ゞ 意味。 顔文字の(^^ゞ の意味

海外の顔文字「:

ゞ 意味

ハフポスト日本版編集部員10人に聞いたところ、「ありがとう」「ごめん」「お願い」の意味で文脈に応じて使い分けているという回答で全員が共通していた。 やはり誰も「ハイタッチ」の意味では使っていない...。 そこで注目したのは、絵文字の定義に記載されていた「日本文化において」という言葉。 ということは、日本以外のどこかの国で「ハイタッチ」として使われているのでは? 世界で17の国と地域に展開しているハフポストのネットワーク力を活かす時がついに!? 訪れました。 とにかく「ごめんね」の意味で「🙏」こちらの絵文字を普段から乱用している私が、ハフポストの同胞たちにどんな気持ちのときにこの絵文字を使っているのか、調査した。 衝撃の答えはコチラ。 謙遜や感謝の気持ちを伝えるのに使うわ。 それから許しを乞う時にも。 挨拶にも使われる。 欧米でいうところの握手に近いかも。 インドは伝統的に保守的な社会だから、人前で女性が男性と手を触れ合わせるというのはありえなかったの。 だから、握手の意味合いがナマステーに全部入っている。 だからこの絵文字「🙏」は欧米の握手的な感覚で使っていると思う。 " 話が広がってしまいましたが、ハイタッチには使っていないとのこと。 ハイタッチにも使われてるって知ったんだけど、どう見ても自分の手を合わせてる人にしか見えないよね。 謝る時?謝る時には使わないかな。 ごめんねを言いたい時は「👏」と「😥」のコンボを使ってる。 いずれにせよ韓国人は日本人並みに絵文字を使い倒していると思う。 " ハイタッチには全然使っていないそう。 むしろ「ごめんね」にも使っていなかった。 というか「👏」これは拍手かと思ってました...。 改まった態度で感謝を伝える時にも使わなくはないっていう感じかな。 「ありがとう」って意味で使う場合がほとんどかな。 それから、絵文字のジェスチャーが表しているように相手に何かを祈るような時かなぁ。 " キリスト教の神父さんや牧師さんが祈る時のジェスチャーですもんね。 しかし、ハイタッチは登場しません。 大げさにちょっと皮肉を込めて使うかも。 だって私たちってほとんど信仰心がないから、ちょっと大げさなジェスチャーって感じになるのよね。 謝る時?使ったことない。 ちょっと待って。 自信がなくなってきたから他のメンバーにも聞いてみる。 あと10代の女の子たちにも聞いてみるわ。 一時離脱... ) 大変!!! おかしいわ。 同僚がハイタッチの意味で使うって言ってる! 多くの人がこの絵文字の意味を祈りや祝福だと勘違いしてるけど本当はハイタッチなんだって言ってる。 イギリス版の編集者はハイタッチとお祈り両方の意味で使うって。 ああ混乱してきた。 うーん、まぁ正直文脈次第って感じじゃない?色々使い分けだよね絵文字って。 " ここにきてようやくアメリカ版、イギリス版のメンバーから「ハイタッチ」が飛び出して来てかなり興奮したのですが...。 実情は「ハイタッチ」の意味で使っているアメリカ人もいれば、そのことに驚くアメリカ人もいる状況。 結局は「文脈次第って感じ」とまとめらてしまいました。 国によって少しずつ意味は違えど、手と手を合わせるという身振りは、宗教的な意味も含む何かしらの意味があるもので、その文脈を踏まえてみんな使っているということ。 ということで、日本人同士もですが、外国人とのやりとりではより慎重に使ってみてください🙏🙏🙏 結論は「文脈次第」です。 ごめんなさい🙏🙏🙏 それにしても、どれだけ調査を続けても全然ハイタッチしているようには見えません。。。

次の

「OK・了解」のかわいい顔文字

ゞ 意味

Weblio公式 テキストメッセージのやりとりに織り込んで用いられる絵文字・顔文字は、英語では emoticon 、 smiley 、最近では emoji とも呼ばれます。 友達どうしのメールやチャット、ソーシャルメディアへの投稿など、カジュアルな場面でよく使われます。 英語の顔文字は、基本的には顔が横向きになっています。 例えば「 : 」という顔文字は、横になっている2つの目「:」と笑っている口「 」が組み合わさったものと見ることができます。 英語の顔文字の見方に慣れておけば、英語のやりとりで顔文字を使われた時、相手の感情をうまく理解する助けになります。 また、実際に顔文字を使うことで、英語のメールやメッセージでより豊かな感情表現をすることができます。 よく使われる顔文字としては、こんな例があります。 へへん。 ) :P (舌を出す。 ) :-o (口を開ける。 あーん。 ) :— (口を閉じる。 チュッ) : (大きな口。 ) :3 (曲がった口。 「emoji」は今や国際語。 さらに… 表情や感情をアイコン化したマークは海外でも「kaomoji」や「emoji」の呼び名で定着しつつあります。 テキストを駆使して作る顔だけでなく、日本のガラケーと同じようにテキスト中に挿入できるドット絵(アイコン)も emoji です。 日本式の縦書きで、日本ではあまり見ないけど海外でよく使われている顔文字としては 、 (ツ) があります。 口の端を片側だけ上げて笑った顔ですね。 ていうかカタカナじゃん。 2015年には、 にemoji が選ばれました。 すでに完全に市民権を得ているといえます。 顔文字はビジネスメールやフォーマルなメッセージではあまり使われませんが、くだけたやりとりでは一般的に使われています。 感情表現の方法の1つとして海外の顔文字を知っておくと、英語のくだけたメッセージを書く時や、英語でチャットをする時に役立ちます。 Photo:.

次の

踊り字の「々」や「ゝ」は漢字?記号?意外と知らない踊り字の豆知識|マナトピ

ゞ 意味

顔文字の(^^ゞ の意味 メールとかでやり取りをしているときに顔文字を使うことがありますし、顔文字入りの文で来ることもあります。 意味の分かる顔文字もありますが、時々意味の分からない顔文字があります。 例えば、(^0^)や(TT)などですと、喜びや悲しみなどとすぐに分かるのですが、(^^ゞだけはいまいち分かりにくく、友達に(^^ゞの文字をやたら使う人がいます。 そう、機嫌が悪いよい関係なく、喧嘩していても普通に話していてもです。 見た目では「頭をかいている」「こめかみに手を置いている」ように見えるのですが、分かりにくいかなと思います。 (^^ゞは、感情(怒りや喜びなど)で分類したら何になると思いますか? >(^^ゞは、感情(怒りや喜びなど)で分類したら何になると思いますか? うーん。 喜怒哀楽の感情のいずれかというより、「恐る恐る」「遠慮がちに話す」といった態度を示す意味合いに見えますね。 3さんが既に回答なさってますが、携帯メールでは「ぽりぽり」として顔文字登録されてる場合があるようです。 こうした顔文字、まだまだ他にもありますね。 ただ、顔文字の果たす役割って、時と場合により、様々だと思うんですね。 それ自体で心情や擬態語をリアルに表現する場合もあれば、文章の持つストレートさを和らげる緩衝材だったり。 自分の想いを相手に伝えようとする時、相手が解釈に困らないよう懇切丁寧に表現してみせるのも親切です。 が、その一方で、敢えて、どうにでも解釈できる表現を用い、その意味を相手の解釈の自由に委ねる親切もあるように思います。 顔文字の性質は、どちらかといえば後者かな、と。 色んな解釈の幅を楽しめるところが魅力のひとつでもありますしね。 メール送信者が、状況を問わず、同じ顔文字を頻繁に使うのであれば、あまり勘繰らず「ふぅん、これがこの子のキャラなんだな。 」程度に捉えていいと思いますよ。 ケンカしていてもメールしあえるような、くだけた間柄のお相手なら、尚更。

次の