ギャルゲー おすすめ。 【PSVita、PS4、PS3、Switch】おすすめ人気ギャルゲーランキング40選

【PSVita、PS4、PS3、Switch】おすすめ人気ギャルゲーランキング40選

ギャルゲー おすすめ

1.そもそも「ギャルゲー」(恋愛ゲーム)ってなに? さて、今までいろいろとゲームをやっているゲーマーな方の中にも、もしかしたらギャルゲーには縁がなかったという方もいらっしゃるかもしれません。 そこで、そもそもギャルゲーとは何なのか、いったん整理しておきます。 そのため、既にギャルゲーとは何たるかを知っている方は、この項を読み飛ばしていただいても構いません。 まず、Wikipediaで示されている定義は、このようになっています。 コンピュータゲームの技術の発展に伴いゲーム内に登場するキャラクターの表現力も上がっていった。 その中で、魅力的な女性が登場する(もしくはプレイヤーキャラとして操作できる)を売りにしたゲームが登場するようになった。 これがギャルゲーである。 類似の概念に美少女ゲーム(ギャルゲーとアダルトゲームをまとめた概念)、萌えゲームがあるが、男性向け恋愛ゲームという意味でも使用される。 なお、ギャルゲーの上位区分としてはキャラゲーが挙げられる。 こちらは一般に流通している漫画やアニメといった作品のキャラクターを使用している。 しかし、元々俗称による区分である為この境界は曖昧である。 出典:wikipedia はい、ここでも示されているように、 ぶっちゃけ非常に定義があいまいです。 俗称的なジャンル名であるがゆえに、明確な定義は個人によるところが大きいです。 そのため、ギャルゲーをおすすめするには、まず私の中のギャルゲー定義をはっきりとさせておく必要があります。 私にとっての「ギャルゲー」(恋愛ゲーム) 私にとってのギャルゲーをまとめると、以下の2点にあてはまっているゲームがそれに該当します。 また、アニメも放送されていましたが、これも完成度が高いのでアニメからでも大丈夫です。 1.「アマガミ」のあらすじ 橘純一はとある過去の経験から、クリスマスに苦手意識をもっている高校2年生。 すっかり恋に臆病になった彼は彼女を作ろうともせず、寂しい学園生活を送り続けていた。 そんな生活を続けていた純一は、ふと「このまま何もしないで高校生活を終えて本当にいいのか?」と思う。 そして恋に対する苦手意識をなんとか跳ね除け、今年のクリスマスは女の子と過ごせるようにと一念発起する。 dmkt-sp. 攻略対象キャラクター・イベント数も非常に多く、私はけっこうやりこみましたが恐らくまだ観ていないイベントがあるのではないかと思います。 イラストも非常にクオリティが高く、アニメキャラにもかかわらず「現実的な髪色」のキャラしかいないというのも特徴です。 通常、アニメキャラは赤髪や青髪など、髪色によってキャラクターを書き分けがちです。 しかし、現実には普通の高校に青と赤と白の髪の女の子がいるという状況はそうありませんよね。 また、ゲームシステムとして「会話」をしていくという特徴があります。 これはある程度決められた話題群の中から、実際に対象の女の子が好きそうな話題を選んでいくシステムです。 そのため、 対象キャラクターによって話題の好き嫌いや好きな話題のわかりやすさなどが異なっており、本当に女の子を口説いているような感覚を味わえます。 このように現実的な要素を残しつつも、一方でイベントはフィクションならではの面白さも兼ね備えています。 かなり万人受けして初心者にも最適なゲームなので、ぜひプレイしてみてください! ちなみに、本編を味わいつくした方のために、「ちょっとおまけ劇場」というプチファンディスクが発売されています。 ここでは原作ヒロインとのEXストーリーや、本編で攻略できず涙をのんだ方も多いであろう高橋先生や塚原先輩をヒロインとした物語も。 PCソフトとしてヒロインごとに個別販売されていますので、お好きなキャラのものをどうぞ。 また、2019年春からアニメの放送も予定されています。 1.「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」のあらすじ 主人公・有馬たくやは幼少期に母を亡くし、 歴史学者である父も二ヶ月前に事故で亡くしてしまった。 全てにおいて活力を失ってしまった高校生最後の夏休み。 ある日、用途不明の丸い鏡とガラス玉のはまった妙な物体が入った小包が届けられる。 同梱されていた手紙には父親が生きていると思わせる内容が…?! 「今夜10時に、この物体を持って剣ノ岬(三角山)へ行け」 指示に従いその場へ向かうと、謎の女性が倒れていた。 そこには学園長と謎の転校生の姿も。 瞬間、地響きとともに光に包まれる…。 並列世界を駆け巡る旅が、今、始まる。 その後セガサターンには移植されましたが、elfの解散やセガのハード事業撤退により現行ハードで遊ぶ方法がなくなり、半ば幻のゲームと化してしまったのです。 ただ、その圧倒的な完成度は評判となり、口コミでyu-noの名前を知っているというファンも多かったです。 実際私もその一人でした。 その後、いてもたってもいられなかった私はなんとかしてサターンを入手し、旧ハードでプレイしました。 ストーリーはSF要素が強く、ノベルゲーの体裁をとりながらも「謎解き」などのギミックが多数用意されており、しばしば批判されがちな 「ノベルゲーはボタンを押すだけでゲームとは呼べない」という点も見事に解消されています。 そのため、ゲーム性が非常に高いことも特徴です。 もちろん恋愛面も充実しているのですが、正直「ギャルゲー」の部分がおまけに感じられるほど壮大な世界観と謎に立ち向かわなければならないので、むしろそちらの要素のほうが魅力的かもしれません。 プレイしはじめのうちは専門用語や複雑なシステムが満載なので 「わけがわからん」と感じるかもしれませんが、進めていくうちに全ての謎が解けるようになっているので安心してください。 リメイク版の完成度は未プレイなので定かではないですが、評判自体は悪くないようです。 幼いころ大火災によって両親を失い孤なった衛宮士郎は魔術師を名乗る人物に育てられる。 出典:ステイナイト. FGOの大ヒットなどもあって当たり前のように感じられるようにもなったサーヴァントやマスターといった役割や、聖杯戦争というバトルロワイヤルなど、設定面の魅力はとても語り切れません。 また、恋愛面もかなり充実しています。 セイバー・遠坂凛・間桐桜と、ルートは3つ存在するのですが、 どのルートもストーリー・恋愛面ともに極めて高い完成度を誇ります。 ちなみに、セイバールート・凛ルートはアニメ化されており、桜ルートは目下劇場公開中のため、ストーリーを知るだけならばアニメでも大きな支障はないです。 ただ、アニメ版の完成度は原作にやや劣る印象がぬぐえないので、素直に原作ゲームをプレイされることをオススメします。 しかし、もともとかなり古いゲームということもあって、今のイラストや作画に慣れている我々からすると多少の古臭さは否めません。 また、プレイ時間もべらぼうに長いので、ある程度時間に余裕があるときにプレイされることを推奨しています。 さらに、今作のファンディスクとしてというゲームもリリースされていますが、こちらも非常に面白いのでぜひプレイしてみてください。

次の

ギャルゲーの人気おすすめランキング20選【理想の女の子に出会える】

ギャルゲー おすすめ

まず伝説の神ゲーから紹介していきます! 1位【伝説の泣きゲー】CLANNAD 出典: これもう紹介する必要あるかな?ってくらいの 伝説的名作です。 クラナドは「人生」という有名な言葉があるが、まさしくその通りです。 主人公は親との仲が上手くいかずに、学業も疎かになったいわゆる 外れモノとして学生生活を過ごしていました。 そんな中、古川渚という可愛いヒロインと出会います。 その出会いから喜び・悲しみ・苦しみ・辛み・感動、そのほかにも多くの感情をゲームを通じて体験する事ができます。 既にアニメ化もしている作品で、ゲームをプレイした後はアニメも見ると感動をもっと体験できるようになりますよ! まずは、CLANNADという物語を知るところから初めていきましょう!• 五代将軍、徳川綱吉はその罪により浅野内匠頭を即日切腹 浅野家には城地没収、お家断絶を命じました。 それにより、浅野家家臣達は路頭に迷い、浪人となります。 しかし、吉良上野介には何のお咎めもなく、 憤慨した浅野家46人の浪士たちは、 亡君の仇を討つべく立ち上がります。 一方、主人公「深見直刃」は現代にて生活していましたが、 謎のタイムスリップで江戸時代の赤穂に来てしまいます。 最初は、現代へ戻る事しか考えていなかった直刃でしたが、 赤穂浪士達と時を過ごす内に仇討ちへと心は変化していきます。 熱いシーンと物語が盛り上がっていく過程で、感動するシーンの連続、 もう寝る間も惜しんでプレイする事間違いなしです。 5位【ロリコンの泣きゲー】はるのあしおと 出典: 「わたし、結婚するの」 友達以上恋人未満の関係をずるずると続けていた 女友達の白波瀬から告げられた別れの言葉と、 教員採用試験に失敗したことに打ちのめされ逃げるように故郷へ帰ってきた主人公。 何をするでもなく、 漫然と過ごす彼が思い出すのは、 桜並木と、そこで白波瀬から告げられた「さよなら」の言葉だけ。 田舎に帰りアパートに引き篭もり、 言いようのない閉塞感から無気力になっていく主人公だったが、 ある日、ひょんなきっかけから街の小さな学園である桜鈴学園の代用教員の仕事が舞い込んでくる。 流されてその職を請け負った彼がそこで出会うのは、 従姉妹で主人公を兄のように慕う、 桜乃 悠 偶然、着替えを覗かれたことから、主人公に対して敵意を剥き出しにする 藤倉 和 あくまでマイペースで、新米教師の主人公に興味すら持たない 楓 ゆづき 悠ともども主人公の幼馴染であり、今では学園の保険医を勤める 篠宮 智夏 お互いにふれあい、 影響しあうことで、彼らは少しずつ、変わっていくことになる…的な作品です。 この作品のOP映像ですが、 君の名は。 で有名な 新海誠監督が過去に制作している映像なので、• 8位【どんでん返しの泣きゲー】Ever17 出典: このゲームをやらずにノベルゲームは語れません。 これほどの大どんでん返しに出会ったことはなく、 ネタバレをみると物語の魅力が全て失われる…などなどあるので、 未プレイの方は何も情報を見ずにプレイしてみてください。 簡単なあらすじを記載しておきます。 西暦2017年5月1日。 様々な法律の改正や技術の発展が行われた近未来の日本。 突如、楽しげな歓声を切り裂くようにして耳を劈くような緊急避難警報が響き渡る。 折り悪く、施設から逃げそこなった1人の青年と1人の少年。 視界には誰も居らず、静まり返るテーマパークに不気味な咆哮が響き渡る。 怒涛のごとく襲い掛かる鉄砲水。 浸水を防ぐため自分たちごと閉じ込めようとする防水隔壁。 深海に造られた海洋テーマパークLeMU 主人公・倉成武とヒロインたちはLeMUの中に閉じ込められてしまう。 何とか一命をとりとめ脱出経路を探すうちに、 同じ境遇にある生存者たちを発見する。 閉じ込められた生存者は、6人。 LeMUの完全圧壊予想時間5日後、 閉じ込められた生存者達は地上への脱出の方法を探していく、脱出ゲームみたいな物語ですね。 9位【科学の泣きゲー】シュタインズ・ゲート 出典: 2011年に放送されたゲーム会社5bp. の同名アドベンチャーゲームが原作のアニメ作品です。 中二病が抜けない大学生の岡部倫太郎は秋葉原を中心に活動する発明サークル『未来ガジェット研究所』のリーダーを務めていました。 仲間たちと共によくわからない発明品を発明する日々を送っていました。 ある日倫太郎は偶然の事故から、以前発明した用途不明の発明品「電話レンジ 仮 」が携帯メールによってタイムマシンの機能を持つことを発見します。 初めは興味本位で実証実験を繰り返していましたが、やがて自分の仲間たちや幼馴染がどうしても死に向かう運命に遭遇することを発見し、元の世界の状態に戻そうと奮闘していきます。 しかしどうしても避けることのできない永遠の別離が岡部倫太郎を待っていました……。 仲間の未来の運命を知るのは倫太郎ただ一人。 仲間から理解されず孤独に耐え、死に向かう仲間たちの運命を元に戻そうとする岡部倫太郎の姿に涙腺が緩みます。 11位【運命の泣きゲー】AIR 出典: 2000年に発売された恋愛アドベンチャーゲーム。 アニメの他にもコミック、 劇場版など多角的にメディアミックスされてきました。 主人公の国崎往人は、「法術」という不思議な力で人形を動かし、 人形遣いとして道行く人に芸を見せながら当てのない旅をしていました。 幼いころに母から聞かされていた 「今も空にいるという翼を持った少女」を密に探しながら。 ある時、偶然立ち寄った海沿いの街で、 神尾観鈴という少女と出会い……。 「DREAM編」• 「SUMMER編」• 「AIR編」 と三部構成で展開する本作。 物語にちりばめられた伏線を紐解くごとに、 感動が増す名作ゲームです。 12位【祈りの泣きゲー】桜華 出典: 強い願いを奇跡に変える不思議な桜、『霊木』によって守られた街……夢源郷。 霊木は不思議な力場を放つ存在で、その中では善悪関係なく強い願いが奇跡になってしまう。 その為、霊木の奇跡を鎮める『守人』と呼ばれる人間達が生まれた。 辛い過去を消したい願い、記憶を操る力を手に入れた者…、死にかけた大事な人を救うために癒しの力を手に入れた者…、守人には多くの能力者がいた。 ただし、そんな奇跡には必ず 『代償』が必要だった。 主人公も破壊と癒しの力持ち、どちらも使えば死の危険がある。 二つの力は、『不幸』と『温かい家族』を運んでくる。 トラックすら軽々持ちあげる小さくて可愛い義妹。 怒ると黒いオーラが出て目が光るけど、とびきり優しいお姉さん等々、不思議な力のせいで強烈な個性を持ち、奇跡と引き換えに『代償』を求める霊木によって、心の痛みも背負ったキャラクター達が寄り添って織り成す物語となっています。 この作品のOPは、今見てもプレイした時の記憶がフラッシュバックしてうるっとしてしまいます。 13位 【規律の泣きゲー】車輪の国、向日葵の少女 出典: 罪を犯すと「特別な義務」を負わされるSFちっくな社会の物語です。 「1日が12時間しかない」 生活時間制限義務• 「大人になれない」 親権者絶対服従義務• 「恋愛できない」 異性間接触禁止義務 といったそれぞれの義務を負う少女たちを更生させるのが最終試験だと、 指導教官・法月将臣 CV:若本規夫 から告げられます。 賢一は自分の身分を隠して少女たちと触れ合い、更生に当たっていく。

次の

【全35本】Switch のギャルゲーって何があるの?オススメは?【2020

ギャルゲー おすすめ

2008年にPS2対応ソフトとしてリリースされたRPG『ペルソナ4』のリメイク版です。 主人公は、田舎町に引っ越してきた男子高校生。 なんの変哲もない学校生活を送っていたところ、ある日を境に、奇妙な連続殺人事件に巻き込まれていきます。 警察ですら手を焼く怪事件。 解決できるかどうかはプレイヤーの手に委ねられています。 個性豊かな仲間たちとともに、心の力〈ペルソナ〉を用いて、犯人を追い詰めましょう。 本作は、ペルソナシリーズでも最高傑作といわれる作品『ペルソナ4』に、新たなストーリー・システム・BGMなどを多数追加。 ハロウィンやバレンタインデーなど、PS2版にはなかった季節にまつわるイベントも楽しめます。 また、細かな点をブラッシュアップして、さらに遊びやすく調節しているのもポイントです。 初期作品の完成度を超えられないリメイク作品もあるなか、『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』はグラフィックだけでなく、そのほかすべてにおいて完全上位互換といっても過言ではありません。 ペルソナシリーズをプレイしたことない方はもちろん、すでにPS2版をプレイした方にもおすすめしたいPS Vitaソフトです。 「このすば」の愛称で親しまれている、角川スニーカー文庫刊行のライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』。 累計900万部を超え、アニメ化もされている人気作品が3DダンジョンRPGとしてPS Vitaでリリースされました。 ストーリーは、ゲーム用に書き下ろされた新規シナリオ。 主人公のカズマを中心に、アクアやめぐみんといった人気キャラクターを含めた最大5人パーティで物語が進行します。 メインストーリーは豪華フルボイス仕様。 イベントCGやカットインCGも豊富に用意されており、雰囲気を盛り上げてくれます。 メインストーリーは、5人パーティ中4人が固定されています。 しかし、サブストーリーが楽しめるギルドクエストでは、カズマ以外の4枠を自由に編成することが可能。 お気に入りのキャラクターを連れて冒険を楽しめます。 難易度はやや低めなので、RPGが苦手な方にもおすすめです。 『ネルケと伝説の錬金術士たち』は、錬金術をテーマにした「アトリエ」シリーズの20周年記念作品です。 本作の主人公は好奇心豊かな貴族令嬢・ネルケ。 自然あふれるヴェストバルトを開拓して、自分の好きなように街づくりを楽しめるRPGになっています。 本作には、アトリエシリーズ第1作の『マリーのアトリエ』から前作『リディー&スールのアトリエ』まで、歴代キャラクターたちが100人以上登場。 これまで交流がなかったキャラ同士の掛け合いが楽しめるなど、ファンに嬉しい仕様です。 また、アイテム収集要素も健在。 素材が得られる「調査地」では魔物が現れることもあるので、歴代錬金術師や協力者と力を合わせて討伐しましょう。 イベントも500種類以上用意されているなど、ボリュームも十分。 アトリエファンの方はもちろん、かつてシリーズをプレイしたことがある方はぜひ遊んでみてください。 『カリギュラ』は、2016年にリリースされた学園ジュブナイルRPGです。 ヴァーチャルアイドルが作り出した理想世界〈メビウス〉に誘われた人々。 繰り返される平穏な生活に疑問を持った主人公たちは、現実へ帰るための「帰宅部」を立ち上げて、電脳世界の理想郷から脱出を試みます。 本作は、コマンド制にかわる新システム「イマジナリーチェイン」を採用。 味方が攻撃したあと、敵が飛んでいったところに狙いを合わせて銃で撃つといったように、味方や敵の動作を予測する「空想力」を利用してコンボをつなげていきます。 一連の行動が空想通りに決まると大ダメージを与えることが可能。 シミュレーションゲームと格闘ゲームが合わさったような、新感覚バトルが楽しめます。 また、帰宅部メンバーとの会話イベントも魅力のひとつ。 彼らは、元々現実世界で何らかのコンプレックスやトラウマを抱えた者たちです。 理想世界に逃避してしまった理由とは……。 新規タイトルながらアニメ化やマンガ化もされるなど、最も注目が集まっているPS Vitaソフトのひとつです。 『ザンキゼロ』は、ダンガンロンパシリーズのスタッフが送るノンストップ残機サバイバルRPGです。 舞台は、文明が完全に崩壊してしまった世界。 唯一の生存者となる男女8人のクローン人間を操って、人類再生のミッションに挑みます。 クローン人間の寿命はわずか13日。 約2週間足らずで子供から大人、そして老人となり、やがて死を迎えます。 しかし、ストーリーを進めると使える〈エクステンドマシン〉によって新たな肉体で生まれ変わることが可能です。 また、死因や死亡したときの状況に応じて新しい特性が付与される〈シガバネ〉システムも魅力。 たとえば、毒によって死亡すると、次は毒耐性を得た状態で生まれてきます。 特性は1度獲得すると失われることがないので、強くなるためにわざと死ぬのもひとつの戦略。 ストーリーに集中しやすいイージーモードも搭載されているため、RPGが苦手な方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 PS Vita用の『FINAL FANTASY X HD リマスター』と『FINAL FANTASY X -2 HD リマスター』が2本セットになったソフトです。 FFシリーズの10作目にあたる本作は、死と破壊をもたらす巨大な魔物「シン」に立ち向かう少年少女たちの物語。 切なく、そして美しいストーリーはFFシリーズでも高く評価されています。 HDになったことでグラフィックが大幅に向上。 キャラクターはもちろん、フィールドやモンスターなどの描写がより精密になりました。 また、BGMもリマスター・アレンジされているのもポイント。 ほかにも、HD版ならではの要素が数多く収録されています。 さらに、海外版で新たに収録されたボスやミニゲームなども完全収録。 すでに日本版をプレイしている方も新鮮な気持ちでプレイできます。 スクウェア・エニックスが誇る超大作。 すべてのゲームファンにおすすめのPS Vitaソフトです。 30年以上にわたる歴史を持つアクションRPG「イース」シリーズの完全新作です。 主人公は冒険家・アドル。 豪華客船のロンバルディア号に乗船していたところ、突如、巨大海洋生物に襲われて沈没してしまいます。 漂着した先は、「永遠に呪われた島」と呼ばれる〈セイレン島〉。 漂着者たちと力を合わせて、島から脱出を図りましょう。 本作の魅力は、探索要素が豊富なところ。 広大なフィールドには冒険に役立つ宝箱をはじめ、島の発展に必要な採集ポイントなどが数多く点在しています。 また、海や川などの水辺では釣りを楽しむことが可能。 マップも詳細に作り込まれているのも魅力です。 また、冒険拠点の機能を拡充できる「漂流村」、仲間たちと力を合わせて強大な獣から村を守る「迎撃戦」など、新システムも搭載。 やりこみ要素も十分です。 シリーズを通して主人公は同じですが話は独立しているので、初めて同シリーズを楽しむ方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 『新釈・剣の街の異邦人』は、ナイトやクレリック、レンジャーなど、さまざまな能力を持ったキャラクターとパーティを組んで、3Dダンジョンを探索するRPG。 「キャラメイク」「レベル上げ」「アイテム収集」といった要素を洗練させた、いわゆるウィザードリィ系と呼ばれるゲームです。 味方キャラクターは、名前や性別だけではなく、見た目や種族、職業、才能、素性など細かく設定することが可能。 友人をモデルにした仲間たちと一緒に旅へ出かけたり、自分好みの女の子を集めてラブコメ的展開を脳内補完したりと、プレイヤーの数だけ異なる冒険が楽しめます。 本作は、Xbox 360やPCでリリースされた『剣の街の異邦人』を改良した完全版です。 ゲームの細かいバランスを調節しているのはもちろん、クリア後ダンジョンや新イベントといった数々の追加要素がプラスされているなど、ボリュームも大幅にアップしています。 古きよきゲームデザインをベースに、現代風に遊びやすくアレンジされたおすすめのPS Vitaソフトです。 2011年にリリースされたPS3版『魔界戦記ディスガイア4』に新要素を追加。 さらに、追加ダウンロードコンテンツをすべて収録した完全版です。 主人公はかつて暴君と呼ばれていた吸血鬼・ヴァルバトーゼ。 魔界における政府の腐敗を正すため、世直しをするというストーリーが展開されていきます。 本作はマス目状のマップで戦うシミュレーションRPG。 戦士や魔法使い、盗賊などのユニットを配置して、敵を撃破していきましょう。 また、「ディスガイア」シリーズの代名詞となっているやりこみ要素も充実。 レベルは9999まで上げることが可能で、育成が進めば敵へのダメージが億を超えることも。 ラスボスですらワンパンで倒せます。 また、キャラ同士の掛け合いが面白いのも魅力のひとつです。 どんな苦難にもポジティブシンキングで立ち向かう主人公・ヴァルバトーゼは、ディスガイアシリーズでも屈指の人気キャラ。 執事の狼男・フェンリッヒをはじめ、金にがめつい強欲天使・ブルカノなど、個性的なキャラクターがたくさん出てきます。 笑いあり、涙ありの勧善懲悪ストーリー。 物語重視の方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 『チャイルド オブ ライト』は、PS4やXbox Oneなどのマルチプラットフォームでリリースされた人気RPGソフトです。 絵本のようなグラフィックや幻想的なBGMが特徴。 本ソフトは、ストーリー本編のほか、計7つのダウンロードコンテンツが収録されたスペシャルエディションとなっています。 舞台は、闇の女王によって光が奪われてしまった国〈レムリア〉。 少女・オーロラとなって、光を取り戻すための旅に出発します。 海外メーカーが制作したソフトですが、日本の古典RPGによく見られるコマンド制を採用。 レトロな戦闘システムである一方、200種類以上のスキルが用意されており、戦略的なバトルが楽しめます。 また、同作はアクションも豊富。 移動中はレバーを引いたり、光を当てたりと、簡単なパズル要素もあります。 道中には隠し宝箱もあるので、ぜひコンプリートを目指してみてください。 古きよきRPGが遊びたい方におすすめのPS Vitaソフトです。 2016年にリリースされた、「Fate/EXTELLA」シリーズの第二弾。 アーサー王や暴君ネロといった英霊たちが縦横無尽に暴れまわる「ハイスピードサーヴァントアクションゲーム」です。 好評だったバトルシステムをそのままに、アクションやグラフィックを一新。 西欧の英雄・シャルルマーニュを筆頭に新キャラクターが数多く追加されるなど、大幅にパワーアップしています。 また、新アクションシステムとして「アクティブスキル」を搭載。 これにより、好きなタイミングで派手な必殺技が出せるようになりました。 前作と比べて、必殺の切り札〈宝具〉が出しやすくなるなど、爽快感がアップしているのが特徴です。 さらに、ゲーム本編とは別にスペシャルなバトルが楽しめる「エクストラバトル」をはじめ、1度体験したイベントや用語集などを見られる「ギャラリー」など、やりこみ要素も十分。 ただし、オンライン対戦はPS4版のみ対応なので注意しておきましょう。 個性豊かな英霊たちと会話が楽しめるのも『Fate/EXTELLA LINK』の魅力。 すべてのFateファンにおすすめのPS Vitaソフトです。 和風ハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』。 プレイヤーは特別な力を持った戦士・モノノフとして、太刀や槍、弓などさまざまな武器を駆使しながら巨大な鬼との戦いに挑みます。 スタイリッシュで爽快な狩りが楽しめるPS Vita用ゲームソフトです。 本作は「オープンワールド」システムを採用。 フィールドをひと続きで表現しているためマップ切り替え時の待ち時間がなく、ストレスのない狩りが楽しめます。 シームレスに移動できることによって没入感がアップしているのもポイントです。 また、最大4人でのマルチプレイにも対応。 PS4やPS3といったほかの機種とも一緒にプレイできます。 PS Vita同士ならば、無線通信によって近くのフレンドと遊べるのも魅力。 数人でワイワイと狩りを楽しみたい方にもおすすめのゲームソフトです。 人気マンガ『進撃の巨人』を題材にしたアクションゲーム。 本作は、2016年にPS Vitaでリリースされた同名ソフトの2作目にあたりますが、基本的に前作との繋がりはありません。 同シリーズを初めて遊ぶ方にもおすすめです。 『進撃の巨人2』では、原作マンガと同じように対巨人用装備〈立体機動装置〉を駆使して、縦横無尽にフィールドを駆け巡れるのが魅力。 華麗に空中を舞いながら、巨人を駆逐します。 また、今回は新たにオリジナルの主人公を作成することが可能。 調査兵団の一員として、原作キャラクターたちと肩を並べつつ巨人と戦えます。 そのほか、オンラインを介して協力プレイができるのもポイントです。 前作にもあった4人で巨人を討伐する共闘モードに加えて、今回は4人vs4人でポイントを競い合う〈殲滅モード〉を搭載。 より白熱したバトルが楽しめます。 メタルギアシリーズでも特に名作として知られる『METAL GEAR SOLID 2 サンズ・オブ・リバティ』(以下、MGS2)と、『METAL GEAR SOLID 3 スネークイーター』(以下、MGS3)がセットになったソフトです。 MGS2は伝説の傭兵であるスネークと、もうひとりの主人公・雷電の活躍を描いた作品。 MGS3は、スネークの父親であるビッグボスの始まりを描いた作品です。 それぞれHDにリマスターされたことでグラフィックが飛躍的に向上。 PS2版では表現できなかった細かな部分も鮮明に描かれています。 また、同作にはソリッド・スネークの初任務である『METAL GEAR』と、その続編にあたる『METAL GEAR 2 SOLID SNAKE』が収録されているのもポイント。 昔のゲームソフトなので難易度は高めですが、1本でメタルギアシリーズが4作も遊べてしまうことを考えると、ハイコスパなソフトだといえます。 キャラクターや設定は共通しているものの、それぞれの話が独立しているため順不同でも楽しむことが可能。 メタルギアシリーズ初体験の方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 ときは元禄、将軍・徳川綱吉の治世。 主役となるのは、抜け忍として命を狙われる少年・鬼助。 そして、悪霊に体を乗っ取られた姫・百姫。 鬼に逢っては鬼を斬り、仏に逢っては仏を斬るという和風アクションRPGです。 簡単操作で派手な剣戟(けんげき)を楽しめるのが魅力。 連続切りやガード崩し攻撃、緊急回避などを組み合わせたスタイリッシュな立ち回りもできます。 また、「無双モード」で遊べばボタンをポチポチと押しているだけでも簡単に敵を倒せるので、アクションゲームが苦手な方にもおすすめです。 なお、本製品は2009年に任天堂Wii対応ソフトとしてリリースされた『朧村正』の移植版に、全4篇のDLCプロダクトコードを収録したもの。 それぞれ、本編主人公の鬼助や百姫とは異なる4人の主人公を取り巻くオリジナルストーリーが楽しめます。 PS Vitaを持っているのならば、ぜひプレイしておきたいおすすめのソフトです。 『オーディンスフィア レイヴスラシル』は、北欧神話をベースにした2Dアクションゲームです。 絵本のような淡いグラフィックからは想像できない、登場人物たちの愛憎が入り混じった壮大なストーリーが展開されます。 本作は、PS2でリリースされた『オーディンスフィア』のリメイク版。 グラフィックがHD対応になっているほか、各アクションもスピーディーになっており、白熱したバトルが楽しめます。 また、クリア後のやりこみ要素も豊富。 クリアデータを引き継げる「XTRA NEW GAME」や難易度「HELL」の追加などによって、何度も繰り返して遊べます。 過去作をプレイした方も新鮮な気持ちで楽しめる、おすすめのPS Vitaソフトです。 2011年にPS3用ゲームソフトとしてリリースされた『キャサリン』。 昼ドラのようなドロドロしたストーリーが話題を呼んだアクションパズル・アドベンチャーゲームです。 さまざまな新要素を追加したリメイク版として、PS Vitaに帰ってきました。 主人公は優柔不断な男・ヴィンセント。 長年の恋人であるKatherineと、お酒の勢いで一晩を過ごしてしまった年下の女性・Catherine、さらに本作から登場する3人目の女性・Qatherineとの四角関係が楽しめます。 本作は、アドベンチャーパートとパズルパートを交互に繰り返すのが特徴。 前作はパズルが難しくて先に進めないという方も少なくありませんでしたが、本作はオートでクリアすることも可能なので、誰でも安心して楽しめます。 男女関係ならではのスリルを味わいたい方におすすめのPS Vitaソフトです。 トレジャーハンターであるネイサン・ドレイクを主人公とした、アクションアドベンチャーゲーム。 「プレイする映画」と呼ばれており、綿密に練られたシナリオや凝った演出が特徴です。 「アンチャーテッド」は、メインシリーズ全4作からなる大作ゲーム。 本作はPS3でリリースされた第1作『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』の前日譚にあたるので、シリーズ未プレイの方も楽しくプレイできます。 崖に飛び乗ったり、ロープを使ったり、銃撃戦を繰り広げたりといったインディージョーンズ並みのアクションが楽しめるのが魅力です。 タッチパネルや背面タッチパネル、ジャイロセンサーといったVitaならではの機能をフル活用しているのもポイント。 冒険活劇が好きな方におすすめのPS Vitaソフトです。 「ドラゴンボールZ」ゲームシリーズの完全新作が登場。 本作はプレイヤー1人とCPUキャラクター3人でチームを組んで戦う共闘アクションです。 登場キャラクターは約70名。 マンガやアニメでは実現できないドリームマッチを再現できます。 ポールをパスするように敵に追撃をする〈メテオチェイン〉や仲間と同時に攻撃をする〈シンクロラッシュ〉など、大迫力のアクションが魅力。 また、キャラクターはそれぞれ格闘タイプや気弾タイプなど、4つの戦闘スタイルに分類されているのもポイントです。 さらに、本作はオンラインプレイにも対応。 マルチミッションは最大4人、チームバトルは最大8人でプレイできます。 基本的な操作はシングルプレイと同じなので安心です。 そのほか、定型文でメッセージを送り合えるほか、ボイスチャットも可能。 ドラゴンボールファンはもちろん、会話しながらワイワイと遊びたい方におすすめのPS Vitaソフトです。 絵本のような世界観のPS Vita用アクションゲーム。 ある日、王子の目を誤って傷つけてしまったオオカミのような化け物。 王子と手をつなげる「姫の姿」と、化け物を倒せる「オオカミの姿」を臨機応変に使い分けることが重要。 パズル要素も豊富で、ときには王子と協力しなければクリアできない仕掛けも存在します。 ミスをしてもゲームオーバーになることはなく、すぐに特定のポイントからやり直すことが可能。 アクションゲームとしての難易度は低めなので、純粋にストーリーを楽しみたいという方におすすめのゲームソフトです。 「SDガンダム ジージェネレーション」シリーズは、歴代のガンダム作品に登場する機体やキャラクターを自由に編成して、オリジナルの部隊でストーリーを楽しめるガンダムシミュレーションゲームです。 ジージェネは、原作ストーリーを追体験できる「原作追体験型」と、さまざまなガンダム作品とのクロスオーバーが楽しめる「ブレイク型」に分けられますが、本作は「原作追体験型」。 宇宙世紀100年にスポットを当てており、作品数は16作品とやや少ないものの、これまでの作品に登場しなかったようなマニアックな機体やキャラクターも収録するなど、ファンにはたまらないゲームとなっています。 前作と比べてグラフィックやバトルモーションの表現が向上。 キャラクターカットインと相まって、迫力ある戦闘が楽しめるようになりました。 ステージの難易度も調節できるので、シリーズ初めての方も安心してプレイ可能。 原作を知らない方も楽しめるおすすめのゲームソフトです。 さまざまなロボット作品が共演する『スーパーロボット大戦X』。 マップ上で味方ユニットを動かして、敵を全滅させるなどの特定条件を満たせば勝利のシミュレーションRPGです。 戦闘シーンでは、ロボットやパイロットがまるでアニメ作品のように動くのが特徴。 年々凝っていくバトル演出は、本シリーズにおける魅力のひとつとなっています。 機動戦士ガンダムシリーズをはじめ、マジンガーやダンバイン、コードギアスといった人気作品が参戦。 また、今作では魔神英雄伝ワタルやふしぎの海のナディアなど、新たに5作品が加わりました。 前作と同じく、『スーパーロボット大戦X』は独立型の完全オリジナルストーリー。 続き物ではないので本作のみで物語が完結します。 原作ファンはもちろん、スパロボシリーズを初めてプレイする方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 SFチックな世界観が特徴の、1人称視点シューティングゲーム「キルゾーン」シリーズ。 主人公は傭兵のアラン・ダナー。 要人警護の仕事を請け負っていた彼は、やがて大きな陰謀に巻き込まれていきます。 携帯ゲーム機とは思えないグラフィックによるドラマティックな物語は必見です。 本作はストーリーモードのほか、オンラインを介したマルチプレイにも対応。 全員が敵となる「マーセナリーウォーフェア」のほか、チーム対戦の「ゲリラウォーフェア」、そして2つのチームに分かれてさまざまなルールで戦う「ウォーゾーン」が楽しめます。 ただし、オンラインプレイをする際には、別途オンラインプレイチケットを購入する必要があるので注意しておきましょう。 また、追加ダウンロードコンテンツとして「ボットゾーントレーニング」が配信されています。 AIを相手にオフラインマルチプレイができるモードで、対人プレイをしているような体験が可能。 1人称のシューティングゲームが初めてな方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 可愛らしいキャラクターたちが登場する推理ゲーム「ダンガンロンパ」シリーズ。 本作には、PSP版でリリースされた『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』と『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の2作品が収録されています。 閉鎖空間のなかで次々と起こる殺人事件。 プレイヤーは探偵役となって犯人を暴きます。 ダンガンロンパシリーズの特徴は、「学級裁判」が始まればノンストップで推理しなければならないところ。 キャラクターたちが好き勝手に話し始めるなかで、矛盾点を見つけて指摘する必要があります。 また、推理の途中でミニゲームが挟まれるのもポイント。 パズルゲームやリズムゲーム、レースゲームなど、ジャンルはさまざまです。 謎解きが好きな方にぜひチェックしておきましょう。 重力をテーマにしたアクションアドベンチャーゲームです。 舞台は〈重力嵐〉に襲われた空中都市「ヘキサヴィル」。 少女・キトゥンを操作して、街を危機から救い出すストーリーが展開されていきます。 本作の特徴は、浮遊感を体験できるところです。 主人公のキトゥンは、重力の向きを変更して好きな方向に「落ちる」ことが可能。 たとえば、重力方向を頭上に設定すれば、大空に向かってどんどん落下していきます。 どこまでも落ちていくような感覚を味わえるのが魅力です。 また、上下だけでなく、さまざまな方向に重力を設定できるのもポイント。 水平に落ちて高速移動をしたり、壁を走ったり、平らな地面をスキーのように滑走したりと、空間を縦横無尽に駆け巡れます。 海外で高評だったPCゲーム『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』をPS Vitaに移植したソフトです。 舞台は西暦207X年、腐敗した政府と大企業が牛耳っている都市グリッチシティ。 とある路地裏にあるバー〈ヴァルハラ〉のバーテンダーとして、さまざまな客にカクテルを振舞います。 本作は、「カクテルによって物語が分岐するシステム」を採用しているのがポイント。 ヴァルハラに訪れた客はさまざまなカクテルを注文してきますが、何を提供するのかはプレイヤーの自由。 客が本当に飲みたかったカクテルを出せば、客は心を開いて物語が変化していきます。 逆に、変なカクテルばかりを出すと心を閉ざされるどころか、お店をクビになることもあるので注意が必要です。 ヴァルハラに訪れる客は、人間はもちろん、アンドロイド、犬、ビン詰めにされた脳など非常に個性的。 カクテルを通してトークも楽しめる、おすすめのPS Vitaソフトです。 1995年にパソコン用ゲームソフトとしてリリースされた『EVE burst error』。 2人の主人公を切り替えることでストーリーが新たな進展を迎える「マルチサイトシステム」という、当時では画期的だった手法を取り入れた名作アドベンチャーゲームです。 本作は『EVE burst error』の1年後を舞台にした新作となっています。 主人公は前作と同じく、私立探偵・天城小次郎と捜査官・法条まりなの2人。 メインキャスト陣はほぼ同じで、キャラクター同士の掛け合いなども忠実に再現されています。 原作ファンも違和感なくプレイすることが可能です。 PS Vita版は新規描き下ろしの「ミニエピソードビジュアルノベル」を搭載。 一方、PS4版はやや価格が高くなりますが、原作のリマスター版である『EVE burst error R』が同梱されています。 EVEシリーズファンはPS Vita版、前作未プレイの方はPS4版もおすすめです。 土や木も生き物もすべてがブロックで構成されている『マインクラフト』。 オープンワールドのうち、サンドボックス型のジャンルにあたるゲームです。 どこまでも広がる世界で何をするのかはプレイヤー次第。 家や村を作るのもよし、武器や防具を作って冒険に出かけるのもよし、動物たちとのんびり暮らすのもよしと、自由に遊べます。 同作はさまざまなハードでリリースされていますが、PS Vita版は異なるハード間でデータを共有できる「クロスセーブ」に対応しているのがポイント。 家ではPS4版やPS3版、外ではPS Vita版で遊ぶ、といったこともできます。 いつでもどこでもプレイしたい方にピッタリのソフトです。 そのほか、マルチプレイにも対応。 ひとつのワールドに集まって、みんなでワイワイと遊べます。 「バトル ミニゲーム」では対人バトルも可能。 難しい設定も不要なので、ゲームに慣れていない方も安心です。 『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』は、国民的RPG・ドラゴンクエストをベースに、『マインクラフト』系のクラフト要素をプラスしたオリジナルゲームです。 舞台は、勇者が魔王側に寝返ってしまった世界。 ものづくりの力を持った〈ビルダー〉となり、街を復興させていきます。 ドラクエといえばコマンド式の戦闘が有名ですが、本作はアクションRPG。 敵が魔法を使ってきたらブロックを壁にして戦ったり、攻撃範囲から出ることで無傷で戦ったりと、工夫次第では格上の敵を倒せるのが魅力です。 ブロックを使って建物などを作るサンドボックス型ゲームは、自由度が高すぎるため、「何をすればいいのかわからない」という方も少なくありません。 しかし、本作は設計図どおりにブロックを置くことで、簡単に本格的な建物を建てることが可能。 ゲームに慣れていない方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 土や木などのブロックを集めて、自由に建築できるサンドボックス型のオープンワールドゲーム。 『マインクラフト』が3D空間であるのに対して、本作は2D空間なのが特徴です。 フィールドには森や砂漠、溶岩、ダンジョンなど、さまざまなエリアが存在しており、どこを冒険するのかはプレイヤーに委ねられています。 『テラリア』には時間の概念があり、夜になるとゾンビや空飛ぶ目玉など、強めの敵が出てきます。 これらの敵から身を守るために、拠点となる基地を作るのが重要。 条件を満たすと商人やメカニックなど、冒険を手助けしてくれるNPCが住み着くこともあるので、どんどん拡充していきましょう。 また、『テラリア』は最大8人のオンラインマルチプレイにも対応。 広大なマップをみんなでワイワイと探索したり、強大なボスと戦ったり、天にも届くような基地を作ったりと、遊び方もさまざまです。 大人気RPGペルソナシリーズのスピンアウト作品。 ゲーム中の楽曲に合わせて、各シリーズの主人公やその仲間たちがダンスをするサウンドアクションゲームです。 本作は、『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』と『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』の2作品がセットになったお得版。 操作方法は簡単で、流れてくる楽譜に合わせてリズムよくボタンを押すだけです。 成功率に応じて〈ノリノリ・ゲージ〉が溜まっていき、ダンス終了時に規定ラインを上回っていればクリア。 難易度は自由に変更できるので、音ゲーを初めてプレイする方からガチ勢まで楽しめます。 また、特定条件をクリアすると仲間たちとの交流イベントが解禁されるのもポイント。 絆を深めるとコスチュームを貰えたり、自室に招待されたりすることもあります。 アトラスファン必見の、おすすめPS Vitaソフトです。 ボーカロイド・初音ミクをテーマにしたリズムアクションゲーム『初音ミク -Project DIVA- X』。 メドレー楽曲を含む全30曲を収録。 約300種類のモジュール(コスチューム)やアクセサリーに着せ替えられるのが魅力です。 本作は新たに「ライブクエスト」が追加されています。 ボーカロイドのキャラクターたちと会話を楽しみながら、リズムゲームをプレイできるストーリーモードです。 装備しているモジュールによってはボーナスがついてクリアしやすくなるので、リズムゲームがあまり得意でない方にもおすすめ。 また、ボーカロイドとコミュニケーションが楽しめるのもポイントです。 好きなキャラクターにプレゼントをあげることも可能。 贈ったアイテムによっては特別なイベントが起こるため、いろいろと試してみるのもおすすめです。 リズムゲーム好きな方はもちろん、アドベンチャーゲームが好きな方はぜひプレイしてみてください。 和太鼓をモチーフにした「太鼓の達人」シリーズ。 演奏にあわせて音符が流れてくるので、枠と音符が重なった瞬間にボタンを入力。 タイミングがよければ〈魂ゲージ〉が増えて、演奏終了時にゲージが一定ラインを超えていればクリアとなる人気リズムゲームです。 PS Vitaではシリーズ初登場の本作。 遊べる楽曲は、定番曲・新登場曲を含めた80曲以上。 ジャンルはアニソンとボーカロイド、そしてゲームミュージックが充実しているのが特徴です。 ほかにも、ストーリー仕立ての新要素「ドンだークエスト」をはじめ、早送りや巻き戻しで苦手な部分を練習できる「太鼓トレーニング」、ミッションクリアで報酬がもらえる「スタンプ帳」と、やりこみ要素も収録。 ライトユーザーからヘビィユーザーまで楽しめるおすすめのゲームソフトです。 友情破壊ゲームとして有名な、「いただきストリート」シリーズの最新作。 国民的RPGの「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」の30周年記念にリリースされたコラボタイトルです。 『いただきストリート』は、すごろくタイプのボードゲーム。 サイコロを振って、止まったマスにお店を建てていきます。 ライバルが自分のお店に止まったら買い物料をゲット。 最初に目標金額に達した人が優勝です。 サイコロ運が悪くても、株を購入して大金を得ることが可能。 運だけではなく、戦略も求められるゲームです。 また、本作は最大4人のマルチプレイに対応。 1台のPS Vitaを順番に回して遊べる「ローカルプレイ」、本体を持ち寄って遊ぶ「アドホック通信プレイ」、そしてインターネットを介して遊ぶ「オンライン通信プレイ」から選べます。 みんなでワイワイ遊べるソフトを探している方におすすめです。 『Kanon』や『CLANNAD』など、泣きゲーで有名なゲームブランドKeyの第4作目。 2007年にPCでリリースされた『リトルバスターズ! 』にさまざまな新要素を追加した移植版です。 本作は、ギャルゲーながら「友情」をテーマにしています。 そのため、かわらしいヒロインたちとの恋愛模様だけでなく、男友達との熱い絆も描かれているのが特徴です。 また、ところどころに「野球」や「バトル」などのミニゲームが挟まれているのも魅力。 結果によって、特殊な会話やイベントが発生することもあります。 もちろん、スキップできるのでストーリーに集中したい方も安心です。 序盤はギャグ多めの展開ながら、ストーリーが進むとシリアスな展開になっていくのもポイント。 ギャルゲーが苦手な方にもおすすめのPS Vitaソフトです。 2009年にPS2用ソフトとしてリリースされた『アマガミ』。 主人公は高校2年の男子生徒。 クリスマスまでの1ヶ月間に、幼馴染やお嬢様、クールな後輩など、6名のヒロインと交友を深める恋愛シミュレーションゲームです。 アブノーマルな部位にキスをしたり、突然ヒロインの爪を切ってあげようと思い立ったり、主人公の性癖が一風変わっているのが特徴。 また、200点以上のイラストが閲覧できるギャラリーモードが追加されているのもポイント。 プレイしたことのない方はもちろん、すでにプレイしたことがある方にもおすすめです。 パワプロと並ぶ人気野球ゲーム「プロスピ」シリーズの最新作がPS Vitaに登場。 3Dフォトスキャン技術によって再現された選手は、実写と見間違えるほど。 フォームやプレー傾向など、選手のクセも忠実に表現しているほか、打撃音やチャッチ音といったSEもリニューアル。 とことんリアルにこだわったゲームとなっています。 今回、新たに高校野球育成モードの「甲子園スピリッツ」を収録。 プレイヤーの分身となる選手を作成して、甲子園を目指します。 育成に成功すれば、自分だけのプロ野球選手として登録可能。 ほかのモードでも使用できるようになります。 無料アップデートによって、選手データが2020年版に更新されるのもポイント。 期待のルーキーである佐々木朗希選手や奥川恭伸選手、新外国人選手など、2020年1月7日までに入団した選手も登場します。 2019年を過ぎてもまだまだ遊べるおすすめのゲームソフトです。 対話型パーティーゲーム「人狼」をテーマにしたPS Vitaダウンロード専用ソフトです。 2020年にはニンテンドースイッチにも移植されるなど、最も勢いのあるインディーズゲームのひとつです。 人間のフリをして人間を襲う、未知の敵〈グノーシア〉。 疑わしい者をコールドスリープさせて、宇宙船内に潜り込んだグノーシアをすべて活動停止させたらプレイヤーの勝利。 残った人間の過半数がグノーシアとなったら敗北となります。 1回のプレイは15分程度と短め。 しかし、毎回主人公やキャラクターの配役が変わるので、周回するたびに異なる展開が楽しめます。 チュートリアルがあるため、人狼をプレイしたことがない方も安心。 何度も繰り返し遊べるおすすめのゲームソフトです。 アメリカのインディーズソフトメーカーが開発した『ソルト アンド サンクチュアリ』。 船が難破して、見知らぬ島に漂着した主人公。 霧が深いその島にはゾンビ・猛犬・盗賊などが徘徊しています。 敵を倒すとソルトを取得。 これを聖域である〈サンクチュアリ〉にささげることでレベルアップが可能です。 しかし、敵に倒されてしまうとすべてのソルトを落としてしまうので、非常にスリルのある冒険が楽しめます。 また、自由にキャラクターを作成できるのもポイント。 見た目はもちろん、性別、職業、出身地など、選べる項目は豊富です。 登場する装備・魔法・アイテムは600種類以上。 1度クリアしても繰り返し遊べる、おすすめのPS Vitaソフトです。

次の