小僧 寿し。 大感謝祭

まだあった!小僧寿し、10年間ずっと経営危機でも“潰れない”理由

小僧 寿し

小僧寿しの店舗(より) 持ち帰りずしチェーンを展開する 小僧寿しが、債務超過を解消した。 2018年12月末の連結純資産が10億5700万円のマイナス(前の期は2億6400万円のプラス)と債務超過になっていたが、19年12月末は900万円のプラスになり、債務超過から脱却した。 だが、業績は依然として厳しい状況が続いており、明るい未来図は見えてこない。 小僧寿しは19年に第三者を割当先とする新株予約権の発行や債務の株式化(デット・エクイティ・スワップ)を実施するなどして純資産の増加を図った結果、19年12月末には900万円の純資産を確保し、債務超過を解消した。 一方で業績は厳しい状況が続いている。 19年12月期連結決算は、売上高が前期比5. 2%増の58億円、営業損益が1億9500万円の赤字(前の期は5億9100万円の赤字)だった。 最終損益は1億1600万円の赤字(同16億7800万円の赤字)だった。 営業赤字は16年12月期から4期連続、最終赤字は10年12月期から10期連続となる。 小僧寿しは、かつては加盟店が2300店を超え、チェーン売上高で外食産業日本一に輝いたこともある外食の雄だった。 だが、競争激化で事業規模の縮小を余儀なくされ、19年12月末時点の飲食店店舗数は持ち帰りすし店の「小僧寿し」や「茶月」など計約220店にとどまっている。 1年前からは約30店減った。 店舗数は減少傾向が続いている。 小僧寿しを取り巻く環境は厳しさが増している。 日本フードサービス協会によると、18年のすし店の市場規模は1兆5497億円で増加傾向にあるが、これは大手回転ずしチェーンがけん引したためで、持ち帰りずし店の市場は縮小傾向にある。 回転ずしは外食産業のなかでも有望市場とされており、大手はどこも好調だ。 各社の直近本決算の売上高を確認するが、「 スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスの19年9月期連結売上高(国際会計基準)は前期比14%増の1990億円、くら寿司(19年10月期連結)は3%増の1361億円、はま寿司(19年3月期)は5%増の1242億円と、トップ3は増収を達成している。 他の外食チェーンがうらやむほどの伸び率だ。 コンビニやスーパーなどの競合に押される 一方で持ち帰りずし店は厳しい状況に置かれている。 持ち帰り機能も強化している回転ずしチェーンに押されているほか、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど「中食」を強みとする異業種にも侵食されている。 スーパーやコンビニは、すしのみならず、すしの代替品となるおにぎりや弁当といった総菜も充実してきている。 コンビニに関しては、店舗数が大きく増えている。 小僧寿しはこうした競合に押されていった。 こういった状況で小僧寿しが集客を実現するには、回転ずしチェーンやコンビニ、スーパーが提供できない価値を提供する必要があるだろう。 もちろん、小僧寿しは対策を講じてきている。 「多様な食を、多様な形で、多様な顧客へ」のスローガンを掲げ、持ち帰りずしに依存しない事業モデルの確立を図った。 そしてコンビニなど競合が提供できない価値の提供を試みている。

次の

小僧寿しで上場廃止の猶予期間の大ピンチ!3つの苦戦している理由とは?

小僧 寿し

それって、借金が返せないってことやな?自己破産を連想してもうた。 アカンやつや…… 小僧寿しで巻き起こっている受け止めなくてはならない現実は以下の通りです。 2018年12月期の決算で、10億5,700万円の債務超過に転落• 2014年にラーメン店事業に進出。 麺や小僧を展開したが、わずか2年で撤退• 全国2,300店舗を展開していたが、現在は243店舗にまで縮小し、9年連続の赤字と低迷 好調時は、1,000億円以上の売上だったのに、負債超過に転落とは、時代について行けなかったのでしょうか? 今回は、3つの苦戦している理由について考えていきたいと思います。 株価はどうなっている?小僧寿しとスシローを比較 小僧寿しといえば、持ち帰り寿司の代名詞が付いているぐらい有名です。 一方で、スシローは回転寿司業界でNo. 1を直走る好調な企業です。 この2つの企業の株価を比較してみることで、一目瞭然!状況が見えてきました。 小僧寿しの株価チャート ドラゴンボールのフリーザにナメック星人の若者が「私の戦闘力は53万」と言われたようなものだわ。 ここ数年では、スシロー、くら寿司、かっぱ寿司、はま寿司と激安回転寿司が続々と参入して、持ち帰り寿司のニーズが回転寿司の方に奪い取られてしまっているのが原因だと思われます。 回転寿司業界でも、すべて好調かといえば、そうでもありません。 例えば、の記事のように、くら寿司でさえ、苦戦を強いられています。 「安い!美味しい!!」の回転寿司業界でも好調、苦戦が巻き起こっている中、持ち帰り小僧寿しが勝てるわけがありません。 ちなみに、小僧寿しも回転寿司展開している店舗もありますが、100円寿司メインではないし、割高感が否めません。 かといって、スシローに味で勝っているかといえば、そうでもないという中途半端さがあります。 さらに、スーパーでも当たり前のように寿司は売っていて、家で食べることができますので、わざわざ小僧寿しで持ち帰る必要はありません。 小僧寿しは住んでいる地域によっては、全く無いところもありますが、スーパーなら全国どこにでもあります。 もっといえば、スーパーの寿司なら遅い時間に行けば半額になりますし、もっともっと行ってしまえば、全国24時間営業のコンビニならいつでも持ち帰り寿司を家で楽しめる時代です。 回転寿司一択の小僧寿しでは、マルチなスーパーやコンビニに勝てるわけがないですね。 ラーメンを舐めてた小僧寿し — showgunn showgunn 正直、これは小僧寿しが「ラーメン業界を舐めていた」と素人目から見ても、思うしかありません。 ラーメン業界は、開店したラーメン屋のうち、4割が1年以内で営業終了になると言われています。 行列ができるラーメン屋でさえ、潰れていったラーメン屋は星の数ほどあります。 そんな厳しい業界になぜ、今さら?なぜ黒字にプラ転すると思ったのか?不思議でなりません。 ラーメン業界進出を止める人はいなかったのでしょうか? まとめ 今回は、小僧寿しで上場廃止の猶予期間の大ピンチということで、3つの苦戦している理由を考えてみました。 どう考えても現状の小僧寿しを考えると、 上場廃止は免れないかな?と思われます。 負債超過、上場廃止?……苦しんでいる小僧寿しではありますが、個人的には頑張ってほしいです。 子供の頃のリッチな内食だった小僧寿しも消えるかもしれないのか このドラえもんのやつ好きやった あと陸上の大会とかで寿司とうどんがセットになった弁当出された20年昔の記憶🚀🚀🚀🚀 — りょー うどんは友達 UDON365day そう、ドラえもん寿司です。 懐かしい人は多いのではないでしょうか? 涙腺崩壊する人もいるのではないでしょうか? 昔は小僧寿しを利用していて、誕生日になると必ずといっていいほど、小僧寿しのお寿司を持ち帰って家族で食べていました。 昔々はドラえもん寿司を食べた記憶がありますし、 今でも心の中に残っている懐かしい大切な記憶です。 だから、上場廃止になって欲しくないし、企業としても元気であって欲しいです。

次の

「小僧寿し」×「かつてん」のコラボレーション店舗 第2弾

小僧 寿し

監査意見不表明を受けている小僧寿しが2020年3月18日によくわからない開示を行っています。 「 第6回新株予約権の発行により調達した資金の使途変更に関するお知らせ」と題する開示内容で、既に締めたはずの昨年の決算内容に関する話です。 なんでも2019年9月に第三者割当で あのEVOに発行した新株予約権で調達した資金は、「 実は使途が発表していた内容と違ってましたんで訂正しゃーす!」というわけです。 本題に入る前にこれまでのいきさつと前提を整理してみましょう。 まずもって小僧寿しは 今月末までに2019年12月期の有価証券報告書を提出しなくてはいけないわけですが、前期が債務超過に転落していますので、今回も債務超過だと 2期連続債務超過は東証の基準に抵触するため上場廃止になってしまいます。 一応2月19日に発表した決算短信ではギリギリ900万円ほどのプラスになっていたので、この数字が本当ならセーフ!という話のはずでした。 ところが3月5日に開示した内容では、監査法人アリアが、「この決算書は正しいと言えない」と、いわゆる監査意見不表明を行いました。 提出予定の 有報には監査意見は絶対必須ですので小僧寿しはなんとかしてアリアから適正意見を頂戴しないと上場廃止になります。 上場廃止の可能性パターンを整理すると 1,有報未提出 小僧寿しの本決算は12月ですから年間の有報の提出期限は3ヶ月以内です。 3月末までに有価証券報告書を提出しない、出せないというパターンです。 財務局に申請して延長の承認が得られれば引き伸ばしは可能です。 その場合最大で2ヶ月と8日間の猶予があります。 少なくとも来週末くらいまでに「2019 年12 月期有価証券報告書の提出期限延長に係る承認のお知らせ」という開示が出せれば4月末までの延命です。 そこでダメなら「~の提出期限延長(再延長)に係る承認のお知らせ」が開示され、さらにそこでもダメなら「~の提出遅延及び当社株式の監理銘柄(確認中)指定の見込みに関するお知らせ」が5月初めに開示され、それでもダメなら8営業日目の5月18日あたりに「~有価証券報告書提出未了及び上場廃止の見込みに関するお知らせ」とかの開示がなされることになります。 アリアが頑として監査意見表明を行わない場合はこのパターンです。 2,監査意見不表明 以前の記事「 」でも言及していますが、会社法上の決算書類で今回の小僧寿しの数字をアリアは認めていません。 これは2月19日に発表した決算短信も否定されているという意味です。 短信は速報という意味ですから監査意見は必要ないです。 とはいえ会計監査ですからアリアは内容を当然見ているので意見の対立があったことは「 」で2月14日の発表を2月19日に遅らせたことでも既に明らかでした。 アリアをクビにして大至急代わりの監査法人(公認会計士事務所)を探してお願いする事も可能っちゃ可能ですが、時間的には現実性は無いですし、超特急料金はとってもお金かかりますよ?900万じゃ足りないかも。 そもそもアリア以上に駆け込み寺的な存在は本当にあるのか疑問です。 結果、「1」の有報未提出と同じことになるパターンです。 3,債務超過 2期連続債務超過が確定した場合です。 アリアに適正意見を貰って提出期限までに提出できても債務超過が解消できてなかった、という内容なら上場会社としては出してもアウトなので意味がないです。 今回の可能性としては「短信ではセーフだったけど有報ではアウト」というパターンです。 2016年にイーター電機(6891、JQS やMAGねっと(8073、JQS が決算を締めたあとに監査法人から物言いがついて会社資産の再評価をしたところ、結局2期連続債務超過が判明してアウトという結果になったという事例がありました。 このパターンの怖いところは締めてしまった決算は時間を遡っての対処が出来ないということです。 今から対策をしようにもタイムマシンで3ヶ月以上昔に戻って増資することは不可能ですから。 もし出来たように見えるならそれは虚偽記載となりますが、それもアウトです。 話を本題に戻します。 小僧寿しはいま、アリアになんとか監査適正意見をもらおうとアリアの指摘に従って短信で発表しちゃった数字を直しているところなのでしょう。 それが今回開示された理由なのだろうと推測できます。 流用部分の金額は1億9500万円でその分が追加で必要になりました、と。 今までに使った金額は3億9700万円です、と。 んん?よくわからないです。 もしそうだと仮定すると「3」のパターン? ところで上場廃止回避といえば、東証が2020年3月18日にコロナウイルスの影響を考慮して上場廃止基準を緩和すると発表しています。 東証HP より なんだかネット上ではこの話、小僧寿しにとって神風とか上場廃止は回避決定といった希望的観測になってますけど、よく読んで見ましょう。 2019年12月末で締めた決算のどこにコロナの影響が出てるんですか?コロナウイルスによって中国武漢で初めての死者が出たのは2020年1月11日ですよ?日本国内で一人目の感染者が確認されたのは1月21日ですよ?コロナウイルスのせいで流行する前の去年から債務超過で云々って、いくらなんでも無理筋でしょう?それに2020年3月期からの適用を想定って話ですから、小僧寿しの決算に適用することは想定すらされていないようです。 残念~。 *この記事に関連する以前の投稿もご参照ください tmymtsks17.

次の