韓国 2 ちゃんねる ニュース。 【韓フルタイム】2ちゃんねるの「キム・ヨナ」批判コメントが韓国でニュースに、韓国人憤慨!

【韓フルタイム】2ちゃんねるの「キム・ヨナ」批判コメントが韓国でニュースに、韓国人憤慨!

韓国 2 ちゃんねる ニュース

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

韓国が『2ちゃんねる』の801板を八百長と勘違いしてサイバーテロ攻撃!

韓国 2 ちゃんねる ニュース

昨日24日に行なわれたフィギュアスケート女子シングルの試合は、日本中が固唾をのんで注目したのではないだろうか。 テレビやインターネットでは、五輪女子SPで史上始めてトリプルアクセルを決めた浅田真央と、78.50点をという高得点をマークした韓国の選手の話題で、どこも盛り上がっている。 韓国でも当然のように盛り上がっており、「やぱりキム・ヨナはやってくれた!」という感じのコメントで溢れかえっているのだが、昨晩あたりから「日本のネチズンはマナーが悪い!」といった気になる見出しの記事が次々と登場している。 どのような内容かというと、「日本の最大掲示板サイト『2ちゃんねる』をはじめ、日本のインターネット上ではキム・ヨナに対して酷いコメントが大量に寄せられている。 日本のネチズンは非紳士的だ」といった感じのものである。 ある記事では、 「日本の一部のネチズンは、日本の代表的なインターネットコミュニティー『2ちゃんねる』で、2010バンクーバー冬季五輪フィギュアスケートSP新記録をマークしたキム・ヨナに対して否定的な反応を見せ、『裏金取引』『審判の買収疑惑』などの陰謀説を提起している。 日本のネチズンらは『トリプルアクセルを成功した浅田真央より高い点数なのは理解できない』『キム・ヨナと浅田真央の5点差、これはまさに裏金取引の差』『国際的なスポーツで、韓国人の不正を根絶しなければならない』などの文字を書き込んでいる」といった内容を報じている。 また、別の記事でも 「『汚い点数』日本のネチズンら、キム・ヨナの最高点に不満爆発」 「日本の2ちゃんねるネチズン『キム・ヨナの点数は、カナダのコーチのおかげ』と非難」 といった見出しで日本のインターネット上での会話が細かく紹介されている。 ほとんどの記事が、「2ちゃんねる」上での会話を引用しており、「日本ネチズンのマナーの悪さ」が強調されるかたちになっているようだ。 これらの記事を見た韓国ネチズンは当然怒り心頭。 「君たちに認めてもらいたいわけじゃない」 「言葉が出ない」 「点数の配分も知らないのか?」 「この機会に独島で戦おうじゃないか!」 「独島は韓国の領土だ」 などなど。 かなりこちらも好き勝手なことを言っている。 しかし、中には「2ちゃんねるの書き込みを翻訳して記事にする記者は何なんだ…」と記事を指摘するコメントも。 「2ちゃんねる」を知っている韓国人にとっては、日本のネット上で交わされたコメントを多くのメディアがこぞって取り上げ、報道している事態に違和感を持っている人もいるようだ。 女子フィギュアをめぐる日韓の場外戦は、しばらく続きそうな感じだ。 韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。 韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。

次の

【韓国すごい】163人が新型コロナ再陽性

韓国 2 ちゃんねる ニュース

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の