目頭 切開 傷跡。 まぶたと目頭切開の傷跡/傷跡の修正について/FAQ 創傷治癒 よくあるご相談/特定非営利活動法人・創傷治癒センター

目頭切開って痛い?傷跡や腫れのダウンタイム|山本クリニック

目頭 切開 傷跡

スポンサーリンク 目頭切開をするといい人は? 目頭切開をすると目の距離が近くなって見えるので目と目の距離が離れている人におすすめです。 また、目の幅も大きくなりますので目が小さくて悩んでいる人や目つきが悪く見える人・平行型の二重にしたいという人も希望される人は多いようです。 逆を言えば、目の距離が元々近い人や、蒙古襞がない人にはオススメできない手法です。 目頭切開の見分け方は何がある? では、次に目頭切開をした人としてない人の見分け方をご説明いたします。 一番わかりやすい見分け方は目頭の粘膜です。 目頭切開をおこなうと、蒙古襞で隠れていた粘膜の部分が露出しますので、大きく切開をしすぎた場合は目頭にピンク色の粘膜が見えることがあります。 次に、すっぴんなのに目頭が尖りすぎている場合や目頭と目じりのバランスが取れていなかったり、極端に目が近くなりすぎている場合も目頭切開を行った場合が多いです。 今はメイクなどでも切開風メイクをする人もいますので一概に全員がしていると言うわけではないのでご了承ください。 目頭切開をする場合はご自身の目の形に合わせて悪魔でも自然に行うことをお勧めします。 目頭切開の見分け方:傷跡 目頭切開をしたあとに傷跡が残りやすいという噂がありますが、実際のところはどうなのかを見てみましょう。 目頭切開といのは先ほど申し上げたように蒙古襞を切開していく手法なのですが、この時に完全に皮膚を除去してしまうと傷跡が目立ちやすくなるそうです。 目頭の皮膚はとても薄く、繊細なため、過剰な切開や、多量のまばたきなどで傷跡が目立ちやすくなります。 どの手術でも当てはまることですが、術後すぐに化粧をしたり、触ってしまうと細菌が入り炎症を起こすことで傷跡になってしまうこともあります。 目頭切開の見分け方:まつ毛の生え方 目頭切開をするとまつ毛が生えてこなくなるという噂を耳にしたことがあります。 何故そのような噂があるのか、ご説明します。 厳密にいうと、まつ毛が生えてこなくなるのではなく、まつ毛が目頭から生えていないように見えるというのが、正しいです。 というのも、目頭の蒙古襞を切開して目の幅を広くしているので切開した部分にはまつ毛が生えていないということです。 まつ毛が生えなくなるというわけではないのでご安心ください。 【まとめ】目頭切開の見分け方 以上が、「目頭切開の見分け方」についてでした。 あの人は、目頭切開してるのか?と気になった時は、今回ご説明した見分け方を使って調べてみてください。

次の

目頭切開の見分け方は?傷跡やまつげで分かる?

目頭 切開 傷跡

目頭切開はバレない? このページでは、目頭切開を受けたことをバレないために気をつけたいポイントやバレにくい術式、施術後に行うべきことをまとめました。 バレた方とバレなかった方の体験談も紹介しているので、ぜひチェックしてください。 目頭切開がバレないための3つのポイント 目頭切開を受けたことがバレるかどうかは、医師の腕によります。 バレたくない方は、以下のポイントに気をつけるといいでしょう。 執刀医がカウンセリングを行う• 自分に合う目頭デザインにする• 医師の腕や実績をチェック この3つのポイントに気をつけながら施術を受けると、バレない目頭切開を叶えることができるでしょう。 カウンセリングの重要性 施術を受けたことをバレなたくないという要望があれば、カウンセリングで伝えることができます。 バレたくないという気持ちだけでなく、切開部分を小さくしてほしい、術式はこれがいいといった希望を伝えることも可能です。 要望や希望に沿った施術を受けたいと考えるなら、執刀医がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行っているクリニックがおすすめ。 一人の医師がすべて担当していれば、自然な美しい目元に…という願いがきちんと伝わる確率が高くなり、想像と違う結果になってしまった…ということがありません。 カウンセリングで「この先生にお願いしたい」と思った医師に手術をしてもらうことで患者・医師双方に信頼関係も生まれ、要望を伝えやすくなります。 デザインの重要性 目頭切開でバレない施術といえば、傷が小さくて自然な仕上がりになるデザインです。 目頭切開にはさまざまな術式があるので、自分の目の状態に合った術式を選択することで、周囲にバレない目頭切開を受けられるでしょう。 逆に、目元を華やかに大きく見せるデザインは、傷が大きくなりバレる可能性が高くなるといえます。 どのような施術を得意としているかを知っておくのもポイントです。 バレない自然な仕上がりを希望する方が大きな変化を得意とするクリニックへ行っても、きっと満足感は得られません。 自然な仕上がりを得意とするクリニックを探すのがおすすめです。 各クリニックが掲載しているモニター写真からその術者のセンスがある程度見えてくるので、ぜひチェックしてください。 医師の腕や実績の重要性 医師に高い技術力や多くの経験値、美的センスが備わっているかも、バレるかどうかを決めるポイントです。 腕の確かな医師は、傷跡を目立たなくしたり腫れを少なくしたりできるスキルがあります。 これまでに目頭切開治療に携わった経験の豊富さも重要です。 さまざまな術式がある目頭切開では、医師が施術を受ける方にピッタリの術式を見極める必要があります。 自分に合わない施術を受けると、腫れや傷の痛みに悩まされ、そこからバレる可能性があるからです。 見た目に自然さと繊細なデザインをつくる美的センスも大切。 周囲にバレずに自然で美しい目元をつくるには、スキルや実績、美的センスを持っている医師を選びましょう。 当然といえば当然ですが、バレないためには医師選びが不可欠です。 目頭切開にはバレにくい施術がある 一口に目頭切開といっても、Z法・W法・リドレープ法・三日月法などさまざな術式があります。 なかでもZ法はスタンダードな目頭切開で、ダウンタイムが短く傷跡が目立たない術式です。 とはいえ、どの術式が自分に適しているかは目元の状態によって変わります。 一概に「この術式だとバレない!」とはいえないので、まずは医師に相談するのがおすすめです。 スタンダードでバレにくいZ法 現在、多くのクリニックで行われている目頭切開法の一つで、目頭を覆う蒙古(もうこ)ヒダをZ型に切開する方法です。 切開した部分の皮膚の位置を入れ替えることで、目の横幅を広げて目を大きく見せてくれます。 傷口の引きつれが起きにくく皮膚を切除する量も少ないため、傷が小さくて術後の腫れや痛みなどのダウンタイムが短い施術です。 離れ目の改善や末広型の二重を平行型にできるといったメリットもあります。 ただし、可愛らしい目元を目指す方には不向きといえるでしょう。 柔らかい目元になれるW法 W法は、目頭を覆う蒙古ヒダをW型に切開して取り除き、目を大きく見せる手術です。 可愛らしい雰囲気を残したまま目を大きく見せられるので、他人に若々しい印象を与えることができます。 医師によって上手・下手が分かれる手術でもあり、技術力が高くない医師に任せると、傷跡が長く目立ったままになる可能性も。 技術力の高い医師が手術を行えば、手術跡はほとんど目立たず良い結果となるでしょう。 技術力の高い医師に担当してもらうことが、Z法以上に重要な術式といえます。 韓国で主流の目頭切開リドレープ法 Z法やW法と比べて目頭を控えめに切開する手術法です。 目頭の縁に合わせて縫合するので、傷跡が目立ちにくく残りにくいという特徴があります。 韓国で主流な手術のためか、日本での症例数はあまり多くありません。 蒙古ヒダが強い方や大きな変化が欲しい方は、Z法やW法がより高い効果を期待できます。 リドレープ法のメリットは、他の目頭切開よりも自然な仕上がりになること。 手術時間が短いため、日帰りで手術を受けられます。 万が一失敗しても再手術が可能です。 デメリットは、他の目頭切開よりもダウンタイムが長引く可能性があること。 ある程度時間が経過しても赤みが取れない場合は、一度クリニックに診てもらいましょう。 また、費用相場が30万円ほどと、他の手術よりも若干高めの印象があります。 シンプルで手術時間が短い三日月法 目頭にある蒙古ヒダを三日月形に切開し、余分な皮膚組織を取り除いて縫合する方法です。 皮膚をなくして目頭を露出させるので、きりっとした目元に仕上がります。 古くから行われているシンプルな手法のため難しい技術がいらず、手術時間も短いことから多くのクリニックが採用している方法です。 切除する皮膚の長さや量を調節しやすく、腫れも少ないというメリットがあります。 軽度の蒙古ヒダの方に適応しやすい手術といえるでしょう。 ただし、シンプルな施術であるがゆえに皮膚が元に戻ろうとする力に負けてしまうことも。 結果として、施術前の状態に戻ってしまったという声も報告されています。 バレないために施術後行うべきこと 施術を受けたことをバレないようにするには、アフターケアやダウンタイムの過ごし方、隠し方などにもこだわると効果があります。 一つずつ詳しく見ていきましょう。 アフターケア 体の血流が良くなると、腫れたり内出血が目立ったりします。 傷が落ち着くまでは入浴やサウナは控えて、シャワーを使用するようにしましょう。 お酒や運動も1~2週間ほどは控えてください。 横になると顔に血流が増えてむくみやすくなります。 起床時は特にまぶたがむくんでバレやすくなるので、就寝時は枕を高くして頭をなるべく高い位置にするといいでしょう。 ダウンタイムの過ごし方 術後は目元を冷やすことで内出血の予防につながります。 内出血が少ないと腫れが目立ちにくくなり、バレる確率が下がるのです。 痛みの軽減効果もあるので、保冷材で冷やして2~3日ほど様子をみましょう。 ただし、それ以上の日数にわたって目を冷やすと、顔の血流が悪くなってむくむ場合があるため、冷やし過ぎには注意してください。 隠し方 基本的に目頭切開を受けた直後は、アイメイクをしてはいけません。 サングラスや黒縁の大きい眼鏡をかけて傷跡を隠すといいでしょう。 体がつらくなければ翌日からでも外出できます。 抜糸した日の翌日からはメイクが可能になるので、ファンデーションやコンシーラーを塗って隠すことが可能です。 ただし、メイクを落とす際は目をこすらないようにしましょう。 メイクがいつできるかは、ドクターやカウンセラーに確認する方法もあります。 目頭切開がバレなかった成功体験談 以前、目頭切開の手術を受けたところ目頭の形が不自然で傷跡も気になり、鬱々とした日々でした。 再び手術するのが怖かったのですが、一生こんな気持ちのままでいるのは嫌だと修正手術を決心し仙台中央クリニックへ。 自然な仕上がりになり、どこへ出かけても恥ずかしくないのが嬉しかったです。 (28歳:女性) 全国から患者が訪れているという評判のあるいちだクリニックへ。 カウンセリングがとても丁寧で、手術の腕前も評判以上でした。 目と目の間が離れてバランスの悪かった私の顔が、ナチュラルになりとても満足しています。 気になっていた傷跡も、半年経った今では他人が近づいてもほとんど分かりません。 (42歳:女性) 技術のある先生に手術してもらおうと、目白ポセンシアクリニックに行きました。 手術に関する説明や患者への姿勢などがとても信頼のできるもので、絶対にこの先生にお願いしたい!と思ったんです。 腫れは思った以上に少なくて、傷跡を隠すために買っておいたサングラスもほぼ使わず、周囲の人もまったく気づきませんでした。 (35歳:女性) 目頭切開がバレた失敗体験談 大きな目になるのを楽しみにして受けた目頭切開を失敗されてしまいました…。 ダウンタイムが落ち着いてからも腫れが残って不自然なまま。 クリニックにクレームを出しても「大丈夫」「問題ない」の一点張りで、安さで選ぶと後悔することになるのがよくわかりました。 (28歳:男性) 目頭を切られ過ぎました。 初めての手術だったのですが、絶対周りにバレています。 自信をつけるために受けた手術で、逆に自信をなくしてしまいました。 もっと色んなクリニックを調べておけば良かったです。 (20歳:女性) 両目とも左右対称になっていなくて、本当に不自然な仕上がりです。 もっとしっかりカウンセリングしてくれるところでやればよかったと思います。 職場の人にもバレてしまいました。 このままだと辛いので、お金を貯めて別のクリニックで修正してもらおうと考えています。 次は価格よりも実績で選ぶことにします!(31歳:女性) 目頭切開手術について知りたい素朴な疑問•

次の

まぶたと目頭切開の傷跡/傷跡の修正について/FAQ 創傷治癒 よくあるご相談/特定非営利活動法人・創傷治癒センター

目頭 切開 傷跡

あなたはどのタイプでしょうか? このような細かい要望はなかなか聞いてもらえないものですが、 ポセンシアクリニックではカウンセリング時間をしっかりと取ってご要望をお聞きしています。 多くあるトラブルは切り過ぎてきつい印象になってしまったり、寄り目になってしまうことです。 せっかく手術を行うのだからと、患者様のご希望より術者の思うままに手術をされてしまうことが多くなります。 必要最小限の切開。 希望者には透明の糸で縫合し、術直後でも傷跡は目立ちにくい。 目頭切開の手術で一番大きなトラブルのひとつは、 傷跡が目立ってしまうことです。 ポセンシアクリニックでは必要最小限の切開で 最適な形に仕上げ、傷跡を最小限にします。 通常のクリニックでは黒色の糸で縫合しますが、 ポセンシアクリニックではご希望者の方にはオプションで 透明の糸を使用し、さらに傷を目立ちにくくしています。 また、ケロイド予防や傷の赤みを早く引かせて傷の治りを 良くする内服薬を処方しています。 ドライメソッドで最小限の麻酔でしっかりと効かせ、 必要最小限の切開。 希望者には透明の糸で縫合。 翌日から仕事へ行く方も。 ポセンシアクリニックでは、ほんのわずかの麻酔量しか使わないのに しっかりと効いて痛みのないドライメソッドを行っています。 麻酔の量が少ないことも腫れを少なくさせるコツのひとつです。 手術は必要最小限の切開で最適な形に仕上げ、傷跡を最小限にしますので、 傷はかなり小さく目立ちません。 さらにご希望者の方にはオプションで透明の糸を使用し、傷を目立たなく しているので、手術翌日からメガネをかけて仕事に行かれる患者様も いらっしゃいます。 (ただし、当院の推奨は抜糸後からの社会復帰です) では、超極細の針、超極細の糸、腫れを早く回復させる 点滴を行っているので、さらに回復までの期間は短くなります。 カウンセリング時間をしっかりとお取りし、 十分に話し合うことで的確な術式とデザインを決めます。 手術中にミラーチェックを行うことで可能な限り ご希望の仕上がりに近づけています。 目頭は小さな変化で顔全体の印象が変わってくる重要な部分です。 ポセンシアクリニックでは術前のカウンセリングでご要望を しっかりと聞き出し、そのご要望にあった術式を選んでいます。 これは何種類もの術式を使い分ける当院院長だからこそできる方法であり、 通常は一種類の術式でしか行われないので、術式のニュアンスの使い分け までできません。 また、同じ手術法でも切る量の調整により、さらに細かいニュアンスの調整 まで行っています。 また、 手術中のミラーチェックで患者様ご自身にご確認いただき、 必要があれば手術中に調整し、患者様のご要望に可能な限り 近づけるようにしています。 目頭切開をご希望の患者様に最も多いご相談のひとつです。 日本人には蒙古ヒダがしっかりとあって、目と目の間が離れている人が 多いです。 目と目の間が離れていると子供っぽく見えてしまいます。 目頭切開ミニZ法で目頭の形を整えながら蒙古ヒダを少なくし、目と目の間の距離を縮めながら目を大きくし、美人系の顔にしていきます。 W法だと傷跡が大きくなり腫れが出やすくなるのと美人系というより かわいい系になるので、この場合はミニZ法を選びます。 普通にZ法を行うときつい感じになってしまうこともあるので、 手術中に十分なミラーチェックを行い、患者様にもご確認いただきながら美人系 だけどきつい感じにならないように注意しながらポセンシアクリニックでは手術を行っています。 美人系だけどきつい感じにならないように 漠然と目頭切開を受けたいとご来院される方も結構いらっしゃいます。 こんな場合はまずカウンセリングに時間を取ってじっくりとご要望を お伺いします。 ドクターがカウンセリングを行う時間をしっかりと取っていないクリニッ クが多く、患者様が目頭切開を希望されたらそのまま手術をしてしまう 場合が多いですが、十分に打ち合わせをしてから手術をしないと患者様が イメージしている仕上がりと術者がイメージしている仕上がりが食い違い、 のちのちトラブルになるケースは少なくありません。 ポセンシアクリニックでは、キレイ系になりたいならミニZ法、 かわいい系になりたいならW法など術式を使い分けながらデザインを行います。 これがポセンシアクリニックのパーソナルeyesデザイン法です。 術式を使い分けながらデザインする パーソナルeyesデザイン法 目頭切開をご希望される患者様には、寄り目を改善したい、 目を大きくしたい、平行型にしたいなど様々なお悩みがあって ご来院されます。 希望をしっかりと聞き出さないと、単に誰に でも同じような目頭切開をする並のドクターでは様々な悩みを 持つ患者様をご満足させることはできません。 寄り目気味だけど目頭切開を受けたいという患者様の場合、 普通に目頭切開を行ってしまうとさらに寄り目になってクレ ームになります。 自然な範囲ギリギリに少しだけ目頭切開を行って寄り目に見せ ないようにしながら目を大きくしたり、平行型希望で目頭切開 を行いたい場合には通常のZ法やW法でなく、上部形成術によ り目と目の間の距離を保ちながら平行型にしたりするケースが あります。 このあたりの細かい使い分けをするためには、しっ かりとした技術と美的センス、時間をしっかりと取ったカウン セリングが重要となります。 ポセンシアクリニックでは、様々な術式を使い分けする院 長が、カウンセリング時間をしっかりと取ってお話を伺ってい ます。 目頭切開をご希望される患者様でご要望が多いものの ひとつです。 二重の形によって目頭切開だけで平行型になる場合と ならない場合があります。 二重を広げながら目頭切開を 行わないと平行型にならない場合もあります。 また、「目頭切開だけでなく二重の全切開もしなければ 平行型にならない」と他院で言われて、当院に相談に 来られた方で、目頭切開単独で平行型にした事例も ございます。 お一人おひとりの目の状態を見極めての目頭切開の診断は 難しいものです。 ぜひ、無料カウンセリングでご相談 ください。 ・入念なカウンセリングで、要望をヒアリング。 ・緊張させない雰囲気を提供。 実際に手術を行う術者によるカウンセリングは十分でしょうか。 カウンセラーや看護師がカウンセリングするクリニックは要注意です。 ドクターがカウンセリングを行う時間をしっかりと取っていないクリニック は多く、医師によるカウンセリングは5分以内というクリニックもあります。 医師免許を持たないカウンセラーや看護師がカウンセリングをするという クリニックが多いと言われています。 施術を行う医師がしっかりと患者様の ご要望を共有していないと後々トラブルになりかねません。 ポセンシアクリニックでは、カウンセリングを院長みずからしっかり と行うことにより、患者様のご要望を的確に手術に反映できるように努め ています。 最適なデザインと手術方法 ご希望の更に上のご提案 ・手術方法[ミニZ法、W法、上部形成術、拡大型Z法]をご要望の形に合わせて選択可能患者様にご満足いただけるような提案を心がけています。 目頭はわずかの変化で顔全体の雰囲気を変えられる場所です。 インターネットからの知識、モデルさんや女優さんの顔をマネする形で目頭切開の 手術をご希望されても、それが結果的には患者様には似合わないこともあります。 ポセンシアクリニックでは、単に患者様の要望を伺ったまま手術をする のでなく、より良い結果が導き出そうな場合は、更に上の提案をいたします。 そして良い結果が出なさそうな時は、手術自体をお断りすることもあります。 施術のご成約優先ではなく、患者様にとって最善のご満足を提供することを モットーとしています。 種類 一般の Z法 傷跡• 小さくてすむ メリット• 大きな目になる• 大人っぽい目元になる デメリット• 人によってはきつい目・老けた感じに見える 種類 ポセンシアクリニックの 目頭切開ミニZ法 傷跡• Z法よりさらに小さくてすむ メリット• 自然な大きな目になる• 目頭の形は三角で、キレイ系の顔になる• 大人っぽい目元になる デメリット• 人によってはややきつい感じに見えることがある 種類 ポセンシアクリニックの 目頭切開W法 傷跡• 傷が大きくなりやすいため、目立たなくする技術が必要 メリット• 平行型にしやすい• 大きな目になる• かわいらしい感じを出しやすい デメリット• キレイ系・大人っぽい雰囲気は出しにくい• 目頭の形が丸くなりやすい 種類 ポセンシアクリニックの 目頭切開上部形成術 傷跡• 傷跡と二重ラインに見えるので目立たない メリット• 目頭から始まる大きな末広型や平行型にできる• 寄り目気味の場合も手術が可能 デメリット• 目の大きさは変わらない 種類 ポセンシアクリニックの 目頭切開拡大型Z法 傷跡• 傷跡が大きくなりやすいため、目立たなくする技術が必要 メリット• 平行型にしやすい• 大きな目になる• かわいらしい感じを出しやすい• 目頭の形は三角で、キレイ系の顔になる デメリット• 人によってはややきつい目・老けた感じに見える• 切開線が長くなる 種類 一般の Z法 ポセンシアクリニックの 目頭切開ミニZ法 ポセンシアクリニックの 目頭切開W法 ポセンシアクリニックの 目頭切開上部形成術 ポセンシアクリニックの 目頭切開拡大型Z法 傷跡• 小さくてすむ• Z法よりさらに小さくてすむ• 傷が大きくなりやすいため、目立たなくする技術が必要• 傷跡と二重ラインに 見えるので目立たない• 傷跡が大きくなりやすいため、目立たなくする技術が必要 メリット• 大きな目になる• 大人っぽい目元になる• 自然な大きな目になる• 目頭の形は三角で、 キレイ系の顔になる• 大人っぽい目元になる• 平行型にしやすい• 大きな目になる• かわいらしい感じを 出しやすい• 目頭から始まる大きな末広型や平行型にできる• 寄り目気味の場合も 手術が可能• 平行型にしやすい• 大きな目になる• かわいらしい感じを 出しやすい• 目頭の形は三角で、 キレイ系の顔になる デメリット• 人によっては きつい目・老けた感じに見える• 人によってはやや きつい感じに見えることが ある• キレイ系・大人っぽい雰囲気は出しにくい• 目頭の形が丸くなりやすい• 目の大きさは変わらない• 人によってはやや きつい目・老けた感じに見える• 切開線が長くなる 目と目の間の距離と目頭の形で キレイ系とかわいい系の差や 見た目の若さに違いが出てきます。 カウンセリング・デザイン・施術・ 術中ミラーチェック・ケアをワン・ドクターで。 その方の顔全体の雰囲気を見ながら、 ご納得いく形に仕上げる、 それがポセンシアクリニックの 目頭切開パーソナルeyesデザイン法です。 ポセンシアクリニック院長 永久晶浩(ながひさあきひろ) 院長略歴 資格等 平成5年3月 国立神戸大学医学部卒業 日本美容外科学会認定専門医 平成5年4月 神戸大学附属病院勤務 日本美容外科学会会員 平成9年5月 大手美容外科勤務 日本美容形成外科医師会会員 平成13年3月 大手美容外科東京本院副院長 日本美容外科医師会会員 平成14年2月 ポセンシアクリニック開院 点滴療法研究会会員 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 日本先進医療医師会会員 院長略歴 平成5年3月 国立神戸大学医学部卒業 平成5年4月 神戸大学附属病院勤務 平成9年5月 大手美容外科勤務 平成13年3月 大手美容外科東京本院副院長 平成14年2月 ポセンシアクリニック開院 資格等 日本美容外科学会認定専門医 日本美容外科学会会員 日本美容形成外科医師会会員 日本美容外科医師会会員 点滴療法研究会会員 高濃度ビタミンC点滴療法認定医 メールでのご予約を希望される方は、下記フォームに記入の上、お申し込みをお願いいたします。 休診日は不定期です。 事前にご確認をお願いいたします。 お急ぎの場合には、お電話でのご連絡をお願いいたします。 *予約希望日をご記入下さい。 * 第1希望 月 日 時間 * 第2希望 月 日 時間 *お名前 例)目白 花子 *フリガナ 例)メジロ ハナコ *電話番号 例)03-5983-8055 *メールアドレス 例)account yourprovider. jp *メールアドレス確認 例)account yourprovider. jp *性別 女性 男性 *年齢 *住所(都道府県) ご希望やその他メッセージをご記入ください。

次の