。 例えば、自分の前向きな姿勢や考えを、目上の人に伝えたい場合に「今後も努力してまいります」「精一杯努力してまいります」などと言います。 また、目上から目下に対して、「頑張りなさい」という気持ちを込めて、「努力しなさい」などと使うこともあります。 例文 ・優勝を目指すためには、一人一人が努力を重ねることが必要だ。 ・努力が実を結び、オーディションに合格することができた。 ・彼女は努力家だから、夢を叶えることができたのだ。 「善処」の対義語 おざなりにする 「おざなりにする」とは「 その場しのぎのいい加減な行動をすること」です。 今の状況を逃れるために、適当に物事に対応することを表します。 例えば、「お客様からのクレームをおざなりにした」という使い方をすると、「お客様からのクレームに対してその場しのぎの対応をした」という意味になります。 「おざなりな対応」「おざなりな扱い」という使い方もします。 「御座形にする」と表すこともできます。 例文 ・何事もおざなりにする人とは関わりたくないと思っている。 ・貸していたCDがおざなりにされているとことを見て、すぐに取り返した。 ・不器用なので、同時にたくさんのことをしてしまうと、どれかがおざなりになってしまう。 なおざりにする 「なおざりにする」は「 いい加減にしておくこと」を意味します。 この場合の「いい加減に」とは、「いい加減にほっておくこと」であり、「何もしないこと」です。 例えば、「なおざりな対応をする」という使い方をすると、「適当にほっておいてる」ということになるので、むしろ「何も対応をしていない」ということに近いということです。 何もせずに放置することを表した場合は「なおざりにする」を使います。 「等閑にする」と表すこともあります。 例文 ・解決するべき事件をなおざりにしている。 ・しっかりと対処して、なおざりにするようなことはしない。 ・彼女の提案をなおざりにしているつもりはないが、考える時間がない。 いい加減に 「いい加減に」の意味は、 ・適度、よい程度 ・良くも悪くもない程度 ・かなり、とても です。 「いい加減」には三つ意味があります。 「善処」の対義語としては、二つ目の意味を使います。 「いい加減」は「徹底しない、不十分なこと」という意味で使います。 物事を最後まで行わないで途中で断念したり、無責任に放り出すことを表す場合に「いい加減なやり方、いい加減に行う」と表します。 この場合の「いい加減」はマイナスなイメージを伴って使います。 「いい加減」はネガティブな意味合いで使うことが多いイメージですが、「いい加減のお風呂」「パンをいい加減な大きさに切る」などとポジティブな意味としても使うこともあります。 例文 ・彼は時間にいい加減な人だから、約束した時間に来たことなんて一度もない。 ・君はいい加減な仕事をしているから、残業が多くなってしまうのだ。 ・そのチームはいい加減な練習をしてきたから、試合に勝つことができなかった。

次の

不躾なお願いの意味とは何か ビジネス上での使用例と言い換え表現

お聞かせ願います 意味

お取り計らいくださり、ありがとうございます• お取り計らいいただき、 これらの「お取り計らい」は、相手が 「物事が上手く進むように対処してくれた」ことに対する「配慮」や「気遣い」という意味合いです。 「お取り計らいくださる」と「お取り計らいいただく」は、どちらも相手に敬意を示した敬語表現ですが、以下の違いがあります。 くださる いただく 敬語 「与える、くれる」の尊敬語 「もらう」の謙譲語 主語 相手 自分 「くださる」は、相手が自分に何かをしてくれた時に使う尊敬語です。 一方「いただく」は、自分が主語になって相手から何かをもらった時に使うです。 感謝を述べる場合には、どちらを使ったからと言って失礼になることはありません。 しかし、相手が進んで行ってくれた厚意などには「お取り計らいくださり」と、尊敬語の「くださる」を使うと良いでしょう。 感謝を伝える場面での「お取り計らい」の使い方を、以下の例文で確認してみましょう。 お手数をおかけしますが、 お取り計らいのほどよろしくお願い致します。 恐れ入りますが、 お取り計らいくださいますよう、何卒お願い申し上げます。 恐縮ではございますが、 お取り計らい賜りますよう、お願い致します。 2-3.目上の人への使い方 「お取り計らい」は、感謝を伝える時には相手の「行動に対する配慮や気遣い」の意味で使います。 そのため目上の人にも、失礼なく使うことができます。 一方、依頼する場面では指図した印象を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。 本来は、目上の人に対して依頼をする場面においても「お取り計らい」という言葉は正しい使い方です。 しかし、「上手く事を運んでください」のように指図したような印象を受ける人もいるので、使わない方が良い場合もあります。 目上の人に依頼をしたい場合には、 「協力」「何卒」などを使って以下の例文のように言い変えると良いでしょう。 お気遣い(おきづかい)• お心遣い(おこころづかい)• ご配慮(ごはいりょ)• ご高配(ごこうはい) それでは、それぞれの類語について以下で詳しく確認してみましょう。 3-1.お気遣い(おきづかい) 「」は、 「相手が配慮してくれる心、考慮してくれる気持ち」を指します。 「お取り計らい」と「お気遣い」には、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い 意味 事が上手く運ぶよう対処すること 相手が配慮してくれる気持ち 使う場面 感謝や依頼 基本的に感謝のみ 「お取り計らい」は、依頼をする時にも使える表現です。 一方「お気遣い」は「相手の気持ちや心」を指す言葉です。 「お気遣いよろしくお願いします」と言う場合は「配慮してくださいね」という意味になります。 ビジネスシーンで相手に直接依頼する場面では、失礼な表現になるため使いません。 ただし公共で不特定多数の人に禁煙を呼び掛けたりする際には、「お気遣いのほど、よろしくお願い申し上げます」というフレーズで使われます。 では「お気遣い」を使った例文を、以下で見てみましょう。 お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 お蔭様で、体調も良くなりました。 結婚式の際には、 お心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。 3-3.ご配慮(ごはいりょ) 「ご」は、 「気配り、心を配ること」という意味です。 「ご配慮」も「お気遣い」と同様、相手の気持ちや心を指す言葉ですが、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い ご配慮 意味 事が上手く運ぶよう対処する 相手が配慮してくれる気持ち 気配り、心を配ること 焦点 相手のことを思いやる気持ち 相手のことを心配する気持ち 相手のことを想いやる気持ち 「お気遣い」は「ご配慮」に比べると、「心配」する気持ちが大きくなり、以下の例文のように使い分けます。 入院をしていたさいには、 お気遣いいただき嬉しかったです。 夜中の騒音は ご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。 3-4.ご高配(ごこうはい) 「」には 「気配り、気遣い」という意味があり、ビジネスなどで使われるフォーマルな言葉です。 「ご配慮」と同じ意味として使いますが、以下のような違いがあります。 取り計らい 配慮 高配 対象 相手の気配り、対処に対して 相手や自分の気配りに対して 相手の気配りに対して 「配慮」は相手からの厚意に使う他、「配慮が足りず、でした」のように自分の気配りに対しても使います。 一方「高配」は、相手の気配りに対してのみ使う言葉です。 では以下の例文で、「配慮」と「高配」の使い方を見てみましょう。 That was very thoughtful. Thank you so much. (素晴らしい 取り計らいだったよ。 ありがとう。 I appreciate your kindness. ( お取り計らいに感謝します。 ) まとめ 「お取り計らい」は、 「事が上手く運ぶよう対処すること、適切に取り扱うこと」という意味です。 ビジネスシーンでは、感謝を伝えたり依頼をしたい場面で用いられます。 目上の人に感謝を伝える時に、「お取り計らい」を使うのはOKです。 しかし、何かを依頼したい場面で「お取り計らい」が使いにくい場合には、「ご協力お願いします」や「何卒よろしくお願い申し上げます」などに言い換えて使いましょう。

次の