受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に。 NHK受信料、10月1日から実質2%値下げ。422億円規模を還元へ

NHKが「“受信料を支払わなくてもいい”は法律違反を勧めている」との見解 「誤った認識を広めるような行為や発言に対しては、きちんと対応していく」

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

NHKは、10月1日から受信料の実質値下げを開始。 上田良一会長が、9月5日の会見で説明した。 2020年10月からは、地上契約と衛星契約の受信料額をさらに2. 加えて、負担軽減策として既に実施している「社会福祉施設への免除拡大」、「奨学金受給対象などの学生への免除」、「多数支払いにおける割引」に加え、4つ目の「設置月の無料化」が'19年10月から始まる。 上田会長は「こうした取り組みを含め、公共放送の役割や受信料制度の意義を視聴者・国民の皆さまに丁寧に説明していく」とコメントしている。 一方で「このところ、受信料制度について正確な理解に基づかない発言、たとえば、テレビを設置していても『NHKを見なければ受信契約はしなくてもいい、受信料は支払わなくてもよい』などの発言が聞かれること、また、視聴者の皆さまからも受信料制度についての問い合わせがある」と説明。 そのため、「公共放送の役割やそれを支える受信料制度の意義について、NHKとしての見解をきちんと説明する必要があると考え、様々な取り組みを進めている」という。 その一つとして、NHKの公式サイトで「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した専用のコーナーを用意。 NHKの考え方をまとめた文書と動画を掲載している。 また、8月には経営広報スポット番組を集中的に放送。 この中で、「受信料制度や公共放送だからこそ実施できる様々な取り組みを通じて、信頼される『情報の社会的基盤』の役割を果たし、健全な民主主義の発達や文化水準の向上に資するよう努めていることなどを説明した」とし、今後も視聴者に対して公平に受信料を支払うことを求める意向を改めて示した。

次の

「年1万5千円」NHK受信料の存廃、国民的議論免れず…N国党への支持高まりで

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

\あなたと家族を守る弁護士保険/ 契約義務は謳われているが… NHKが受信料支払いの根拠とする放送法64条ですが、「契約をしなければならない」とされていますが、「お金を払わなくてはいけない」とは書かれていません。 したがって一部には、「契約ならどんなものでもいいのではないか」「見たときだけ払うという契約でも問題ないのではないか」という声があります。 さらに極論になると、「視聴して一万円貰い受けるのも契約」とする人もいるとか。 放送法64条に定められた「契約」の解釈について、のに質問してみました。 弁護士の見解は? 齋藤弁護士:「放送法64条は、公共放送を維持するため、特定の施設をもって放送による利益を享受することができる場合、受信環境が整っていていつでも放送を見ることができる一事をもってその放送を視聴していることが前提になっているように思われます。 これに関しては、賛否両論ありえるところですし、実際に放送を享受しないながらも対価を支払っている方も見受けられるのは事実ですし、拒絶が横行していることも事実でしょう。 契約の大原則は、申し込みの意思表示と承諾の意思表示が外形上合致していることが要求されます。 このように考えていきますと、放送法64条は、放送設備そのものの設置をもって、申し込みをした、承諾をしたことをいわば擬制したような形に至ります。 この状態は、極めて例外的なものといわざるをえません。 そうすると、合憲性を維持するには、支える実質的な理由が必要でしょう。 これには疑義が生じて当然と思われます。 「見なければ払わなくていい」とは、これに疑問がある人がみなさん考えることでしょう。 実際には、視聴しているかどうかを検証する手段がないものでしょうから、これにどう向き合っていくかは、個人的には、疑わしいものと考えることは不自然ではないようにも考えられると思います」 転換点に来ている? インターネットやCS有料放送の普及で、「テレビを設置しただけで支払対象」と定められた放送法は時代遅れとなっていると言わざるを得ません。 また、NHK職員の高額な給与体系についても不満の声があります。 現代に合わせた法律に変えていく必要があるのではないでしょうか。 *取材協力弁護士: 弁護士登録以降、某大手弁護士検索サイトで1位を獲得。 LINEでも連絡がとれる、超迅速弁護士としてさまざまな相談に対応。 特に離婚・男女問題には解決に定評。 今日も多くの依頼者の相談に乗っている。 弁護士業務とは別の顔として、慶應義塾大学において助教も勤める。 *取材・文:櫻井哲夫(本サイトでは弁護士様の回答をわかりやすく伝えるために日々奮闘し、丁寧な記事執筆を心がけております。 仕事依頼も随時受け付けています) 最新の投稿• Topics• 弁護士一覧• 弁護士となってから、数々の不倫・離婚問題に携わってまいりましたので、不倫問題・離婚問題はお任せください。 迅速に対応いたします!LINEでの相談も承っております。 【無料法律相談の質にこだわる】【24時間・365日受付・土日祝日・早朝や深夜も対応可能】【弁護士7名・司法書士1名所属】【全国対応可能】 迅速な対応、わかりやすい説明、徹底した報告を軸に、アイデアと馬力を駆使して、皆さまのために戦います。 今まで取り扱ってきた案件は多岐にわたりますが、男女トラブル、不当要求への対応及び刑事事件に特に力を入れております。 他の事務所では話も聞いてくれなかった、という声を耳にいたしますが、皆様のお話をきちんとお伺いしなければ問題解決の糸口が見つかるはずもありません。 まずはお気軽にご相談いただきたく思います。 facebookページ.

次の

NHK受信料、10月1日から実質2%値下げ。422億円規模を還元へ

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

の松原洋一理事がで受信料支払いの義務やの重要性を放送法64条第1項や一昨年の判決での勝訴などを例に説明した。 7月の選で議席を獲得した「(N国)」の党首の発言や「受信料契約はするが8割しか支払う義務はない」と支払い拒否を通告。 これらのことでから問い合わせが殺到したのだろう。 一方、この放送と同時刻に配信された番組「言論」で立花やが8000億の純資産の半分を貯金に回していたり、特派員が家を購入するなどの呆れた金満体質ぶりを暴露されていた。 <8億のお金で特派員が家を購入、国内企業で4番目の8000億の純資産半分を貯金に> 立花は言論で「は契約率が悪いと国会で予算を承認してもらえない。 だから、やの裁判をしたり悪質な集金人が取り立てをしたりしている」と。 が異例の放送や悪質な集金人まで使い必死に受信料を徴収するのは国会で予算を承認されないと経営難に陥る。 さらに、立花はのぶりを実体験を交え続々と暴露。 立花は「は予算に対し赤字が出ても。 で1億赤字、で1億黒字が出よってこいがOKなどんぶり勘定。 2億ぐらいの不正がみつからず原因も追及しない」。 例えば、の試合中継を1試合程度の放映権料を80試合でに送金したが家の購入に充てた特派員、人気が衰退傾向のの放映権料を海老沢元会長が横綱審議委員に就任したい為に1場所4億を5億に跳ね上げたという。 【参考】 本当にのお金の使い方かと疑いたくなるの連続、民間企業なら下手すると懲戒解雇になりかねない。 また、上念がの金満体質ぶりをグラフを使って指摘。 上念によると、の純資産は大林組(7981億円)、東急(7961億円)、楽天(7762億円)に次いで4位の7736億円で内訳は現金・有価証券が3800億円(32%)、長期保有・有価証券994億円(8%)、特定資産7億円(14%)、その他5431億(46%)と半分以上貯金に回しているという。 さらに、上念はが特定資産をもつ理由に新社屋の建設に充てようとしているのに。 「株主がいたら訴えられる。 本来ならが債権を発行し長期間かけ償還しなければならない。 貯めた受信料で新社屋を使っていない人のお金から建設するのはとしてやってはいけない。 受信料を値下げしないなら貯金は返すべき」と指摘。 8000億近い純資産を有しの立場なら今までの受信料で新社屋建設をするのではなく、自らが借金をするべきという上念の指摘は最もだ。 <受信料徴収の経営努力に一切触れずただ受信料の支払いを促した> 一方、「受信料とについてご理解いただくために」の放送ではの松原理事が受信設備設置者は受信契約が必要(放送法64条1項)や契約者が受信料支払い義務がある(放送受信規約5条1項)を説明。 松原は「を守り受信料をお支払いの方が不公平にならないよう受信料制度の意義やの役割を説明し公平に受信料を支払ってもらうようご理解の程お願いします」とに受信料支払いの理解を求めた。 の受信料について一昨年が「家にがある者は受信料を結ばなければならない」と契約を義務づけた。 今年の3月には、5月に、7月にはの「」も支払い判決を命じている。 金満体質や立花が受信料の8割の支払いが合理的と訴えているのは別にして現状、家庭にがあれば支払っている国民が多数。 支局を47にもち山間部や離島など僻地で事件・事故・災害が発生してもな報道が可能なのは民放やにはない強みだ。 また、、、、72時間、など子供から大人まで幅広く楽しめる番組が多数ある。 だからこそ、今回の異例の放送で受信料を徴収する代わりにどのような経営努力をしているのか丁寧な説明が求められたと思う。 <~で、他は民営化で受信料値下げを> 受信料を支払った人だけが視聴可能なについて立花は「とのつながりをみてきたのでは難しい。 よりを潰すほうが簡単」と。 そして、ブルをどう実現するかについて「を実現するには安倍政権とーし、の発議に賛成するからやっつけてとお願いします」と安倍政権の力を借りながら一緒にの可能性を述べた。 「言論」での上念の経営分析や立花の発言が本当なら、はより一層経営努力し、分割民営化やを早急に実現するべきだ。 災害報道や福祉番組など緊急性が高かったり、な放送のみにし、~程度の受信料を徴収する。 その他は民営化にしで国民に視聴の選択ができるようにする。 そうすることで、受信料の値下げにつながりは民間企業と同じく競争しより良質な提供や予算管理が求められる。 今年からが10%に引きあがり、さらに負担が増える国民から受信料を徴収する以上の責任と自覚は重大だ。 関連ニュース•

次の