煽り運転 通報 意味ない。 あおり運転で逮捕されるケースとは?厳罰化は効果ある?

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

煽り運転 通報 意味ない

煽り運転って嫌なものですよね。 自分が被害者にならなくても、前の車にピッタリと張り付いて走る後続車を見るだけで凄く嫌な気分になります。 あなたも煽り運転をされて不快な思いをされたことがあるのでは?そんな時とっさに何かの対処をしようと思っても、せいぜい道を譲る位しか思いつきませんよね。 でも煽り運転をされても気持ちに余裕を持って道を譲るのは優秀なドライバーだと思うんです。 逆にスピードを上げて逃げようとしたり、仕返しに煽り返そうとするのは運転が下手なドライバーだと思いますよ。 そんな煽り運転への対応を調べていくと、近頃では警察が取り締まりを強化している事が分かってきました。 これはとても頼もしいニュースです。 では我々一般のドライバーとしては、煽り運転をされたらどのように通報したらいいのか? ぜひ最後までお付き合いくださいね。 煽り運転の被害を受けて通報する方法 煽り運転の被害を受けたら迷うことなく警察に通報しましょう。 実は、警察庁では煽り運転の被害を受けた場合に110番通報することを推奨しています。 以下は警察庁のHP()からの引用です。 危険な運転者に追われるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難して、ためらうことなく警察に110番通報をしてください。 このように、安全な所に駐車した上で携帯電話から110番に通報をしましょう。 でも中には「いきなり110番はハードルが高いかな」と考える人がいるかも知れません。 そんな場合には別の方法もあります。 続きをご覧下さい。 110番以外の通報先はこちらがお薦め なかなか110番への通報に踏み切れない場合には、 「 9110」に電話をしましょう。 これは本来はまだ明確な被害を受けてはいなかったり緊急の用件ではないけれどいずれ被害がでることが予想されることや、生活に関する不安がある場合に連絡する窓口です。 全国どこからこの番号にかけても電話をかけた地域の都道府警本部の専門相談員が対応してくれます。 煽り運転被害の場合には、おそらく急を要する案件として捜査担当の部門へと引き継いでくれると思いますよ。 その結果として加害者は逮捕される事になる可能性が高いです。 緊急の時は運転中の電話もやむを得ない 煽り運転の被害を受けて困っているけど、高速道路上などで安全に停止できる場所がない。 そんな場合には 運転しながらでも110番通報をしてもOKです。 「でも運転中に110番に電話なんてしたら逆に道交法違反で罪になるんじゃないの?」なんて思う方が多いでしょう。 でも大丈夫。 この場合には道路交通法に抵触することはありません。 その根拠は道路交通法の中に明記されています。 道路交通法第71条第5号の5には次の条文が見られます。 第七十一条 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、(中略)携帯電話用装置(中略)を通話( 傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 (中略))のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(中略)に表示された画像を注視しないこと。 難しい文章なので途中を幾つか省略しましたが、まだ分かりづらいですよね。 さらにかみ砕くと次のようになります。 車を運転しながら携帯やスマホで通話しちゃダメよ• でも傷病者の救護とか危険にさらされていて緊急の時は例外的にOKだよ• またカーナビやスマホやタブレットなどの画面をじっと見ちゃダメよ 煽り運転の被害を受けているけど安全に停止できる場所がない場合はまさにこの緊急時に該当するんです。 つまり、煽り運転から生じる危険の方が通話しながら運転する行為よりも遙かに重大であると解釈することもできますね。 よって安全に停止して電話するのが難しいと判断したら、運転しながら110番通報をしてもあなたが罪に問われる心配はありません。 困ったら迷うことなく、運転中であっても110番に電話をして助けを求めましょう。 もしも何か理由があってすぐに通報できない場合には後日にでも警察に相談しましょう。 こちらの記事を参考にして下さい。 続いてはこれらの危険な運転に対する罰則は次のようなものになっています。 続きをご覧下さい。 煽り運転に対する罰則 煽り運転をしたと認められたドライバーには 免許の点数に関わらず一発免停となる厳しい処分が待っています。 警察では煽り運転への罰則を強化しています。 煽り運転の結果として事故が起きていなくても暴行や脅迫といった悪質な行為があった場合、 30日から180日の免許停止が科されることになります。 警察庁ではこうした方針をを明確に発信しています。 警察庁のHPには次のような記述が見られます。 警察ではあおり運転等に対してあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底するとともに、積極的な交通指導取締りを推進しています。 「自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」には、危険性帯有者として、点数制度による処分に至らない場合であっても運転免許の停止処分が行われます。 これら二つの意味する所をかみ砕いて解説すると次のようになります。 煽り運転には徹底した取り締まりと捜査を行うよ• 煽り運転等をした人は免停等の処分を厳しく科すよ• 車を運転するときに危険な行為をする人と認めて一発免停にするよ 自分自身が車間距離の詰めすぎで煽り運転と言われないために、こちらの記事も併せてお読み下さいね.

次の

【あおり運転 徹底まとめ】回避や対策方法・罰則・通報時の注意点など

煽り運転 通報 意味ない

煽り運転の被害にあった場合の通報先は? 煽り運転の被害に遭った場合やトラブルに巻き込まれてしまった場合の 通報先は「警察」です! 無理に自分で解決しようとせずに、速やかに警察に通報しましょう。 警察に通報する際は、以下のことに注意しましょう。 車は、必ず距離をとり、安全な場所に停車させてください。 警察には状況を出来るだけ正確に詳しく伝える必要がある為、相手の車のナンバーや車種、相手自身の特徴などもしっかりと記憶しておいてください。 相手が車から降りて近づいてくるようなら、車から降りずにドアロックをしっかりとしてください。 できるだけ落ち着いて、警察が来るのを待ちましょう。 煽り運転の罰則は? 煽り運転は、道路交通法違反です! 道路交通法26条によって、ドライバーは車間距離の保持が義務付けられているので、違反した場合は以下の罰則が科せられます。 《高速道路での違反の場合》• 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金• 1万円、1万5千円、2万円の反則金• 違反点数2点 《一般道路での違反の場合》• 5万円以下の罰金• 6千円、8千円、1万円の反則金• 違反点数1点• 一般道での違反:5万円以下の罰金 煽り運転は本当に危険な行為で、最悪の場合は、命を奪ってしまう可能性もあります。 煽り運転によって相手を死傷させてしまった場合は、危険運転致死傷罪が適用されて、以下の罰則が科せられます。 負傷事故で最長15年以下の懲役• 死亡事故で最長20年以下の懲役(場合により最長30年以下にも)• 違反点数45~62点、免許取り消し、欠格期間5~8年の行政処分 軽い気持ちや、その時のイライラした気分を運転にぶつけてしまったが為に、自分の人生を棒に振ること、誰かの人生を奪ってしまうことに繋がりかねません。 煽り運転は、絶対にやってはいけない行為なので、自分が運転していない場合でも、ドライバーには十分注意をしてください。 スポンサーリンク 煽り運転から身を守るために出来る対策は? 無理な車線変更は行わない 自車による車線変更がきっかけで後続車の怒りを増幅させてしまう可能性があります。 なるべく後続車を刺激しないように、自車も丁寧な運転を心がけましょう。 車の窓からごみは捨てない 当たり前のことですが、タバコの吸い殻やペットボトルを捨てる人がいます。 これは後続車にとってとても危険な行為です。 報復行為として煽り運転に繋がる可能性があるので、このような行為はやめましょう。 ドライブレコーダーやダミーカメラを設置する 後続車が、なにかしらの理由で煽り運転をしようと思っても、ドライブレコーダーやダミーカメラが設置されているのを見ると、自分の煽り運転が記録されてしまうのを恐れて、冷静な気持ちに気持ちが落ち着く場合があります。 また、もし煽り運転をされてしまった場合も、ドライブレコーダーで記録されていると、客観的物的証拠として非常に有利になるので、設置しておいて損は無いと思います。 まとめ 煽り運転の原因は、自分の無理な運転の場合もありますし、まったく関係のない場合もあります。 出来る限り巻き込まれない為にも、自分の運転には余裕をもって、丁寧な運転を心がけましょう。 また、もし被害に遭ってしまった場合は、自分もつられて逆上してしまわないように「平常心」を心がけて、速やかに警察に連絡をしましょう。

次の

煽り運転されたと通報された。その後の対応について。

煽り運転 通報 意味ない

運転中の緊急通報は違反になるのか? 事件や事故を目撃したとしても 一般道であれば、停車して通報できますが 高速道路では気軽に停車することはできません。 また、あおり運転をされて怖い思いをしている最中など 何をされるかわからないですから、もちろん停車などできません。 そんな時に警察に通報して助けを求めるのは 携帯電話等の使用 違反点数1点、反則金6,000円 にあたるのでしょうか? やむを得ない緊急時の通報はOK 道路交通法の「ながら運転」に関係する項目を見てみると 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 )を通話 (傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )に表示された画像を注視しないこと。 長ったらしくて読み飛ばしてしまいそうですが 太字の部分「傷病者の救護または公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く」とあります。 同乗者が通報可能であったり、停車可能な状況であればいいですが 運転手である自分一人であったり、停車することが難しい状況の場合は 迷わず自分で110番通報しましょう! もちろん、違法ではありませんが 普通に運転しているよりも危険であることに変わりはありません。 より周りの状況に注意しながら行いましょう。 まとめ あれだけ問題になりましたが 今でも、あおり運転の被害は多く見受けられます。 挑発に乗ってケンカになっては危険ですから 迷わず110番通報して、警察に助けを求めましょう。 それでは安心安全なカーライフを!.

次の