楽天tv 野球 解説者。 Rakuten TV、パ・リーグ6球団の定額見放題サービス 「Rakuten パ・リーグ Special」の提供を開始

プロ野球解説者一覧

楽天tv 野球 解説者

「 Rakuten パ・リーグSpecial」は、楽天市場の動画配信サービス「 Rakuten TV(楽天TV)」のいろいろある月額コースの1つです。 パ・リーグの6球団の試合をライブ視聴&見逃し配信できる、パ・リーグの動画専門の月額コース。 もちろん、楽天TVサービス内の映画やドラマをレンタル購入したり、他の月額コースを購入して利用できたりします。 ちなみに、楽天TVのサービスを利用するには利用登録が必要ですが、利用登録は無料です。 公式サイト: 「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の違いを比較 簡単に結論をいいますと、「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」は違うものとなります。 それでは、違いを1つ1つ詳しくみていきます。 1.料金プランの違い 料金プランの違いは、以下になります。 こちらのパックは、パ・リーグ各球団のファンクラブ会員なら950円の割引価格に。 その他の「 交流戦パック」は交流戦の試合だけがみれ、「 1dayチケット」は1日だけ試合がみれるプランとなってます。 楽天TVは、基本的に1プランしかなく、月額か年額で支払うかの違いだけです。 年額にすると、だいぶお得。 ちなみに、どちらも入会金や解約手数料といったものはありません。 2.支払い方法の違い 支払い方法の違いは、以下になります。 パ・リーグTV 楽天TV クレジットカード 楽天Pay決済 Yahoo! ウォレット(口座振替も可能) キャリア決済(ドコモケータイ決済、auかんたん決済) クレジットカード キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い) ちなみに、楽天TVの支払いに関しては、以下の条件があります。 キャリア決済では「 楽天スーパーポイント」「 ラ・クーポン」を利用できない• ドコモケータイ払いでは「 アダルト作品」を利用できない• 年額プランは「 クレジットカードのみ」 3.視聴できる試合の違い(公式戦、交流戦など) 視聴できる試合の違いは、公式サイトでは以下のように記載されてます。 しかし、パリーグTVの方が、パ・リーグに関する試合が多くみれます。 二軍公式戦の試合や、巨人・阪神主催の交流戦がみれますし。 よりマニアックに、多くの試合をみるならパリーグTVですね。 4.その他のコンテンツ その他の動画コンテンツとして、以下のようなものがあります。 パ・リーグTV 楽天TV 見逃し配信(録画) 試合ダイジェスト ヒーローインタビュー 2012年以降のパ・リーグ主催の全試合アーカイブ 特集動画 見逃し配信(録画) 試合ダイジェスト ヒーローインタビュー 2018年以降のパ・リーグ主催の試合 オリジナル番組 基本となる「 見逃し配信」「 ダイジェスト」「 ヒーローインタビュー」はどちらも視聴できます。 しかし、パ・リーグTVはさらに多くの動画を楽しめるようですね。 特に、2012年以降のパ・リーグ主催の全試合がみれるのはスゴイ! また、特集動画があったりもしますね。 ファン感謝デー、新入団選手発表、野球教室などなど。 こちらも、パ・リーグTVの方がコンテンツが上です。 5.機能の違い 主な機能は以下のようになってます。 パ・リーグTV 楽天TV 実況ON/OFF マルチアングルVOD 最大3試合同時視聴(PCのみ) 倍速・スロー再生 倍速・スロー再生 ダウンロード機能 パ・リーグTVの方はいろんな機能がそなわってます。 実況をオフにして球場だけの音声にして、まるでその場にいるかのような体験ができます。 また、パソコンで見るなら同時に3試合が見れるのも面白い点。 楽天TVは機能は弱めですが、スマホアプリで「 ダウンロード機能」を利用してオフライン視聴が可能。 自宅のWi-Fiで動画をダウンロードしておいて、外出先で通信費を気にせず視聴できます。 細かく使いこなすならパ・リーグTVと。 6.画質の違い 画質は以下のようになってます。 パ・リーグTV 楽天TV 自動 1080p 720p 360p 138p 品質:高 1080p 720p 品質:中 540p~360p 品質:低 270p~140p 画質(画素数)の数値は、以下を参考にどうぞ。 パ・リーグTVは、通信速度によって自動で画質がかわります。 楽天TVは、配信している作品によって画質はかわるようです。 そして、自動で画質を表示することができますが、手動でも品質を設定でき、画質変更が可能となってます。 画質はほとんど同じですが、品質を設定できる点は楽天TVが良さそう。 キレイに見たい場合は、とにかく通信速度は大事になってきます。 7.対応デバイスの違い 対応しているデバイスの違いは、以下になります。 パ・リーグTV 楽天TV スマホ・タブレット、PC (テレビで見る場合) Chromecast、Apple TV、Miracast、HDMIケーブル スマホ・タブレット、PC (テレビで見る場合) 楽天TVに対応したスマートテレビ Fire TV、Apple TV、Android TV、Chromecast、PlayStation4、HDMIケーブル どちらも、基本的にはAndroidとiOSのスマホ・タブレット、またPCでの視聴は可能ですね。 そして、テレビで見るにはそれぞれSTBなどの機器をつかって見れます。 楽天TVの方が、対応している機器が少し多いので、テレビを中心として見るなら楽天TVがおすすめ。 比較まとめ(表) 今までの比較した内容を表にまとめます。 ウォレット(口座振替も可能) キャリア決済(ドコモケータイ決済、auかんたん決済) クレジットカード キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い) 視聴できる試合 パ・リーグ主催の一軍公式戦 パ・リーグ主催のオープン戦 パ・リーグ主催の交流戦 パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ 巨人・阪神主催の交流戦 パ・リーグ主催の二軍公式戦(一部対象外) パ・リーグ主催の一軍公式戦 パ・リーグ主催のオープン戦(一部) パ・リーグ主催の交流戦 パ・リーグ主催のクライマックスシリーズ 他コンテンツ 見逃し配信(録画) 試合ダイジェスト ヒーローインタビュー 2012年以降のパ・リーグ主催の全試合アーカイブ 特集動画 見逃し配信(録画) 試合ダイジェスト ヒーローインタビュー 2018年以降のパ・リーグ主催の試合 オリジナル番組 機能 実況ON/OFF マルチアングルVOD 最大3試合同時視聴(PCのみ) 倍速・スロー再生 倍速・スロー再生 ダウンロード機能 画質 自動 1080p 720p 360p 138p 品質:高 1080p 720p 品質:中 540p~360p 品質:低 270p~140p デバイス スマホ・タブレット、PC (テレビで視聴する場合) Chromecast、Apple TV、Miracast、HDMIケーブル スマホ・タブレット、PC (テレビで視聴する場合) 楽天TVに対応したスマートテレビ Fire TV、Apple TV、Android TV、Chromecast、PlayStation4、HDMIケーブル 無料お試し 現在はなし 現在はなし 口コミ・評判 パリーグTVと楽天TVの口コミ・評判をまとめてみました(主に、ツイッターから)。 人によって意見も違うところもありますが、参考までにどうぞ。 「パリーグTV」の口コミ・評判• ライブ放送は遅延もなく快適。 ただ2軍の試合は少し起きることも• 動画と音声がズレてる…• フリーズした後に打たれていた…• 2000本安打を見て駅で1人泣いてしまった• 仕事でいけないので、今さらながらパリーグTVに加入• 試合を見直してたら、パフォーマンスの時のある選手の行動が面白いのを発見• マルチアングルでいろんな角度から見ると面白い• 解説のオン・オフが地味に便利• 一球速報の方が早いな… よい意見としては、「 機能」的な面がいくつかあり、あとは「 2軍」の試合がみれるという点など。 わるい意見としては、「 動画の動作」についてチラチラと。 楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の口コミ・評判• 快適に野球がみれるから助かる• 固まってまったく見れない• 数分の遅延がある。 数秒にしてほしいな• パリーグの主催試合だけ見るなら安いのでよい• 楽天スーパーポイントが使えるし、ポイント倍率が高くなるのでお得• パリーグTVより画質いいな• 2軍の試合みたいから、パリーグTVに乗り換えようかな• 球場の音だけにできないな…• もっと早く契約しておけばよかった… よい意見としては、やはり「 安い」「 お得」という意見が。 また、パリーグTVより「 画質」がよいという意見が、いくつかありましたね。 悪い意見としては、「 動画の動作」について不満のある人がチラチラとあり、「 2軍」の試合がみれないという点など。 動画の動作の問題や、遅延などはお互いあったりするみたいですね。 ただ人によっては、特に問題ないという人も。 個々の通信状態やデバイスの状態、大事な試合などで視聴者が集中した場合などに、そういったことが起こることも考えられますね。 おすすめする人 「パリーグTV」をおすすめする人 パリーグTVをおすすめする人は、以下になります。 骨の真髄までパ・リーグの球団のファンの人 やはり、最高にパ・リーグの動画をとことん楽しむならパ・リーグTV一択でしょう! 楽天TVより多くの動画がみれるので、ファンの方なら加入しても損はないと思います。 過去の名試合をみながらファン同士で語り合うのもよいですし、2軍選手から応援したい人にも最適。 特に熱心なファン、マニアックに楽しみたい方におすすめです。 楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」をおすすめする人 Rakuten パ・リーグSpecialをおすすめする人は、以下になります。 パ・リーグの主な試合がみれればよい人• 安い料金で楽しみたい人• 野球以外の映画・ドラマ・アニメなどの動画をレンタルしたい人 マニアックに楽しみたいならパリーグTVですが、シーズンの主な試合が見れれば満足という方や、とにかく外出先でもスマホで試合をみたいといった方なら楽天TVでも十分でしょう。 安い価格ですし、楽天会員なら加入しやすいですし、視聴環境の使い勝手は楽天TVの方が少しよさそうですし。 シンプルに楽しむならRakuten パ・リーグSpecialにおすすめです。 無料お試し期間はあるの? 現在のところ、パ・リーグTVには無料お試しはないです。 Rakuten パ・リーグSpecialは昨シーズンの期間限定で無料お試しができましたが、現在はありません。 今シーズンにまた無料お試しがあるかもしれませんね。 パリーグTVの申し込みは、以下の公式サイトの「利用登録」からどうぞ。 楽天TVの申し込みは、以下の公式サイトからどうぞ。 ちなみに、楽天TVについては登録方法をまとめておりますので、不安な方は以下の記事を参考にどうぞ。 セ・リーグの試合や、その他のスポーツも観戦したいなら「DAZN」がおすすめ! パ・リーグTVと楽天パ・リーグはパ・リーグ専門に動画を配信していますが、 DAZN(ダゾーン)は2020年今シーズンは広島東洋カープを除いた 11球団の試合を配信しています。 料金は 月額1,750円となっており、ドコモユーザーなら 月額980円。 31日間の無料体験があるので、気になる方はまずは無料体験をしてみてはどうでしょうか。 公式サイト: /(ドコモユーザー用) 詳しくは、以下の記事も参考にどうぞ。 / それでは、「パリーグTV」と楽天TV「Rakuten パ・リーグSpecial」の違いを比較してみるでした。 最新の情報は公式サイトにてご確認ください.

次の

プロ野球解説者一覧

楽天tv 野球 解説者

プロ野球解説者一覧(プロやきゅうかいせつしゃいちらん)では、日本を含む世界の球団で・・・を経験した人物のうち、に日本国内の・と契約を結んだうえで、公式試合のなどに出演する解説者やコメンテーターを以下に列記する。 氏名を 斜体で記した解説者は、2012年度以前に契約していた放送局へ2014年度に復帰した人物や、2014年度に解説者として契約する放送局を変更した人物を指す。 また、氏名を 太斜体で記した解説者は、2014年度新たに解説者として契約を結んだ人物を表す。 特定の放送局の野球中継で定期的に解説を務めながら、他局の(野球中継以外の)番組へコメンテーター・パネラー・タレントとして出演する人物については、解説者として中継に出演する局の項目にのみ記載。 中継へ定期的に出演する放送局がなく、ゲスト解説者として不定期で各局の中継へ登場する人物については、便宜上の項目にまとめている。 プロ野球選手を経験せずに解説者を務める人物については、コーチ・監督・スカウト経験者に限定する。 記述内容は2014年現在。 2006年WBC日本代表投手コーチ)• 日刊スポーツ評論家を兼任。 クラブチーム「」投手コーチ。 2009年・2013年WBC日本代表投手コーチ。 東京中日スポーツ評論家) 所属• (中日投手・コーチ) 所属• (近鉄投手・監督。 ・・解説者) 所属• (広島投手・コーチ。 2013年11月から監督にも就任。 NHKプロ野球(BSのMLB中継のみ)• (ヤクルト・横浜投手、西武・東京ヤクルトコーチ。 NHK・BSのMLB中継には2014年から出演。 NHKプロ野球(ローカル中継のみ) 所属• (南海内野手・外野手。 南海監督。 ダイエーコーチ。 (大洋~横浜外野手。 NHK横浜放送局では、2013年から神奈川県域FMで同球団主催試合の中継を開始したことを機に、解説者として起用。 日本テレビ系列 日本テレビ• NHK大阪放送局・関西テレビの阪神戦中継にも登場する。 (巨人投手)• テレビでは、在阪他局(朝日放送・関西テレビ・サンテレビなど)制作の阪神戦中継と、RCC・テレビ新広島・J SPORTS制作の広島戦中継にもゲスト解説者として登場。 フジテレビの全国向け中継や、北海道文化放送・CBC・中京テレビ・東海テレビ・テレビ愛知のローカル中継にも、ゲスト解説者としてたびたび出演する。 日本テレビの中継には、ゲスト解説者扱いで出演。 スポーツ報知評論家を兼任。 (巨人投手・コーチ。 (広島外野手・監督。 NHK解説者。 北京オリンピック野球日本代表守備走塁コーチ。 (日本ハム・横浜~DeNA・楽天内野手)• (東映・日拓・日本ハム内野手、日本ハムコーチ。 ニッポン放送・J SPORTS解説者)• (日本ハム・西武投手。 (中日・西武・ロッテ外野手、ロッテ・・日本ハム・中日コーチ。 STVラジオには2014年から出演。 STVラジオでの中継でも、ニッポン放送などの系列局から、解説者を派遣される場合がある。 ミヤギテレビ• 札幌テレビと同様に、NNS系列局から解説者を派遣される場合がある。 中京テレビ• まで日本テレビ制作の平日19時から全国ネットの巨人対中日戦の放送に先駆けて中京テレビローカルで平日18時30分より(2008年は18時16分から放送されることもあった。 )トップナイターを放送していた。 以降、日本テレビの巨人戦放映日が22~23試合となったこともあり、トップナイターは放送されなくなった。 読売テレビ• (阪神外野手・コーチ。 (近鉄・中日・米独立リーグ・オリックス投手。 読売テレビでは、関西ローカルの阪神戦中継にゲスト解説者扱いで出演するほか、関西ローカルの番組にも随時登場。 (西鉄~太平洋~クラウンライター・阪神・横浜・日本ハム捕手、ダイエーコーチ。 (阪急外野手、南海・西武・横浜・ロッテコーチ。 2014年からに進学。 (日本ハム・阪神投手。 KHB 東日本放送 いずれもゲスト解説者として出演• 夕刊フジ評論家とテレビ東京・ニッポン放送・FOX SPORTS・日テレプラス解説者を兼任• 解説者・評論家としての活動を優先しながら、2014年夏からレーサーとしてに参戦する予定。 (中日投手、コーチ。 ナゴヤドームでの中日ホームゲーム中継権を保有していないため、中日のビジターゲーム中継の差し替え実況と取材のみ担当。 解説者はいずれもゲスト扱いで、北海道テレビと同様に、テレビ朝日および系列局から解説者を派遣される場合もある。 朝日放送 ラジオネットワークはJRN・NRNのクロスネット。 「オリックス vs 巨人」などBS朝日単独の中継にも出演する場合あり。 (ダイエー・日本ハム・阪神・楽天投手)• CBCラジオ制作の中日対阪神戦中継にもゲストで出演。 (阪神内野手・監督。 関西テレビ解説者。 日本テレビ・広島テレビ・MBSラジオ・RCCテレビ・J SPORTSほか兼任。 ラジオ(ABCラジオ)の中継にのみ出演• 広島ホームテレビ• (広島投手・コーチ。 一時は出向扱いで、テレビ朝日の球種解説を担当していた。 (南海内野手、南海・ダイエーコーチ、ダイエー二軍監督。 不定期でRFラジオ日本の中継にも出演するほか、2014年からJ SPORTSのMLB中継解説者を兼任。 TBS系列 ラジオネットワークは (MBS・RCC・TBC・HBC・SBSはNRNとの。 ただしHBCは野球中継はヤクルトvs日本ハム戦(STVラジオが放送しない場合にLF協力で制作)を除きJRNのみ)。 (中日・ロッテ投手、横浜監督。 NHKのMLB中継へのゲスト出演もあり• (ロッテ内野手・監督。 (巨人外野手・コーチ。 (巨人投手。 TBSテレビ解説者)• (中日投手、中日コーチ・監督、阪神・巨人・西武コーチ、TBSテレビ・CBCテレビ・CBCラジオ・フジテレビ・東海テレビ・東海ラジオ解説者。 (阪神・西武捕手および内野手、ダイエー監督、阪神・楽天コーチ、北京オリンピック野球日本代表ヘッド兼打撃コーチ。 (大洋・横浜・近鉄投手。 評論家。 (巨人内野手。 かつては、日本テレビ・フジテレビなどの中継にもゲストで出演。 BS-TBSのパ・リーグ球団主催ゲーム中継のみ出演• フリー参照 DeNA主催ゲーム単独中継(一部BS-TBSと同時放送)にのみ出演• (大洋投手、横浜コーチ。 (巨人内野手・外野手、横浜内野手・コーチ、楽天コーチ。 2013年はBS-TBSのロッテ主催ゲームも担当• 北海道テレビ・北海道文化放送・文化放送・GAORA兼任。 (広島・日本ハム・巨人投手。 (西武・日本ハム投手、日本ハムコーチ。 出身地に近いで開催される試合の中継や、TBSラジオからの裏送りを中心に登場。 系列局・毎日放送のプロ野球中継・番組にも随時出演。 東北放送• (ロッテ捕手、ロッテコーチ・二軍監督)• 2013年には一時、野球解説者としての活動と並行しながら、の監督も務めていた。 (巨人内・外野手、巨人コーチ・二軍監督、楽天コーチ。 東北放送では、2013年にテレビ(TBCテレビ) の中継限定で出演した後に、2014年からラジオ(TBCラジオ)でも解説を担当。 系列局・毎日放送(MBSラジオ)のプロ野球関連番組にも、仙台から随時出演。 CBCテレビ・CBCラジオ• フジテレビ・日本テレビ・北海道文化放送・中京テレビ・東海テレビ・テレビ愛知兼任。 文化放送・フジテレビ・FOX SPORTS・J SPORTS兼任。 (中日外野手・コーチ)• (阪急投手、オリックス・中日コーチ、中日監督。 NHK・テレビ大阪解説者。 CBCラジオの中継にのみ出演• 中日スポーツ評論家や東海ラジオ・メ~テレ・テレビ愛知野球解説者も兼任。 ( ナゴヤドームの中日対阪神戦中継でからゲスト解説として派遣:矢野燿大) 毎日放送• 2014年から、ラジオ中継に限って専属で契約するとともに、テレビ中継にも「MBSラジオ野球解説者」として本数契約で出演(一部GAORAと同時放送)。 日本テレビ・ABCテレビ・サンテレビ・RCCテレビ・テレビ新広島他兼任。 (阪神・ロッテ投手、阪神コーチ)• MBSテレビの中継・番組に「MBSラジオ野球解説者」という肩書で出演するほか、他の在阪テレビ局の中継・番組にも登場。 MBSテレビの中継・番組には「MBSラジオ野球解説者」という肩書で出演するほか、他の在阪テレビ局の番組にも登場。 中国放送• 日本テレビ・ABCテレビ・MBSラジオ他兼任。 (広島投手。 ラジオの全国中継および予備カードでは、TBSグループとの契約があった2012年まではJRN向けにのみ登場していたが、RCC単独契約となった2013年からはNRN向けにも出演。 (広島外野手・内野手、広島コーチ・二軍監督) RKB毎日放送• (南海~ダイエー・巨人・横浜内野手および外野手。 巨人コーチ)• (日本ハム・ダイエー外野手、ダイエー~ソフトバンク・横浜コーチ。 フジテレビ・テレビ西日本・ニッポン放送解説者)• テレビ東京• 北海道文化放送・北海道テレビ・東日本放送・GAORA・HBCテレビ兼任。 テレビ愛知 いずれもゲスト解説者として出演• (阪神・南海・広島・日本ハム・西武投手。 他局の中継にも不定期でゲスト出演。 テレビせとうち プロ野球球団の本拠地がない・が放送エリアのため、テレビ大阪制作の阪神ビジターゲーム中継を不定期で同時ネット。 ただし、放送エリア内にある(阪神の準フランチャイズ球場)で広島対阪神戦を実施する場合に、同局制作の中継に技術協力として関わることがある。 2010年には、同スタジアムの阪神ホームゲームを自社制作で中継した。 TVQ九州放送• (ダイエー・横浜投手。 (ダイエー~ソフトバンク外野手。 スポーツニッポン評論家とニッポン放送解説者を兼任。 (東映・南海・阪神投手。 (日本ハム・阪神内野手、阪神コーチ。 2014年からは、・ベースボールクラブゼネラルマネジャーも兼務。 (近鉄・中日・西武内野手。 関西テレビの中継や番組にも出演。 (大洋~横浜・日本ハム内野手、横浜~横浜DeNAコーチ)• (大洋投手。 (中日内野手、西武コーチ。 ニッポン放送解説者。 北海道放送・北海道テレビ・文化放送・GAORA兼任。 日本テレビ・フジテレビ・CBC・中京テレビ・東海テレビ・テレビ愛知兼任。 (ヤクルト外野手・コーチ・二軍監督・監督。 ニッポン放送解説者とサンケイスポーツ評論家を兼任。 仙台放送 いずれもゲスト解説者として出演• (ヤクルト・巨人・阪神内野手。 阪神コーチ。 中継の解説者は同局から派遣される。 東海テレビ放送• (中日投手、中日・楽天コーチ。 (中日投手、中日・近鉄・ダイエーコーチ、横浜監督。 (中日内野手。 東海テレビではオープン戦のみに登場していたが、2010年から中継に登場していない。 (近鉄内野手、近鉄・オリックス・ソフトバンクコーチ、オリックス監督。 テレビ西日本解説者と日刊スポーツ西日本評論家を兼任。 但し、初回出演予定の回は都合により金石に変更。 2013年まで解説者を務めていたが中日のバッテリーコーチに就任したため、2014年の中継から在広局との解説者契約がなかった広島OBが随時本数契約で出演。 また、他のフジテレビ系列局からも解説者を随時派遣する予定。 テレビ西日本• 関西テレビ兼任。 独立UHFテレビ局 TOKYO MX• (巨人・日本ハム・ヤクルト投手、ヤクルト・巨人コーチ。 テレ玉ではベンチリポート専任。 文化放送・朝日ニュースター(テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ)野球解説者を兼任。 (西武投手、西武コーチ。 (ロッテ・クラウンライター・ヤクルト投手。 テレビ東京解説者)• (ロッテ内野手。 2014年から社会人野球・の監督に就任。 テレビ神奈川• (大洋・巨人内野手、大洋・巨人・広島・横浜コーチ。 藤波行雄 三重テレビ・JSPORTSなどの番組への出演については、2010年度から番組単位・試合単位の契約へ移行。 契約上は東海テレビとの兼任扱いだが、同局で放送される中継には同年度から出演していない。 (阪神投手・球団職員。 ABCラジオ解説者)• (広島捕手、広島・阪急コーチ、阪急~オリックス・日本ハム監督。 (広島・南海・阪神外野手、広島・阪神・オリックスコーチ。 サンテレビでは、2013年まで阪神戦の中継のみ担当したが、オリックス球団制作中継も兼任する2014年からオリックス戦中継にも出演。 (阪急・広島・近鉄・巨人・南海内野手、日本ハムコーチ、サーパス神戸監督。 FOX SPORTS兼任。 日本テレビ・読売テレビ・MBSラジオ兼任。 (阪神・東京投手、阪神・西武・ダイエーコーチ。 しかし、同年末に近鉄球団が消滅したため、2005年に自社制作から撤退した。 現在は主に、サンテレビ制作の阪神戦の中継を同時ネット。 テレ玉で放送されるGAORA制作の日本ハム戦中継を、同時ネットで放送することもある。 ラジオ局 文化、ニッポン、東海、STVは加盟。 についてはを参照。 はを参照。 についてはを参照。 文化放送• 文化放送では、平日の『』を中心に出演。 北海道放送・北海道テレビ・北海道文化放送・GAORA兼任。 2014年から『文化放送ライオンズナイター』に出演。 (西鉄~太平洋クラブ~クラウンライター~西武投手、西武監督。 テレビ朝日解説者。 (東京~ロッテ・西武内野手。 (巨人投手。 ( フジテレビ兼任:、、、) RFラジオ日本• (巨人・西武投手、巨人コーチ、コーチ。 (巨人外野手、巨人コーチ。 (毎日・巨人内野手、巨人コーチ・二軍監督、大洋二軍監督・監督、西武コーチ。 日本テレビ解説者)• (巨人・太平洋クラブ・大洋投手、巨人コーチ。 (ヤクルト・ロッテ・中日投手。 2013年からの監督を兼務。 2013年には、『MBSタイガースライブ』(MBSラジオ)へゲスト解説者として登場。 同球団主催試合の中継『』において、2013年から「ざっくばらんなスーパースペシャルアドバイザー」という肩書で定期的に出演。 東海ラジオ放送 歴代の傾向として、ほとんどの解説者が・を除く(一部を除く)在名放送局と兼任している。 テレビ愛知・メ~テレ兼任。 (阪神・オリックス投手、オリックスコーチ。 ラジオ関西からの派遣扱いで、ラジオ日本制作の関西圏開催試合中継にも出演。 衛星放送・ケーブルテレビ BS放送 については、については、については、については、については、についてはをそれぞれ参照。 TwellV 球団制作のため、ひかりテレビ・パ・リーグライブTV・BS朝日・FOX SPORTSで配信・放送される場合がある。 いずれもゲスト解説者として出演。 ロッテ球団制作• (ロッテ・横浜・投手。 2014年には、野球連盟の補佐およびの統括コーチに就任する一方で、NPB公式戦の開幕直前に現役引退を表明。 (ロッテ・阪神外野手、台湾コーチ、)• (東京~ロッテ外野手、ロッテコーチ・スカウト。 J SPORTS・フジテレビONE・ニッポン放送解説者)• J SPORTSでは自社制作の他、2014年からテレビ新広島制作の中継にも出演。 (広島・西武投手、中日コーチ。 2014年4月から『』(テレビ新広島)に出演する一方で、J SPORTSの広島戦中継(テレビ新広島・TSSプロダクション制作分)で解説業を再開(同局地上波への出演は未定)。 2014年からはテレビ新広島制作分の中継にも出演。 フジテレビおよび系列局の中継にも、ゲスト解説者として出演。 スポーツライターとしても活動。 J SPORTSでは2014年から、主に中日戦の中継へ出演。 J SPORTSのメジャーリーグ中継には2014年から出演。 (ヤクルト捕手、日本ハム捕手・外野手、阪神・横浜捕手)• 橋本清• J SPORTSのメジャーリーグ中継には2014年から出演。 パ・リーグ中継については、日テレプラスからソフトバンク主催全試合の放送権、J SPORTSからロッテ・オリックス主催全試合の放送権をそれぞれ移行している。 いずれも球団制作の中継を放送するため、TwellVでも同時放送されることがある。 サンテレビ・ラジオ関西解説者)• TOKYO MX・STVラジオ兼任。 他にも、ロッテ戦中継(球団制作分)解説者との兼任扱いで西村・藪田が出演する(参照)。 (西武・ダイエー内野手、ダイエー二軍監督、オリックス監督。 創設者・最高顧問)• 『BASEBALL CENTER』ではメインアナリストを担当。 CS放送 大半の解説者は、中継試合数に応じてゲスト解説者として出演。 巨人戦 については、 DeNA戦 については、 ヤクルト戦 についてはをそれぞれ参照。 FOX SPORTS兼任。 ( 朝日放送兼任:中田良弘、濱中治、福本豊、矢野燿大、真弓明信、吉田義男) 阪神春季キャンプ中継のみの解説者• 北海道放送・北海道テレビ・北海道文化放送・文化放送兼任。 ・テレビ新広島兼任• MBSラジオ(専属契約)・日本テレビ・テレビ新広島他兼任。 札幌テレビ放送・STVラジオ・FOX SPORTS兼任• (阪急外野手。 阪急・オリックス・阪神・コーチ。 MBSテレビ・MBSラジオ解説者)• (阪神投手。 (西武・ヤクルト内野手)• 日本テレビおよび系列局の解説者が担当 テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ 2013年3月31日までとして放送 西武球団制作(BS朝日・TwellVでも放送)• (ダイエー・西武・阪神・ロッテ投手、・西武コーチ。 J SPORTS解説者)• (西武投手、ロッテ・西武コーチ。 フジテレビ・テレビ朝日・ニッポン放送解説者) テレビ朝日・ANN各局制作(主に広島対巨人戦のBS朝日との同時放送)• テレビ朝日とANN各局(主に広島ホームテレビ)の解説者および本数契約のフリー解説者が担当 ケーブルテレビ スターキャット・ケーブルネットワーク 放送エリアがのため、全員が在名マスコミ解説者・評論家を兼任。 制作には東海テレビプロダクション・名古屋東通等が関与。 2012年には主に文化放送へ登場。 (巨人・パイレーツ投手。 「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」特別アドバイザー。 野球解説者としては、日本テレビやTBSテレビの中継にゲスト扱いで出演。 2014年からに進学。 (内野手、日本テレビ・日本教育テレビ解説者、フジテレビ『』および『』キャスター )• 2010年から2012年までは、同球団の名誉監督を兼務。 名誉監督を退任した2013年以降は、(セ・パ交流戦を含む)テレビ東京の楽天戦中継などでゲスト解説者を務めている。 主にNHK・BSのMLB中継へ登場。 日本テレビの中継に、ゲスト解説者として出演。 引退・物故した解説者 現在、特定の放送局・新聞社と契約しておらず、メディア上での解説活動をしていない者。 一時活動停止中の解説者も含む。 または既にに入った者。 その者らの具体的な氏名についてはを参照。 記事記載当時現在監督、コーチ就任中の元解説者についてはの項、各球団ページを参照。 また、監督・コーチ以外で現在球団に所属している者(例えば、GMやスカウト等)についてはその球団を退団後または在職のまま解説する可能性があるがここでは割愛する。 また、等で評論活動を行っている者についてはの項を参照。 脚注 参考文献• 増刊『12球団全選手カラー百科名鑑』(発行:、企画・編集:、毎年2月に発売)• 『』「保存版 プロ野球全選手写真名鑑号」(発行:、毎年2月上旬に発売)• 週刊ベースボール別冊桜花号『プロ野球全選手名鑑』(発行:ベースボールマガジン社) 関連項目• 2011年3月までキャスター。 を参照。 『』土曜版にもコメンテーターとしてレギュラー出演。 『』土曜版および『』(ABCテレビ)のレギュラーコメンテーターや、『』(MBSテレビのハイライト番組)のメインキャスター(2010 - 2011年、2013年 - )も務める。 『Going! 『』(NHK総合テレビ)など、他局の番組でコメンテーターを務めることもある• 2013年には、『』()にもベースボールコメンテーターとして出演。 『』(日本テレビ)『』(テレビ朝日)にもベースボールコメンテーターとして不定期出演• (『』付記事)• 在阪他局の番組にも、コメンテーターとして随時出演。 テレビ(ABCテレビ)では『』のスポーツキャスターや『』月曜日のコメンテーター、ラジオ(ABCラジオ)では『』のパーソナリティなども担当。 『』のパーソナリティも担当。 ただし、2013年にTBSラジオの解説者として復帰してからも、『』内で「週刊御意見番」のコメンテーターを担当。 ラジオ(HBCラジオ)では『』のパーソナリティも担当• 読売テレビの『』『』にもコメンテーターで定期的に出演• 『』の野球担当キャスターも担当。 (「」付記事)を参照• ラジオ(MBSラジオ)では、『』のパーソナリティも担当。 テレビ東京では、『neo sports』のベースボールコメンテーターを兼務。 『CSプロ野球ニュース』にもMC(2014年からマンスリーゲスト)として出演• プロ野球のオフシーズンに『』の党首(司会)を担当• 『』のパーソナリティを担当• 『neo sports』(テレビ東京)にも一時、ベースボールコメンテーターとして出演。 を参照。 ただし現在でも、ABCテレビ『』のスポーツキャスターを担当。 を参照• 『』の司会も担当• (運営会社のが2013年1月28日付で発表したプレスリリース)を参照。 (テレビ朝日公式サイト)を参照。 『CSプロ野球ニュース』では、キャスター勇退後の2009年以降も、解説者として不定期で出演。

次の

プロ野球 野球中継(解説者)72

楽天tv 野球 解説者

net 日テレも関西出身とかアンチ系ばっかりになって来たな。 今度は広島かよ 笑 かつての小川アナや吉田アナみたいなクサイまでの巨人ビイキをするアナはいなくなった。 42 ID:4q5weAHl. 42 ID:4q5weAHl. 18 ID:soYjRMh9. 48 ID:4q5weAHl. 38 ID:CGZAEeEf. 30 ID:kqXRj4D5. net 広島テレビでは創建ホームの冠提供で、CM中でプレゼント企画も実施予定。 練習試合でここまで力を入れるのか?と思ったが。 net 解説動画にありがたい低評価 ファン目線、興味深 田尾は自分への批判も好意的に見ているんだな。 72 ID:sV1y4Hc2. 36 ID:CfEhcyRE. 46 ID:wT3zfgqE. 02 ID:CfEhcyRE. 99 ID:nWekksOr. 18 ID:SpDNerkk. 61 ID:5Y46YYfn. 44 ID:T2bHT8Aq. 65 ID:T2bHT8Aq. 23 ID:1HZPpsiM. 00 ID:WlkJy6TU. 65 ID:DbzJhzpi. net ギョニキのTwitter見る限り、6月中のPayPayドームの試合は信竜と久保で実況回す模様 コロナ次第では7月以降も在京アナ行けないかもね。 95 ID:Y1nlNb8d. net 新スレ立てました。 12 ID:8KPDAFC9. 68 ID:a7FZ2HDA. 東海テレビが午後7時から8時54分まで放送する。 解説はOBの山本昌さん。 略 同局では本拠地開幕となる26日の広島戦も中継の方向で調整中。 当面無観客となるナゴヤドームでの公式戦中継の際には、解説者の1人が外野から試合を見て語ったり、7回裏の「燃えよドラゴンズ!」を著名人やファンが歌う動画リレー形式で流したりするなどの企画を予定している。 65 ID:aBCuAh4o. 中継内では新たに「AIキャッチャー」を導入し、過去16年間、400万球のデータから失点防止に 最適な1球を画面で表示するという。 巨人・原監督は「最高のプレーで感動と興奮をお届けしますので、 私たちの戦う姿をぜひ、ご覧ください」とコメントした。 96 ID:1Bgp1FXa. 13 ID:4dLBqnhS. net 1000なら酢豚永久追放 1001 : 2ch. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1001 317 KB.

次の