ピン ドライバー 410。 PING(ピン) G410 PLUS ドライバーを編集部で試打評価!

ピン(PING) G410 SFTドライバー

ピン ドライバー 410

2019年3月21日に発売されたPINGのGシリーズ。 今回は「さらに、飛びをPLUS」というキャッチコピーで発売されたG410 PLUSを試打しました。 G410 PLUSは、弾道調整機能が搭載されており、スタンダード、ドロー、フェードと打ち分けるための弾道調整ウェイトがあります。 この弾道調整ウェイトを動かすことで、自身のスタイルにあった打ち分けを実現しています。 また、近年のドライバーは460ccで作られることが多い傾向がありますが、G410 PLUSは455ccと少し小さめのヘッドで、空気抵抗を抑制するタビュレーターが、空気抵抗を減らしてくれるので、ドライバーを早く振れるように作られています。 2019年女子ツアーの開幕戦ダイキンオーキッドレディスで優勝した比嘉真美子プロ、ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップで優勝した鈴木愛プロ、そして全英女子オープンを制した黄金世代の渋野日向子プロと、実力派の選手がこぞってG410 PLUSドライバーを使用しています。 Gシリーズは、ブレずに球が上がるのが特徴だと思いますが、新モデルはどうなのか、試打してきましたので、レビューしていきたいと思います。 75 45. 25 45. 25 46 45. 25 45. 25 45. 25 フレックス R SR S X R S X R S X - 5S 6S 569S 661S 60S 70S 重量 g 45 50 55 60 57 61 66 68 75 80 40 54 63 59. 5 66 64 72 トルク 度 5. 9 5. 2 4. 7 4. 4 4. 3 3. 4 3. 2 3. 3 2. 9 2. 8 5. 9 5. 6 3. 6 4. 5 3. 7 3. 5 2. 上からヘッドを眺めると、今回もPINGではお馴染みの6本のタービュレーターが特徴的です。 ヘッドの向きはストレートからややフックですが、ほとんどストレートだと思います。 この辺は弾道を見ながら、Gシリーズ初になるソールに装載されている弾道調整機能で調整できるので、弾道を見ながら調整していければと思いました。 実際打ってみると、まず驚いたはフェイスの弾き感。 たわみを生み出す高強度のFORGEDフェイスの影響なのか、弾き感があり、打音も前作のG400シリーズドライバーより高い音で高弾道の力強い弾道で飛んでいきます。 そして、インパクト付近でのヘッド動きがシャープで振り切りやすいと感じます。 G400シリーズドライバーでも、ヘッドのもたつき感は感じなかったのですが、それ以上にヘッドが走ってくれる印象です。 純正シャフトのALTA J CB REDの癖のない走り感なのか、ヘッドの弾き感とシャフトの走りが相まって、打っていて気持ちが良かったです。 試打の途中にソールにある弾道調整機能を動かしてみました。 チーピン癖があるので、ウエイトをヒール側へ....。 打ってみると、捕まりは抑えられて弾道はストーレートからややフェードに球質が変わりました。 本当のコースでは理想的な弾道だと思いました。 PINGでは、Gシリーズ初のソール弾道調整機能ですが、動かしてみると、かなり球質が変わり、想像以上の影響を感じることができました。 今回、G410 LSTドライバーが発売されていない理由がなんとなくわかりました。 (6月に発売かも…という一部情報もありますが… シャフトのスペックさえ間違えなければ、ソールの弾道調整機能とシャフトのスリーブでロフト角とライ角の両輪で調整すれば、あらゆるレベルのプレイヤーにマッチすると思いました。 PING ピン G410 PLUS ドライバーの試打をYupiteru(ユピテル)でデータ計測 今回はG410 PLUSドライバーを打ってきました。 特徴としては、強い反発の飛距離性能で、前回のG400シリーズドライバーより、飛距離性能において、かなりの進化を感じることができました。 また、新たに加わったソールの弾道調整機能で方向性と飛距離を最大限、自分用にカスタムできるのは、PINGユーザーには待望の新機能なのではないでしょうか。 ソール弾道調整機能とスリーブでロフト角とライ角を調整することで、初心者から上級生者まで幅広いレベルのプレイヤーにマッチできるのは、嬉しい機能だと思います。

次の

ピン G410ドライバー【PLUS/SFT】 試打レビュー

ピン ドライバー 410

応募要項 応募期間 2019年2月7日 木 ~6月30日 日 応募方法 キャンペーン期間中にG410ドライバーを試打して分かった、ベストなヘッドポジションとレビュー 感想 を応募フォームから投稿してください。 応募・利用規約• ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。 パソコン・スマートフォン・タブレットでのご応募に限らせていただきます。 フィーチャーフォンではご応募できません。 CLUB PINGの会員の方に限りご応募いただけます。 当キャンペーン応募規約に同意していただいた方に限りご応募いただけます。 ピンゴルフジャパン株式会社の関係者は参加できません。 応募が判明した場合は、当選権利を無効とさせていただきます。 応募内容に不備・虚偽があった場合、ご当選の連絡後であっても、当選を無効とさせていただきます。 当選の権利は譲渡、換金できません。 お客様のご住所が不明・転居等の理由により当選の連絡・賞品の配達ができない場合は、当選を無効とさせていただく場合がございます。 本キャンペーンの応募にかかるインターネット接続料および通信費は応募者のご負担となります。 応募者への予告なく、賞品の仕様・デザイン・内容の変更及びキャンペーンを中止、変更する場合がございますのでご了承ください。 応募者への予告なく、当サイトの内容及びキャンペーン応募規約の内容を変更することがあります。 ピンゴルフジャパン株式会社は、当キャンペーンにより応募者に生じたすべての損害ならびにトラブル等について、如何なる責任も負いません。 投稿データについて• 応募者は、投稿データについて自らが投稿することについての適法な権利を有していること及び投稿データが第三者の一切の権利を侵害していないことについてピンゴルフジャパン株式会社に対し表明し、保証するものとします。 なお、本キャンペーンページに掲載される投稿データは、当選したか否かに関わらず、ピンゴルフジャパン株式会社が出稿する雑誌広告等、その他WEB媒体やFacebookページ等のオフィシャルSNSに使用させていただく場合がございます。 前一項の保証に反し、第三者の著作権、肖像権その他の権利を侵害するような行為が行われた場合、それに関するトラブルの責任は一切負いかねます。 当キャンペーンの趣旨に沿わない投稿と当社が判断した場合、投稿内容について応募者に連絡なく非掲載または掲載削除等の対応をさせていただくことがあります。 前一項の保証に際し、以下の行為を禁止します。 当キャンペーンを妨げる行為• 他人に迷惑、不利益、損害または不快感を与える行為• 他人の著作権その他の知的財産権を侵害する行為• 他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為• わいせつ、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するデータを投稿する行為• 営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為• 公序良俗に反する行為• ピンゴルフジャパン株式会社が当キャンペーンの趣旨に沿わないと判断する行為• ピンゴルフジャパン株式会社が悪質または不適切であると判断する行為• その他、各項に類する行為 抽選・発表 ご応募いただいた方の中から厳正な抽選の上、当選候補者を決定いたします。 com からCLUB PING会員情報にご登録されているメールアドレスに連絡を差し上げます。 個人情報について 個人情報の取り扱いについては、をご参照ください。 当キャンペーンに関するお問い合わせ先 当キャンペーンに関するお問い合わせはこちらのまでお願いいたします。

次の

G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説!

ピン ドライバー 410

2019年3月21日、PING(ピン)のG400ドライバーの後継モデル『G410ドライバー【PLUS/SFT】』が発売されます。 今回はそのG410ドライバーをレビューしたいと思います。 PINGのG400ドライバーは高評価を得て人気を獲得しました。 2017年は、男子ツアー賞金王、宮里優作選手も、女子ツアー賞金女王、鈴木愛選手もG400ドライバーを使用していたことも話題となり、人気に拍車をかけました。 G410ドライバーは 「G400ドライバーよりもさらに飛びをプラス」というキャッチコピーを採用しています。 ヘッドは『PLUS』『SFT』の2種類のラインナップ。 G400では3種類でしたが、今回の『Plus』には、可変式弾道調整ウェイトが搭載され弾道調整機能が付いています。 G410ドライバー プラスされたテクノロジー• 空気抵抗を削減した455CCヘッドと6本のタービュレーターを搭載し 速く振れて飛ぶ!• さらなるたわみをうみ出すPING独自のフォージドフェースだから 最大初速でさらに飛ぶ!• 高い慣性モーメント、深重心構造でブレなさプラス 2種類のヘッドラインナップ PLUS(プラス)ドライバー 弾道調整機能付きでブレないPLUS(プラス) 『スタンダードポジション』『DRAW(ドロー)ポジション』『FADE(フェード)ポジション』と調整可能な『可変式弾道調整ウェイト』が搭載されていることが分かります。 25 45. 25 45. 25 フレックス ー 5S 6S 569S 661S 60S 70S 重量 g 40 54 63 59. 5 66 64 72 トルク 度) 5. 9 5. 6 3. 6 4. 5 3. 7 3. 5 2. 9 キックポイント 先 中 中 先中 先中 手元 手元 SFTドライバー さらにヒール寄りの重心設計で最もつかまるSFT 『PLUS』とは違い、可変式弾道調整ウェイトはついていません。 つかまりの良さに特化したモデルだけあり『PLUS』でいうところの『DRAW(ドロー)ポジション』に固定されています。 ピン G410ドライバー 【PLUS】と【SFT】を試打レビュー 試打 測定で使用した弾道測定器とボール 使用した弾道測定器はで、ボールはブリヂストンのレンジボールです。 G410ドライバー【PLUS】 シャフトとロフト角 シャフトは『PING TOUR 173-65』でフレックスはSです。 『ロフト角』は10. 5度です。 『ロフト角』は10. 5度です。 測定結果 ピン G410 ドライバー【PLUS/SFT】 試打レビュー G400の良さを継承したモデルです。 『SFT』の方は、謳い通り、つかまりが良く、右へのミスが減るモデルだと感じました。 スイングした直後「右に抜けた」と思ったショットが測定器の表示ではまっすぐ飛んでいたりしました。 『PLUS』より『SFT』の方がスピン量が多いです。 ヘッドの構造的に『PLUS』より『SFT』の方がボールが上がりやすく作られているのでしょうか。 それともシャフトの特性でしょうか(打ち出し角の平均は両方とも15度ほどで差はほとんどありませんでした)。 ピン G410ドライバー PLUS ピン G410ドライバー SFT 参考価格:59,616円(税込).

次の