グランド サンシャイン シネマ。 「グランドシネマサンシャイン」キュープラザ池袋に誕生、最新鋭シアターを備える都内最大級シネコン

「グランドシネマサンシャイン」キュープラザ池袋に誕生、最新鋭シアターを備える都内最大級シネコン

グランド サンシャイン シネマ

スタンダードクラス:追加料金なし• フラットシート:追加料金なし グランドクラスとプレミアムクラスにはそれぞれミールクーポン(売店で使えるクーポン)が付いています。 そのためそれを考慮すると、グランドクラスは+1,800円、プレミアムクラスは+500円相当ということですね。 そう考えればそんなに高くないかも! そして、 フラットシートは スタンダードクラスと同料金(追加料金なし)で鑑賞できます。 (私は今回これで鑑賞してきました!) 各席種が設置されているシアターと位置&おすすめの席 スタンダードクラス以外の3種類の座席は、以下のとおり設置されているシアターが限定されています。 グランドクラス:シアター5,12• プレミアムクラス:シアター5,6,12• フラットシート:シアター3,5,6,11,12 シアター12(IMAXシアター)の場合、上記席種が設置されている位置は以下。 画像の一番上のIMAXと書いてあるところがスクリーン。 フラットシートは最前列。 プレミアムクラスは中央より少し前と少し後ろの2箇所。 グランドクラスは一番後ろに設置されています。 上映前に一番前から一番後ろまで歩いてみましたが、一番後ろの グランドクラスは遠いということは全く無くとても観やすいように感じました。 プレミアムクラスなら 後方の席のほうがオススメ。 前だとちょっと近すぎるかなぁといった感じ。 3D:+400円• IMAX:+700円• IMAX3D:+1,100円• 4DXwithScreenX:+1,500円• SCREEN X:+600円• BESTIA:+200円 シアター12はIMAXシアターなので、 スタンダードクラスでも700円は必ずプラスされます。 スタンダードクラスで一般料金の場合、 1,800円(一般料金)+700円(IMAX鑑賞料金)=2,500円 ということですね。 そして私はシアター12(IMAXシアター)のフラットシートで鑑賞してきました! フラットシート(@IMAXシアター)で観た感想 フラットシートは最前列のみに設置されています。 上画像の通り寝そべって鑑賞できます! 大きさは、155cm女性が寝そべると以下のような感じで十分すぎる大きさ。 縦の長さはもちろん横幅も広いので、あぐらもかけます。 そして感想ですが、良かった点は以下。 寝そべって足を伸ばして観られるのでとにかく楽。 (膝を立ててもあぐらをかいてもOK)• ひじかけも一人ずつに付いていて 横幅も広いので、隣の人が気にならない。 前に人がいないのですごく開放的。 とにかく 大迫力。 イマイチかなぁと思った点は以下。 スクリーンの一番上が結構遠く感じる。 (ただし超巨大スクリーンのIMAXシアター以外なら、縦が短いのでそこまで遠く感じないかも?)• 字幕はキツいのでは? 足を伸ばして観られるのはとにかく良かったです。 隣の席とも距離があって気にならないので、自宅で寝そべりながら超巨大スクリーンで映画を観ているような感じ。 スクリーン前方のスタンダードクラスよりは絶対に1列目のフラットシートの方がオススメです。 ただし、IMAXシアターということもありスクリーンの縦の長さが長い(18. 9m)ので、 スクリーンの一番上がすごく遠く感じました 笑 ある程度予想はしていましたけどね 笑 また、映画の種類にもよるかもしれませんが、私が観た時はスクリーンのかなり上部まで映像が投影されていました。 次またここに来るなら、後方のプレミアムクラスか、その横のスタンダードクラスで鑑賞してみたいなと思っています。 また、4DXも気になる。 座席が動いたり、ミスト・香り・フラッシュ・バブル・煙などの19のエフェクトがあるそうですよ…! もうこれは映画というよりアトラクションですね。 そして グランドクラス・プレミアムクラス・フラットシートのチケットは、 特に休日分はすぐに埋まってしまうので早めの購入がオススメです。 グランドシネマサンシャインのチケット購入方法 チケットは、上映2日前の0時より以下から購入ができます。 土曜日分のチケットを購入したい場合は木曜の0時から購入可。 ただし、私が先日0時過ぎに購入しようとした際には、サイトが混み合ってなかなか繋がりませんでした。 繋がったのは0時20分頃。 少し待てば大丈夫かと思います。 そしてやはり、 グランドクラスとプレミアムクラス(後方)から埋まっていきました。 フラットシートも中央の席から順に埋まっていきます。 ぜひ早めに検討してみてくださいね。 まとめ 2019年7月19日にできたばかりの 「グランドシネマサンシャイン」のIMAXシアターで、 フラットシートで映画を鑑賞してきました! IMAXシアターはとにかくスクリーンが巨大で大迫力かつ高解像度。 12chサウンドシステムで臨場感も圧倒的。 席は以下の4種類。 スタンダードクラス:追加料金なし• フラットシート:追加料金なし 私が今回鑑賞したのは席の追加料金無しで最前列の フラットシート。 とにかく楽な姿勢で鑑賞できるのがいい点ではありますが、 スクリーン上部がちょっと遠い 笑 超巨大画面のシアター12(IMAXシアター)以外ならもうちょっと見やすいかも?しれません。 また、 グランドクラス・プレミアムクラス・フラットシートは席数も少なく人気なので、早めにチケット購入することをオススメします! あ、最後になりますが、 シアター内が結構寒いです。 各シアター入口に 茶色のブランケットが置いてあるので、ぜひ利用することをオススメします。 (私はそれに気づかず鑑賞中かなり寒かったです…!) 【公式サイト】.

次の

【グランドシネマサンシャイン】グランドクラスで鑑賞して思った3つのコト。

グランド サンシャイン シネマ

・BESTIAのシアター5 ・IMAXスクリーンのシアター122つのシアターに設置されています。 ・電動リクライニング ・サイドテーブルにはボトルクーラー ・USB電源 などが付いているシートです。 料金設定 グランドシネマサンシャインにはグランドクラス以外にも様々なシートがありますが、グランドクラスはその中でも 1番高い料金設定がされているシートになります。 この追加料金の中にはミールクーポンというグランドシネマサンシャイン内で使用可能なお食事券もついています。 今回ボクは【天気の子】を【IMAX】の【グランドクラス】で鑑賞しました。 その鑑賞料金は 【 ¥5,500】です! 高い。。。 かつての青春の懐かしさや憧れを感じさせてくれるアメリカンヴィンテージの映画の世界を居心地の良い空間のカフェにしました。 ワッフルを焼く甘いバターの香りが店内に漂います。 自慢のワッフルはサクサク軽い食感のアメリカンスタイル。 甘いデザートにはもちろん軽いミールメニューとしても、また、映画を見ながら楽しめるワッフルサンドもご用意しております。 鑑賞時間が15時付近の場合はこちらで食事するのなんていかかでしょうか。 スクリーンに映し出されたような街の景色を贅沢に眺めながらオールデイ楽しめるイタリアンバル。 ランチタイムはパニーニとカフェを、ディナータイムにはワイン片手にパスタやピザなど、メニューも豊富。 また、映画を見ながらお楽しみいただけるパスタやパニーニ、ワインもご用意しております。 ボクが利用させていただいたバールパノラマさんです! パスタやピザなどしっかりとした食事ができるので、お腹が減っている時間帯での鑑賞になりそうなときはこちらを利用するのがオススメです! 現にボクも鑑賞後の時間が13時頃。 お腹が減っていたので、バールパノラマさんで使用しました^^ 注意事項 ミールクーポンを利用する際には3つの注意事項があります! グランドクラスで鑑賞して思った3つのコト。 気持ちいい! 映画を自分のスペースを十分に確保して鑑賞できるのでとても快適です! お尻が痛くはなるはなりますが、スペースがあるので席の中で周りを気にすることなく姿勢を変えられます。 肘掛も左右で2つ用意されているので優雅に映画を見れます。 今回はIMAXの鑑賞と合わさって【 ¥5,500】かかってます。 5,500円あれば、もし安い日を選んで行けば5回映画を見ることも可能です 笑 この料金の中には ミールクーポン代が含まれているので 実質の映画鑑賞にかかっているシート料金は【 ¥1,800】です。 何度か書かせてもらってますが、ボクは映画鑑賞時にトイレに行きたくなるのを避けるため、鑑賞前も鑑賞中もなにも口にしませんし、鑑賞後はそのまま帰ります。 なので、シート料金だけの選択肢があれば嬉しいです。 と思います! ボクは基本1人で見たい人間なので…。。 笑 CHECK! Twitterの反応 昨日は池袋のグランドシネマサンシャインにて、ブレランとワンハリの最高のIMAX二本立てを堪能してきました。 特にブレランは、おそらくスクリーンで観れる最後の機会だけに、観れてよかった。 — そこらへんのいちボコブリン ushijimar3 日本で一番でかいスクリーンだとかのグランドシネマサンシャインに昨日行ってIMAXレーザーGT?のブレードランナー観てきた。 しかもグランドクラス席で笑 とんでもない迫力と映像美、前の席の客の頭が見えないリクライニングのVIPさ。 映画館で家みたいに足伸ばしてダラダラ観れるとは笑 映画館はいい。 5%分のポイントが貰えます。 既にで映画など楽しんでいる方なら、使わないと損です!まだ会員でない方はから! しかも今なら初回チャージ 5,000円以上 に限り 1,000円分のポイントが貰えるキャンペーンをやってます! 還元率にすると、一番お得な5,000円チャージの場合 20%! 終了時期未定ですが、突然終了の可能性も考えられます。 キャンペーン中にエントリーすることをオススメします。

次の

池袋「グランドシネマサンシャイン」7月19日オープン。国内最大IMAXなど内覧レポート

グランド サンシャイン シネマ

何もかもが初物づくし。 12あるすべてのスクリーンにRGBレーザープロジェクターを導入した映画館は国内初。 また、これまで大阪の「109シネマズ 大阪エキスポシティ」にしかなかった「IMAX GT Technology」が東京初オープンとなるほか、3面マルチスクリーンの「ScreenX」とアトラクションシアターの「4DX」が同時に楽しめる最新のハイブリッド設備「ScreenX with 4DX」が日本初登場となる。 グランドシネマサンシャインは、佐々木興業が運営する12スクリーン2,443席からなるシネマコンプレックスで、池袋東口のサンシャインシティ通りに位置した場所に開業する商業ビル「キュープラザ池袋」内にオープンする。 公式アプリにアカウント登録することで、「6回鑑賞1回無料」「2回鑑賞1,100円鑑賞」「毎週木曜日1,100円鑑賞」などのお得な鑑賞サービスが受けられる。 さらにグランドシネマサンシャインでは、最新の入館システムを導入している。 インターネットで事前チケット予約ができるのはもちろんだが、予約したチケットは、自身のスマートフォン画面に表示したQRコードをかざすだけでスムーズに入場可能。 全シアターでストレスフリーのペーパーレスQRコード入場システムを導入している。 最近はスクリーンサイズを明示しない劇場もあるが、プロジェクターやサウンドシステムについてもメーカー名やシステムを表示し、正々堂々としている。 そしてシアター5、シアター6にはシネマサンシャインオリジナル劇場規格「BESTIA(ベスティア)」を導入。 BESTIAは、Best Immersive Audio Visualの略で、最新鋭のレーザープロジェクションシステムと、3D音響が一体になることにより、観客がまるで映画の中に入ったような感覚を生み出す。 具体的には、CHRISTIEのRGB4Kプロジェクターに、2種類のイマーシブサラウンド「DOLBY ATMOS」と「DTS-X」に対応している。 どちらの方式でも再生可能なスクリーンを2つも備えているシネマコンプレックスは珍しい。 CHRISTIE Real Laserは、HDRに対応したRGB4Kで最新の映画上映が求める、「より明るい映像」「より高いコントラスト」「より広い色域」を実現する。 さらにサウンドシステムにもこだわりがある。 シアター5には、QSCのフラグシップ4ウェイスピーカーシステム。 シアター6にはVIVEオーディオスピーカーを採用している。 音色や音場の違いを楽しめるようになっている。 またグランドシネマサンシャインのScreenX with 4DXは、4DXの3D作品の上映は可能。 この場合、ScreenXの3面上映はできない。 CJ 4D PLEX社のKim THEODORE T. また、「3面収録カメラを使った作品もコンサート作品などで増えています。 今後はスポーツ中継でのライブ配信の可能性あります。 さらに日本未公開の防弾少年団のライブのScreenX版の上陸も近いかもれません」と、教えてくれた。 今回、東日本初登場で唯一のIMAXレーザー/GTテクノロジーとなるシアター12は、高さ18. 91m、幅25. 座席数は542席(大阪407席。 最大画角1:43対1のスクリーンは、通常のスクリーンの約40%も大きい。 実際にはシネスコ画角の作品や、一般のIMAX作品でもこのスクリーンをフルサイズで使うことはほとんどなく、白い余白が上下に残る。 これはIMAXのフルサイズスクリーン規格で作られた作品用で、今回、グランドシネマサンシャインのオープンに合わせて製作された国内初のフルサイズIMAX映画「TRANSPHERE」が用意された。 しかし、それでもビルを見上げるような高さは、観る者を圧倒する。 この大きさのスクリーンに投影するため、2台の4Kレーザープロジェクターを使用。 より広い色域と高いコントラストを実現し、今まで再現不可能だったリアリティを生み出している。 IMAX GTの3D上映方式は、色偏光による専用メガネで貸出式である。 これは標準のIMAX3Dとは異なり、技術的には、ドルビーシネマのドルビー3Dに近い方法だ。 また音響システムは、IMAX12chサウンドにサブバスを加えており、天井と両サイドに追加されたスピーカーにより、アップグレードされている。 DOLBY ATMOSのようなイマーシブサウンドとは異なるが、フロントスクリーンの圧倒的な高さに見合うスピーカーの音圧が特徴で、あえて天井スピーカーの有無を聴き分けるよりも、フロントチャンネルが生み出す音場に包まれることの体感が上回る。 これだけは、普通のホームシアターで再現することはできない。 グランドシネマサンシャインの12スクリーンの座席には「グランドクラス」「プレミアムクラス」「スタンダードクラス」の3グレードが設定されていて、それぞれの鑑賞スタイルを選ぶことができる。 さらにIMAXシアターでは最前列に「フラットシート」を設置、寝転んで見上げる形で、臨場感ある映画体験を楽しめるようになっている。 IMAXレーザー/GTテクノロジーの実力をその目に焼き付けてほしい。 また、開業日前日である7月18日の『グランドシネマサンシャイン前夜祭』では、「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアターで『ダンケルク』をフルサイズのIMAXにて特別上映。 さらに「4DX with ScreenX」シアターで『ボヘミアン・ラプソディ』が特別上映される。 『ダンケルク』に関しては、大阪エキスポシティで観た方もいるかもしれない。 しかし、『ボヘミアン・ラプソディ』は、標準のScreenX上映はあったが、4DX with ScreenXでの上映はできなかったので、日本初上映となる。 本作に関しては、初日分はすでに売り切れとなっているものの、開業からしばらくは平日上映が続く予定なので、要チェックである。 現在の映画鑑賞の環境は、定額配信動画サービスや、VODサービスの普及によって、大画面テレビやホームシアターだけでなく、スマホやPC、タブレット端末による鑑賞の機会も多くなっている。 それを裏付けるのは、家庭やモバイルでは再現できない上映方式、設備を持ち、より快適で高品質な作品提供ができることである。 91m/プロジェクターdual 4K Laser projection system/サウンドシステム 12-channel sound system.

次の