アセト アミノ フェン 薬品 名。 医療用医薬品 : アセトアミノフェン

KEGG DRUG: アルミノプロフェン

アセト アミノ フェン 薬品 名

アルコール多量常飲者[肝障害があらわれやすくなる。 (「相互作用」の項参照)] 絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある患者[肝障害があらわれやすくなる。 ] 肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能が悪化するおそれがある。 ] 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍の再発を促すおそれがある。 ] 血液の異常又はその既往歴のある患者[血液障害を起こすおそれがある。 ] 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがある。 ] 腎障害又はその既往歴のある患者[腎機能が悪化するおそれがある。 ] 心機能異常のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 過敏症の既往歴のある患者 気管支喘息のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 高齢者(「重要な基本的注意」及び「高齢者への投与」の項参照) 小児等(「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照) 重要な基本的注意 解熱鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。 発熱、疼痛の程度を考慮し投与すること。 原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。 原因療法があればこれを行うこと。 過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等があらわれることがあるので、特に高熱を伴う高齢者及び小児等又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意すること。 高齢者及び小児等には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること。 感染症を不顕性化するおそれがあるので、感染症を合併している患者に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与すること。 (「相互作用」の項参照) 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。 本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現するおそれがあることから、特に総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤を併用する場合は、アセトアミノフェンが含まれていないか確認し、含まれている場合は併用を避けること。 また、アセトアミノフェンを含む他の薬剤と併用しないよう患者に指導すること。 (「警告」及び「過量投与」の項参照) アセトアミノフェンの高用量投与により副作用として腹痛・下痢がみられることがある。 本剤においても同様の副作用があらわれるおそれがあり、上気道炎等に伴う消化器症状と区別できないおそれがあるので、観察を十分行い慎重に投与すること。 重篤な肝障害が発現するおそれがあるので注意すること。 1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察すること。 高用量でなくとも長期投与する場合にあっては定期的に肝機能検査を行うことが望ましい。 また、高用量で投与する場合などは特に患者の状態を十分に観察するとともに、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずること。 慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮すること。 相互作用 リチウム製剤 炭酸リチウム 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン、イブプロフェン等)で、リチウムとの併用によりリチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒を呈したとの報告がある。 非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制することにより、炭酸リチウムの排泄が減少し、血中濃度が上昇すると考えられている。 チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド 等 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン等)で、チアジド系利尿剤の作用を減弱することが報告されている。 非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制して水、塩類貯留が生じ、チアジド系利尿剤の排泄作用に拮抗すると考えられている。 アルコール (飲酒) アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告がある。 アルコール常飲によるCYP2E1の誘導により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される。 クマリン系抗凝血剤 ワルファリンカリウム クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与すること。 本剤が血漿蛋白結合部位において競合することで、抗凝血剤を遊離させ、その抗凝血作用を増強させる。 カルバマゼピン フェノバルビタール フェニトイン プリミドン リファンピシン イソニアジド これらの薬剤の長期連用者は、肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなるとの報告がある。 これらの薬剤の代謝酵素誘導作用により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される。 抗生物質 抗菌剤 過度の体温下降を起こす頻度が高くなることから、併用する場合には観察を十分に行い、慎重に投与すること。 機序不明 副作用 アセトアミノフェン錠200mg「トーワ」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1錠(アセトアミノフェンとして200mg)健康成人男子(n=20)に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 80 〜log 1. 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 17072 2. 45758 0. 12566 3. 59324 標準製剤 (錠剤、200mg) 8. 89519 2. 32363 0. 12566 3. ,n=20) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 溶出挙動.

次の

アセトアミノフェン

アセト アミノ フェン 薬品 名

アルコール多量常飲者[肝障害があらわれやすくなる。 (「相互作用」の項参照)] 絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、脱水症状のある患者[肝障害があらわれやすくなる。 ] 肝障害又はその既往歴のある患者[肝機能が悪化するおそれがある。 ] 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍の再発を促すおそれがある。 ] 血液の異常又はその既往歴のある患者[血液障害を起こすおそれがある。 ] 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがある。 ] 腎障害又はその既往歴のある患者[腎機能が悪化するおそれがある。 ] 心機能異常のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 過敏症の既往歴のある患者 気管支喘息のある患者[症状が悪化するおそれがある。 ] 高齢者(「重要な基本的注意」及び「高齢者への投与」の項参照) 小児等(「重要な基本的注意」及び「小児等への投与」の項参照) 重要な基本的注意 解熱鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意すること。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮すること。 発熱、疼痛の程度を考慮し投与すること。 原則として同一の薬剤の長期投与を避けること。 原因療法があればこれを行うこと。 過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等があらわれることがあるので、特に高熱を伴う高齢者及び小児等又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意すること。 高齢者及び小児等には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与すること。 感染症を不顕性化するおそれがあるので、感染症を合併している患者に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に投与すること。 (「相互作用」の項参照) 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。 本剤とアセトアミノフェンを含む他の薬剤(一般用医薬品を含む)との併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現するおそれがあることから、特に総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤を併用する場合は、アセトアミノフェンが含まれていないか確認し、含まれている場合は併用を避けること。 また、アセトアミノフェンを含む他の薬剤と併用しないよう患者に指導すること。 (「警告」及び「過量投与」の項参照) アセトアミノフェンの高用量投与により副作用として腹痛・下痢がみられることがある。 本剤においても同様の副作用があらわれるおそれがあり、上気道炎等に伴う消化器症状と区別できないおそれがあるので、観察を十分行い慎重に投与すること。 重篤な肝障害が発現するおそれがあるので注意すること。 1日総量1500mgを超す高用量で長期投与する場合には定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察すること。 高用量でなくとも長期投与する場合にあっては定期的に肝機能検査を行うことが望ましい。 また、高用量で投与する場合などは特に患者の状態を十分に観察するとともに、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な措置を講ずること。 慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮すること。 相互作用 リチウム製剤 炭酸リチウム 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン、イブプロフェン等)で、リチウムとの併用によりリチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒を呈したとの報告がある。 非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制することにより、炭酸リチウムの排泄が減少し、血中濃度が上昇すると考えられている。 チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド 等 他の非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン等)で、チアジド系利尿剤の作用を減弱することが報告されている。 非ステロイド性消炎鎮痛剤は腎のプロスタグランジン合成を抑制して水、塩類貯留が生じ、チアジド系利尿剤の排泄作用に拮抗すると考えられている。 アルコール (飲酒) アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告がある。 アルコール常飲によるCYP2E1の誘導により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される。 クマリン系抗凝血剤 ワルファリンカリウム クマリン系抗凝血剤の作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与すること。 本剤が血漿蛋白結合部位において競合することで、抗凝血剤を遊離させ、その抗凝血作用を増強させる。 カルバマゼピン フェノバルビタール フェニトイン プリミドン リファンピシン イソニアジド これらの薬剤の長期連用者は、肝薬物代謝酵素が誘導され、肝障害を生じやすくなるとの報告がある。 これらの薬剤の代謝酵素誘導作用により、アセトアミノフェンから肝毒性を持つN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンへの代謝が促進される。 抗生物質 抗菌剤 過度の体温下降を起こす頻度が高くなることから、併用する場合には観察を十分に行い、慎重に投与すること。 機序不明 副作用 アセトアミノフェン錠200mg「トーワ」と標準製剤を、クロスオーバー法によりそれぞれ1錠(アセトアミノフェンとして200mg)健康成人男子(n=20)に絶食単回経口投与して血漿中未変化体濃度を測定し、得られた薬物動態パラメータ(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log 0. 80 〜log 1. 25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 17072 2. 45758 0. 12566 3. 59324 標準製剤 (錠剤、200mg) 8. 89519 2. 32363 0. 12566 3. ,n=20) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 溶出挙動.

次の

アセトアミノフェン:カロナール

アセト アミノ フェン 薬品 名

作用 作用のおだやかな解熱鎮痛薬です。 皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用や、脳の痛みの感受性を低下させる作用があります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く適用します。 腰痛や関節症にはやや多めの量が用いられます。 また坐薬は、子供や赤ちゃんの解熱によく処方されています。 炎症(腫れ)をとる作用は弱いので、リウマチなど強い炎症をともなう痛みには向きません。 実績のある安全性の高い解熱鎮痛薬です。 アニリン系薬剤であり、NSAIDsと呼ばれる一般的な鎮痛薬とは作用機序が違います。 NSAIDsに比べ、効果はゆるやかですが、副作用が少なく長期の使用も比較的安全です。 このため、WHO方式3段階疼痛治療法の第1段階に位置づけられ、海外では各種疼痛の基本薬として広く用いられています。 炎症をともなう激しい痛みには不向きかもしれませんが、軽度から中等度の広範な痛みに適用可能です。 開発が古く、安価なのも利点です。• 日本の病院では解熱薬として用いることが多いです。 熱や頭痛をともなうカゼやインフルエンザに処方されるほか、薬剤性の発熱にも適します。 国内では比較的少量を用いることが多かったのですが、多めに用いることで鎮痛効果の増強が見込めるのです。 今後、整形外科領域をふくめ、鎮痛薬として処方される機会も増えることでしょう。 注意 【診察で】• 喘息やアレルギーのある人は医師に報告しておいてください。• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人も医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 市販薬も含め、使用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】• アスピリン喘息(鎮痛薬や解熱薬で喘息発作を誘発)の人は、使用できないことになっています(少量であれば危険性は低いと考えられています)。• 胃潰瘍、血液の病気、肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息などの人は病状により使用できない場合があります。• 栄養状態の悪い人や、飲酒量の多い人は肝臓の副作用に注意が必要です。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 市販のカゼ薬や解熱鎮痛薬の多くにアセトアミノフェンが配合されています。 この薬と重複することになりますので、これらとの併用は避けてください。• 血栓の薬のワルファリン(ワーファリン)の作用を増強するおそれがあります。 ほかにも、併用に注意する薬がいくつかあります。 使用中の薬がある場合は、必ず医師に伝えておきましょう。• 飲酒はできるだけ控えてください。 多量のアルコールは、胃腸や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 病状や治療目的により飲みかたが違います。 決められた用法用量の範囲で正しく使用してください。• 多めの水で飲むとよいでしょう。 胃の刺激が少なくなります。• カゼの発熱時に頓服する場合、一般的には38. 5度以上を目安にします。 熱が上昇しているときではなく、上がりきったときに使用するほうが効果的です。 【備考】• インフルエンザにおいては、他の解熱鎮痛薬よりもアセトアミノフェン(この薬)のほうが安全です。 とくに子供の解熱には、アセトアミノフェンを用いるようにします。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 <効能B> 通常、成人はアセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1,500mgを限度とする。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 <効能C> 通常、幼児及び小児はアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口服用し、服用間隔は4〜6時間以上とする。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 1回服用量の目安は下記のとおり。• 体重10kg..1回 100〜150mg• 体重20kg..1回 200〜300mg• 服用間隔は4〜6時間以上とし、1日総量として60mg/kgを限度とする。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の服用は避けることが望ましい。 1回服用量の目安は下記のとおり。 体重5kg... 5-3. 75mL)• 体重10kg... 0-7. 5mL)• 体重20kg... 0-15. 0mL)• 体重30kg... 0-22. 5mL) 補足:「小児科領域における解熱・鎮痛」の効能又は効果に対する1回あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして500mg、1日あたりの最大用量はアセトアミノフェンとして1500mgである。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用の少ない安全性の高いお薬です。 アレルギーを起こすことも少なく、重い副作用はほとんどありません。 ただし、必要以上に飲みすぎると、腹痛や下痢を起こしたり、肝臓の調子が悪くなることがあります。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。 【その他】• 吐き気、吐く、食欲不振、腹痛、下痢。• 発疹、じんま疹。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の