コロナ ウイルス 持病。 緊急事態宣言へ。新型コロナ重症化リスクのある5つの持病

私は喘息持ちなのですが、新型コロナウイルスに感染した場合、酷い...

コロナ ウイルス 持病

書いたように、 2020 年 2 月 17 日に発表された CCDC (中国疾病対策予防センター)による 新型コロナウイルス感染症の 症例分析においては、 ウイルス感染者の 年代別の致死率などといった 様々な項目別の 詳細な統計データが示されていますが、 そうした項目のなかには、これまでの記事で取り上げてきた 年代別のデータのほかにも、 男女の性別、あるいは、 糖尿病や 高血圧、 心血管疾患や 慢性呼吸器疾患などといった 持病がある患者ごとの致死率についても 参考となるデータが示されているので、 こうした各項目のデータをもとにすれば、 現代の日本国内において 新型コロナウイルスに感染しているという診断を受けた場合の 年齢・性別・持病などの 属性や条件の違いに基づく 一人一人の個人の致死率を推定することができると考えられることになります。 スポンサーリンク 年齢・性別・持病の有無に基づく新型コロナウイルス致死率の統計データ そうすると、まず、 前回までの一連の記事のなかでも繰り返し取り上げてきた CCDC (中国疾病対策予防センター)による 2020 年 2 月 17 日付けの報告書に示されている 新型コロナウイルス感染症の 症例の分析に基づくと、 全体としての 平均的な致死率が 2. 3 %とされたうえで、 ・年代別の致死率については、 10 歳未満の患者の 致死率は 0 %(416人の感染者のうちで死亡者なし) 10 代の患者の 致死率は 0. 18 %(549人の感染者のうち1人死亡) 20 代の患者の 致死率は 0. 19 %(3619人の感染者のうち7人死亡) 30 代の患者の 致死率は 0. 24 %(7600人の感染者のうち18人死亡) 40 代の患者の 致死率は 0. 44 %(8571人の感染者のうち38人死亡) 50 代の患者の 致死率は 1. 3 %(10008人の感染者のうち130人死亡) 60 代の患者の 致死率は 3. 6 %(8583人の感染者のうち309人死亡) 70 代の患者の 致死率は 8. 0 %(3918人の感染者のうち312人死亡) 80 代以上の患者の 致死率は 14. 8 %(1408人の感染者のうち208人死亡) ・男女別の致死率については、 男性の患者の 致死率は 2. 8 % 女性の患者の 致死率は 1. 7 % ・持病の有無に基づく 致死率については、 糖尿病を持病に持つ患者の 致死率は 7. 3 % 高血圧を持病に持つ患者の 致死率は 6. 0 % 心血管疾患を持病に持つ患者の 致死率は 10. 5 % 慢性呼吸器疾患を持病に持つ患者の 致死率は 6. 3 % がん患者の 致死率は 5. 6 % 持病なしの場合の 致死率は 0. 9 % という統計データが示されています。 (ちなみに、慢性呼吸器疾患の代表的な例としては、かつては肺気腫などとも呼ばれていたCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などが該当することになります。 ) (出典: China CDC Weekly: ) スポンサーリンク 年齢・性別・持病の違いに基づく新型コロナウイルスの致死率の概算 そして、以上のような一連の統計データから、 年齢、 性別、 持病の有無といったそれぞれの 属性や条件の違いに応じて 新型コロナウイルスの致死率がどのくらい増減することになるのかを計算していくと、 ・ 年代別の条件については、平均値と比べて、 10 歳未満の患者の致死率は 0 倍 10 代の患者の致死率は 0. 1 倍 20 代の患者の致死率は 0. 1 倍 30 代の患者の致死率は 0. 1 倍 40 代の患者の致死率は 0. 4 倍 50 代の患者の致死率は 0. 6 倍 60 代の患者の致死率は 1. 6 倍 70 代の患者の致死率は 3. 5 倍 80 代以上の患者の致死率は 6. 4 倍 ・ 男女別の条件については、平均値と比べて、 男性の患者の致死率は 1. 2 倍 女性の患者の致死率は 0. 7 倍 ・ 持病の有無に関する条件については、平均値と比べて、 糖尿病を持病に持つ患者の致死率は 3. 2 倍 高血圧を持病に持つ患者の致死率は 2. 6 倍 心血管疾患を持病に持つ患者の致死率は 4. 6 倍 慢性呼吸器疾患を持病に持つ患者の致死率は 2. 7 倍 がん患者の致死率は 2. 4 倍 持病なしの場合の致死率は 0. 4 倍 という割合でそれぞれの属性や条件ごとに致死率が増減していくことになると考えられることになります。 そして、 現時点までの WHO の報告によれば、 新型コロナウイルスの致死率については、 全体としては 2 %程度であるという推定と、 2 月後半までの時点では 武漢以外の地域では 0. 7 %であるとする 二つの推計値が示されているので、 こうした 二つの推定値の間をとって、 現在の日本における 新型コロナウイルスの平均的な致死率を 1. 3 %程度であると仮定すると、 上記の表に基づいて算出される 新型コロナウイルスの致死率は、 例えば、 40 代の 糖尿病の 男性であれば、 1. 0 % 70 代の 持病なしの 女性であれば、 1. 3 % (つまり、40代でも糖尿病を患っている男性の場合は、70代の持病のない高齢女性よりも新型コロナウイルスの感染による死亡リスクが高いと評価することができると考えられることになります。 ) といった形で、 現代の日本国内において 新型コロナウイルスに感染しているという診断を受けた場合に、 一人一人の個人がリスクとして負うことになる 年齢・性別・持病などの 属性や条件の違いに基づく 個人ごとの致死率を 実際に推定することができると考えられることになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 843• 640• 118• 184• 525• 127• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

新型コロナ、年齢や持病など「重症化リスク」の真相

コロナ ウイルス 持病

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大が止まりません。 私たちは「どうやって感染しないか」ということと同時に、「どうすれば感染したときに重症化しないか」を考える必要があると思います。 そこで重要になるのが、日常の体調管理です。 そのためには、まず自分の持病の状態について知る必要があります。 生活習慣病などの持病があることで、免疫力が下がっていることが懸念されます。 その場合、ウイルスに感染しやすかったり、感染した後に悪化しやすくなったりする可能性があります。 呼吸器疾患や膠原病、皮膚疾患などを持病にしている人の中には、免疫力を下げるステロイドや免疫抑制剤などのお薬を飲んでいる方もいます。 糖尿病の方は、血糖値のコントロールが悪いと感染しやすくなるといわれているので注意が必要です。 「症状がない」=「持病がない」ではない症状がないからといって、持病がないとは言い切れません。 たとえば、「サイレントキラー」と呼ばれる高血圧は症状がほとんどありません。 糖尿病も初期はほとんど症状が表れません。 高血圧も糖尿病も持病といえるでしょう。 健康診断の結果などを見直してください。 また、動脈硬化が進んでいてもほとんど症状がありませんが、動脈硬化が進んでいるということは何か原因があるはずです。 動脈硬化の進行を遅くするためにもその原因となっている持病に対してしっかり対策をして下さい。 薬を飲んでいなくても、持病のある方は大勢います。 定期的に病状を監察するために通院している人もいますし、健康診断だけでは評価できない病気もたくさんあります。 「自分は通院していないし、持病がないからウイルスに感染しても大丈夫」と油断しないことです。 新型コロナウイルスが怖いなら喫煙はやめるべき 持病について把握したら、生活習慣も改めていきましょう。 たとえば、新型コロナウイルスに感染してしまった際に少しでもそのダメージを減らすためにも、喫煙の習慣は一刻も早くやめるべきです。 長期的に喫煙を続けていると、肺の機能が低下します。 元気なときにはそれでも日常生活には問題ないこともありますが、新型コロナウイルスに感染するなどして肺炎を発症すると、正常な人より肺の機能(予備力も)が低下しているので、炎症によって肺での酸素交換が不十分になります。 つまり、肺の予備力(余力、言い換えれば、いざというときに踏ん張る力 がない人は、新型コロナウイルスに感染した場合、感染の影響が肺の機能が正常な方と比べて、より大きくなると考えられます。 自宅待機や在宅勤務が続くと運動不足になります。 そのため、体重が増加したり、血圧が高くなったりする傾向があります。 インスタント食品などを食べる機会も多くなるかもしれません。 野菜をなるべく摂取する、バランスのいい食事に努める、減塩の食事に努める、家でやれる運動を毎日行う、ストレスをためないなど、日ごろの身体のメンテナンスが重要です。 新型コロナウイルスに打ち勝つには、持病の把握とその治療、そして生活習慣を見直していくことが大切だと言えるでしょう。

次の

コロナ

コロナ ウイルス 持病

point• 新型コロナウイルスに対して高齢者や持病がある人が脆弱である医学的理由が判明した• 新型コロナウイルスは全身の血管に感染するため、血管が弱っていると重篤化する• 血管の健康を保つには生活習慣病を予防するのが一番である 新型コロナウイルスは初期には新型肺炎と呼ばれており、呼吸器系に感染するウイルスだと思われていました。 ですが増加する死亡者の検死解剖を行った結果、死者の多くに、複数の臓器にまたがる甚大な損壊が生じていることが明らかになってきました。 これは呼吸器系の症状からだけでは説明がつきません。 そこでスイスの研究者は、原因を探るために、ウイルスにより亡くなった患者の臓器の詳細な観察を行いました。 その結果、 コロナウイルスは肺だけでなく、全身の血管に感染する能力をもっていることがわかりました。 死んだ患者の血管内皮に、ウイルス粒子がビッシリとこびりついていたのです。 そのため死者の臓器では末梢の血管が崩壊しており、血液の流出を引き起こし、臓器の壊死を引き起こしていました。 また追加の分析で、高齢者や糖尿病や高血圧、心疾患などにより、既に身体中の血管にダメージを受けている患者ほど、ウイルスによる血管への感染に脆弱であることがわかりました。 これは既知の知識である「高齢者や持病がある人ほど重症化しやすい」という現象の最終的な原因になると、研究者は結論付けています。 今回の研究により、ウイルスは肺に存在するACE2にだけ感染するのではなく、体全体の血管内皮に存在するACE2にも感染することが判明しました。 上の画像では、ウイルスが腎臓の血管内皮に入り込んでいる様子が示されています。 ウイルスが感染した血管内皮は炎症を引き起こすだけでなく、ウイルスが細胞を喰い破る物理的な破壊を受けて体内で出血を引き起こします。 高齢者や血管系にかかわる生活習慣病などの持病がある人は既に血管が弱っているため、ウイルスによる感染と破壊に血管が耐えきれず、症状が重篤化すると考えられます。 そのため、感染した患者が高齢者や血管系にかかわる持病がある場合は、優先して血管を保護する必要性が生じます。 リスクを抱えた感染患者の救護には、既存の血管保護の医療技術が役立つ可能性があります。 また現在、生活習慣病などに陥っている人は一刻も早く健康体に近づくことが、ウイルス感染による症状の重篤化を避ける一番の手となります。 ウイルス対策で生活習慣病から抜け出せるなら、一石二鳥と言えるかもしれません。 研究内容はチューリッヒ大学のズザナ・ヴァルガ氏らによってまとめられ、4月20日に、世界五大医学雑誌の一つである「THE LANCET」に掲載されました。

次の