セブン 写真 プリント サイズ。 セブンでWi

セブンイレブンで【スマホの写真印刷】をやってみた!かんたんで品質も良くこりゃ便利ですわ|ふぉとあそ

セブン 写真 プリント サイズ

iPhoneで撮った写真をセブンイレブンで印刷したい時に、 パソコンを経由していちいちSDカードやUSBメモリーに転送するのって面倒ですよね。 Androidのスマホの機種の中では、赤外線通信を使って写真プリントする方法もあるみたいですが、iPhoneでは赤外線通信が出来ないのです。 でも、 セブンイレブンのネットプリント(netprint サービスを使えば、iPhoneから写真を転送してセブンイレブンの店頭のマルチコピー機で簡単に写真を印刷することができます。 ちょっと写真を印刷したいという時に近くのコンビニで手軽にプリントできるのって本当に便利です。 ちゃんとした 写真用紙に印刷してくれますし。 今回は、 iPhoneにネットプリントのアプリを入れて、実際にセブンイレブンで写真をプリントするまでのやり方や、プリントの値段やサイズについてご紹介します。 セブンイレブンの写真プリントサイズはL版のみ セブンイレブンの写真をいわゆる写真用紙で、プリントできるサイズはL判サイズのみです。 2L版はありません。 A4サイズの用紙に印刷もできますが、写真用紙ではなく普通紙での印刷となります。 2L判または大きく引き伸ばしプリントでしたい場合には、ファミリーマートなら印刷可能です。 (引き伸ばす方は光沢紙といって写真プリントに向いているちょっと厚めの用紙です) 詳しくはにありますので参考にしてください。 セブンイレブンのネットプリントでiPhoneの写真を印刷(現像)するには 大まかな流れとしては• ネットプリントアプリをインストールする• 写真を転送する• 予約番号を受け取る• セブンイレブンに行ってマルチコピー機で操作して写真をプリントする となります。 ネットプリント(netprint とは? ネット経由で登録した写真や文書ファイルをセブンイレブンのマルチコピー機でプリントできる富士ゼロックスが運営するサービスです。 セブンイレブンに設置されているマルチコピー機は全て富士ゼロックス製なんですね。 ネットプリントアプリをインストールする まずはじめに、専用の印刷アプリをインストールしておきます。 セブンイレブンの印刷アプリは3つのあるのですが、どれもアプリの利用は無料で、印刷料金だけ店頭のマルチコピー機で支払うシステムです。 netprint写真かんたんプリント(無料) iPhoneの写真をネット経由で転送し、プリント予約番号でセブンイレブンのマルチコピー機でプリントできるアプリ 会員登録なしで、写真をL判に印刷できる netprint(無料) 会員登録が必要で、Microsoft OfficeのデータやPDFファイル、写真やWEBページをネット経由で転送し、プリント予約番号でセブンイレブンのマルチコピー機でプリントできるアプリ。 文書ファイルの印刷や用紙サイズを選んで印刷ができる。 L判プリント、B5、A4、B4、A3 の用紙サイズ セブン-イレブン マルチコピー(無料) 今までのネットプリントセンターにデータを登録する方法ではなくて、iPhone(スマホ)をWi-Fi経由で写真や文書をプリントできるアプリです。 メディア経由と同じ手順で、店頭にいってからセブンイレブン内のWi-Fiを使って、アプリでデータを送信するタイプです。 2016年1月に導入完了予定 3つもあるとどれを選べば良いのかよくわからないですよね。。 写真をL判にプリントするだけなら写真かんたんプリントアプリが手軽 写真をL版に印刷したいなら、写真かんたんプリントアプリを使う方法が会員登録もなしで印刷出来るのでおすすめです。 セブンイレブン写真かんたんプリントアプリでのプリントの値段とサイズ・注意点 セブンイレブンの写真かんたんプリントアプリを利用してプリントできるのはL判サイズ(89x127ミリ)のみです。 プリント料金:L判30円(写真用紙) 画像の種類:JPGかPNG 最大10枚まで予約可能(ただし、画像の合計ファイルサイズは4MBまで) 合計ファイルサイズが4MB超えるとエラーになります。 なお、このアプリで登録する際に自動的にファイルが変換されます。 プリント予約された画像ファイルはプリント用のフォーマットに変換されます。 変換された画像ファイルの容量が4MBを超える場合、その画像ファイルはプリントできません。 公式ページでこのように説明されていますが、iPhoneで撮影したオリジナルの写真で4MB以上でも、実際に写真を登録してみると変換されていました。 一番下のアンパンマンの写真はオリジナルは4. 8MBあるのですが、アプリに登録すると、1. 3MBにファイルサイズが小さくなっています。 3~1:1. 3未満の場合、プリント用紙に合わせて余白を付けます。 1:1. 5を超える場合、プリント用紙に合わせて写真の一部を切り取ります。 どういう事かというと、iPhoneのカメラでスクエアの正方形で写真を撮影していたりすると、縦横比が1:1になりますので、それをL判に印刷しようとするなら、余白が出来るって事なんですね。 写真かんたんプリントアプリで写真を登録する手順 アプリを立ち上げて、「写真のプリント予約へ進む」をタップ 最初に利用規約の同意画面が出るので、「同意する」を選択。 アプリが写真へのアクセス許可を求めてくるので「OK」を選択。 写真選択画面で、タップしてプリントしたい写真を追加していきます。 一度に予約できる枚数は10枚までとなっています。 追加が終わったら、「次へ」にいきます。 暗証番号を入れたらよりセキュリティ的に高くなります) アップロード画面 ファイルがアップロードされるので、しばし待ちます。 プリント予約完了したら、プリント予約番号がアプリに表示されます。 セブンイレブン店頭でのiPhone写真プリントアウト手順 iPhoneのアプリから予約した写真を、セブンイレブンのマルチコピー機で印刷する方法になります。 マルチコピー機の画面で、「プリント」を選択。 「ネットプリント」を選択 右側にスマートフォン/メディアからプリントとありますが、iPhoneはネットプリントを選択してください。 同意画面が出ますので、「確認」を押します。 プリント予約番号を入力して、「確認」を選択。 写真かんたんプリントアプリで通知された画面もしくは、メールで確認します。 予約番号を入力し、確認ボタンを押します。 ここで、iPhoneの写真かんたんアプリで設定した暗証番号を入力します。 暗証番号を設定していなければこの手順はいりません。 入力したら、確認を押します。 表示されている画像や、プリントサイズ、料金を確認したら「これで決定」を押します。 お金をマルチコピー機に投入して、「プリントスタート」を押します。 プリント時間は1枚だと1分かかりませんでした。 セブンイレブンの写真プリント画質はどう? 以下の写真のように、綺麗に印刷できました。 写真の画質も個人的には全く問題ありませんでした。 写真持ち帰り袋がマルチコピー機に置いてあります。 ファミマとセブンの写真プリントの画質比較 下の画像は、シャープマルチコピー機のファミリーマートと富士ゼロックスマルチコピー機のセブンイレブンで印刷した写真の比較となります。 ファミマでプリントした方が若干明るくなりましたね。 こういう色の出方って好みになるかと思うので、画質自体はどちらも同じくらいに感じました! まとめ セブンイレブンのマルチコピー機で、ネット経由でiPhoneから直接写真をプリントする方法をまとめました。 セブンイレブンの写真のプリントサイズはL版のみです。 2L版のプリントはできません。 iPhoneの写真をSDカードやUSBメモリーに書き込み・移動してセブンイレブンに持っていくよりも手軽に写真の印刷ができますよね。 セブンイレブンの印刷アプリは3つあります。 netprint写真かんたんプリント(無料)• netprint(無料)• セブン-イレブン マルチコピー(無料) 今回は写真をL判に簡単にプリントできる写真かんたんプリントアプリで印刷する手順をご紹介しました。 PDFなどの文書ファイルを印刷したい 写真をL判以外に印刷・またはインデックスプリント、分割してプリントしたい という場合には、新型のマルチコピー機アプリのセブン-イレブン マルチコピー(無料)を使うのが良さそうです。

次の

スマホプリントがキレイに仕上がるちょっとしたコツ | きれいで安いフジカラーデジカメプリントサービスのフジデジタルピクチャーズ|FDP

セブン 写真 プリント サイズ

セブンイレブンのネットプリントのL版(光沢あり)についての纏めです。 基本的には自分用の備忘録です。 我ながら細かいことにこだわりすぎてる感がありありと見受けられますが、疑問に思ったことを突き詰めるのも大切かなと。 気付いたことなどを不定期に追記していきます。 GIMPにてpsd形式でエクスポートしたものです(20190313 更新) ネットプリントL版は店舗による差はあるものの、相当綺麗にプリントアウトされます。 店舗による差は、 1. 印刷される色の濃淡や明度やディテール 2. 画像の端の印刷されない領域の幅 3. 拡大率 です。 427 )で印刷する用にデータを作り、4つの店舗で試し刷りをしたところ、それぞれ、 色の濃淡や明度がかなり異なりました。 以下の画像は、異なる店舗で同じデータをプリントした際の比較です(不鮮明で分かり辛いですが)。 左側は色が濃く、やや暗めです。 右側は明るめでコントラストがやや低く、ブラシのタッチが再現されていて、割とPC上の見た目に近いです。 右下のハンコ部分に注目すると、左側の絵はハンコが途切れています。 これは 印刷されない範囲が異なるからです。 左側は右側に比べて やや拡大されていて、その結果、ハンコが途切れてしまいます。 各々の画像の印刷されない範囲を色で示しました。 青色の範囲は実寸で上下約4mmずつ、緑色の範囲は実寸で上下約2. 5mmずつです。 同じデータなのに、印刷されない範囲が倍近く違います(注:ネットプリントのサイトに、 画像の各端が約5mm印刷されない旨は書いてあります)。 何枚も刷ってみましたが、プリンタの性能差だったり、微妙に傾いてプリントされたり、L版用紙の縦幅が126. 5mmと127mmの2サイズあったりと、様々な要因が重なって、印刷結果が変わるようです。 ぜなら、最初からL版に合わせて300dpiで描いてしまうと、それより大きなサイズで出力するのが難しくなります。 dpiは印刷する用紙サイズとともに変動するので、L版用に320dpiで作った画像は、A4サイズだと140dpi程度になります。 Tシャツやトートバッグやマグカップなどのグッズに出力するには解像度が低く、汎用性に欠けます。 横縦の比率はL版と同じです。 ここに、私が使っているテンプレート(以下 base)を張り付けておきます。 これを使えば確実!という保証はないので自己責任になりますが、「ネットプリントを始めたいけどサイズが分からない」という方の足しになればと思います。 紫色の領域は印刷されない場合もあるので、削られたくない絵やサインなどが被らないように留意します。 解像度を変更する場合は、 【baseの解像度を上げる】の値にリサイズします。 dpiとも表記されます。 1インチの長さに何個の点(dot)が一列に並ぶかで表されます。 4mmです。 L版に適切な画像解像度は、300dpiから400dpiといわれます。 300dpi(150万画素)と340dpi(200万画素)の二種類の画像ファイルを用意して比較したところ、品質の差はさほど感じませんでした。 強いて言うなら300dpiの方が僅かに色が薄いやも。 気になる方は、複数の解像度の画像を用意して比較してみてください。 ネットプリントのサイトに、アップロード可能なファイルサイズの記述があります。 最小と最大のそれぞれの解像度は以下のとおりです。 8万画素)71. ここから先は、 baseを作るためにやったあれこれです。 正解か定かではない計算式も書いてあります。 蛇足ながら参考のために記す次第です。 セブンイレブンのネットプリンタで印刷可能な画像サイズの横縦の比率が 1 : 1. 3 から 1: 1. 5 なので、なるべくそれに近い比率の画像を用意しました。 (20160130追記:スマホアプリの場合、縦横比1:1. 3~1:1. 5) 黄緑色で示したのが印刷されなかった範囲です(目視なので誤差あり)。 画像が縦長になるにしたがって、横方向の黄緑色の範囲が狭くなっています。 縦の比率によって横の黄緑色の範囲が推移するのです。 経緯は省きますが、印刷されない範囲込みの実寸は、 A. ネットで軽く調べた感じでは、A4もL版も各端3mmが印刷されないと書かれている事が多かったので、しばらくの間、余白の値を6mmと推測していたのですが、実際に複数の店舗で印刷すると、最初に述べたように誤差が生じて思ったとおりの結果になりませんでした。 なかなか難しいものです。 427)です。 なお、 83px (余白の横のピクセル数)を 11. 32)を例に挙げます。 調整せずにプリントすると、黄緑色の部分が印刷されません。 横方向が全部プリントされるようにするには、横幅が89mmから94mmに収まるようにします。 取りあえず89mmで計算します。 1px (1mmあたりのピクセル数) そして、横方向の余白を7mmと定めたので、 10. 余白の縦のピクセル数を計算して、 10. この絵は背景が白なので、日付や雀の位置などを移動させて見栄えを修正出来ますが、一面に模様が入っている画像だとそうもいかないので、左右は諦めて、上下が入るように気をつけます。 縦幅を全部入れたいときは、印刷したい範囲が127mmから135mmに収まるようにします。 取りあえず縦127mmで計算します。 3px (1mmあたりのピクセル数) そして、縦方向の余白を10mmと定めたので、 9. 余白の横のピクセル数を計算して、 9. 下方向に枝と結晶を足す程度で済みます。 余談ですが、このデータ(比率 1 : 1. 427 )と、元々の画像の比率を保ったまま余白をつけたもの(比率 1 : 1. 32 )とを見比べたところ、このデータの方が若干色が薄く印刷されます。 比率が変わったせいなのか、それとも、ピクセルを足し過ぎているのか、理由は定かではありません。 拡大率はかなり適当です。 薄紫色の部分が重ねた画像です。 拘ると無駄に時間を食うので、目立つところだけをざっくり修正します。 こんな感じで、作業完了です。 計算すれば分かることを、しばらく目測でやっていたため、結局30枚くらい刷りました。 えらい遠回りでした。 解像度と画素数の違いや、dpiから実寸を導く計算式などは、画像を出力したいのなら知っていた方が便利だなと改めて感じました。 アップロードするとファイルサイズは小さくなりますが、画像によって圧縮率が異なります。 例えば「 」の画像はファイルサイズが小さくなりますが、「自由」「花火」( )、「 」は、変わりませんでした。 違いといえばベタ塗り部分が多いか否かなので、ベタ塗り部分が多いと圧縮されにくいのやもです。 微妙にピンボケですが、加工せずにそのまま貼り付けます。 セブンイレブンのネットプリント(左) 家庭用プリンタ(右) 同じ画像を出力したとは思えない程の差が出ました。 我が家のプリンタは色が明るめに出るのかもしれませんが、それをさっぴいてもコントラストと明るさがかなり違います。 この結果から、ネットプリント用に加工した画像を家庭用プリンタで出力したりお店に持ち込んで現像するのは、避けたほうが無難だなと思いました。 そのまま出力するとどうしても暗く濃くなるので。

次の

スマホプリントがキレイに仕上がるちょっとしたコツ | きれいで安いフジカラーデジカメプリントサービスのフジデジタルピクチャーズ|FDP

セブン 写真 プリント サイズ

写真のプリントは、コンビニでも手軽にできるようになりましたが、いつも写真屋さんで現像してもらっていたので、これまで使ったことはありませんでした。 どこのコンビニの写真プリントが綺麗なのか気になったこともあり、一度試してみることにしました。 セブンイレブンとファミリーマートの写真プリント 今回はセブンイレブンとファミリーマートの写真プリントを比較してみました。 セブンイレブンのマルチプリンターは富士ゼロックス製、ファミリーマートはシャープ製です。 シャープ製のマルチプリンターは、ファミリーマートの他にローソンでも使われているので、おそらく画質は同じかと思われます。 セブンイレブンの写真プリントはL判と2L判だけですが、ファミリーマートではA4の光沢紙へのプリントもできたので、そちらも試してみました。 L判のサイズについては、こちらを参照してください。 参照: 写真プリントの画質を比較してみた 今回プリントした画像と、プリントした写真を見比べてみましょう。 まずはこちら。 息子が初めて丹波竜の全身骨格を見た時の反応です。 プリントした写真はこちら。 上がセブンイレブン、下がファミリーマートでプリントした写真です。 セブンイレブンでプリントした方は少し明るく補正されていますね。 ファミマでプリントした写真の方が忠実に再現してくれています。 ちなみに『』は個人的おすすめスポットですよ。 続いてこちら。 砂場で遊ぶ息子です。 左がセブンイレブン、右がファミリーマートでプリントした写真です。 赤の色合いがセブンイレブンの方が近いですね。 ですが全体の雰囲気はファミマの方が再現性が高いようです。 好みの問題もありますが、セブンイレブンでプリントした写真は全体的に明るく調整されるようです。 ファミリーマートでプリントした方は、全体的に写真の色味をそのまま再現していました。 ついでにiPhoneで撮った写真をA4に引き伸ばしてみた ファミリーマートの写真プリントでは、A4の光沢紙にプリントできるメニューがあったので、試してみました。 遠目で見る分にはいいのですが、写真プリントよりは画質が落ちますね。 レーザープリンターっぽい画質になって、階調も粗くなっています。 L判の写真プリントには昇華型のフォトプリンターが使われていますが、A4サイズは光沢紙とはいえ、レーザープリンターでの出力になるためでしょうね。 2L判よりも大きなサイズで綺麗な写真をプリントしたいなら、などの写真屋さんで対応してもらえますよ。

次の