金庫 破壊方法。 錠前師養成講座 金庫コース

【創業100年】耐火金庫・防盗金庫の専門店 ひめじやネット通販 / 金庫総合一覧

金庫 破壊方法

まず家庭用の金庫を選び方について説明する前に、家庭用の金庫にどんなもの入れるかを確認します。 家庭用の金庫には、現在はカード時代ですので大金を家庭に置いている人は比較的少なく、家庭にある大事なものは預金通帳や印鑑はもちろんですが、家やマンションの権利書などの重要な書類に加えて、昔撮った懐かしくて、思い出が詰まった写真などがあります。 以上のようなものを主に家庭用の金庫にはいれていると考えられます。 では、それらを何から守るのかを明確にすることで家庭用の金庫の選び方が変わってきます。 盗難対策のために家庭用の金庫を選ぶのであれば、ダブルロック、マルチロックといった複数の施錠システムや指紋認証付きなどのセキュリティ対策がしっかりされていることやドリル、ハンマーなどの工具でも簡単に破壊することができない丈夫な金庫を選ぶことになります。 火災対策のための金庫なら また火災対策のために家庭用の金庫を選ぶのであれば、水分を含んだ気泡コンクリートという耐火性に優れている素材を使用しているので、火災時に温度が上昇しても金庫内の大事な書類を守ってくれる耐火金庫と呼ばれている金庫を選ぶことになります。 また火災対策と盗難対策の両方を望むのであれば、火災時に金庫内にある書類などの収納物を守る耐火金庫の性能とダブルロック、マルチロックといった複数の施錠システムや指紋認証付きなどのセキュリティ対策がしっかりされているので金庫を開くことができないなどの防盗金庫の性能を持った金庫の選び方になります。 盗難防止のためなら金庫の重さも大事 用途に合わせた選び方 ここでは、ダイヤル式の金庫を選ぶ時、テンキー式の金庫を選ぶ時など用途に合わせた選び方や注意点について説明します。 ダイヤル式の金庫を選ぶ時のポイントは、簡単に数字が合わせられるようにダイヤルがスムーズに回転するかと確認することです。 またテンキー式の金庫を使用すると時の注意点として、テンキー式の金庫の場合は指紋認証システムを搭載しているなどロック機能が充実しているのでセキュリティは心配ないのですが、電池が切れてしまうと開閉できなくなる可能性がありますので注意が必要です。 また防災性の高い磁気カード式の金庫は、磁気カード式を使って簡単に金庫の開閉ができます。 防犯性を重視したタイプですが、磁気カードの紛失には十分に注意する必要があります。 さらに開閉が簡単で使いやすさ抜群のシリンダー式は、ディンプルキーと呼ばれる鍵にくぼみがついたタイプの使用によりピッキングの対策になります。 家庭用のおすすめ金庫 こちらのおしゃれさのある家庭用の金庫の「電子金庫 家庭用 テンキー おしゃれ 家庭用金庫」は、頑丈なテンキー式の耐火電子金庫なので印鑑・パスポート・預貯金・家やマンションの権利書・マイナンバーなどの大切な貴重品をしっかり保管できる家庭用の金庫です。 またコンパクサイズとスタイリッシュなのでどんなインテリアとよくマッチします。 さらにアンカーボルトがついているので床面、壁面しっかり固定することができ金庫自体の盗難も防止できる家庭用におすすめの金庫です。 テスト期間中などに子供とゲーム機を隔離するため購入しました。 かわいい家庭用の金庫 ここでは、かわいい家庭用の金庫を紹介します。 Diamond Safe(ダイヤセーフ) 耐火金庫 この持ち運びに便利な小型で小さい金庫の「Sentry ポータブル耐火・防水保管庫」は、持ち運びに便利なハンドル付きの金庫です。 またコンパクトなサイズながら過酷な火災でも30分間金庫を保護してくれます。 また台風や豪雨など水害から守る防水性能の72時間防水試験にも合格したおすすめの金庫です。 A4サイズのものがちょうど収まります。 何もかもが計算どうりでした。 厚みがあり使い勝手は、良いほうだと思います。 とられてはいけないものを保管するのではなく、なくして困るようなものを保管するために購入しました。 指紋認証付き ここでは、指紋認証付きの家庭用の金庫を紹介します。 指紋認証式 金庫 家庭用 40. 9L 緊急キー2本付き 防犯金庫 こちらのおすすめ大型A4サイズの金庫の「ディプロマット DBAUMプレミアムセーフ 耐火金庫」は、レベルの高いスウエーデンSP耐火試験に合格したおすすめの金庫です。 またA4サイズのファイルをぴったり縦収納できます。 さらにシンプルでスタイリッシュなデザインの金庫なので設置する場所に困ることがありません。 耐火金庫と言うモノが、どんなものかも良く判らないまま購入しましたが、なかなか重量あるし設定も簡単で、安心して使えるので大満足です。 安い金庫 ここでは、安い金庫について紹介します。 金庫の定番であるダイヤル式のロックと、4段トレーを装備しているダイヤセーフが提供している金庫D34-4です。 またコンパクトでインテリア性に富んでいて、火災発生から1時間守る耐火性を持っているエーコーが提供している金庫YESM-020RDがあります。 金庫の耐火性とは ここでは、金庫の耐火性について説明します。 また耐火試験には、アメリカの規格であるUL耐火試験、ETL耐火試験、SPスウェーデン国技術研究所での安全認証であるSP耐火試験、韓国の規格であるKS耐火試験などがあります。 金庫の固定方法 ここでは、金庫の固定方法について説明します。 金庫の固定の目的には、転倒防止と防盗防止の固定があります。 また固定には、床固定と鉄板固定の2とおりあります。 床固定は主にコンビニエンスストアなどの店舗や事務所に使われる固定の仕方です。 鉄板固定は、鉄板の左奥角に金庫を固定するもので、一般的な家庭用の金庫の固定に使用される方法です。 日本製のみの金庫を提供しているメーカー ここでは、日本製のみの金庫を提供しているメーカー「サガワ」について簡単に説明します。 サガワは、東京都千代田区に本社を構えて、防犯・防火・指静脈認証・指紋認証などのセキュリティー金庫を多く販売しています。 またサガワは、昭和23年の設立以来長年にわたり、国内生産にこだわりを持っている会社です。 赤外線を指に透過させて得られる指の静脈パターンの画像化によって認証する指静脈認証システムを備えて金庫を販売しています。 家庭用金庫の置き場所 ここでは、家庭で金庫を置く場所を決める時のポイントを説明します。 家庭で金庫を置く場所を決める時のポイントは、安全性が確認しやすい場所に置くことです。 金庫を人目がつきにくい場所に置いてしまうと盗難に遭っていた場合に発見が遅れてしまう可能性があります。 また家庭で金庫を置く場所を決める時のポイントとしては、盗みにはいった犯人が簡単に金庫を持ち運べないように玄関や窓といった出入り口から遠く離れた場所に置くようにすることです。 またセキュリティ対策として人の出入りが多い場所を避けたところに置くことをおすすめします。 さらに頻繫に開けない金庫とはいえ、やはり使い勝手のいい場l所に置くことも大事です。 家庭用の金庫の設置方法 ここでは、家庭用の金庫の設置方法について説明します。 家庭用の金庫の設置方法には、 壁に埋め込むスタイル・金庫の自重を利用して設置する方法・アンカーボルトなどを使用して金庫を床に固定する方法などがあります。 壁に埋め込むスタイルとアンカーボルトなどを使用して金庫を床に固定するスタイルのメリットとしては、盗難に入った犯人に簡単に金庫を持ち出されないようにするためです。 また重い金庫が地震などの振動で倒れないようにガードするといったメリットもあります。 また壁に埋め込むスタイルとアンカーボルトなどを使用して金庫を床に固定するスタイルには、金庫の重量や納入場所にもよりますが、設置費用がかかるといったデメリットもあります。 さらに家庭の床や壁に穴をあけることになるので金庫を取り外した際には跡が残ることとなり、見た目の問題と家自体の資産価値が低下する可能性があります。 家庭用金庫の価格相場 ここでは、家庭用金庫のダイヤル式とテンキー式などの形式別で見た時の特徴や価格の相場とメーカー別で見た価格や特徴について説明します。 金庫の鍵の種類には、ダイヤル式タイプ・テンキータイプ・シリンダータイプ・マグネットタイプ・カードタイプ・指紋認証式などがあります。 家庭用金庫はダイヤル式とテンキー式が主流でしたが近年は、テンキータイプやカードタイプといった磁気に加えて、セキュリティ対策が万全な指紋認証式が多く販売されています。 ダイヤル式とテンキー式のメリットとしては、鍵を紛失するリスクが無いということです。 また一方では、開閉番号を忘れてしまうと金庫を開けることができなくなるので開閉番号の管理が必要になります。 金庫の鍵の種類別 ここでは、金庫の鍵の種類別について見てみます。 テンキータイプとカード式の金庫が比較的高い相場といわれています。 「コクヨの金庫」は、災害から財産を守る一般的な家庭用の金庫を多く提供しています。 また「ダイヤセーフの金庫」は伝統的なダイヤル式をはじめ、プッシュボタンで簡単に操作できる電子式のものなどの耐火性能、耐破壊性能に優れている金庫を提供しています。 「サガワの金庫」セキュリティ性・信頼性が高い指紋照合金庫を多く提供しています。 火災対策と盗難対策がされた金庫を選びましょう!.

次の

金庫の運搬・買取・処分の方法!業者リストも掲載

金庫 破壊方法

自宅や会社などで使用されている金庫には、現金以外にも重要な書類や印鑑などを入れて管理している方も多くいらっしゃると思います。 そのため、鍵の管理をしっかりおこなうことが大切ですが、鍵を紛失してしまうこともあるでしょう。 また、暗証番号を忘れてしまい、どうしても思い出せないときもあります。 そんなとき、金庫を壊して開けようと思ったことはありませんか? 今回のコラムでは、金庫の壊し方について、さまざまな方法をご紹介します。 壊すためには専用の道具が必要となったりするため、素人ではとても難しい作業となります。 時間もかかってしまうため早く金庫を開けたい方や、金庫を壊さずに開けたい方は業者へ依頼することをおすすめします。 金庫の壊し方は存在するのか 金庫の暗証番号を忘れてしまった……金庫の鍵を紛失してしまった……など、金庫を使用していてこのような事態が起こってしまうことがあるかもしれません。 金庫には現金だけでなく、個人が大切にしているものを入れている方も多くいらっしゃると思います。 開けたくても開かないときはありますよね。 そんなとき、金庫を壊す方法を知っていれば、自分で開けることができ、金庫に入っているものを取りだすことができます。 しかし、金庫は防犯性が高く作られているため、簡単に壊せてしまうと金庫の役割を果たすことができません。 そのため金庫の種類には火災からも守ることができるものや、セキュリティを重視したものなどがあり、どの金庫も耐久性を高く作られています。 とくに家庭などで使用されている金庫の場合は、耐火性が高く火災の時でも簡単に燃えないような設計になっています。 また、落下試験などもおこなって、落下しても簡単に壊れて開くことができないようになっているのです。 実際には専用の道具を利用して、金庫の壊し方に挑戦する方もいます。 しかし素人ではとても難しく、多くの道具も必要になってきます。 作業をするときには周りに注意をして作業をおこないようにしましょう。 実際に金庫を壊すなら専用工具が必要 金庫は簡単に壊せないように設計されていますが、それでも金庫の中から取り出したいものがある場合は、壊すことも一つの方法です。 専用の道具を使用して、鍵が開かなくなった金庫を壊している動画をご紹介します。 「金庫破壊「開かずの金庫」お宝は入っているのか!? 」 実際の金庫の壊し方にはさまざまな方法がありますが、この動画では初めにグラインダーと呼ばれる機械を使用して、金庫の蝶番をカットします。 カットしたあとはバールやハンマーなどで、金庫のこじ開けを無理やりおこなうのです。 この作業は一人での作業が難しいため、複数人で作業をすることが必要です。 また、金庫を無理やりこじ開けるため、女性や力がない方にはこの作業をおすすめできません。 工具を使用するときは、ケガをしないように、手袋や長ズボンなどを着用した上で作業をおこないましょう。 ちょっと待った!金庫を壊さずに開ける方法 金庫の壊し方は道具を使用する方法以外にも、音で聞き分けて金庫を開ける方法もあります。 一般的に使用されているダイヤル式の金庫の場合は、この方法をおこなうことができます。 ダイヤル式の場合は、左右に二回ずつ(右、左、右、左の順序)数字を合わせて開けていくタイプがほとんどです。 補聴器を金庫にあてて、「カチッ」と音が鳴れば、設定されている数字ということになります。 こちらを左右二回とも確認していくことで、金庫を開けることが可能です。 金庫の種類によって、左右に二回ずつの順序が違う場合があるので、開けるときにどちらから回すのかを確かめておきましょう。 また、ダイヤルを回す回数自体が異なるケースもあります。 回数を間違えてしまうと、数字が合っていても金庫が開かないため、確認することが大切です。 金庫を壊そうとするくらいなら鍵業者へ依頼しよう 金庫の壊し方にはさまざまな方法がありますが、時間がかかってしまうことや、金庫がそのまま利用できなくなってしまうこともあります。 早く金庫を開けたいときや、金庫を壊さずに開けたい場合は、鍵業者へ金庫の鍵開け依頼をすることをおすすめします。 自分で金庫を壊すときには、専用の道具をそろえる必要があります。 また、力も必要になるので、女性の場合自分で開けることは難しいかもしれません。 また、道具の使用方法を間違えてしまうと、ケガをしてしまうおそれもあります。 その点、鍵開け業者へ依頼をすれば、時間をかけず、金庫を壊さずに開けることができます。 鍵開けでなく、鍵の複製を作ることもできるので、もし鍵を紛失してしまったときは、複製の依頼をするとよいでしょう。 鍵開けの費用は、金庫の劣化状態やメーカーによって異なる場合があります。 見積りを作成してくれることもあるので、金庫の鍵開けに困ったときは一度相談してみてはいかがでしょうか。 まとめ 金庫には現金以外にも、盗難されてはいけないものを入れて管理していることがあります。 金庫の中に入っているものが必要なときに、鍵を紛失してしまったり、暗証番号を忘れてしまったりすると、焦ってしまいますよね。 金庫の壊し方もありますが、多くの道具をそろえる必要もあり、素人では時間がかかってしまいます。 ダイヤル式の金庫の場合だと、音を聞き分けて開けることもできますが、聞き分けが難しく、とても大変です。 また、ダイヤルを回す回数を間違えてしまうと鍵が開かないため、事前に確認しておくことも必要です。 金庫を壊したあとは、そのまま使用することができないことがあります。 金庫を壊すことなく、時間をかけずに取り出すためには、鍵業者へ鍵開け依頼をすることをおすすめします。 鍵開けにかかる時間や費用に関して、気になる点があれば気軽にお問い合わせください。

次の

金庫の暗証番号の変更方法一覧

金庫 破壊方法

一般的に家庭で使用されているのは耐火金庫です。 耐火金庫は規定の庫内の温度を維持する性能を持っている金庫のことで、 30分から4時間にわたる耐火試験や 9. 1mの衝撃落下試験などの基準により等級が定められています。 庫内にあらかじめ貼り付けられた新聞紙の状態も確認されます。 この試験により、高温の中で耐える時間が30分、1時間、2時間、3時間、4時間、耐火型の耐火性能を付されます。 耐火金庫は熱に対しては頑丈ですが、防盗性能はありません。 セキュリティ重視の防盗金庫は破壊試験に長く耐える 金庫を どのくらいの時間で破壊することができるかにより、防盗性能をはかります。 この試験では、一定時間、 鍵への攻撃を行う、 扉及びかんぬきへの攻撃を行う、 侵入口を開ける、という3つの系列の試験を行います。 機構を破壊するのに必要な 時間が長いほど防盗性能が高いということになります。 防盗試験合格品は15分から60分ほどこれらの攻撃に耐えることができます。 これらの破壊試験をクリアしたものが防盗金庫と呼ばれます。 防盗金庫の中には耐火性能を持つものもあります。 金庫破りにはバールを用いた扉の こじ開けや 鍵への攻撃が多いため、バールでの破壊試験を行い性能をはかったものもあります。 金庫によりその防盗性能は異なりますので、 購入の際に防盗性能の等級を確認しましょう。 耐用年数を知ろう 金庫の寿命 ひと口に金庫といっても、耐火性能や防盗性能はかなり異なります。 中に保管するものにより必要な耐火性や防盗性は異なりますから、どの程度の耐火性、頑丈さを必要としているかを考慮し、 金庫の等級を選びましょう。 熱により変性しやすいものを保管する場合は、庫内の温度はさらに低く保たれる、より高い耐火性が求められます。 金庫が絶対に壊れないようにするのは不可能ですが、中に保管しているものを守るための盗難防止対策や焼失防止対策の一助となります。 厳しい試験をクリアした金庫を選び、火災や盗難に備えましょう。 また、金庫の耐用年数は、製品にもよりますが 一般的には20年から30年と言われています。 それを超えて使用を続けた場合、万が一のときに皆さんの財産を守るという、金庫の最も重要な役目を果たせない可能性がぐっと高くなってしまいます。 金庫は大切なものをあらゆる危機から守る、重要なガードマンです。 あなたのおうちの金庫は、耐用年数を超過していませんか。 ぜひいちど確認してみてくださいね。

次の