ジーナ 式 ネントレ。 ネントレに失敗・・上手くいかない時のチェックポイント4つ!

ネントレ日記:ジーナ式2〜4週目と黄昏泣き対策

ジーナ 式 ネントレ

ジーナ式スケジュールとは、イギリスのカリスマ マタニティーナースであるジーナフォードが考案した赤ちゃんの生活リズムの手本です。 赤ちゃんにもママにも負担の無い良い生活リズムなので赤ちゃんに無理やり強制させるものではありません。 最大のメリットは 無理なく赤ちゃんが自ら寝てくれることです。 スケジュールに縛られ過ぎなくても良いともジーナは言っています。 スケジュール通り進まないことがストレスになるくらいならやめてしまって、数ヶ月後に落ち着いたらまた挑戦しても大丈夫です。 子育てに奮闘してママ自身が眠れない日々が少しでも改善できる手助けになればというジーナの思いが込められています。 それでは0歳〜1歳までのスケジュールを紹介します。 7:00 ・・・・・・ 起床 7:15 ・・・・・・ 離乳食 授乳 9:15~10:00 ・・・ 朝寝 45分 11:30 ・・・・・・ 離乳食 授乳 13:00~15:00 ・・ 昼寝 2時間 15:00 ・・・・・・ 授乳 17:00 ・・・・・・ 離乳食 18:00 ・・・・・・ お風呂 18:45 ・・・・・・ 授乳 19:00 ・・・・・・ 就寝 22:00 ・・・・・・ 授乳 ポイント 昼寝の合計時間は2時間45分以下に(朝寝含む) 1日の合計睡眠時間は14時間30分が目安 失敗なくジーナ式スケジュールを成功させたいならこちらの本は助けになると思います。 まとめ スケジュートは細かく別れていますが、難しければ 朝7時に起きて、夜7時に寝るところからはじめても大丈夫です。 夜間しっかり寝れることは赤ちゃんの成長にもママの負担改善にも本当に重要です。 ここで紹介した内容であなたの子育てライフが楽しく進んでいく手出し気になれば幸いです。

次の

ジーナ式ネントレとは?寝かしつけ方やメリット・デメリットとスケジュールを徹底解説

ジーナ 式 ネントレ

ジーナ式に比べるとマイルドな内容 イラストで分かりやすく各月齢のスケジュール案を提案してくれていますが、ジーナ式に比べるとすごくゆるやかなものです。 また、添い寝を推奨しているので、添い寝を続けたい方はこちらの方がフィットするかもしれません。 どちらも読んでみてネントレにチャレンジした実感としては、 重要なことは共通しているということです。 こちらを読んで「きっちりスケジュール通りやらなきゃ」という気持ちがなくなり、結果的にゆるくアレンジしたジーナ式で夜通し寝を成功させられました。 ポイントは3つだけ! この本で提案しているネントレ方法は、とてもシンプル。 ジーナ式のコア部分を抜き出して分かりやすくしたような感じです。 内容がシンプルなので、ジーナ式と比べものにならないほど読みやすい本です(笑) point1 朝は7時までに起こす 赤ちゃんは、まだ体内時計が整っていません。 ジーナ式でも重要なルールとして掲げられているとおり、朝は7時に起こして太陽の光が入る部屋で過ごします。 point2 日中はお昼寝をコントロールして活動的に過ごす 朝昼は明るく賑やかに、夜は暗く静かに過ごしという点は、ジーナ式と同じです。 生後2-4ヶ月頃は「朝寝1時間」「昼寝2時間30分」「夕寝30分〜1時間」 生後5-6ヶ月頃は「朝寝1時間」「昼寝2時間30分」「夕寝は徐々になくす」 生後7-8ヶ月頃は「朝寝30分」「昼寝2時間30分」 生後9-11ヶ月頃は「朝寝30分」「昼寝2時間」 1歳ー1歳6ヶ月頃は「朝寝徐々になくす」「昼寝2時間」 1歳7ヶ月ー3歳頃は「昼寝2時間」 4-5歳頃は「昼寝徐々になくす」 これは目安なので、お子さんの様子をみて調整して良いと思います。 ジーナ式スケジュールの日中に眠らせていい合計時間も参考に調整して過ごしました。 大切な点は、 夕寝を長く取り過ぎないこと、17時以降まで寝かせておかないことだと思います。 (この点はジーナ式の方のスケジュールが参考になります) 眠そうなのに夕寝を我慢させると、かえって寝ぐずりがひどくなることもあるので、昼寝が短かった日などは、早めに夕寝をさせたりする工夫が必要です。 point3 夜8時までに寝かせ就寝前30分は興奮を静める ジーナ式だと就寝時間は7時なので、我が家はそちらで生活しています。 就寝前30分には、娘が過ごしているリビングの明かりも薄暗くして、就寝前の授乳も豆球だけの寝室で行います。 薄暗い部屋で過ごすと、眠気を起こすメラトニンというホルモンの分泌が促されるそうです。 ジーナ式と「安眠ガイド」の共通点を取り入れる 私は、ジーナ式のガチガチなスケジュールだと「スケジュール通りやれない・・・」というネガティブな気持ちになってしまいました。 ただ、ジーナ式スケジュールには経験に裏打ちされた理由があって、とても参考になりました。 また、「安眠ガイド」の方も読んだことで双方の共通点に気付き、ジーナ式の中でも何がコア部分なのかがはっきりしました。 ジーナ式スケジュールの朝寝開始時刻に眠らせられなかったとしても、コア部分さえ守って時間を調整すれば問題ないのです。 この本を読んですぐにジーナ式を再開して、生後2ヶ月のうちに夜通し寝が出来るようになりました。 初めまして、弁護士ママ略してベンママです。 37歳、東京都出身。 2015年12月、玉のような女の子を出産しました。 妊娠、出産にあたってほんっとーーーにたくさんの情報を調べて調べて調べました。 夜更かしして調べたアレコレを、せっかくだから共有したいと思い育児ブログを開設しました。 子どもにとって心地よい環境で、生まれ持った能力をきちんと引き出すサポートをしながら、親も愉しんで「楽に」子育てしたいと考えてます。 アーカイブ• カテゴリー カテゴリー 最近のコメント• に ベンママ より• に ままま より• に ベンママ より• に ベンママ より• に ベンママ より ベンママへのお問合せ.

次の

ジーナ式 カリスマ・ナニーが教える 赤ちゃんとおかあさんの快眠講座 改訂版

ジーナ 式 ネントレ

ここは今の悩み。 総量も減ってしまっているのを回数でカバーしています。 お昼寝は3時間30分なので、寝すぎなのですが夜も寝てるからまぁいいかなぁと思っています。 ちなみに我が家は「ゆるジーナ式」のアレンジ内容でやってます。 詳細はブログのポストを見ていただけるとわかると思いますが、守ればいいと思ってるのは3点です。 おくるみを卒業してスリーパー導入 使用している10mosiのスリーパー。 カバーオール式にもドレス式にもなるので便利。 この月齢になるとモロー反射で起きてしまうことがなくなると言われおくるみを卒業。 生後2〜3ヶ月ではおくるみは必須でしたが、母の心配をよそになくても寝てくれました。 おくるみ卒業は首が座った3ヶ月すぎたあたりからがおすすめです!• 午前中の授乳間隔を4時間に挑戦! これは3割程度しかできなかったです。 間隔をあける以前に、授乳中に「暴れる」「気が散る」ということがとても増えました。 暴れるのは膝の上だと安定しないため、ということを読んだので試しにリビングで寝かせたまま飲ませたらよく飲む! 若干の心理的抵抗があったのですがしっかり頭を上げて、ゲップを出してあげることでなんとか授乳量を確保。 また、テレビや音楽や周りに人がいるとなかなか飲まないので、できるだけ静かな環境で授乳に集中させています。 22時半の授乳量が減ってくる時期。 だがなくさずに毎回起こして授乳する 最近は22時半の授乳は30〜40ml程度しか飲みません。 ここの授乳は離乳食が落ち着くまでは残す予定なので、一旦起こしだけ起こして飲まなくてもOKとしています。 睡眠退行が始まった! 3ヶ月2週くらいから、お昼寝中にいきなり大声で泣くことが増えた。 調べてみると、入眠した時の状況と目を覚ました時の状況が違うと泣いてしまうことがあるそう。 メリーをつけて寝かしつけたらメリーはつけっ放しにするなど、状況の一致を心がけています。 電気代はもったいない・・・。 でも泣かれるよりいいよね。 旅行や初の実家帰省など環境変化が大きい状況が多かった いつも使っているセット(音楽+スリーパー)を持ち込み、匂いで安心してもらう作戦。 入眠は問題なくしてくれました。 朝まで寝るかどうかは、泊まりに行く場所の朝日をどれだけ遮れるかにかかってくると思います。 旅行であれば事前に部屋の間取りなどを見てお部屋を決めようと思いました。 これまでのジーナ式ネントレ日記.

次の