ディズニー 飛行機。 紙ひこうき (映画)

大阪からディズニーのアクセスを徹底比較! 高速バス・飛行機・新幹線、安くて早い行き方は?

ディズニー 飛行機

パスポートを事前に入手しておきましょう• 日程を決めておきましょう• ホテルの予約をしておきましょう WDW直営ホテルに泊まる場合• 航空会社の希望がある場合は、希望を明確にしておきましょう• 座席のクラスを決めておきましょう パスポートの入手 パスポートは出発のときに持っていれば良いんじゃないの? という方もいらっしゃるかもしれませんが、実は航空券の予約までに入手しておいたほうが良いんです。 何故かといいますと、2001年9月11日の同時多発テロ事件以降、アメリカのテロ対策が厳格化していまして、航空券の予約にまでその影響が及んでいるのです。 正確には、アメリカに向かう飛行機を運航する航空会社は、乗客の名簿を事前に提出しなければならないのです。 このため、アメリカ行の飛行機にのるためには、事前にパスポート番号を航空会社に伝えなくてはなりません。 この航空券を、旅行会社などから購入しようとする場合を考えてみましょう。 旅行会社としては航空券を売ったのに乗客が乗れない、なんてトラブルは避けたいわけですから、購入者がパスポート番号を持っているかどうか、事前に確認をしてくる場合があります。 つまり、旅行会社から格安航空券を購入する場合には、予めパスポートを入手しておかないと、そもそも予約ができない場合があるのです。 最初から、航空会社から直接購入するつもりであれば、大抵の場合は出発の24時間前までにパスポート番号を登録すればOKなのですが、あとあと手続きが面倒ですし、忘れてしまいかねませんので、やはり予約時にパスポートを入手しておいて、航空券と一緒にパスポート番号を入力してしまうのがオススメです。 パスポートの入手方法については、を御覧ください。 日程を決めておく これは言わずもがなかと思います。 いつ出発していつ返ってくるのか、予め日程を決めておかないと、航空券を購入できませんよね。 ちなみに、航空会社によっては「オープン券」というものを発売している場合があります。 これは、日程を指定せずに、路線だけを指定して航空券を買った場合に発行されるもの。 ただ、座席の指定は結局後々必要になってきますし、座席を指定しようと思っても席が空いてなければその飛行機にのることはできません。 さらに、通常の航空券と比べて割高ですので利用する機会は無いでしょう。 ということで、航空券の購入を始める前に、まずは日程を決めておきましょう! WDW旅行の日程の決め方については、を参考にしてみてください。 航空会社の希望 これ、実はかなり重要なポイントです。 旅行の快適性を大きく左右してきます。 WDWに行く場合、よっぽど予算を切り詰めて遠回りの飛行機を使う、ということでなければ、日本の航空会社かアメリカの航空会社を使うことになります。 日本の航空会社は機内食も非常に美味しいですし、客室乗務員さんもおもてなしの心で細かい気配りを忘れず、できるだけ快適に過ごせるように接してくれます。 一方で、アメリカの航空会社は最低限提供すべきものを提供するだけ。 体格の良い乗務員さんが多いので、普通に椅子にぶつかっていったりしますし、以前僕が首を傾けたまま軽食の時間に眠っていたら、肩と頭の間に軽食のパンを挟んで去っていったり、いろいろと適当です。 乗って快適なのは日本の航空会社、笑い話にはなるけど最低限のサービスなのがアメリカの航空会社。 ただ、値段は一般に日本の航空会社のほうが高いですので、そこはトレードオフです。 日本の航空会社を希望するか、安い方で良いか、選択しておきましょう。 また、マイルを貯めている方は、貯めているマイレージカードのアライアンスを利用することも重要です。 ANAのマイルを貯めているならANAかユナイテッド。 JALのマイルを貯めているならJALかアメリカンになります。 まだ貯めていない方も、WDWへの旅行であれば1万マイルほどもらえますので、マイレージカードを作ることを強くオススメします。 その場合、ANAかJALかで行ったら、個人的にはJALの方がシートの幅が少し広いのでオススメです。 ちなみに、マイレージカードはクレジットカード機能を付加しておくと、マイルが多く溜まりますのでクレジットカード機能付きがオススメ。 JALのクレジット機能付きカードの詳細については以下の公式ページをご覧ください。 ちなみに、最近流行りのLCC, 格安航空会社はWDW旅行の場合は避けておいたほうが良いと思います。 と言いますのも、WDW旅行の場合はアメリカ国内で必ず乗り継ぎをします。 LCCは遅れや欠航が頻繁にあり、それに対する保証もしっかりしていないので、乗り継ぎが上手く行かずに現地に到着できない、あるいは帰国できないばかりか、大幅な追加出費を迫られる可能性があります。 やはり、WDWに行くからにはこうした不安なく、さらに出来る限り長い時間をディズニーの世界で過ごしたいはずですので、少々のお金を払っても大手の航空会社にしておきましょう。 座席のクラス こちらは言わずもがな、ご存じの方も多いかと思います。 エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、というやつですね。 エコノミークラスでWDWまで行く場合、最安で1人往復10万前後。 アメリカまでの飛行機をビジネスクラスにする場合、どんなに安くても片道20万~といったところでしょうか。 ファーストクラスになると、片道100万台に乗りかねません。 ということで、普通の方はまずエコノミークラスではないかと思います。 ちなみに、最近は日本の航空会社ですとほぼ確実に「プレミアムエコノミー」というシートがあります。 こちらは、エコノミーよりやや広い座席でサービスはエコノミーに毛の生えた程度、というもの。 快適に過ごすために何よりも重要なのは座席の大きさですから、そこだけは少しでもよくしたい、という場合にはこうした選択肢もあります。 航空券の種類 ところが、最近はそうでもないんだ。 格安航空券と正規の航空券 格安航空券というのは、もともとは旅行会社がツアーやパック旅行を組むために、航空会社が割り当てていた座席を、旅行会社がパックではなく単品として販売する形のものです。 かつてはツアーやパックの売れ残りをバラして、ホテルと航空券を別々に販売したりしていてセール価格になっていたということと、航空会社が直接販売する航空券が高額だったため、格安航空券と呼ばれています。 ただ、ネットが普及するにつれて、最近では消費者が直接航空会社から航空券を購入する、という機会も増えてきています。 このような状況を反映してか、航空会社が直接販売する航空券も安くなってきていて、格安航空券と大差ない、場合によっては格安航空券よりも安い場合があります。 ですので、格安航空券と正規の航空券を比較して、最安のものを探していくことが重要になります。 以下では、その手順を詳しくご紹介していきます! 格安航空券の検索 そしたら、一度検索をしたあと、絞り込み検索で「ワンワールド」というアライアンスのみ表示するようにしよう! 先ほども書きましたが、格安航空券は旅行会社が取り扱う航空券です。 世の中には非常に多くの旅行会社がありますよね。 ですので、一つ一つの旅行会社で航空券の金額を調べていくのは大変です。 世の中には航空券価格の比較サイトというものがありますので、これを利用しましょう。 どこも検索結果はそれほど変わらないはずですが、2サイトほど同じ条件で検索して比較してみると良いですよ。 以下に2サイト、リンクをご紹介しています。 この2サイトを比較すれば、大体の相場がわかってくるかと思います。 検索するときに注意すべき点は、まずは日程です。 出発日は良いとして、帰りの飛行機の日程は、「現地出発日」になっているのか、「日本到着日」になっているのかよくご確認ください。 WDWに行く場合、 日本到着日は現地出発日の翌日になります。 飛行機に乗っている間に日付が変わっちゃうんです。 ですので、ここの日程がずれますのでよくご確認の上検索してください。 行き先は、「オーランド」です。 MCOと入力しても認識してくれる場合もあります。 一度検索したあと、日本の航空会社を希望される場合は、検索条件の絞込で日本の航空会社のみを選択してみてください。 ここで注意すべきなのは、日本の航空会社を選択した上で、「運航会社」もよく見なければならない点。 日本の航空会社は、通常アメリカの航空会社と「コードシェア」というかたちで航空機を運行しています。 アメリカの航空会社と日本の航空会社が共同で運行して、どちらのお客さんも乗せる、という形なんですね。 ですので、日本の航空会社のチケットを買ったつもりでも、運航するのはアメリカの航空会社、ということもよくあります。 必ず、運航会社が日本の航空会社になっているか確認をしてください。 また、 最安値を検索されている方は、乗り継ぎ時間等に注意です。 オーランドに行くためには、アメリカ国内で一度乗り継ぎをすることになっているかと思いますが カナダの場合もあり 、どこかの空港で4時間以上と極端に待ち時間が長かったり、1時間以内で乗り継がなければならなかったりと、乗り継ぎの悪い便になっていませんか。 安い航空券は、乗り継ぎの便が悪いということがよくあります。 できればアメリカ国内1回だけの乗り継ぎで行きたいところですので、この点にも注意しましょう。 他にこだわりポイントとして、オーランド到着時間を気にされる方もいらっしゃるかもしれません。 乗り継ぎ空港によって午後の早い時間にオーランドに到着することも可能です。 ただ、飛行機の時間は日々変更が入りますし、サマータイムでややこしくなったりしますので、ここで具体的な便をご紹介することは避けます。 Expedia等で検索の上、確認してみてください。 到着時刻を見ておけばOKですよ。 航空会社手配との比較 その前に、航空会社から直接手配した場合と比較しておこう! 状況次第で、航空会社から直接手配したほうが格安航空券よりも安い場合が考えられます。 価格比較サイトで出てきた最安値のものを、その航空会社のホームページで同じように調べてみましょう。 ちなみに、日本の航空会社から買うかアメリカの航空会社から買うかで値段が違ったりしますので、両方で調べてみると良いですよ。 JALとAmerican Airlines, ANAとUnited Airlinesを比較しておくと良いです。 Deltaに関しては、残念ながら日本に対応する航空会社がありませんので、Deltaの公式サイトだけ確認しておきましょう。 いずれも日本語対応サイトがありますよ。 格安航空券と航空会社手配が同じ金額だった場合 このような場合には、基本的には航空会社手配を使うのがおすすめです。 格安航空券の場合、マイルがつかないものもありますし、たとえ同じマイルが付く航空券種だったとしても、航空会社で手配した場合はクレジットカード支払い分のマイルが多めに溜まります。 ですので、航空会社手配が圧倒的にオススメ。 ただし、微々たる差ですので、少しでも格安航空券が安いのであれば格安航空券にしてしまいましょう。 燃油サーチャージについて どちらの方法で航空券を予約しても、最初に表示される金額には、燃油サーチャージが含まれていません。 航空券を予約する時期によっては、0円~5万円ほどの燃油サーチャージが加算されますのでご注意ください。 ちなみに、燃油サーチャージというのは、航空機の燃料代が高くなってしまったときに支払わなければならないものです。 通常の航空券は、運航に必要なコストとして人件費や航空機代、燃料代などを含んでいるのですが、燃料に使う灯油の値段は時々刻々と変化しています。 このため、航空券には燃料が安いときの値段だけを含んでおいて、それより燃料が高くなってしまったときは別に払ってね、ということにしているんです。 燃油サーチャージは予約したときの金額が適用されます。 予約したタイミングで原油が安ければ、飛行機に乗ったときに燃料代が高かったとしても追加で請求されることはありません。 原油価格が下落しているときなんかは、何ヶ月か待つと燃油サーチャージ代が安くなったりします。 もちろん、逆にたかくなってしまうこともありますよ。 ただ、こればっかりは旅行に行くと決めた日程のタイミング次第、という部分もありますので、高くても諦めざるをえない場合がほとんどです。 以上、WDWへの航空券をできるだけ安く手配する方法をご紹介してきました。 航空会社と格安航空券とを比較する手間はありますが、インターネットショッピングのような感覚で、比較的簡単に購入できることがご理解いただけたかと思います。 ホテルを自己手配される方は、航空券も是非手配してみてください! これでひとまず、個人手配の方法についてはご紹介が終わりました。 次に読むのにオススメの記事 WDWのあるオーランドへは、長~い飛行機の旅になります。 ここで疲れてしまっては、せっかくのWDW旅行が台無しになってしまいますから、飛行機の中でできるだけリラックスできるような準備をしていきましょう! で、飛行機の中でリラックスする方法やおすすめグッズをご紹介していますので、ご参考になさってください。

次の

【海外】フロリダディズニーへの飛行機まとめ!直行便の噂についても!

ディズニー 飛行機

各種割引があればさらに安くなります。 460円かかるので、家族全員でこのお値段とは、まさに激安。 ディズニーランド駐車場は早朝からオープンしていますので、駐車場内で車を停めて仮眠を取ることもできますよ。 実際私の友達はいつも運転大好きのパパの運転でディズニーランドまで行っていますが、ママと子供は後部座席で最初から爆睡。 目覚めた時にはディズニーランドの駐車場に着いてる、と言っています。 特に、運転していく人は徹夜で運転して翌日は早朝からディズニーランドで一日歩き回るのですから、半端なく疲れます。 子供もぐっすり車内で寝てくれたらいいですが、睡眠不足でせっかくのディズニーランドでグズグズ…ということも考えられます。 朝出発して夕方着。 夜だけインパしてもいいし、周辺ホテルのレストランで雰囲気を楽しんでもいいですね。 その後ホテルでゆっくりと疲れをとってから翌日ディズニーランドへ、というスケジュールです。 この場合、移動に1日取られる分旅行日数が長くなるので、長期間のお休みが取れる人向けのプランです。 移動に1日かけられるほど長くお休みを取れないこともあって、車でディズニーランドまで行ったことはありません。 【メリット】交通費が安くなる 【デメリット】移動時間が長い、疲れる、旅行日程が長くなる 【新幹線で移動】ディズニーランドまで新幹線で行くメリットデメリット では、ディズニーランドまでの移動手段に新幹線を選んだ場合はどうでしょう。 飛行機は機内拘束時間が1時間ほどですから、それに比べると新幹線は時間がかかるのがデメリットですね。 また東京駅で降りてから、京葉線に乗り換えるのがメッチャ遠い(徒歩15分以上!)!! 私はいつもこの乗り換えの途中で「飛行機にしたらよかった」と後悔します 笑。 でも、飛行機のように座席にずっとシートベルトを付けたまま座っている必要がないので、子供と車内を歩いて気を紛らせることができたり、座席を向い合せにしてトランプをしたりお弁当を食べたりして、子どもを自由に遊ばせられるのが気楽です。 案外新幹線で遊ぶ時間も思い出に残ったりしますしね。 車内には授乳やおむつ替えなどできるスペースもありますし、 車内での自由度が飛行機に比べて大きいのが新幹線のメリットだと思います。 また、羽田空港から直通バスに乗ってしまえばディズニーランドのゲート前まで連れて行ってもらえるというのも楽です。 飛行機のデメリットとしては、機内ではじっと座席に座っているしかないので子供がぐずると対処の仕様がなく大変ということかな。 どんなに子供が泣いていてもシートベルトランプがついていたら、移動できませんからね。 また、子供が2歳を超えたら子供の分も1席有料で取らないといけないのも飛行機のデメリットです。 大阪発東京ディズニーリゾート行きのパンフレットを見比べてみると、飛行機プランの方が大人1名当たり5000円ほど安かったり、飛行機プランだけに1DAYパスポートが付いていたりして、飛行機プランの方が新幹線より一見お安くなっていることがありますがこれは要注意。 飛行機は2歳を超えた子供の分も1席有料で取らないといけないので、家族トータルで考えると飛行機プランの方が高くなってしまうことがあるのです。 家族分トータルで考えて、新幹線プランと比較してくださいね。 【メリット】座っている時間が短い、空港からディズニーランドまで直通バスがある 【デメリット】自由に動けない、2歳以上は1席確保する必要がある 結論!0-2歳は飛行機、2-4歳なら新幹線、4歳を超えたらお子さんに合わせて移動しよう! 大阪発ディズニーランドは新幹線で行くか、飛行機で行くか、について、私の個人的結論をまとめますと…。 0歳~2歳のお子様なら飛行機で行こう! 飛行機は機内拘束時間が短いのと 2歳までなら子供料金無料ということから、 2歳までのお子様と一緒の場合は【飛行機での移動】がおすすめです。 拘束時間が短いのでオムツや授乳など前後に済ませれば機内で行う必要もありませんし、飛行機に乗るぎりぎりまでベビーカーが使えたりとママにとっては楽なことも多いです。 また、羽田で降りた後も空港前からディズニーランドまでバスで一本というのも楽ちんですので、2歳までの小さいお子様ならやはり飛行機がいいかなーと思います。 羽田からディズニーランド行きのバスは座席指定ですので、必ず座れて安心ですよ。 新幹線ツアーならJTBさんかJR東海ツアーズさんが安いです。 サービス・選べるホテルの種類を重視するならJTB、とにかく安ければOKというのであればJR東海ツアーズさんをのぞいてみてください。 >> 公式 >> 公式P 4歳以上は、新幹線・飛行機どちらでもお子様に合う方を選ぼう! 4歳を過ぎたお子様の場合は、 新幹線・飛行機どちらでもお子様に合う方を選ぶのがいいと思います。 新幹線の移動も6歳まで無料で乗れるとはいえ、4歳を過ぎた子供を2時間40分膝の上で抱っこで過ごすのは大変です。 ガラガラに空いているならいいですが、早朝や週末など混雑している時間に移動するときは子供用に1席取らないといけない状況にもなります。 となると、飛行機で行くのと出費は変わりなし。 座席にじっと座っている時間が1時間だけの飛行機か、自由に動けるけれど2時間40分かかる新幹線か、お子様に合う方をお選びになったらいいと思います。

次の

【公式】アトラクション

ディズニー 飛行機

Please choose a different destination from origin. Please adjust the number of travellers for your search. Please provide the ages of children below. Tell us where you're flying from. Tell us where you're flying to. Please complete the highlighted origin field below. Please complete the highlighted destination field below. Please complete the highlighted departing date field s below. The departing dates must occur after the previous departing date. Please correct the departing date s. Each infant in lap must be accompanied by a traveler age 12 or older. Your partial check-in and check-out dates must fall within your arrival and departure dates. Please review your dates. The drop-off date and time must occur at least two hours after the pick-up date and time. Make sure your pick-up time is 2 hours after the current time. Please provide the driver's age below. Please select origin from the options provided. Please select destination from the options provided. The number of railcards cannot exceed the number of travellers Please provide a rails card type. The returning date and time must occur after departure date and time. Please provide the ages of youth below. Please provide the ages of seniors below. Some of your BahnCards cannot be used together. Orlando Airfare Options The Orlando Intl. Airport is one of the busiest airports in the United States. However, Orlando International is much more than a simple transportation hub. The airport is known for its artwork displays and shopping venues located in the main terminal. Upon arrival, you can choose to take your time, enjoying the Orlando atmosphere. If you are eager to get to your destination, you can wait until their return flight to do last minute shopping at gift stores that feature major Orlando attractions. Finding Cheap Flights to Orlando Cheap flights to Orlando are not uncommon for those travelers who know when and how to book their Orlando flights. Flights are available daily from airports throughout the country. No matter where your departure location is, you can find reasonable prices on Orlando airfare through Expedia. For the best prices, try traveling during the off-season. Flights to Orlando are at their lowest prices in the spring and fall. However, good prices on tickets to Orlando can be found year-round. If your travel falls during summer, the holidays, or Spring Break, a few tweaks to your search for Orlando flights can save you a great deal of money. Try traveling during weekdays rather than weekends. Take advantage of Expedia's flexible dates search to see a calendar view of the lowest prices. Also consider flying out of an alternate airport. You may find that you get a better deal flying from a different location than you had originally planned. Book your flight with Expedia Expedia. jp lets you search across the largest number of airlines and flights, which means that you'll be able to find great flight deals at the perfect travel date and time. There's simply no substitute for great prices suited to your flight needs and backed by excellent customer support. Tips on Buying Tickets to Orlando When you purchase your flights to Orlando, you will want to keep some key points in mind. Pay attention to the number and length of layovers. If you are traveling with small children, you may wish to search for direct flights only. Also, think about your arrival time. If you have an early morning flight, confirm with your hotel that you will be able to check in when you arrive. If this is not possible, you can usually leave your bags with your hotel's front desk while you explore the area attractions. When planning your departure, consider taking an evening flight. This gives you most of the day to continue to enjoy your vacation before you bid farewell to this beautiful and lively city. Orlando is an travel hot spot. Each year, countless travelers fly in to Orlando, FL Airport MCO-Orlando Intl. 9 miles 14 km from downtown and Orlando, FL Airport SFB-Orlando Sanford Intl. 19 miles 30 km from downtown. Orlando, FL Airport ORL-Orlando Executive 2 miles 4 km from downtown also sees a good deal of air traffic. Which city you depart from determines how much of the in-flight entertainment you'll get to enjoy. From New York to Orlando, the average flight time is 2 hours and 54 minutes. From Atlanta it's roughly 1 hour and 34 minutes, and from Chicago it's 2 hours and 42 minutes. If you'd like to have some extra spending money on your trip to Orlando, then listen up! As any seasoned jet-setter knows, avoid booking at the last minute. Prices are usually highest close to the departure date. Another good way to grab the most affordable fare is to shop around. If where you're headed has more than one airport, look into the cost of flying into a smaller terminal. Lastly, be prepared to book quickly if you stumble on a real bargain. It might not be available for too long. With a bit of knowledge and some luck, the perfect fare can be yours. We've rounded up all the info you need to make your flight a stress-free experience. Follow our tips and you'll be speeding through airport security and exploring Orlando before you know it. Next, you'll need some extra in-flight entertainment to while away the time. A juicy book and a laptop crammed with your favorite shows are some terrific options. If you intend to take a quick snooze, a comfy neck pillow and a pair of earplugs will also be useful. Finally, leave some space for a few toiletry items to ensure you touchdown feeling fresh and raring to go. This includes knives, scissors, spray paint and fireworks. Sports equipment like ski poles, and objects that could harm passengers, such as swords and batons, are also banned from the cabin. Layer up with loose, natural-fiber clothing and remember to bring a pullover in case it gets cool in the cabin. Pick well-fitting, flat shoes as it's possible that your feet and ankles will swell a little during the journey. Leave the stilettos and heavy hiking boots in your checked luggage. There are many ways to minimize your risk. Wear a quality pair of compression socks or tights, drink lots of water often and get your legs and feet moving. Do a few laps of the cabin or try out some exercises in your seat. Being organized before you get to the airport can make your getaway to Orlando a pleasure. Your boarding pass and travel ID will need to be presented to airport security. Keep them handy so you don't hold up the queue. To speed things up, take off anything that is likely to set the alarm off. Items such as your belt, coat and earphones will be required to go through the machine. They often need to be sent through the X-ray machine separately. Each item should be in a container no larger than 3. 4 ounces 100 milliliters and everything must fit inside a single quart-size one liter , clear zip-close bag. If you must bring these kinds of items, check them in.

次の