エヌズ カンパニー ポケット wifi。 [エヌズカンパニー ポケットwifi]個人向け法人回線の速度

【レビュー有】「エヌズカンパニー」のポケットWiFiは速度が速く無制限!

エヌズ カンパニー ポケット wifi

この記事の目次• エヌズカンパニーのポケットWiFiとは エヌズカンパニーのポケットWiFiは「」が2020年4月にサービスを開始したポケットWiFiです。 エヌズカンパニーは「ソフトバンク光」や「ソフトバンクエアー」などソフトバンクのサービスを取次している会社で、その流れからポケットWiFiもソフトバンク回線を利用しています。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの最大の特徴は ソフトバンクの「法人回線」を使っている点です。 法人回線のほうが個人回線に比べて利用者が少ないので、通信速度が高速になりやすく通信も安定しています。 ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは多いですが、 個人向けに法人回線を提供しているポケットWiFiは他にないことから注目を集めています。 エヌズカンパニーの料金プラン エヌズカンパニーのポケットWiFiの料金プランは月額3,600円で月100Gまで利用できるプラン1種類です。 料金プラン データ量 100G 初期費用 4,900円 月額料金 3,600円(初月無料) 契約期間 3年 単純に他社のポケットWiFiと料金を比較すると割高に感じますが、 他に法人回線を使っているポケットWiFiが存在しないことを考えると適正な価格です。 料金の安さよりも、通信速度や回線の安定性を重視するなら、おすすめできるポケットWiFiです。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの特徴・メリット• ソフトバンクの法人回線を使用していて通信速度が速い• 初月無料で利用できる ソフトバンクの法人回線を使用していて通信速度が速い エヌズカンパニーの最大の特徴は ソフトバンクの法人回線を使っていて通信速度が速い点です。 法人回線は個人向け回線に比べると利用者が少なく回線が混雑していないので、その分通信速度が速くなります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiで採用している端末の最大通信速度は150Mbpsとそこまで速くありませんが、回線自体の通信速度が速いので実測値も他のポケットWiFiに比べて速くなります。 初月無料で利用できる エヌズカンパニーのポケットWiFiは契約した 初月は月額料金が無料になります。 そのため月の後半に契約するより、月初めに契約したほうがお得です。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの注意点・デメリット 続いてエヌズカンパニーのポケットWiFIの注意点やデメリットを紹介します。 一言で言えば エヌズカンパニーのポケットWiFiは全体的に料金が割高です。 初期費用が4,900円と高い• 月額料金が他社に比べて高い• 契約期間が3年と長め• 解約金が6万以上と高額 初期費用が4,900円と高い エヌズカンパニーのポケットWiFiは 初期費用が4,900円と他社に比べて高めです。 初期費用 エヌズカンパニーのポケットWiFi 4,900円 3,000円 3,000円 ポケットWiFiの初期費用は3,000円のサービスが多いので2,000円程度初期費用が高くなっています。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは初月の月額料金が無料ですが、初期費用が高いので合計料金は他社とあまり変わらなくなっています。 月額料金が他社に比べて高い エヌズカンパニーのポケットWiFiは 月額料金3,600円と初期費用だけでなく月額料金も高めです。 データ量 月額料金 エヌズカンパニーのポケットWiFi 100G 3,600円 ギガWiFi 無制限 3,250円 ポケットモバイルCloud 無制限 3,250円 「ギガWiFi」や「ポケットモバイルCloud」などのクラウドWiFiは、月額3,250円で無制限で利用できます。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは、データ量100Gで月額3,600円なので比較すると割高ですね。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは法人回線を使っている分、他社のポケットWiFiに比べて初期費用や月額料金などの料金が高くなっています。 通信速度よりも料金の安さを重視してポケットWiFiを探している方は、他社のポケットWiFiを利用したほうがいいでしょう。 契約期間が3年と長め エヌズカンパニーのポケットWiFiは 契約期間が3年と長めです。 クラウドWiFiなど他社ポケットWiFiは契約期間2年のサービスが多いです。 契約期間 エヌズカンパニーポケットWiFi 3年 2年 2年 同じ2年契約でも「」のように2年目以降はいつでも解約できるポケットWiFiもあります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは、それらのポケットWiFiと比べると3年契約で解約しないと自動更新されるため使いにくいですね。 解約金が6万以上と非常に高額 エヌズカンパニーのポケットWiFiは3年の契約期間があり、 契約期間に解約すると解約金24,500円が発生します。 契約期間のあるポケットWiFiなので解約金がかかるのはわかりますが、24,500円はかなり高額です。 解約金 エヌズカンパニーのポケットWiFi 一律24,500円 ギガWiFi 0~24ヶ月目:18,000円 26ヶ月目以降:9,500円 ポケットモバイルCloud 0~24ヶ月目:18,000円 26ヶ月目以降:9,500円 他社のポケットWiFiでは解約金は18,000円程度が一般的で、契約年数に応じて減っていくことが多いです。 さらに注意したいのは、 2年以内に解約すると、解約金の他に端末代金を支払う必要があります。 解約金と端末代金を含めると、1年目は67,500円、2年目に解約した場合でも46,000円と解約時に高額な料金を支払わないといけません。 契約期間 解約金 端末代金 合計 0~12ヶ月目 24,500円 43,000円 67,500円 13~24ヶ月目 24,500円 21,500円 46,000円 25~36ヶ月目 24,500円 0円 24,500円 37~38ヶ月目(更新月) 0円 0円 0円 エヌズカンパニーのポケットWiFiは法人回線を使っている分、 解約金が高額で解約しなかった時のリスクが非常に高いです。 契約更新月に解約すれば解約金は発生しないので、エヌズカンパニーのポケットWiFiを利用するなら、 必ず契約更新月(37~38ヶ月目)に解約するようにしましょう。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの端末 エヌズカンパニーのポケットのポケットWiFiには2つの端末があり、どちらかの端末を選ぶことができます。 801ZT• Skyberry エヌズカンパニーのポケットWiFiはもともと「802ZT」という端末を使っていましたが、現在は新型コロナウィルスの影響で在庫不足になったため端末はこの2種類になっています。 単純な端末性能は「802ZT」のほうが優れているので少し残念ですが、クラウドWiFiや多くのソフトバンク回線で使われているポケットWiFiと性能はほぼ同じになります。 801ZT 製品名 801ZT 最大通信速度 下り112. 5Mbps 重量 93g サイズ 71 x 71 x 14. 2mm 連続通信時間 10時間 バッテリー 2,000mAh 同時接続台数 最大10台 WLAN IEEE 802. ZTEコーポレーションが製造した法人向けの端末で、非常に小型でコンパクトなモデルになります。 最大通信速度112. 5Mbpsとあまり速くはありせんが、最大接続台数は10台とSkyberryよりも多くなっています。 複数の端末で接続する機会が多い方や、小型で軽量のかさばらない端末が欲しい方は801ZTを選ぶといいでしょう。 7 x 14. 2mm 連続通信時間 13時間 バッテリー 3,500mAh 同時接続台数 最大5台 WLAN IEEE 802. クラウドWiFiで使われることが多い「U2s」と形やスペックが同じなので、名前は違いますが製造元が同じOEM製品と考えられます。 クラウドWiFiの「U2s」はクラウドSIMで複数の回線を利用できますが、エヌズカンパニーのポケットWiFiはソフトバンクのSIMカードが本体に挿してあるので、利用できるのはソフトバンク回線のみです。 クラウドWiFiは海外でも利用できますが、エヌズカンパニーの場合は国内専用で海外では利用できません。 端末のスペックは同じですが、運用用法が違うためクラウドWiFiとは別物だと考えましょう。 エヌズカンパニーのポケットWiFiと他社の比較 エヌズカンパニーと他社のポケットWiFiを比較してみましょう。 比較するのはクラウドWiFiの1つ「」です。 クラウドWiFiは「クラウドSIM」という技術によって、SIMデータをクラウドサーバー上で管理しているポケットWiFiのことです。 SIMデータを簡単に入れ替えることができるので「複数の回線が利用できる」「海外でも利用できる」といったメリットがあります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiとギガWiFiを比較した表は以下のようになります。 エヌズカンパニーのポケットWiFi ギガWiFi 月間データ容量 100G 無制限 初期費用 4,900円 3,000円 月額料金 G4:3,600円 U2s:3,250円 G4:3,480円 最大通信速度 150Mbps 150Mbps 端末 801ZT、Skyberry U2s、G4 回線 ソフトバンク法人回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) 速度制限 あり なし 契約期間 3年 2年 支払い方法 クレジットカード クレジットカード 2つのポケットWiFiを比較すると以下のようになります。 エヌズカンパニーは法人回線が使える• 料金はギガWiFiのほうが安い• 契約期間はギガWiFiのほうが2年と短い• ギガWiFiは海外でも利用できる 料金の安さや利用できるデータ量を比べるとギガWiFiの方がエヌズカンパニーのポケットWiFiよりもお得です。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの 最大のメリットは法人回線が個人でも利用できるという点です。 2つのポケットWiFiの最大通信速度は同じですが、実測値ではエヌズカンパニーのポケットWiFiのほうが高い数値が出やすくなります。 逆にいえば 法人回線という点ににあまり魅力を感じなければ、エヌズカンパニーのポケットWiFiを選ぶ理由はありません。 法人回線にこだわりがなければ、ギガWiFiのように料金の安いポケットWiFiが他にあるので、そちらをを選んだほうがいいです。 エヌズカンパニーのポケットWiFiまとめ エヌズカンパニーのポケットWiFiは、 個人でも法人回線が利用できるポケットWiFiです。 法人回線は個人向け回線に比べて利用者が少なく混雑しにくいため、通信速度が速くなりやすく、 通信速度を重視する方におすすめです。 反面、以下のようなデメリットもあります。 月100Gまでの上限がある• 契約期間が3年と長め• 料金が他社に比べて高め• 解約金が高額 法人回線を使っている分、制約の多いポケットWiFiでもあるので申し込む前はこれらの注意点を踏まえておきましょう。 無制限で利用できるポケットWiFiについては「」でまとめています。 月100G以上利用する方や無制限のポケットWiFiを探している方はこちらもあわせてご覧ください。

次の

【エヌズカンパニー】ワイモバイルユーザーにおすすめの代理店!ソフトバンク光申込ならエヌズカンパニーで決まり!

エヌズ カンパニー ポケット wifi

自宅でも外出先でもWiFi環境が必要となれば、モバイルWiFiの契約を検討しましょう。 モバイルWiFiはポケットに入るくらい小さなルーターで、1台あれば5台以上の端末をネットに繋げることができます。 最近では、海外に持って行ってもそのまま利用できるモバイルWiFiも増えてきました。 今回は サクサク通信ができて、月額料金も普通で、それでいて信頼できる会社が提供しているモバイルWiFiを探している人に、エヌズカンパニーのポケットWiFiをご紹介します。 モバイルWiFiはたくさん種類があって、さまざまな代理店などが販売しています。 月額料金に大きな差はなくなってきましたが、通信量の制限やレンタル端末など特徴はそれぞれです。 エヌズカンパニーが提供している ポケットWiFiは月額3,600円で、無制限で通信できます。 しかも速度も 下り最大988Mbpsととっても速いです。 なぜこんなにサクサク使えるポケットWiFiが提供できるのか、その特徴に迫っていきます。 また、料金や通信速度、注意事項なども他社と比較して紹介してきますので、ぜひ比較の参考にしてください。 この記事の目次• ポケットWiFiって何? モバイルWiFiの種類の中には、「ポケットWiFi」と呼ばれる機種があります。 ポケットWiFiとは、ソフトバンクが提供しているモバイルWiFiの機種のことです。 そのため通信はソフトバンク回線をメインとして利用しています。 モバイルWiFiは、ポケットWiFi以外だとauが提供しているWiMAXが有名です。 いま使っているスマホのキャリアに合わせてポケットWiFiかWiMAXかで悩む人もいると思いますが、どちらも遜色ないので好みで選んでOKでしょう。 さて、今回はポケットWiFiについてご紹介したいのですが、ポケットWiFiを提供している代理店は沢山あります。 どこで契約していいか迷っている方、もしくは沢山ありすぎて代理店の違いが分からないという方は、エヌズカンパニーがおすすめですよ。 エヌズカンパニーはソフトバンク光の優良代理店として実績があり、その証拠に現時点で ソフトバンクから4期連続で表彰されています。 今までエヌズカンパニーはソフトバンク光という固定回線しか取り扱っていませんでしたが、どうしてポケットWiFiに参入したかというと・・・。 それは 「 この商材が他社製品とは全く異なる商材となっているから」 です。 具体的に、他社製品と何が違うのかを説明していきますね。 エヌズカンパニーのポケットWiFiはココが違う! エヌズカンパニーのポケットWiFiを利用するメリットを見ていきましょう!その特徴から、どうして高速通信を提供できるのかという疑問も解決できます。 特徴その1 法人回線を利用している 普段は意識したことがないかもしれませんが、通信回線には個人回線と法人回線があります。 個人で契約するのであれば、普通は個人回線の利用になり、会社などが契約する場合は法人回線に繋がります。 今までポケットWiFiなどを使用したことがある人も、いま現在WiMAXなどを利用している人も、個人回線でネットに繋がっています。 今やスマホだけでなく、パソコン・ゲームやタブレットなど沢山の端末をネットに繋げて利用するのが当たり前の時代ですよね。 当然 利用者が沢山いれば、それだけネット回線も混雑してきます。 例えば19時以降、みなさんが仕事を終えて自宅でゆっくりするような時間から利用者が集中するため、ネットへのアクセスがしにくいという状況が出てきます。 反対に、19時以降は一般的に会社が業務を終えている時間帯です。 つまり 法人回線なら、 みんながネットを利用し始める時間帯でも、他の利用者がほぼいないので快適に接続できる んです。 特徴その2 無制限で利用できる エヌズカンパニーのポケットWiFiには、通信量の制限がありません。 WiMAXのような3日で10GBを超えると制限が掛かるという許容量はないので、安心して好きなだけ利用ができます。 正真正銘、本当に無制限なんです。 特徴その3 評判のいいエヌズカンパニーだから安心感がある 機種の特徴とは違いますが、何かを契約するときや購入するときは、どこの会社が提供しているのかって大事な情報の一つですよね。 これからずっと利用していくものであれば、安心や信頼できる会社でないと心配なはずです。 顧客満足度の高さから、ユーザーからの評判がいいエヌズカンパニーが提供するだけあって、契約の際の心配や不安を解決してくれます。 料金や通信速度はどれくらい? 法人回線を利用している、無制限で利用できる、これだけで今までのポケットWiFiとは全く違うものになっていますが、料金や通信速度も気になりますよね。 他社のモバイルWiFiと比べて見てみましょう。 料金と通信速度 エヌズカンパニーのポケットWiFi どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,600円 3,480円 3,880円 通信速度 下り 988Mbps 下り 150Mbps 下り 440Mbps 上り 37. 5Mbps 上り 50Mbps 上り 75Mbps 注意点 解約料金が高い。 25カ月目以降は3,980円になる。 3日で10GB以上の利用があると、速度制限される。 まずは月額料金ですが、エヌズカンパニーのポケットWiFiは、 3年契約でずっと3,600円での利用ができます。 通信速度は 下り最大988Mbpsで、上り37. 5Mbpsです。 2年間だけの利用で見れば「どんなときもWiFi」の方が少し安いですが、25カ月目以降は月額料金が上がってしまいます。 それに「どんなときもWiFi」はレンタルでの使用ですので、いずれは機種を返却する必要があります。 もし返却時に機種に損傷やレンタルしたものに欠品があれば、18,000円 税抜 が請求されます。 WiMAXについては月額料金も高いですし、何より3日で10GBの制限があるので比べるまでもありませんね。 ただし、エヌズカンパニーのポケットWiFiにもひとつだけ注意しておいて欲しいことがあります。 それは、解約金についてです。 最低利用期間が存在する 期間 契約解除料 (うち通信契約解除料) (うち機器契約解除料) ~12カ月以内 67,500円 (24,500円) (43,000円) 13~24カ月以内 46,000円 (24,500円) (21,500円) 25~36カ月以内 24,500円 (24,500円) (0円) 37カ月以降は、更新月以外に解約すると24,500円が発生します。 更新月に解約すれば、契約解除料は発生しません。 (初回の更新月は37・38カ月) 他社と同様、契約の更新月に解約すれば解除料は0円ですが、最低利用期間を過ぎても24,500円の違約金というのは高いですね。 しかし エヌズカンパニーのポケットWiFiは、法人回線を利用している特殊なポケットWiFiです。 通信速度はうんと早いですし、月額料金も特別に高い訳ではありません。 それを考えると充分エヌズカンパニーのポケットWiFiを契約するメリットはあると思います。 まとめ ポケットWiFiとは、ソフトバンクが提供しているモバイルWiFiのこと。 代理店であるエヌズカンパニーは、ソフトバンク光の取り次ぎ先として実績があり、ソフトバンクから4期連続で表彰されるような優良代理店です。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの特徴は、• 法人回線を利用している• 無制限で利用できる• 優良代理店のエヌズカンパニーが取り次ぎ先だから安心 以上のような3つが挙げられます。 法人回線とは企業が申し込む回線で、普段私たちが利用しているのは個人回線となっています。 一般的には仕事が終わってからネットを利用するのが普通なので、19時以降など夜の時間帯は個人回線が込み合ってしまいます。 つまり、みんなのアクセスが集中する時間なので、ブラウザを開くのに時間が掛かるなど繋がりにくくなるのです。 しかし法人回線であれば、会社は19時以降には業務を終了していることが多く、他に利用している人も少ないので繋がりやすくなります。 これが法人回線の強みです。 そして無制限で利用できるので、ストレスなく容量を気にしないでネットを見ることができます。 ポケットWiFiの特徴ではありませんが、ソフトバンク優良代理店としても活躍しているエヌズカンパニーだからこそ、安心して契約ができるいうのもおすすめできるポイントの一つです。 月額料金は 3年契約でずっと3,600円、通信速度は 下り最大988Mbpsと、一般的な料金で高速通信ができます。 法人回線という特殊な回線の契約のため解約違約金は他社より高いですが、 最低36カ月間利用し更新月に解約すれば違約金は0円です。 金額は違えど違約金の発生方法などは他社と同じなので特に問題はないでしょう。 使い放題でネットがサクサク見れるモバイルWiFiを探しているのであれば、エヌズカンパニーのポケットWiFiがピッタリです。 \ SNSでシェアしよう! / 熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の 注目記事を受け取ろう•

次の

[エヌズカンパニー ポケットwifi]個人向け法人回線の速度

エヌズ カンパニー ポケット wifi

そうだね。 直ぐにネット環境が欲しいという人には、固定回線よりもホームルーターはおすすめだよ! ホームルーターの注意点 1.速度はそこまで速くない ホームルーターの速度に 光回線の様な速度を期待してはいけません。 実際に計測してみましたが、 1回目の速度は下り16Mbpsの上り8Mbpsです。 2回目の速度は下り13Mbpsの上り7Mbpsです。 上記の計測以外で30Mbps~50Mbpsという速度も記録しましたが、それ以上の速度は期待できません。 今回速度計測に利用した「 Airターミナル4」という端末ですが、 最大速度は962Mbpsとなっております。 残念ながら最大速度に近い速度は出ることはなかったです。 2年契約・3年契約という長期契約はデメリットですが、その分、 ルーター代は無料となっております。 ホームルーターとモバイルルーターどっちが良い!? ホームルーターを選ぶ前に必ず知っておいていただきたいのが、• モバイルルーター• ホームルーター どちらが貴方におすすめかです。 ホームルーターとモバイルルーターではそれぞれ特徴がありますので、比較していきます。 特徴 ホームルーター ・有線接続可能 ・同時接続可能台数が多い ・遠くまでWiFiを飛ばせる モバイルルーター ・外に持ち運んで利用可能 電源に繋がなくてもバッテリーで動作可能 上記の通り、 一番大きな違いは外に持ち運びができるか、できないかです。 ホームルーターは常にコンセントが必要ですので、持ち運んで利用するのに適していません。 その点、モバイルルーターでしたら 、外でも気軽にWiFiを利用することができます。 そのため、外出時でもWiFiを使いたいという人は、ホームルーターよりもモバイルルーター(ポケットWiFi)がおすすめです。 ポケットWiFiについて詳しくは下記ページをご覧ください。 制限は一切ないよ!使いたいときに好きなだけWiFiが利用可能だよ! 注意点としては、 利用可能のエリアが狭かったりしますので、 事前に使用予定のエリアが「Softbank Air」に対応しているかチェックしておくことが重要です。 SoftBank Airのエリアの確認方法について ソフトバンクAirはエリアによって最大速度が違ったり、電波が入らないという事も多々あります。 契約してから速度が遅い、圏外だったという事をさけるためにも、 必ず事前に確認しておいてください。 SoftBank Airのエリアの確認方法ですが以下の通りです。 へ行く• ページを下に少しスクロールすると「郵便番号入力フォーム」がありますのでそちらに郵便番号を入力して調べるを押す• ソフトバンクAirの対象エリアだった場合「下り最大速度」等が表示されます。 以上の手順で簡単に 対応エリアと最大速度の確認を取ることができます。 SoftBank Airはソフトバンクのスマホユーザーにお得 SoftBankのスマホを利用しているユーザーが「SoftBank Air」を契約すると、「おうち割 光セット」を適用することが可能です。 「おうち割 光セット」は、ソフトバンクスマホ1台につき、 毎月の携帯電話の通信料が最大1,000円割引されます。 例えば、家族で合計5台使ってましたら、最大5,000円の値引きを受けることが可能です。 そのためソフトバンクユーザーの方には「ソフトバンクAir」は特におすすめとなっております。 SoftBank Airの料金について SoftBank Airの料金体系は以下の通りです。 月額料金 1年目:3,800円 2年目以降:4,880円 キャッシュバック 最大30,000円 1年目は安い料金でSoftBank Airを利用することができます。 なお、WiMAXの特徴としては、• 速度が速い• 最短即日発送• 高額キャッシュバック or 料金が安い• auスマートバリューmine適用可能(auユーザー限定) となっており、 ソフトバンクAirよりもWiMAXの方がメリットは多いです。 但し、 一点だけ大きなデメリットがあります。 それは、 3日で10GBの速度制限です。 WiMAXの場合、3日で10GBの制限を超えてしまった場合、翌日の18時~2時まで速度制限となり 速度が概ね1Mbpsです。 ソフトバンクエアーは無制限に使えますが WiMAXは速度制限があるので注意してください。 そんなことないよ!申込後の折り返しの電話で口頭で口座を伝えればOKだよ! 必ず 貰えるキャッシュバックは嬉しいですね。 さらに、他社から乗り換えてくる人には「 あんしん乗り換えキャンペーン」が適用可能です。 乗り換え時の「違約金」「撤去工事費」「割賦残債」等を 最大10万円迄還元して貰えます。 ソフトバンクAirに乗り換えたいけど、今使っている光回線、ポケットWiFiが契約期間の途中だから乗り換えができない、という人にもおすすめです。 \ キャッシュバックが必ず貰える/ 2.月額料金も安くしたいなら「モバレコAir」 モバレコAirはエヌズカンパニーのソフトバンクよりも月額料金が安いです。 1~2ヶ月目:月額1,970円• 3~24ヶ月目:月額3,344円 上記の通り安い料金で「モバレコAir」を利用できます。 さらに、キャッシュバックが28,000円貰えますので、実は 「エヌズカンパニー」のSoftBank Airよりもお得です。 キャッシュバックの手続きが完了した人には、課金開始月の翌月末に28,000円が銀行振り込みされます。 月額料金 1~2ヶ月目:月額1,970円 3~24ヶ月目:月額3,344円 事務手数料 3,000円 キャッシュバック 28,000円 通信量 無制限 最大速度 下り481Mbps 上り10Mbps モバレコエアーの発送は申込から2日~3日前後です。 WiMAXのホームルーターはどこから購入するのがおすすめ? WiMAXはソフトバンクAirよりも速度がでやすいケースが多いです。 しかし、 3日間で10GBを超えた場合、翌日の18時~2時が速度制限となり、 速度は1Mbps前後となりますので注意が必要です。 WiMAXのホームルーターがおすすめな人は、• 18時から2時は使わない• 3日で10GBも必要ない どちらかに当てはまる人であれば、WiMAXをおすすめできます。 WiMAXは契約先が複数ありますが、おすすめな契約先は少ないです。 1.高額キャッシュバックならGMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバックプラン) WiMAXと言えば、高額キャッシュバックが期待できます。 GMOとくとくBBのキャッシュバックプランでは、月額料金が高いですが、その分 27,200円という高額キャッシュバックが貰えます。 WiMAXの中で一番コストパフォーマンスが良いのは、「GMOとくとくBB(高額キャッシュバックプラン)」となっております。 GMOとくとくBBのキャッシュバックプランでは、• 最短即日発送• 20日以内ならキャンセルOK(エリア判定で「〇」のお客様のみ)• 本体代無料• auスマートバリューmine対応 となっており、 直ぐに自宅でWiFiが使いたいという人におすすめです。 2Gbps 上り75Mbps 最短即日発送!直ぐに使いたい人にもおすすめ 2.最安値ならGMOとくとくBB WiMAX(月額割引プラン) GMOとくとくBBのWiMAXでは料金が安い「月額割引プラン」も用意されています。 月額割引プランは、 WiMAXの中で最安値の料金設定です。 キャッシュバックはいらないから、安く使いたいという人におすすめのプランです。 月額割引プランの特徴は、• 料金が安い• 20日以内ならキャンセルOK(エリア判定で「〇」のお客様のみ)• 本体代無料• auスマートバリューmine対応 上記の通り、料金以外は、キャッシュバックプランと同じ特徴です。 2Gbps 上り75Mbps 月額料金は 驚愕の2,590円~3ヶ月以降も3,344円と 格安でWiMAXのギガ放題プランが利用できます! 3.1年契約は「BIGLOBE WiMAX」 BIGLOBE WiMAXは、他のWiMAXと違い、• 1年契約• 途中解約時の違約金1,000円 となっており、 解約しやすいWiMAXです。 注意点としては、 本体代19,200円の支払いが必要です。 口座振替の場合は代引きでのご請求になります。 本体代の費用を支払っても良いという人には「BIGLOBE WiMAX」は大変お得なサービスとなっております。 特に今の時期は、テレワークがいつまで続くかわからない、長期契約は避けたいという人にも、 途中解約時の違約金1,000円のBIGLOBE WiMAXはおすすめです。 また、月額料金3,980円となっており、 最安値のGMOとくとくBBと比較すると少し高いです。 しかし、契約期間が短い、違約金が1,000円というのを考えればプレイスレスです。 SoftBank Airは完全無制限ですので、一日中動画を見るという事も可能です。 WiMAXの場合は3日で10GBの速度制限がありますので、1日中動画を視聴していると速度制限になる可能性が十分あります。 そのため最終的な結論としては、無制限にネットが使いたい場合は「SoftBank Air」、3日で10GBで十分という人には「WiMAX」がおすすめです。 回線速度は重要だという人は、ホームルーターよりも 「光回線」を引く事をおすすめします。 光回線は開通まで時間がかかりますが、開通後は自宅で快適にインターネットを利用することができます。 光回線の契約を検討中の人は「」をご覧ください。

次の