ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます。 「ご配慮」の意味とは?「お気遣い」など類語との違いや例文を紹介

お礼のフレーズ

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語・例文

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の

「ご配慮いただきありがとうございます」の意味と使い方・敬語・例文

ご 配慮 くださ り ありがとう ござい ます

「諸々」の読み方と意味 「諸々」は「もろもろ」と読み、「しょしょ」ではありません。 意味は「多くのもの、いろいろ、さまざまなもの」となり、「諸々の出来事」「諸々の説」などと用います。 「諸々」のうしろにつける事柄についてさまざまなものがある、ということを示します。 「諸」と単独で用いる場合は「しょ」と読み、「同類のものについて、いくつか(いくつも)有ること」という意味となり、「諸国」「諸問題」「諸事情」というように他の名詞と合体した複合名詞として用います。 「諸々の事情」も「諸事情」も意味としては同じですが、単独の名詞として使用する場合と、複合名詞として使用する場合の違いとなり、前後の文脈や状況により、適宜使い分けます。 ビジネス用語としての使い方と注意点 日常の会話の中でというよりも、ビジネスシーンで使用されることが多い言葉ですが、使い方に気を付けるべきポイントはあるのでしょうか?使い方と注意点を説明します。 「諸々」の使い方 ビジネスの場面では、依頼、承諾、受領など様々な連絡の場面で活用できます。 その他諸々の件、よろしくお願いいたします。 諸々、了解いたしました。 諸々の方法を検討します。 諸々ありがとうございます。 諸々資料をお渡しいたします。 以上のように、「諸々」は「さまざまなもの」を表しますが、「その他いろいろ」というような曖昧な意味合いも含まれています。 そのため、詳しい説明を省いて短い文章や言葉でやりとりができることから、ビジネスの場面では便利な言葉としてよく用いられます。 「諸々」の注意点 逆にそのような性質から、謝罪の場面やそれほど親しくない相手などに対して使用すると、使い方によっては失礼な印象を与えることがあります。 特に説明を尽くす必要が求められる場面においては、「諸々」は省略する言葉であるため、不適切な言葉となります。 例えば一般的な事柄について「さまざまに」という意味で使用する場合の「諸々の法律によって規定されています」というような場合は問題ありませんが、「その他いろいろ」という曖昧さを含んだ意味合いで説明を省略してしまうことは避けましょう。 「諸々の事情が重なり、このような結果を招いてしまいました」などです。 また、いろいろあるものが何なのか、をはっきりさせると丁寧な印象を与えることができます。 複数の事柄に対してお礼を述べたいような場合、「諸々ありがとうございます」だけでなく、「〇〇の手配や〇〇の準備など、諸々のご配慮をいただきましてありがとうございます」などといくつかを具体的に挙げることにより、より一層感謝の気持ちが伝わります。 逆にすべてを「諸々」だけでまとめてしまうと、投げやりな印象を与えてしまう場合があるので注意しましょう。 「諸々」の類語 「多数のものごと」を表す類語は「種々」「色々」があり、「種類がたくさんあること」を表す類語は「諸般」「多彩」「様々」などがあります。 「色々」と「諸々」の違い 「色々」は意味としては「諸々」と同じように使えますが、「色々」は話し言葉のため、ビジネス文書や目上の人に対する手紙などで用いるのは失礼になります。 「色々」と書きたい場合は「諸々」と置き換えるようにしましょう。 「色々と(な)ご配慮をいただき、ありがとうございます」の話し言葉は「諸々のご配慮をいただき、ありがとうございます」となります。 「諸々」のあとには「諸々と」や「諸々な」ではなく、「諸々の」と「の」をつけるため、「色々」とは違うので注意しましょう。 「諸般」と「諸々」の違い 「諸般」は「いろいろの」という意味とともに「あれこれ考え合わせられる」という意味があります。 「諸般の事情により…」という言い回しでよく用いられます。 「諸般の事情により中止といたします」「諸般の事情により辞退いたします」などと、いろいろな事情を考えあわせた結果こうなった、という理由の説明として用いられ、その理由を特定したくない場合や、明らかにしたくない場合など、曖昧にしたい時の表現です。 「諸々」よりもより一層曖昧さを含ませたい時に使用するため、結果がネガティブな事柄になるときに使う場面が多いのが「諸般」です。 まとめ 「諸々」は説明をコンパクトにできる便利な言葉でした。 ただし、使い方によってはまとめる表現が失礼になる場合があるので、状況をよく考えて使用するようにしましょう。 とはいえ、無駄な言葉を省いて連絡をスピーディーに行えることもビジネスマンとして必須のスキルです。 「諸々」をうまく使いこなし、こなれたビジネス文書が作成できるようになりましょう。

次の