気に障る 癇に障る。 癪に障る人の6つの特徴と対処法とは?

【慣用句】「癪に障る」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

気に障る 癇に障る

「癪に障る」の語源と意味は? 最初に「癪に障る」の語源と意味からみていきましょう。 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」となります。 「癪(しゃく)」という字は難しく見えますが、部首「やまいだれ」の中に「積」という字が入った漢字で、「障る(さわる)」は「障害」「故障」などの「障」となります。 「癪に障る」の語源は「胸部に激痛が走る意味の癪」から まず「癪に障る」の語源を把握する上で大切なのは、「癪」という言葉の意味から理解することでしょう。 「癪」とは、胸部や腹部が急にけいれんを起こし激痛が走る病状「さしこみ」または「疝痛(せんつう)」のことを指しています。 人は不快で腹が立つと、胸部や腹部が痛むことがありますが、この症状にちなんで「癪に障る」という表現が生まれました。 「癪に障る」の意味は「不愉快で腹が立つこと」 「癪に障る」とは「不愉快な気分で、腹が立つこと」を意味する言葉です。 何か気に入らないことがあり、気持ちがむしゃくしゃすること、またイライラ、ムカムカする状態を指しています。 そのため、間違っても心は穏やかな状態ではありません。 一般的に「癪に触る」時は、言動が粗野で暴言を吐きがちになることがほとんどでしょう。 もちろん、言葉にもトゲがあり、表情もしかめっ面です。 「癪に障る」は英語で「be irritated」「feel offended」 英語で「癪に触る」を表現するときは、腹が立つ、気持ちがイライラするという意味の「be irritated」や「feel offended」を使うのがよいでしょう。 その他、不快な気持ちを表現するなら「be annoyed」「be frustrated」も状況によって使うことができます。 Her attitude really annoyed me. あの子の態度、本当に癪に障るわ。 癪に触るようなことはするな。 「癪に障る」の使い方で気を付けたい点と例文 続いて「癪に障る」の使い方で気を付けるべき点を挙げながら、わかりやすい例文とあわせて解説します。 「癪に障る」を「癪に触る」と表記するのは誤り もともと「癪」は腹痛を表す「病状」のことで、特定の場所やものを指す言葉ではありません。 そのため、何かに触れるという意味の「触る」を使うのは誤りとなります。 ちなみに「障る」には「差し支える」「支障ができる」という意味があり、この場合はイライラすることによって引き起こされる「癪」という病状が行動に支障をきたすというニュアンスで「障る」が使われていると解釈できます。 「癪に触る」と「癇に障る」を混同しない 「癪に触る」に似た言葉に「癇に障る(かんにさわる」がありますが、この二つは意味が多少異なります。 「癪に障る」は「腹が立ち、気に障る」ことですが、「癇に障る」は「気に入らないことが原因で腹立たしく思う」ことを意味する言葉です。 たとえば、「癇に障る」の例文を挙げると「気取った話し方が癇に障る」「堂々とし過ぎる態度が癇に障る」などになり、純粋に腹が立つという意味の「癪に障る」とはニュアンスが少し異なります。 混同しがちな二つの表現ですが、文章に用いる時は正しい意味合いの方を選ぶようにしましょう。 「癪に障る」を使った例文 「癪に障る」を使った例文をいくつか挙げてみます。 癪に障るようなことをするべきではない。 感情のままに部下を叱る上司が、とても癪に障った。 癪に障るようなことはした覚えがないのに、彼女は一日怒っている。 今日はデートの日。 満員電車で足を踏まれたが、なぜか癪に障らなかった。 「癪に障る」の類語は? 最後に「癪に障る」と言い換えのできる類語についてみていきます。 状況やイライラの度合いによって上手に使い分けをしてみて下さい。 「癪に障る」と言い換えのできる類語は「気に障る」や「鼻につく」 「癪に障る」の類語には「気に障る」「鼻につく」「気分を害する」「不愉快に思う」などがあります。 「癪に障る」には腹立たしく不快な気分になるという意味がありますが、程度によっても表現が少しずつ変わってくるでしょう。 「鼻につく」なら「何となく不快で気になる」程度ですが、「気分を害する」となると「楽しい気持ちが妨害される」という意味になります。 状況によってふさわしい類語を選び、言い換えをするようにしましょう。 不快な気持ちを強く表す類語なら「むしゃくしゃする」や「うっとうしく思う」も 「癪に障る」を特徴的な表現を使って言い換えるなら「むしゃくしゃする」「うっとうしく思う」などが挙げられます。 また、本当にイライラして胸中が不快感だらけという意味では「胸くそ悪い」も類語の一つでしょう。 しかし、言葉が与える印象がやや暴言的な表現であるため、使う相手には十分気を付けるようにして下さい。 まとめ 「癪に障る」は「しゃくにさわる」と読み、意味は「不快に思う」「腹が立つ」となります。 日常ではイラっとしたり、気分を害された時に「癪に障る」という表現をよく使いますが、そもそも「癪」とは胸部や腹部に激痛が走る病状を指し、腹が立った時に胸や腹に不快な痛みのようなものを感じるところから生まれた表現となります。 ビジネスシーンや職場でも「癪に障る」言動に出くわすことがあるでしょう。 その時は大きく深呼吸をして「癪」を鎮めるようにすることも大切です。

次の

癪に障る人の6つの特徴と対処法とは?

気に障る 癇に障る

苦労せずに利益を得ることを表現した言葉です。 例えば「宝くじを買ったら100万円が当たった。 これこそまさに濡れ手で粟だ」のように、楽をして多くのものを手に入れた時に使用します。 この表現の由来は、言葉から想像する通り、濡れた手で粟の実(あわのみ)をつかむとたくさんつかめる、というものです。 粟の粒はとても小さいので、手でつかむ場合には乾いた手よりも濡れた手の方が粟の粒がくっつきやすくなり、容易にたくさんつかむことができます。 「濡れ手で粟」は、このような様が転じてできた表現です。 「濡れ手で」という表現にはたまたま手が濡れていたのではなく、意図して濡らした手でたくさん粟を取ろうという思いが含まれています。 「濡れ手に粟」のように使う場合もありますが、これは意図せず手が濡れていたという意味も含まれますから、本来の意味を考えると誤った表現です。 また、同じような表現で、「濡れ手で粟のつかみ取り」という言葉もあります。 こちらの方が、粟をつかむ様子がわかりやすいですね。 物事が気に入らず、不快である様を表した表現です。 「上司の説教がいちいち癪に障る」というように、誰かに言われたこと、またはされたことに対して不快感を表現する際に使用し、「腹が立った」と同じような意味で用いられます。 「癪」とは、急に胸や腹が痙攣して感じる痛みのことで、「さしこみ」と呼ばれ、胆石の症状の一つともいわれています。 腹が立った時には胸や腹が痛むことから、「癪」という言葉が使われるようになりました。 この表現では、「さわる」を「触る」ではなく「障る」と書きます。 癪は病気の一つであり、実際に触れられるものではないため、「障る」を用います。 同じ字を用いる表現に、「癇癪(かんしゃく)」があります。 ちょっとしたことで激しく怒ること、またはその性質のことですが、「癇癪」の「癇」を使った「癇(かん)に障る」という表現も、「癪に障る」とほぼ同じ意味です。 時代劇を見ていて、「持病の癪が……」というセリフを耳にしたことはありませんか?時代劇でよく聞く「持病の癪」とは胸や腹の痛みを表現する時に使われており、「癪に障る」に含まれる「癪」と同じ意味を持ちます。 時代劇の舞台である戦国時代や江戸時代の医学では、胸や腹の痛みだけではどんな病気かを特定することが難しかったため、これらの激しい痛みをまとめて「癪」と表現されていたと考えられています。 「濡れ手で粟」も「癪に障る」もどちらもよく耳にする言葉ですが、誤用や漢字の誤りが多い表現。 言葉の由来を知ることは、本来の意味をきちんと理解することにつながります。 合っているか自信がない言葉があったら、由来を調べてみることをおすすめします。

次の

癪に障る人の6つの特徴と対処法とは?

気に障る 癇に障る

「癪に障る」の語源と意味は? 最初に「癪に障る」の語源と意味からみていきましょう。 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」となります。 「癪(しゃく)」という字は難しく見えますが、部首「やまいだれ」の中に「積」という字が入った漢字で、「障る(さわる)」は「障害」「故障」などの「障」となります。 「癪に障る」の語源は「胸部に激痛が走る意味の癪」から まず「癪に障る」の語源を把握する上で大切なのは、「癪」という言葉の意味から理解することでしょう。 「癪」とは、胸部や腹部が急にけいれんを起こし激痛が走る病状「さしこみ」または「疝痛(せんつう)」のことを指しています。 人は不快で腹が立つと、胸部や腹部が痛むことがありますが、この症状にちなんで「癪に障る」という表現が生まれました。 「癪に障る」の意味は「不愉快で腹が立つこと」 「癪に障る」とは「不愉快な気分で、腹が立つこと」を意味する言葉です。 何か気に入らないことがあり、気持ちがむしゃくしゃすること、またイライラ、ムカムカする状態を指しています。 そのため、間違っても心は穏やかな状態ではありません。 一般的に「癪に触る」時は、言動が粗野で暴言を吐きがちになることがほとんどでしょう。 もちろん、言葉にもトゲがあり、表情もしかめっ面です。 「癪に障る」は英語で「be irritated」「feel offended」 英語で「癪に触る」を表現するときは、腹が立つ、気持ちがイライラするという意味の「be irritated」や「feel offended」を使うのがよいでしょう。 その他、不快な気持ちを表現するなら「be annoyed」「be frustrated」も状況によって使うことができます。 Her attitude really annoyed me. あの子の態度、本当に癪に障るわ。 癪に触るようなことはするな。 「癪に障る」の使い方で気を付けたい点と例文 続いて「癪に障る」の使い方で気を付けるべき点を挙げながら、わかりやすい例文とあわせて解説します。 「癪に障る」を「癪に触る」と表記するのは誤り もともと「癪」は腹痛を表す「病状」のことで、特定の場所やものを指す言葉ではありません。 そのため、何かに触れるという意味の「触る」を使うのは誤りとなります。 ちなみに「障る」には「差し支える」「支障ができる」という意味があり、この場合はイライラすることによって引き起こされる「癪」という病状が行動に支障をきたすというニュアンスで「障る」が使われていると解釈できます。 「癪に触る」と「癇に障る」を混同しない 「癪に触る」に似た言葉に「癇に障る(かんにさわる」がありますが、この二つは意味が多少異なります。 「癪に障る」は「腹が立ち、気に障る」ことですが、「癇に障る」は「気に入らないことが原因で腹立たしく思う」ことを意味する言葉です。 たとえば、「癇に障る」の例文を挙げると「気取った話し方が癇に障る」「堂々とし過ぎる態度が癇に障る」などになり、純粋に腹が立つという意味の「癪に障る」とはニュアンスが少し異なります。 混同しがちな二つの表現ですが、文章に用いる時は正しい意味合いの方を選ぶようにしましょう。 「癪に障る」を使った例文 「癪に障る」を使った例文をいくつか挙げてみます。 癪に障るようなことをするべきではない。 感情のままに部下を叱る上司が、とても癪に障った。 癪に障るようなことはした覚えがないのに、彼女は一日怒っている。 今日はデートの日。 満員電車で足を踏まれたが、なぜか癪に障らなかった。 「癪に障る」の類語は? 最後に「癪に障る」と言い換えのできる類語についてみていきます。 状況やイライラの度合いによって上手に使い分けをしてみて下さい。 「癪に障る」と言い換えのできる類語は「気に障る」や「鼻につく」 「癪に障る」の類語には「気に障る」「鼻につく」「気分を害する」「不愉快に思う」などがあります。 「癪に障る」には腹立たしく不快な気分になるという意味がありますが、程度によっても表現が少しずつ変わってくるでしょう。 「鼻につく」なら「何となく不快で気になる」程度ですが、「気分を害する」となると「楽しい気持ちが妨害される」という意味になります。 状況によってふさわしい類語を選び、言い換えをするようにしましょう。 不快な気持ちを強く表す類語なら「むしゃくしゃする」や「うっとうしく思う」も 「癪に障る」を特徴的な表現を使って言い換えるなら「むしゃくしゃする」「うっとうしく思う」などが挙げられます。 また、本当にイライラして胸中が不快感だらけという意味では「胸くそ悪い」も類語の一つでしょう。 しかし、言葉が与える印象がやや暴言的な表現であるため、使う相手には十分気を付けるようにして下さい。 まとめ 「癪に障る」は「しゃくにさわる」と読み、意味は「不快に思う」「腹が立つ」となります。 日常ではイラっとしたり、気分を害された時に「癪に障る」という表現をよく使いますが、そもそも「癪」とは胸部や腹部に激痛が走る病状を指し、腹が立った時に胸や腹に不快な痛みのようなものを感じるところから生まれた表現となります。 ビジネスシーンや職場でも「癪に障る」言動に出くわすことがあるでしょう。 その時は大きく深呼吸をして「癪」を鎮めるようにすることも大切です。

次の