ヤマハ マイク スピーカー。 重要なお知らせ

YAMAHA ( ヤマハ ) >DZR15 パワードスピーカー 送料無料

ヤマハ マイク スピーカー

By: スピーカーフォンとは、狙った音を集中して拾える「集音マイク」とスピーカーが搭載された製品です。 ハンズフリーで通話できるため、複数人数で会話を聞くのはもちろん、パソコンの画面を見たりほかの作業をしながら会話ができたりするのが魅力。 リモートワークの普及により、ビジネス用として購入している方も増えていますが、プライベートでテレビ電話をするときもあると便利です。 スピーカーフォンは、パソコンやスマホなどのデバイスとUSBやBluetoothなどに接続することで使用可能。 ネット環境があれば気軽に使える便利なコミュニケーションツールです。 スピーカーフォンの選び方 接続方法で選ぶ 有線 USB 接続 By: 電源を確保できない場所で使いたい場合は、Bluetooth接続タイプのスピーカーフォンがおすすめです。 バッテリーを内蔵しているので、使う場所を選ばないのが魅力。 連続使用時間が長いモデルなら、時間を気にせず長時間の通話も可能です。 また、Bluetoothタイプのスピーカーフォンは、デバイスから離れても使えるのがメリット。 パソコンやスマホから離れた場所にも設置できるため、大人数の会議でも活躍します。 なお、伝送距離は10〜20mと機器によって異なるので、使用シーンに合わせて選びましょう。 ケーブル類をすっきりと収納したい方や、できるだけコンパクトに持ち運びたい方にもおすすめです。 ただし、Bluetoothタイプは無線で接続するため、接続が途切れやすいのが難点。 通信を安定させるためには、Bluetooth規格ができるだけ新しいモノを選びましょう。 NFC接続 1人のパーソナルユースから6~8名程度のグループディスカッションに適したスピーカーフォンです。 マイクとスピーカーの干渉を抑える独自設計により、クリアな高音質を実現。 さらに、高性能エコー・ノイズキャンセリング機能を搭載しているので、ノイズのないスムーズな会議をサポートします。 ボタンひとつで切り替えられる3つのマイク集音特性モードを搭載。 話者を追従して集音する「ボイストラッキングモード」、一方向からの音を拾う「単一指向性モード」、あらゆる方向からの音をとらえる「全指向性モード」から、使用状況や環境に合わせて選べます。 接続方法はBluetoothとUSBに対応しており、スマートフォンやPCなどと接続できます。 Web会議用のVoiceモード以外に「Stereoモード」を搭載。 高音質なのでBGM用としてプライベートでも活躍します。 幅広いシーンで活用できるモデルを探している方におすすめです。 音響機器メーカーのヤマハが手掛けるスピーカーフォンです。 新しい音声信号処理技術である「SoundCap」テクノロジーを搭載。 周囲で雑音が多いオープンスペースでのWeb会議も快適です。 集音範囲制限機能は集音範囲をスピーカーフォンから1m以内に制限するので、気になる周囲の雑音を軽減します。 また、マイク自動ミュート機能により会議参加者の発言を判断して、自動的にミュート・ミュート解除が制御できるのもポイントです。 パソコンやスマートフォンなどさまざまなデバイスで使えるのも嬉しい特徴です。 静かな会議室だけでなく、賑わいのあるオープンスペースで4~6人程度のWeb会議を行う機会が多い方におすすめ。 2台を連結できる拡張機能も備えているので、大人数の会議にも対応できます。 ヤマハのマイクとスピーカーを独立させた分離型のスピーカーフォンです。 スピーカーをディスプレイ付近に設置できるので、映像と音声の一体感を作れるのがポイント。 プレゼンテーションなどにもおすすめです。 ヤマハが音響機器の開発を通して培ってきた高音質技術を数多く採用し、適応型エコーキャンセラーも搭載しています。 また、「Human Voice Activity Detection HVAD 」によって音声とノイズを判別し、ストレスのないコミュニケーションが実現。 拡張性が高いのもポイントで、外部マイクを接続することによりWebセミナーの開催も可能です。 マイク1台の標準構成なら8人程度、オプションでマイクを5台まで拡張でき、最大40人程度のWeb会議で活用できます。 PCベースの会議ならUSB接続、スマートフォンやタブレットを使う場合はBluetoothと、さまざまな場面で活躍するおすすめの製品です。 ヤマハのバッテリー搭載型のスピーカーフォンです。 コンパクトで丸形のキュートなデザインがポイント。 無指向性マイクが1本内蔵されており、集音半径は最大2m以内。 1~4名程度のWebでの打ち合わせに最適です。 リチウムイオンバッテリーを内蔵し、AC電源が確保できない場所でも最大10時間連続通話可能なのがポイント。 BluetoothまたはNFCにより、簡単にスマートフォンと接続できます。 さらに、専用ポーチが付属しているので、持ち運びも簡単。 カラーは白と黒から選択でき、パソコンやスマートフォンといった手持ちのデバイスとのカラーコーディネートが楽しめます。 さらに、小型ながらも適応型エコーキャンセラーやノイズリダクション、オートゲインコントロールなど高性能の音声信号処理技術を搭載し、ストレスのない通話が可能。 自宅やコワーキングスペースで仕事をする機会が多い、テレワーカーやクラウドワーカーにおすすめです。 「Revolabs」が開発した中規模Web会議向けのスピーカーフォンです。 Revolabsは2005年にアメリカで設立された業務用音響機器メーカーで、2014年にヤマハグループの子会社になっています。 音響機器メーカーとしてのアドバンテージを活かし、ツィーターとミッドウーファーの2ウェイスピーカーを搭載しているのがポイント。 周波数帯域が広いので聞き取りやすく、快適に通話できます。 さらに、エコーキャンセラー機能も搭載しており、相手側と同時に発声してもクリアに会話できます。 スピーカーフォン本体の上部に電話接続・切断ボタンやミュートボタン、音量調節ボタンがユニバーサルデザインで配置されているのも嬉しい特徴。 外国人ワーカーの多い多国籍企業のスタートアップにもおすすめです。 4つのAIマイクが搭載されたスピーカーフォン。 話し手の方向を自動で検知し、集音する「位置検出機能」を搭載。 約5~8人の会議に対応するため、ビジネスシーンでの使用におすすめの製品です。 そのほか反響を抑制する「エコーキャンセリング機能」と、さまざまな騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」が搭載されているのもポイント。 人の声を集中的に拾い上げるので、集中力の必要な会議でも活躍します。 接続方法はUSB、BluetoothもしくはAUXに対応。 パソコンはもちろん、スマホやタブレットなどのデバイスとの接続が可能です。 バッテリーは2500mAhのリチウムイオン電池が内蔵されており、連続で最大12時間使えます。 web会議で活躍するおすすめのスピーカーフォンです。 ジャブラの最大4人まで対応する、ミッドレンジのスピーカーフォンです。 ジャブラはデンマークのオーディオメーカー「GN Audio」のグループの1つで、コールセンター用ヘッドセットやビデオ会議システムなどを手掛けています。 無指向性マイクであらゆる方向から音声を広い、DSPテクノロジーによりエコーや歪みのないクリアなサウンドで会話が可能。 また、内蔵のバッテリーは最大で約15時間通話でき、AC電源がない場所での長時間のWeb会議も安心です。 デバイスとの接続にはUSBまたはBluetoothを選択。 Bluetoothでは最大30mまで動作範囲に入り、iPhoneやiPodとも接続できます。 あらゆる主要UCプラットフォームに対応し、接続すれば瞬時にセットアップが完了するのも魅力のひとつ。 スモールビジネスやサテライトオフィスでの使用におすすめの製品です。 ジャブラの業務用据え置き型会議室スピーカーフォンです。 最大15名までのWeb会議に対応し、人間の声にフォーカスする「ZoomTalk」マイクがスムーズな会議をサポートします。 また、Skype for BusinessやIBM Sametime、Ciscoといった主要なユニファイド・コミュニケーション・プラットフォームとシームレスに統合しているので、スムーズにセットアップできるのも魅力です。 接続方式はBluetoothまたはUSBに対応。 加えて、3. 5mmピンジャックでも接続できます。 さらに、USB充電出力ポートも備え、会議中にスマートフォンやタブレットを充電できるのもポイント。 固定の会議室で大人数のWeb会議を開催する機会が多いビジネスシーンにおすすめの1台です。 ポータブル型のワイヤレススピーカーフォン。 プラントロニクスはアメリカの音響機器メーカーで、ヘッドセットの世界的トップメーカーです。 小型軽量で高品質、トラベルケースが付属するので持ち運びが簡単。 PCワイドバンドオーディオとデジタル信号処理によりドロップアウトとエコーを低減。 背景音のアクティブノイズキャンセルで、大切な会議に最適な環境を提供します。 デバイスとはBluetoothでスムーズに接続。 付属のBluetoothミニUSBアダプターを使えば、Bluetoothを内蔵していないデバイスとも接続可能です。 また、UC用に最適化されているので、スマートフォンやパソコンからの通話をシームレスに統合します。 内蔵バッテリーの連続通話時間は最大7時間。 移動の多いビジネスパーソンにおすすめの1台です。

次の

ヤマハのスピーカーおすすめ人気ランキング15選【Bluetooth・ハイレゾ対応も!】

ヤマハ マイク スピーカー

1, A2DP v1. 3kg スピーカー 7. 4GHz の電波を使用する機器 ワイヤレスマイク送信機など と同時に使用する際はSTAGEPASのミキサーから1m以上離してください。 電波の干渉でBluetoothの再生に音切れが発生する可能性があります。 投稿者名 Reviewed by: 【岡山県】 (前略)・・他社の安いポータブルPAセットもあわせて検討しましたが・・・やはり、「一生のうち、そうそう何度も買い替えずにすむ、大きな買い物」であると考えて、ヤマハを選択しました。 丁寧に優しく扱って、大切に使ってゆきたいと思います。 ・・この商品は・ノイズやハウリングがびっくりするほど少なく、本当に安定可動してくれる超超優れものです。 リバーブが凄くキレイです。 長い残響はハウリングの大きな要因ですが・・・こんなにスピーカーに近づいて大丈夫かな? というレベルの至近距離でも問題なく・・・ちょっと他の会社の製品では在りえないかなぁ・・・と思います。 少し値段は高いですが、絶対ヤマハを選択した方が良いと思います。 商品は注文翌日には早々と届きました。 迅速且つ適切な対応を賜り、本当に本当に有り難うございました。 サウンドハウス様は、品揃えが大変多く、また、商品レビュー等の情報がオープンで、検討材料や選択肢が広くあり、大変助かっています。 これからも度々利用してゆくと思います。

次の

快適な遠隔コミュニケーションを実現する、マイクロソフト「Skype for Business」認定モデルを新発売 ヤマハ ユニファイドコミュニケーションマイクスピーカーシステム 『YVC

ヤマハ マイク スピーカー

1.四半期に一度の全社営業戦略会議や社員研修などでも使えたら 中・大規模のWeb会議やセミナーにも対応する【YVC-1000】がおススメ! 本社の大会議室に20名+各拠点の会議室から数名ずつが参加して四半期に一度営業戦略会議を実施している。 さらに、本社のセミナールームに100名超の社員を集めて、研修や新商品説明会を実施。 その模様を各拠点の会議室にも配信したい。 そんな中規模・大規模の会議やセミナーもカバーするのが、拡張マイクを最大5台まででき、より大きな会場では外部スピーカーやハンドマイク接続も可能な【YVC-1000】です。 普段は社員が日常的に利用する8名程度の会議室に設置しておき、特別な日には大きな会場に持ち運んで利用する。 中規模から大規模までフレキシブルに対応できるのは【YVC-1000】だけです。 2.会議室やオフィス内打ち合わせスペースに都度持ち運んで使いたい USBバスパワー対応でサクッと使える【YVC-300】がおススメ! コストを考え、各部門でマイクスピーカーを導入し部門毎に管理する…というケースに最適なのが【YVC-300】です。 軽量(0. 8kg)なボディは社内での持ち運びに適し、USBバスパワー対応なので、設備のない部屋でもPCに接続するだけですぐにWeb会議ができます。 上位機種【YVC-1000】譲りの高品質音声を実現します。 自宅などでテレワーク中の社員がWeb会議をする際、PC内蔵のマイクやスピーカーでは力不足でお互いの音声が聞き取りづらいケースも…。 こんな時、PCに【YVC-200】を接続するだけで音声品質が格段に向上。 ストレスなく効果的なコミュニケーションが可能になります。 ヤマハのマイクスピーカーの中で唯一バッテリーを搭載する【YVC-200】なら、コンセントのない屋外でスマホとワイヤレス接続してWeb会議…なんてことも可能です。 4.カメラ付きマイクスピーカーで会議室をスッキリさせたい ヤマハのラインナップで唯一カメラ内蔵!壁面設置が可能な【CS-700AV】がおススメ! 会議室の大型ディスプレイを使用して本格的なWeb会議ができるようにしたいけれど、カメラとマイクスピーカーを別々に調達するのは面倒だし、相性もあるだろうし不安…といったケースや、ハドルルームのテーブル上には極力モノを置きたくない…といったニーズに最適なのが、【CS-700AV】です。 ヤマハの製品ラインナップで唯一カメラを内蔵する【CS-700AV】は、付属の取り付け金具で壁面に設置でき、テーブルの上はスッキリ!広々と使えます。 PCとの接続はUSBケーブル1本だけで、すぐにWeb会議を始めることができるのは一体型ならではのメリットです。

次の