ごぼう とり も も。 ごぼうのレシピ

鶏ごぼう飯(混ぜごはん)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう とり も も

ボウルに切ったごぼうを入れ、Aの調味料をすべて加えて混ぜ合わせます。 少しのにんにくと醤油の下味が唐揚げの風味の良さにつながるので、素揚げではなく、ぜひ下味をつけて揚げてみたください。 時おり箸で上下を混ぜながら、5分ほど味をなじませます。 5分経ったら、下味をつけたタレを容器に取っておき、ボウルの中は汁気を切ったごぼうだけにします。 そこに片栗粉大さじ2ほどを加えて、全体を混ぜ合わせます。 ごぼうを軽くほぐしながら入れます。 油の中でもくっつくものがあるので、箸で軽くほぐすとよいです。 ごぼうを入れてから、 揚げる時間は3~4分が目安です。 ごぼうの表面がこんがりと色づけば、しっかりと油を切りながら取り出します。 油から出したあとに、最後の味付けをします。 下味をつけたタレを刷毛やスプーンで全体に少しまわしかけ、こしょうも全体にふりかけます。 最後の仕上げの味付けで、ごぼうの唐揚げにやみつき感が出ると思います。 器に盛り付けていただきましょう!できれば熱々がおすすめですが、少し冷めても油のコクと醤油やにんにくの風味が美味しさを保ってくれます。

次の

鶏ごぼう飯(混ぜごはん)のレシピ/作り方:白ごはん.com

ごぼう とり も も

みなさま、おはようございます! 忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第87回目は 我が家の定番「ささみごぼう」をご紹介します。 低カロリーでタンパク質豊富なささみと、食物繊維たっぷりのごぼう。 鶏ささみ 100g• かたくり粉 大さじ1• 油 大さじ2• (A)塩 少々• (A)片栗粉 小さじ1• ごぼうは斜めに3mm幅に切る。 2) フライパンに油を入れて中火で熱し、(1)のささみとごぼうに片栗粉をまぶして並べ入れ、両面軽く焼いて一旦取り出す。 しっかり揚げ焼きにすると甘味が出て美味しい。 3) フライパンに残った油を、紙タオル等でとる。 (B)を入れて中火で熱し、トロリとしてきたら先に(2)のささみを入れてしっかりとタレをからめてから、ごぼうを入れてからめる。 ささみやごぼうの表面に少し香ばしい焦げ目がつくくらいこんがり仕上げるとより美味しい。 ***** 鶏とごぼうの組み合わせは本当に美味しいですよね。 ささみごぼう、出汁巻き卵、ブロッコリーとベーコンのソテー、赤かぶ漬け、ささみごぼう、きのこのたきこみごはん。 温かい味噌汁もつけて自分弁当に。 お昼に食べる直前にパチリと撮影して頂きました。 本当にほっとする味わい。 ささみごぼうの味のなじみ具合もいい感じ。 こういう和のお弁当が大好きです。 寒くなってきましたが、楽なおかずで乗り切りつつ。 今週もお弁当作り!楽しんでくださいね。 よかったら遊びにお越しください。 かめ代のおうちでごはん。

次の

[ごぼう]覚えておきたい、あく抜きや切り方など調理のコツ

ごぼう とり も も

ごぼうの香りは皮に多く含まれているので、土を洗い落した後、 「包丁の背で軽く皮をこそげる」または「タワシでやさしくこする」くらいにして皮を軽く落とします。 私はいつも上の写真(土付きと比較)くらい落としています。 そちらも参考に。 ささがきにする前に、ごぼうは根元を切り落とします。 ただ、少量をささがきにするときは下のように、水をはったボウルの上で行ってもOKです。 ごぼうのアク抜きとささがきの保存 ごぼうは切っている途中からあくがまわって色が黒くなるので、ある程度たまったら水に落としながらささがきにします。 ボウルの中の水はごぼう1本をささがきし終えるころには茶色になっていますが、 その水を捨てて、最後に1~2回ほど水を入れ替えればOKです。 それをざる上げして料理に使います。 長い時間水にさらしてしまうと風味が抜けてしまうので。 また、れんこんなどと違い、 ごぼうを使って白く仕上げる料理がほとんどないので、水に酢を加える必要はありません。 ささがきごぼうが余ったら、ざる上げしてしっかりと水気を切り、(できればざるに入れた状態でボウルを下にあてがい)ラップをして冷蔵庫に保存するとよいです。 この状態でなら翌日までささがきごぼうを料理に使うことができます。

次の