イラレ グループ 化。 【簡単】イラレのレイヤーをグループ化する方法!

2秒で分かる! Illustratorキホンのキー(2) グループ化

イラレ グループ 化

はじめに この記事では、とても便利なイラレのグループ化の基礎的な説明と、その反面実は本当にトラブルの多い怖いグループ化について説明します。 トラブルの多くはこのグループ化が原因じゃないかとさえ思っています。 イラレのグループ化とは イラレのグループ化とはパスを一体化して一つのグループとして選択や移動などができることをいいます。 デザインが複雑化していくと、グループごと動かしたいときがあるので、とても便利な機能です。 illustratorのグループ化のやりかた グループ化、グループ解除など基本的な操作をご説明します。 グループ化のやり方 グループ化はかんたんです。 頻出する操作の一つなので、覚えておきましょう。 グループ内のパスを選択するグループ選択ツール グループ化しているけど、その一部を選択・修正したい場合は、「グループ選択ツール」を使用します。 「グループ選択」ツールのもう一つの機能として便利なのがグループごとの順番に選択ができることです。 たとえば3つのグループ、グループA、グループB、グループCがあったとします。 ぱっと見わかりませんが、この順番を「グループ選択」ツールは覚えています。 ではみていきましょう。 「グループ選択ツール」でグループAの一部クリックすると、グループAの任意の一部のパスが選択されます。 もう一回クリックすると、グループA全体を選択します。 「グループ選択」ツールはこのように複数のグループを順序立てて選択するのに役立ちます。 別のレイヤーをグループ化した場合 別のレイヤーのオブジェクトをグループ化した場合、レイヤーが上のレイヤーにまとめられてしまいます。 レイヤー構造を維持したままグループ化したい場合は、対象オブジェクトを同じレイヤーに移動してからグループ化しましょう。 これで個別のオブジェクトごとに操作ができます。 イラレグループの怖さ さて、ここからが本題です。 デザインするときに本当に便利なグループ化ですが、だからこそ問題が起きやすいんです。 グループの一部をコピーしたとき グループ化されたオブジェクトの一部をコピーして、別のグループにもっていき、別のグループとグループ化しようと試みたとします。 そうすると「異なるグループ内のオブジェクトはグループ化できません」というアラートが出ます。 ただデザインの現場は過酷で忙しいことが多いので、コピーして放置することがあります。 もし、パーツをコピーして放置すると、グループAとグループBの2グループができたことになります。 あとから、コピーしたパーツを消そうしたとき、グループ化された部分も一緒に消えてしまいます。 近くだから、「あっ一緒に消えてしまった。 やべえ!」って思えるわけです。 しかし、遠いオブジェクト間が遠い場合はどうでしょうか? 作業を拡大しながら行なっている場合、グループであることに気づかず、、 見えないところでグループ化されたオブジェクトが消えるということが起こりえます。 回避方法として 時間に追われて、無我夢中でデザインを作っていたり、他人のデータの修正を頼まれたときに、よく起こる怖い怖いイラレのグループによるミスです。 回避方法としては、編集時に拡大して作業するのは仕方がないのですが、拡大して作業が終わったら一回、虫眼鏡ツールで俯瞰してみて全体をチェック。 また拡大して編集作業という繰り返ししかありません。 思わぬところがグループ化されていたり、グループ化されているとおもっていたら一部だけがグループ化されていなかったり、様々なデザイナーさんのデータをチェックしますが、本当に多いトラブルなのでお気をつけください、、.

次の

複数レイヤーを保ったまま(グループ化せずに)任意の位置に移動するには

イラレ グループ 化

アウトライン化とは? イラレで基本的に入力する文字フォトツールがありますが、そのフォントツールをアウトライン化することでオブジェクトにすることができます。 何が違うのかというと、 フォントは文字情報、アウトライン化したのはオブジェクト 図形 情報ということです。 このアウトライン化をすれば、インストールしたフォントで別のパソコンで開く場合置き換わってしまうということを防ぐことができます。 では、もともと文字をアウトライン化しておけば?と思うかもしれませんが、アウトライン化した文字は、オブジェクト情報なので、文やフォントを変えるといったことができません。 保存しなければ、元に戻す command+Z で、アウトライン化する前に戻すことは可能ですが、保存してしまうと変更できなくなります。 入稿データなどはアウトライン化する前に保存し、アウトライン化後別名保存 command+Shift+S をすることをおすすめします。 イラレでアウトライン化する方法 今回は、文字をアウトライン化する方法を紹介します。 すべて選択 command+A ですべてを選択します。 書式>アウトラインを作成 を選択します。 すべてアウトライン化されました。 アウトライン化されるとテキストボックスではなく、文字自体が選択できるようになります。 以上で、アウトライン化は完了なのですが、複雑なデータを作成した場合、フォントが残っていた!などのミスをしない検索をかけるのがおすすめです。 書式>フォントを検索 を選択します。 ウィンドウからドキュメントフォントが(0)になっていることを確認します。 これで、アウトライン化されているかを確認します。 イラレでアウトライン化を解除する方法 イラレでアウトライン化を解除する方法は、実はありません。 先に述べたように、 保存する前であれば、元に戻す command+Z で戻すこともできますが、基本的には解除方法はありません。 ですので、アウトライン化する前には必ず保存し、別名保存をしましょう! PDFのテキストをアウトライン化する方法 AdobeのAcrobatを使用してテキストをアウトライン化することもできます。 編集>プリフライト を選択するとウィンドウがでてきます。 このウィンドウのPDF フィックスアップからフォントをアウトラインに変換を選択します。 選択するとこのような画面になります。 保存を押すと 以上のようにフォントをアウトライン化することができます。 いかがでしたか?アウトライン化が理解できましたか? アウトライン化をすると相手にデータを渡す際にはとても便利です。 別名保存はとても大事なので忘れないようにしてください。

次の

Illustrator でオブジェクトをグループ化して分割・拡張する方法

イラレ グループ 化

ー使い始めの方なんかはこの罠に1度はハマるんじゃないでしょうか。 ーさん。。。 グラデーション全体にかけてよ。。。 個別じゃないよ!下みたいにしたいんだ!! ーを使い始めた頃、このグループ全体にグラデーションをかける方法がわかんなかったんで、メモしときます。 ちなみに今回はのCS6でやってますが、他のバージョンも同じだと思います。 グラデーションをかけるオブジェクト、グループを全て選択する。 メニューバー>オブジェクト>複合パス>作成 で複合パスにする。 グラデーションをかける これだけなんです。 ぜひ、今まで知らなかった人は活用してみてください。 nippori30.

次の