ピボット グラフ 複数。 エクセルのピボットグラフ(ピボットテーブルのグラフ)の使い方

集計表をビジュアル化する「ピボットグラフ」の作り方 (1/4):新社会人の必須知識 「Excel ピボットテーブル」超入門(7)

ピボット グラフ 複数

当方Excelはおろか、マクロVBAなどの知識が皆無です。。。 A ベストアンサー 標準モジュールに以下のマクロを登録し、実行してください。 尚、実行時、Sheet1,Sheet2がないとエラーになります。 Cells. Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Cells row1, "A". Cells row2, "A". Cells row2, "A". Cells row2, "B". 尚、実行時、Sheet1,Sheet2がないとエラーになります。 Cells. Cells Rows. Count, "A". End xlUp. Q お世話になっています。 セルの中に関数が入っています。 他の人が操作する時に間違って関数を削除されないように 設定したいと思っています。 リンク先の通りに操作して、 書式のプルダウンメニューから「セルのロック」を ONにしましたが削除れてしまいます。 リンク先をよく読むとこの機能はシートを保護しないと機能しないらしいので、 リンク先の説明を参考にプルダウンメニュウ-からシートを保護したことろ 今度は保護していないセルに数値を入力することが出来なくなりました。 確かにセルを保護して関数は削除されなくなりましたが、、、 これでは読み取り専用のファイルと同じで表として使えません。 関数の入ったセルだけを編集や削除出来ないようにして、 他のセルには通常通り数値や文字を入力し、 関数入りの表として使うことが出来るような設定はないのでしょうか? もしこういう設定が出来るのでしたら、説明の上手な方、 具体的に操作を説明できる方、すいませんが設定方法を教えて下さい。 よろしくお願いします。 お世話になっています。 セルの中に関数が入っています。 他の人が操作する時に間違って関数を削除されないように 設定したいと思っています。 リンク先の通りに操作して、 書式のプルダウンメニューから「セルのロック」を ONにしましたが削除れてしまいます。 リンク先をよく読むとこの機能はシートを保護しないと機能しないらしいので、 リンク先の説明を参考にプルダウンメニュウ-からシ... MULT Sheet1! A286996:I286996 を下方へ 必要なだけ ズズーッと  ̄ ̄オートフィル 4.Sheet1! A286996 を入力 5.Sheet1! A286996,"",Sheet2! B286996 ,"" 6.Sheet1! J286996:R286996 を下方へ 必要なだけ ズズーッと  ̄ ̄オートフィル Q 次のようなルールでランダム抽出するシステムを作りたいのです。 1 AからC(14から16)各列に3つの数字があります。 2 18行目に各列に配置された3つの数字のランダムを表示させます。 関数は次のとおりです。 4 次にランダムで抽出されたA18, B18, C18の中からさらにランダムで1数字を選び出したい。 そこで次のような関数を導入しました。 目的は ランダムに抽出されたAからC列の数字のうち、0を除くものだけで再度ランダム抽出を行いたい ということになります。 何か良い案はありませんでしょうか?ご指南お願い申し上げます。 Q 何件か同じような質問が出ているようなんですが、 どうしても、うまくいかないので質問させていただきます。 何件か同じような質問が出ているようなんですが、 どうしても、うまくいかないので質問させていただきます。 A ベストアンサー すみませんが、ストレートな回答ではありません。 1さんの真逆の考えになります。 質問者さんと同じようなこと考えたことありますが、 これだと帳簿を書き足す毎に、マクロで抽出すなくてはならないので、 僕の場合は、同一シート内で、列を増やします。 画像の例だと、色のついた部分に数式が入っていて、ロックしてあります。 それらの印刷などをマクロで行うボタンを作ってもいいかもしれませんが、 年に一度の確定申告に使う程度なら、手動でやればいいことです。 F2,G2の要領で、残高を出します。 A ベストアンサー 別にマクロの品評会でもありませんが、こんなコードになります。 マクロ禁断のSelect を使った特殊な例です。 おまじない Me. Select False sh2. Select False Target. Select Selection. Select End Sub '数式の場合 'Selection. FormulaLocal A ベストアンサー いわゆる「ナップザック問題」と呼ばれる種類の問題になると思います。 画像を参考に、 1行目にデータの数値を横並び。 geocities. 条件が違うのでプログラムはそのまま使えませんが、似た質問。 エクセルで、「袋詰め問題」を解きたい - Excel(エクセル) 解決済 教えて! goo. html いわゆる「ナップザック問題」と呼ばれる種類の問題になると思います。 画像を参考に、 1行目にデータの数値を横並び。

次の

Excel 2016のピボットグラフで得点分布グラフを作成する:エクセルの使い方

ピボット グラフ 複数

グラフの大きさを揃える では、下の4つのグラフサイズを同じ大きさに揃えてみましょう。 まず、同サイズにしたいグラフを 「Shift」キーを押しながら選択します。 選択できたら、[書式]タブの右側にある [サイズ]の場所に縦横の長さを入力します。 今回は、高さを6cm、幅を8cmにしたいと思います。 入力時に「cm」を入力する必要はありません。 右の青枠で囲んだ矢印を使用すると、 単位の着いた状態でサイズを確認しながら変更ができますよ。 場所はバラバラですが、大きさが揃いました。 グラフの位置を揃える 次にグラフの位置を揃えましょう。 図形の位置を揃える方法がそのまま使えます。 先ほどのサイズ変更の場所のすぐ左ですね。 表示されたメニューの 赤枠で囲んだ場所を使用すると、綺麗に揃います。 複数のグラフを左や上に綺麗に揃えたり、上下左右の間隔を等間隔に整列できます。 こちらも便利なのですが、 お勧めなのはセルの位置に合わせてしまう方法です。 グラフや図形は 「Alt」キーを押しながら移動すると、セルにピッタリ合わせることができます。 それぞれのグラフを 「Alt」キーを押しながらセルの角に合わせるように移動します。 これを利用すると、素早くグラフを並べることができますよ。 それぞれのグラフの左上を見てもらうと、きれいにセルの角に合わさっているのが分かります。 グラフのパーツを揃える ここまでくれば、後はグラフの各部分のサイズを揃えるだけです。 グラフは、タイトル、凡例、縦軸、横軸、プロットエリア、目盛り線、系列、グラフエリアなど様々な部品で構成されています。 文字が表示されている場所は文字のサイズを揃えると他の場所のサイズも自動調整され、バランスが整います。 下の図は、それぞれの文字サイズを統一したものです。 見た目が揃いましたね。 まとめ 複数のグラフを同時に表示したり印刷する場合には、統一感が無いと恰好が悪いですよね。 あまり時間をかけずに全体の見た目を揃えることは大切だと思います。 同時選択してのサイズ変更や、「Alt」キーでの移動は、とても便利ですよ。

次の

ピボットグラフの作成方法:エクセル2010基本講座

ピボット グラフ 複数

グラフの大きさを揃える では、下の4つのグラフサイズを同じ大きさに揃えてみましょう。 まず、同サイズにしたいグラフを 「Shift」キーを押しながら選択します。 選択できたら、[書式]タブの右側にある [サイズ]の場所に縦横の長さを入力します。 今回は、高さを6cm、幅を8cmにしたいと思います。 入力時に「cm」を入力する必要はありません。 右の青枠で囲んだ矢印を使用すると、 単位の着いた状態でサイズを確認しながら変更ができますよ。 場所はバラバラですが、大きさが揃いました。 グラフの位置を揃える 次にグラフの位置を揃えましょう。 図形の位置を揃える方法がそのまま使えます。 先ほどのサイズ変更の場所のすぐ左ですね。 表示されたメニューの 赤枠で囲んだ場所を使用すると、綺麗に揃います。 複数のグラフを左や上に綺麗に揃えたり、上下左右の間隔を等間隔に整列できます。 こちらも便利なのですが、 お勧めなのはセルの位置に合わせてしまう方法です。 グラフや図形は 「Alt」キーを押しながら移動すると、セルにピッタリ合わせることができます。 それぞれのグラフを 「Alt」キーを押しながらセルの角に合わせるように移動します。 これを利用すると、素早くグラフを並べることができますよ。 それぞれのグラフの左上を見てもらうと、きれいにセルの角に合わさっているのが分かります。 グラフのパーツを揃える ここまでくれば、後はグラフの各部分のサイズを揃えるだけです。 グラフは、タイトル、凡例、縦軸、横軸、プロットエリア、目盛り線、系列、グラフエリアなど様々な部品で構成されています。 文字が表示されている場所は文字のサイズを揃えると他の場所のサイズも自動調整され、バランスが整います。 下の図は、それぞれの文字サイズを統一したものです。 見た目が揃いましたね。 まとめ 複数のグラフを同時に表示したり印刷する場合には、統一感が無いと恰好が悪いですよね。 あまり時間をかけずに全体の見た目を揃えることは大切だと思います。 同時選択してのサイズ変更や、「Alt」キーでの移動は、とても便利ですよ。

次の