なす の 煮浸し めんつゆ ストレート。 なすの煮びたし/揚げずに作る簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

香川の「なすそうめん」はこの夏ゼヒ試してみてほしいうまさだった【フカボリ】

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

麺つゆ・そばつゆ・そうめんつゆの違い

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

ハマってるんです、「なすそうめん」! こちら、 県の郷土料理。 なすを軽く炒めて、油揚げと一緒に煮て、そのおつゆでそうめんをいただくというもの。 「ピリ辛のあったかいおつゆ+そうめん」、これが新鮮でした。 つめたーいそうめんも当然いいけれど、逆に食欲を刺激されたんですよねえ。 まずはレシピをご紹介します。 なすそうめん(2~3人前) 【材料】• なす 3本• 油揚げ 2枚• めんつゆ 300ml(ストレートタイプ。 濃縮タイプなら希釈して使用してください)• ゴマ油 大さじ1• そうめん 200g前後 1:なすはヘタを落とし、タテ半分に切って、 ナナメに軽く切り込みを入れます。 切り込みの間隔はだいたい1㎝ぐらい。 こうすることで 味がよく染みて、火の通りも早くなるんだそうですよ。 あと、トップ画像のなすはタテ4つに切ってますが、これだと崩れやすいので半分にしました。 2:フライパンにゴマ油をひき、なすの皮を下にして入れます。 中火で3分熱してください。 3:3分経ったら、 ひっくり返して、フタしてさらに3分。 その場合、あとで煮るとき1~2分プラスして、加熱してください。 あと、ひっくり返すのはトングがあると楽。 私もそうなんですが、菜箸などでエッチラやってるとドンドン火が通っちゃって、失敗のもとですな。 ちなみにトング、私は100均で買ったのを活用してます。 これで十分。 4:油揚げは三角に切っておきます。 油揚げ、油でべとべとの場合は熱湯をかけてざるにあげて、冷めてから切ってください。 サラッとしている場合は、そのまま使っちゃいましょう。 1枚をまず半分にして、それぞれを三角に。 ただこれ、県人にたずねると 「厳密じゃないから、好きな大きさに切ればいいよ」という声もありました。 なのでアバウトでもOK! フタして3分熱して、こんな感じ。 5:フライパンに油揚げも入れて、めんつゆ、唐辛子を入れて煮ます。 中火で5分ほど煮てください。 6:さあ、そうめんの準備です。 手でグッと握るようにしぼってOKです。 これをやらないと、 つゆが薄まってうまくないっす(涙)! さあ、盛りつけましょう。 お皿にそれぞれを盛って、煮汁をかけていただきます。 そうめんをすすって、油揚げやなすを一緒に口に含むと、おつゆがジュワッ。 これがいいんだなあ。 好みで、 おろしショウガ、刻みネギ、ミョウガなどをご一緒にどうぞ。 ちょっとアレンジ。 豚ひき肉をショウガたっぷりで炒めて、輪切りのなすとめんつゆで煮たバージョン。 これもスイスイ入っちゃいましたねえ……。 ゴマ油で野菜・肉などを炒める• めんつゆで煮る• そうめんにぶっかけで食べる この方法論、いろいろと応用できそう。 しかしやっぱり……「 なすと油揚げ」という「口の中でジュワッ」という食材がポイントですな。 これがないと寂しくなりがち。 なすもそうめんもの特産物 「県=うどん」のイメージが強いでしょうが、 そうめんも特産物なんですね。 小豆島(しょうどしま)というところで、約400年前から作られてきたそう。 ちなみにこの小豆島、オリーブの産地としても有名。 また、かつての大ヒット作『二十四の瞳』という映画の舞台にもなりました。 そして なすも県三豊市の特産物。 三豊なすという、大きななすが有名なんです。 昔は、なすと油揚げを煮た鍋に直接そうめんも入れて、一緒にゆでてたね。 夏の農作業のいそがしい昼間に、パッと作れる手軽な料理だったよ。 と、ある年輩の県人さんが教えてくれました。 一緒の鍋でそうめんを煮ると簡単だけど、そうめんの塩分も一緒に食べてしまうので、現在では健康を意識してやられなくなったとか。 郷土レシピも時代に即して変わりますな。 県、栗林公園(りつりんこうえん・上の写真)や「こんぴらさん」で名高い金刀比羅宮(ことひらぐう)など、観光も実に楽しいところですよ。 魚もうまいし。 気になったかたはぜひ、足を運んでみてください。 またどこかで「これは全国でマネすべし」な美味を見つけたら、ご紹介します!.

次の

フライパンで時短!基本の「なすの煮浸し」レシピ&アレンジ

なす の 煮浸し めんつゆ ストレート

ハマってるんです、「なすそうめん」! こちら、 県の郷土料理。 なすを軽く炒めて、油揚げと一緒に煮て、そのおつゆでそうめんをいただくというもの。 「ピリ辛のあったかいおつゆ+そうめん」、これが新鮮でした。 つめたーいそうめんも当然いいけれど、逆に食欲を刺激されたんですよねえ。 まずはレシピをご紹介します。 なすそうめん(2~3人前) 【材料】• なす 3本• 油揚げ 2枚• めんつゆ 300ml(ストレートタイプ。 濃縮タイプなら希釈して使用してください)• ゴマ油 大さじ1• そうめん 200g前後 1:なすはヘタを落とし、タテ半分に切って、 ナナメに軽く切り込みを入れます。 切り込みの間隔はだいたい1㎝ぐらい。 こうすることで 味がよく染みて、火の通りも早くなるんだそうですよ。 あと、トップ画像のなすはタテ4つに切ってますが、これだと崩れやすいので半分にしました。 2:フライパンにゴマ油をひき、なすの皮を下にして入れます。 中火で3分熱してください。 3:3分経ったら、 ひっくり返して、フタしてさらに3分。 その場合、あとで煮るとき1~2分プラスして、加熱してください。 あと、ひっくり返すのはトングがあると楽。 私もそうなんですが、菜箸などでエッチラやってるとドンドン火が通っちゃって、失敗のもとですな。 ちなみにトング、私は100均で買ったのを活用してます。 これで十分。 4:油揚げは三角に切っておきます。 油揚げ、油でべとべとの場合は熱湯をかけてざるにあげて、冷めてから切ってください。 サラッとしている場合は、そのまま使っちゃいましょう。 1枚をまず半分にして、それぞれを三角に。 ただこれ、県人にたずねると 「厳密じゃないから、好きな大きさに切ればいいよ」という声もありました。 なのでアバウトでもOK! フタして3分熱して、こんな感じ。 5:フライパンに油揚げも入れて、めんつゆ、唐辛子を入れて煮ます。 中火で5分ほど煮てください。 6:さあ、そうめんの準備です。 手でグッと握るようにしぼってOKです。 これをやらないと、 つゆが薄まってうまくないっす(涙)! さあ、盛りつけましょう。 お皿にそれぞれを盛って、煮汁をかけていただきます。 そうめんをすすって、油揚げやなすを一緒に口に含むと、おつゆがジュワッ。 これがいいんだなあ。 好みで、 おろしショウガ、刻みネギ、ミョウガなどをご一緒にどうぞ。 ちょっとアレンジ。 豚ひき肉をショウガたっぷりで炒めて、輪切りのなすとめんつゆで煮たバージョン。 これもスイスイ入っちゃいましたねえ……。 ゴマ油で野菜・肉などを炒める• めんつゆで煮る• そうめんにぶっかけで食べる この方法論、いろいろと応用できそう。 しかしやっぱり……「 なすと油揚げ」という「口の中でジュワッ」という食材がポイントですな。 これがないと寂しくなりがち。 なすもそうめんもの特産物 「県=うどん」のイメージが強いでしょうが、 そうめんも特産物なんですね。 小豆島(しょうどしま)というところで、約400年前から作られてきたそう。 ちなみにこの小豆島、オリーブの産地としても有名。 また、かつての大ヒット作『二十四の瞳』という映画の舞台にもなりました。 そして なすも県三豊市の特産物。 三豊なすという、大きななすが有名なんです。 昔は、なすと油揚げを煮た鍋に直接そうめんも入れて、一緒にゆでてたね。 夏の農作業のいそがしい昼間に、パッと作れる手軽な料理だったよ。 と、ある年輩の県人さんが教えてくれました。 一緒の鍋でそうめんを煮ると簡単だけど、そうめんの塩分も一緒に食べてしまうので、現在では健康を意識してやられなくなったとか。 郷土レシピも時代に即して変わりますな。 県、栗林公園(りつりんこうえん・上の写真)や「こんぴらさん」で名高い金刀比羅宮(ことひらぐう)など、観光も実に楽しいところですよ。 魚もうまいし。 気になったかたはぜひ、足を運んでみてください。 またどこかで「これは全国でマネすべし」な美味を見つけたら、ご紹介します!.

次の