伊勢崎 藤和 の 苑。 群馬 新型コロナ1人死亡 高崎の老人ホームでもクラスター発生

シニアグランドホーム 藤和の苑【伊勢崎市】住宅型有料老人ホーム【料金と空き状況】

伊勢崎 藤和 の 苑

群馬県などは27日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた有料老人ホーム「藤和の苑」(伊勢崎市)入居者の80代女性が同日死亡し、有料老人ホーム「さんぽ」(高崎市)の80代の男女入居者4人と20代男性職員1人の計5人の感染が新たに確認されたと発表した。 県内の感染者は計146人(うち15人が死亡)となった。 「さんぽ」では入居者の80代男性の感染が26日に判明しており、感染者は計6人となった。 新たに感染が確認された5人に症状は出ていないという。 高崎市はクラスター(感染者集団)が発生したとみて、厚生労働省のクラスター対策班の派遣を要請した。 高崎市保健所は「さんぽ」を封鎖。 残る入居者18人については施設内に隔離、職員12人についても施設にとどまるか帰宅した場合でも外出しないよう要請した。 一方、「さんぽ」では、クラスターが発生した「藤和の苑」に勤務する50代女性看護師が6、7日に、主に服薬管理のため勤務していたことも分かった。 「藤和の苑」では9日に初めて感染者が確認され、この女性看護師も11日に感染が判明した。 「さんぽ」では22日まで入居者、職員全員の健康観察を行っていた。

次の

シニアグランドホーム藤和の苑(群馬県伊勢崎市)の資料請求・見学予約・入居相談

伊勢崎 藤和 の 苑

90代女性• 藤和の苑入居者• 症状および行動• 令和2年4月10日 藤和の苑入居者 濃厚接触者 として検体採取• 令和2年4月11日 発熱で発症したが、PCR検査で陰性のため、疑似症患者として届出。 感染症指定医療機関に入院• 令和2年4月17日 検査陰性• 令和2年4月24日 検査陰性• 令和2年5月18日 検体採取• 令和2年5月19日 民間検査機関の検査により陽性と判明 備考1 入院中に尿路感染症や肺炎を発症し、治療を行っていた 備考2 基礎疾患はあるが、容態は安定している• 濃厚接触者• 濃厚接触者はいません• 医療従事者は個人防護具を着用して診療に当たっています 備考 「疑似症患者」とは、「臨床的特徴等から新型コロナウイルス感染症が疑われ、新型コロナウイルス感染症の疑似症と判断された者」を指す 参照:新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領 70例目 県内140例目 有料老人ホーム 藤和の苑関係者• 20代女性 玉村町在住• 藤和の苑職員• 症状および行動 ・4月9日 藤和の苑職員として濃厚接触者となり、健康観察および外出自粛を開始 ・4月11日 検査陰性 ・4月15日 検査陰性 ・4月22日 咳 ・4月23日 咽頭痛、咳の症状があり、帰国者・接触者相談センターに相談 ・マスクを着用し、自家用車で帰国者・接触者外来を受診し検体採取 ・4月24日 県衛生環境研究所の検査により陽性と判明し、同日入院 ・基礎疾患はなく、容態は安定している• 行動歴 ・4月15日 までは藤和の苑で勤務 ・発症前2週間以内に県外への外出はなく、公共交通機関の利用もない ・外出時はマスクを着用していた ・その他行動歴については、群馬県で調査中• 濃厚接触者 ・現在把握している濃厚接触者は同居家族1名 高校生以下の者はいない で、その他については群馬県が調査中 69例目 県内138例目 有料老人ホーム 藤和の苑関係者• 80代男性• 症状および行動 4月18日 基礎疾患治療のため医療機関を受診。 発熱 38度台 、肺炎所見あり。 帰国者・接触者相談センターへ相談。 4月20日 帰国者・接触者外来を受診、検体採取 4月21日 県衛生研究所の検査により陽性と判明 4月22日 入院調整中 ・基礎疾患はあるが容態は安定している• 行動歴 ・発症前2週間以内に県外への外出なし ・直近の2週間は受診以外に外出していない ・受診時はマスクを着用していた• 濃厚接触者 ・同居家族2人 高校生以下の者はいない ・その他の濃厚接触者については、群馬県が現在調査中 66例目 県内128例目 有料老人ホーム 藤和の苑関係者• 10代 男性• 藤和の苑関係者 学生、休校中• 症状および行動 ・4月11日 市内39例目 県内76例目 の濃厚接触者として健康観察開始 ・4月15日 発熱 37度台 ・4月16日 咽頭痛 ・4月17日 帰国者・接触者相談センターへ連絡。 帰国者・接触者外来を受診、検体採取 ・4月18日 県衛生環境研究所の検査により陽性と判明。 入院調整中。 ・基礎疾患はなく容態は安定している ・4月11日以降は外出していない• 濃厚接触者 ・同居家族1人。 市内39例目 県内76例目 の濃厚接触者として、群馬県が既に健康観察および外出自粛を要請している。 61例目 県内113例目 有料老人ホーム 藤和の苑関係者• 10例目 70代女性• 11例目 70代男性• 12例目 90代女性• 13例目 80代女性• 14例目 80代男性• 15例目 90代男性• 16例目 80代男性• 17例目 50代男性• 18例目 90代女性• 19例目 90代女性• 20例目 80代女性• 21例目 80代女性• 22例目 60代男性• 23例目 80代女性• 24例目 80代男性• 25例目 80代男性• 26例目 70代女性• 27例目 80代女性• 28例目 90代男性• 29例目 70代女性• 30例目 50代男性• 31例目 80代女性• 32例目 70代女性• 行動歴 14人は入院中。 9人は入院調整中。 濃厚接触者 群馬県が調査中 9例目 県内42例目.

次の

伊勢崎市有料老人ホーム「藤和の苑」に関するニュース

伊勢崎 藤和 の 苑

同業者は戦々恐々 伊勢崎「藤和の苑」集団感染1週間 伊勢崎市内の有料老人ホーム「藤和の苑」で新型コロナウイルスの感染者が最初に確認されてから17日で1週間。 入所者と職員ら計58人が感染し、高齢者施設で県内初のクラスター(感染者集団)となった。 県内の同種施設からは、今後も同様のケースが頻発すれば「介護崩壊」につながりかねないと不安視する声も出ている。 「感染者が1人でも出れば一巻の終わり。 みんな戦々恐々としている」。 藤和の苑と同じ伊勢崎市内で高齢者施設を運営する男性は危機感を強める。 密集、密室、密接の「3密」回避や面会謝絶、職員に体温測定や行動記録作成を指示するなど予防策を徹底。 さらに県からは入所者の日々の体温報告などを求められ、業務が膨らむ。 藤和の苑で感染者が出た翌日から、市内31の訪問介護・看護事業者と医院が急きょ休業に入った。 そのため男性の施設の入所者はデイサービスや投薬などを受けられず、さらに負担が増加。 同種施設に対する風評被害も発生。 業界全体で離職者が増え、介護を受けられなくなる高齢者が出るのではと危惧する。 藤和の苑での集団感染については依然として不明点も多い。 9日以降、入所者と職員ら計58人の感染が判明し、うち3人が死亡。 全室個室だが、日中の活動や食堂などで大勢の接触があったとみられ、国のクラスター対策班も「感染が広がりやすい環境にあった」と判断した。 ただし、感染の広がり方や濃厚接触者の範囲などまだ全容は見えない。 運営会社のケアサプライシステムズ(高崎市)はホームページで「ご迷惑とご心配をお掛けし、改めておわび申し上げる」などとコメントしている。 (毎日) 濃厚接触者の看護師が勤務 群馬県は16日、新たに60代から90代の男女5人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。 このうち1人は、集団感染が発生した老人ホームの看護師で、濃厚接触者として外出の自粛を要請されていましたが、別の医療機関で2回にわたって夜勤をしていたということです。 群馬県によりますと、新たに感染が確認された5人のうち4人は、集団感染が発生した伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和の苑」の関係者で、80代から90代の入居者の男女3人と、桐生市に住む60代の職員の男性看護師だということです。 このうち男性看護師は、濃厚接触者として2週間の外出自粛を要請されていましたが、その期間中の今月11日に検査で陰性と判定されたあと、2回にわたって、桐生市にある「篠原クリニック」で夜勤をしていたということです。 その後、せきの症状が出たため改めて検査した結果、陽性と判定されたということです。 県は、クリニックの患者などに濃厚接触者がいないかどうか調べています。 また、もう1人は、富岡市にある保健所の管内に住む60代の女性で、今月10日から、けん怠感や発熱などの症状が出たため検査した結果、陽性と判定されたということです。 群馬県内で感染が明らかになった人は、これで112人となり、このうち4人が死亡しています。 (NHK) 「感染者情報共有して」 伊勢崎市長、県の対応を批判 伊勢崎市の五十嵐清隆市長は12日、新型コロナウイルスの感染者情報に関する県の対応を批判した。 市内では有料老人ホーム「藤和の苑」でクラスター(感染者集団)が発生するなど感染者が急増。 市単独での取り組みには限界もあり、14日に県に要望書を提出するとしている。 五十嵐市長は12日に市役所であった緊急対策会議で、藤和の苑の状況や市内飲食店経営者の感染が確認されたことなどについて県の情報提供体制が不十分だと指摘し、「市中感染の恐れがあるのに情報共有されないのはおかしい」と批判した。 会議では、市独自で発熱外来を設置することなども協議されたが、決定には至らなかった。 市は県に対し、速やかな感染者情報の開示や県主導で市に発熱外来設置などを求める要望書を提出することを決めた。 (毎日) 藤和の苑 43人感染 入居者や職員など43人が新型コロナウイルスに感染した伊勢崎市の有料老人ホーム「藤和の苑」について、施設の責任者はNHKの取材に対し、「感染予防に努めてきたが多くの感染者が出てしまい申し訳ありません」と話しました。 集団感染が発生した伊勢崎市の有料老人ホーム、「藤和の苑」によりますと、施設には日常生活の介助や介護が必要な50代から90代の48人が入居していました。 部屋はすべて個室ですが、食堂や風呂、トイレは共用で、施設内で行っている機能訓練などのデイサービスは入居者以外も利用しています。 施設の責任者によりますと最初に異変に気づいたのは今月5日でした。 入居者5人にほぼ同時に発熱の症状が出たため保健所に連絡したということです。 2日後の7日には、別の5人にも発熱の症状が出て、8日にはこのうち2人の容体が悪化し救急搬送され、9日に感染が確認されました。 施設では最初の発症から1週間で入居者31人、施設利用者1人、職員11人のあわせて43人の感染が確認されこのうち80代の入居者の男性1人が死亡しました。 施設の責任者によりますと、感染が確認された人の中には症状が出ていない人も多く、感染経路はわからないということです。 「藤和の苑」の赤澤学施設長はNHKの取材に対し、「無症状の人も多い中で感染を食い止めるのは非常に難しいと感じています。 感染予防には最大限努力してきましたが、多くの感染者が出てしまい大変申し訳ありません」と話しています。 (NHK WEB) 群馬県 35人感染確認 33人は伊勢崎市の老人ホーム関係者 群馬県は11日、伊勢崎市の老人ホームの関係者など35人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。 また、すでに感染が確認され治療を受けていた80代の男性が死亡したということです。 群馬県によりますと、県内で11日、新たに35人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 このうち33人は伊勢崎市にある有料老人ホーム「藤和の苑」の関係者で、50代から90代の入居者の男女23人と、20代から60代の職員などの男女10人です。 この施設ではすでに入居者と職員合わせて8人の感染が確認されていて、感染が明らかになったのはこれで41人になります。 また、すでに感染が確認され治療を受けていた80代の入居者の男性が新型コロナウイルスによる肺炎で11日に死亡したということです。 男性には基礎疾患があったということです。 このほか、10日に感染が確認された男性2人と同じ会社に勤める富岡市の60代男性と、飲食店のアルバイト従業員で安中市に住む30代男性も感染が確認されました。 県内で感染が明らかになった人は79人、死亡した人は2人になりました。 群馬県の山本知事は「不要不急の外出はしないよう改めてお願いしたい。 県民と力を合わせてこの危機を乗り越えていきたい」と述べました。 伊勢崎市有料老人ホーム藤和の苑 クラスター化発生か 群馬県は10日、伊勢崎市内の有料老人ホーム「藤和の苑」の70代から90代の入所者5人(いずれも男性)と50代の女性職員1人のあわせて6人が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認されたと発表した。 9日にも「藤和の苑」の80代男性2人の入所者の陽性が確認されていた。 あわせて8人の陽性が確認されており、群馬県は厚生労働省にクラスター(感染者集団)対策班への支援を要請した。 (群馬テレビ) 有料老人ホーム藤和の苑 クラスター化の可能性 群馬県は9日、新たに50代から80代の男女4人の感染が確認されたと発表しました。 このうち80代の男性2人は伊勢崎市内の老人ホーム「藤和の苑」の入居者で、この施設では他の入居者約10人にも発熱の症状が出ているということです。 県は新たなクラスターになる可能性が高いと危機感を示していて、11日以降に入居者と職員全員をPCR検査することにしています。

次の