遊戯王 最新情報デッキあんてな。 遊戯王あんてな

【遊戯王予約】「ストラクチャーデッキ精霊術の使い手」通販情報まとめ

遊戯王 最新情報デッキあんてな

2020年2月現在で判明している最新情報を軽くおさらい!! まず発売日と共に内容の一部が公開されている新商品をあげていきます。 2月 8日に レアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション-が発売予定です。 収録カード全てがスーパーレア以上となっており、手札誘発モンスターで有名な 「妖怪少女」等一部のカードは新規イラストで収録されます。 様々なデッキで活躍する優秀なカードが再録します。 2月 22日には ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-が発売予定です。 既に新規カード 3枚の詳細が判明しておりそれによって 「マシンナーズ」テーマが強化されます。 ちなみに 2月 21日発売予定の Vジャンプにはストラクチャーデッキ Rとは別に新たな 「マシンナーズ」モンスター (現在詳細は不明)が付録として登場するので、ストラクチャーデッキ Rの購入を予定している人はそちらの購入も検討した方が良いかと思います。 2月 22日に プレミアムパック 2020が一般販売されます。 以前開催されたジャンプフェスタで先行販売された物と収録内容は同じですので、 流通量が増えることでシングル価格の下降が予想されます。 3月 7日には デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズが発売予定です。 収録される新規テーマ 3種の内 岩石族テーマである 「アダマシア」カードはほとんど (前のデッキビルドパックと比較するなら全て?)判明しており、 アンデット族テーマからはエースである 「黄金卿エルドリッチ」のみが判明しており、植物族テーマからは依然情報が無いです。 3月 20日に発売予定のストラクチャーデッキ 混沌の三幻魔の収録カードでは新規カードは 1種のみ判明しています。 スポンサーリンク 最新情報や環境の流れから価格が高騰しそうなカードを予想! 「召喚魔術」 縛りは無く手札融合専用ですが、 「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合は自分のフィールド及び自分・相手の墓地のモンスターも融合素材にすることが出来ます。 また墓地に存在する場合、除外されている 「召喚師アレイスター」 1体を手札に加えつつ自身をデッキに戻す効果もあります。 昨今大会環境で 「召喚獣」デッキが良く見られるようになったことが高騰予想の理由であり、よりレアリティの高い スーパーレアの価格が高騰しそうです。 「召喚獣」デッキと言っても最近活躍しているのは 「ドラグーン」デッキとの 複合デッキが多く、メインデッキの枠路を取りづらいことから出張もさせやすい 「召喚獣」は相性が良いです。 エターニティ・コードにて 新規「召喚獣」モンスターも増えたことで強化されましたし、 4月からの新マスタールール改訂ではリンク召喚無しで融合モンスターを並べられるようになったりと 「召喚獣」テーマには追い風が吹いているので、 「召喚魔術」の購入を検討している人は今の内かもしれません。 「ドラゴンメイド・ナサリー」 バトルフェイズ開始時に 最上級「ドラゴンメイド」モンスターに入れ替わる 「ドラゴンメイド」共通の効果の他に、固有効果では召喚・特殊召喚成功時に自身と同名カード以外のレベル 4以下の 「ドラゴンメイド」モンスター 1体を蘇生できます。 「ドラゴンメイド」テーマではその特性上から蘇生先には困らないため、このカードで蘇生した 下級「ドラゴンメイド」モンスターと自信を併せてバトルフェイズには 最上級「ドラゴンメイド」モンスター 2体を並べることも出来ます。 昨今環境で確実に結果を残し始めている 「ドラゴンメイド」デッキにとっての展開要員であり、イラストアドの高さやレアリティがスーパーレアであることから価格高騰が予想されます。 「ギアギガント X」 機械族レベル 4モンスター 2体で出せるランク 4エクシーズであり、 1ターンに 1度エクシーズ素材を取り除くことでレベル 4以下の機械族モンスター 1体をサーチ・サルベージ出来ます。 「マシンナーズ」と比較的相性が良く、 ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-には エクストラデッキ強化パックが無いため再録もないことから価格が上がると予想しました。 下級「マシンナーズ」モンスターはほとんどがレベル 4なためこのカードのエクシーズ召喚が容易であり、サーチ効果でデッキを回せます。 ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-に収録される 新規「マシンナーズ」モンスターは高レベルのものも多く、 「列車」関連のエクシーズモンスターと併せることが視野に入るためそれらのシングル価格も高騰する可能性はあります。 2020年2月の価格高騰予想まとめ! レアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション-ではレアリティやイラストの違いがありますがカード自体は再録ですし、プレミアムパック 2020も収録カードが早く欲しいという人は先行販売の時にシングルカード等で購入たであろうことも考えると、 2月では価格が下がる既存カードも多そうです。 とはいえ恐らく 2月中には デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズの続報があると思うので、 新規テーマと相性の良い種族サポートカード等の価格高騰も十分あり得るでしょう。 コチラでは1月に高騰したカード達を紹介しております! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

遊戯王 2020年2月に価格高騰しそうなカードを最新情報から予想!!

遊戯王 最新情報デッキあんてな

1 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「六花のひとひら」以外の「六花」モンスター1体を選び、 手札に加えるか墓地へ送る。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :このカードが墓地に存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 または自分フィールドのモンスターが植物族モンスターのみの場合、 相手エンドフェイズに発動できる。 このカードを特殊召喚する。 1 の効果では自分のメインフェイズ時に「六花」モンスターをサーチか墓地落としが可能な効果となっています。 この効果を使用するターンは植物族しか特殊召喚できませんが、「六花」デッキとして組むのであれば、必須でありデメリットではないと思われます。 相手エンドフェイズ時に墓地のこのカードを特殊召喚できます。 純粋な「六花」デッキならば、植物族が基本的に出ているので、毎ターンフィールドに置くことができます。 1 :自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。 このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。 2 :自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ上げる。 「六花」モンスターには自身をリリースしたり、別のカードをリリースすることで効果を発揮するカードがあるので特殊召喚はしやすいです。 また、自分フィールドのモンスターを2体までレベルを2つ上げられるので、自身をレベル6にしたりしてランク6エクシーズを狙うなど、エクシーズをする上では便利なカードです。 1 :手札・フィールドのこのカードをリリースし、 自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。 そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。 2 :このカードがリリースされ墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 効果を発動するのに、手札からもリリースすることができます。 植物族モンスター2体まで対象としてレベルを2つ下げられます。 低ランクエクシーズを狙う場合に役立ちそうです。 また、リリースされ墓地に送られたエンドフェイズ時に特殊召喚できます。 相手ターンを持ちこたえなければいけないので少し使い方には注意したいカードです。 1 :自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :このカードが召喚または植物族モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 自分フィールドの植物族モンスターをリリースすることで特殊召喚でき、特殊召喚成功時にデッキから「六花」魔法・罠カードをサーチできます。 自分フィールドに植物族モンスターが存在し、手札の『六花精プリム』と併用すれば、その時点でランク6エクシーズにつなげられます。 1 :このカード以外の自分の植物族モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、 手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。 2 :このカードが墓地に存在する状態で、 自分フィールドの植物族モンスターがリリースされた場合に発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 1 の効果では戦闘時に手札・フィールドからリリースすることで、その戦闘するモンスターの攻撃力・守備力を上げることができます。 この効果で墓地に落とすことで、 2 の効果を使える状況にします。 「六花」モンスターはリリースすることで、効果を発動するものが多いので出しやすさは高いでしょう。 フィールドから離れると除外されますが、エクシーズ素材にしてしまえばそのまま墓地に送られるのでエクシーズ素材にできるだけしたいです。 1 :自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。 2 :自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。 自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルは ターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。 自分フィールドの植物族モンスターを1体リリースするだけで、自身と別の植物族モンスターの二体を特殊召喚できます。 2 の効果によって、自分フィールドの植物族モンスターは対象に取ったモンスターのレベルと同じレベルになります。 これにより、どんなモンスターと一緒に出しても、『六花聖ティアドロップ』を出すことが可能になります。 「六花」デッキに必須の高レベルモンスターといえるでしょう。 1 :自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、 自分フィールドのモンスターを対象とするモンスターの効果を相手が発動した時、 手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。 その効果を無効にする。 2 :このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 手札・フィールドの自身をリリースすることで自分フィールドのモンスターを対象にするモンスター効果を無効にします。 また、自分フィールドの植物族モンスターをリリースすることで墓地から特殊召喚することもできます。 こちらも、フィールドから離れると除外されてしまうのでエクシーズ素材にしたいですね。 六花絢爛 通常魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。 1 :デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、 さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、 元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。 デッキから「六花」モンスターをサーチする効果を持っています。 さらに、リリースすることで、手札に加えたモンスターとレベルの一緒で名前の違う植物族モンスターをサーチできます。 単純なサーチをリリースすることで二回行える必須の魔法カードとなりそうです。 六花の風花 永続魔法 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドの「六花」モンスターがリリースされた場合に発動できる。 相手は自身のフィールドのモンスター1体をリリースしなければならない。 2 :相手エンドフェイズに、植物族モンスター以外の表側表示モンスターが 自分フィールドに存在する場合に発動する。 このカードを破壊する。 1 の効果では「六花」モンスターがリリースされた場合に相手もリリースしなければいけないという効果です。 単純な破壊耐性があるカードもリリースは免れないケースは多いので相手を妨害するうえでも非常に役立ちます。 相手エンドフェイズ時に自分フィールドに植物族モンスター以外が存在する場合は、この魔法カードを破壊しなければいけません。 汎用リンクモンスターなどとの併用が少し難点ではありますが、こちらもデッキに入れておきたいカードの一つでしょう。 六花深々 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。 1 :自分の墓地から「六花」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、 さらに自分の墓地から植物族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 1 の効果は自分の墓地の「六花」モンスターを守備表示で特殊召喚できる効果です。 さらに、植物族モンスターをリリースして発動すれば、もう一枚特殊召喚できるのでその場でEX,S,リンク召喚が可能になります。 「六花」モンスターと植物族モンスターであれば、レベルなどの制限がないところも強い点です。 六花の薄氷 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。 1 :相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。 モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、 さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。 この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。 相手フィールドのモンスターの効果を無効にする効果となっています。 リリースすれば、コントロールを得ることもできますが、相手ターンに発動した場合は自分のターンになる前に元のプレイヤーにコントロールが戻ってしまうので注意が必要です。 Amazonの情報を掲載しています まとめ・考察 今回は、今日解禁された「六花」カードの最新情報についてお伝えしました。 リリースしたりされたりすることで、効果を発揮するのが「六花」デッキのようです。 高レベルモンスターでも楽に特殊召喚でき、特殊召喚する方法やレベルを変える方法が多いことから、エクシーズをメインにするデッキが強くなりそうです。 しかし、今回新たなエクシーズモンスターの発表はなかったので今後のパックで登場することが期待されます。 また、今回のこのテーマ『ローンファイア・ブロッサム』との相性がめちゃくちゃ良いです! このカードも植物族モンスターをリリースすることで、デッキから植物族モンスターを特殊召喚できますし、自分がリリースの素材になることもできます。 『六花深々』で墓地から特殊召喚できますから、使い回しがとても簡単です! 今後の活躍が期待されるテーマとなっています! 最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、ぜひブックマーク登録お願いします!また、デッキ考察や、企画などの要望がありましたら是非コメントよろしくお願いいたします! それでは次回お会いしましょう!•

次の

遊戯王 最新情報あんてな

遊戯王 最新情報デッキあんてな

2020年2月現在で判明している最新情報を軽くおさらい!! まず発売日と共に内容の一部が公開されている新商品をあげていきます。 2月 8日に レアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション-が発売予定です。 収録カード全てがスーパーレア以上となっており、手札誘発モンスターで有名な 「妖怪少女」等一部のカードは新規イラストで収録されます。 様々なデッキで活躍する優秀なカードが再録します。 2月 22日には ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-が発売予定です。 既に新規カード 3枚の詳細が判明しておりそれによって 「マシンナーズ」テーマが強化されます。 ちなみに 2月 21日発売予定の Vジャンプにはストラクチャーデッキ Rとは別に新たな 「マシンナーズ」モンスター (現在詳細は不明)が付録として登場するので、ストラクチャーデッキ Rの購入を予定している人はそちらの購入も検討した方が良いかと思います。 2月 22日に プレミアムパック 2020が一般販売されます。 以前開催されたジャンプフェスタで先行販売された物と収録内容は同じですので、 流通量が増えることでシングル価格の下降が予想されます。 3月 7日には デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズが発売予定です。 収録される新規テーマ 3種の内 岩石族テーマである 「アダマシア」カードはほとんど (前のデッキビルドパックと比較するなら全て?)判明しており、 アンデット族テーマからはエースである 「黄金卿エルドリッチ」のみが判明しており、植物族テーマからは依然情報が無いです。 3月 20日に発売予定のストラクチャーデッキ 混沌の三幻魔の収録カードでは新規カードは 1種のみ判明しています。 スポンサーリンク 最新情報や環境の流れから価格が高騰しそうなカードを予想! 「召喚魔術」 縛りは無く手札融合専用ですが、 「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合は自分のフィールド及び自分・相手の墓地のモンスターも融合素材にすることが出来ます。 また墓地に存在する場合、除外されている 「召喚師アレイスター」 1体を手札に加えつつ自身をデッキに戻す効果もあります。 昨今大会環境で 「召喚獣」デッキが良く見られるようになったことが高騰予想の理由であり、よりレアリティの高い スーパーレアの価格が高騰しそうです。 「召喚獣」デッキと言っても最近活躍しているのは 「ドラグーン」デッキとの 複合デッキが多く、メインデッキの枠路を取りづらいことから出張もさせやすい 「召喚獣」は相性が良いです。 エターニティ・コードにて 新規「召喚獣」モンスターも増えたことで強化されましたし、 4月からの新マスタールール改訂ではリンク召喚無しで融合モンスターを並べられるようになったりと 「召喚獣」テーマには追い風が吹いているので、 「召喚魔術」の購入を検討している人は今の内かもしれません。 「ドラゴンメイド・ナサリー」 バトルフェイズ開始時に 最上級「ドラゴンメイド」モンスターに入れ替わる 「ドラゴンメイド」共通の効果の他に、固有効果では召喚・特殊召喚成功時に自身と同名カード以外のレベル 4以下の 「ドラゴンメイド」モンスター 1体を蘇生できます。 「ドラゴンメイド」テーマではその特性上から蘇生先には困らないため、このカードで蘇生した 下級「ドラゴンメイド」モンスターと自信を併せてバトルフェイズには 最上級「ドラゴンメイド」モンスター 2体を並べることも出来ます。 昨今環境で確実に結果を残し始めている 「ドラゴンメイド」デッキにとっての展開要員であり、イラストアドの高さやレアリティがスーパーレアであることから価格高騰が予想されます。 「ギアギガント X」 機械族レベル 4モンスター 2体で出せるランク 4エクシーズであり、 1ターンに 1度エクシーズ素材を取り除くことでレベル 4以下の機械族モンスター 1体をサーチ・サルベージ出来ます。 「マシンナーズ」と比較的相性が良く、 ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-には エクストラデッキ強化パックが無いため再録もないことから価格が上がると予想しました。 下級「マシンナーズ」モンスターはほとんどがレベル 4なためこのカードのエクシーズ召喚が容易であり、サーチ効果でデッキを回せます。 ストラクチャーデッキ R-マシンナーズ・コマンド-に収録される 新規「マシンナーズ」モンスターは高レベルのものも多く、 「列車」関連のエクシーズモンスターと併せることが視野に入るためそれらのシングル価格も高騰する可能性はあります。 2020年2月の価格高騰予想まとめ! レアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション-ではレアリティやイラストの違いがありますがカード自体は再録ですし、プレミアムパック 2020も収録カードが早く欲しいという人は先行販売の時にシングルカード等で購入たであろうことも考えると、 2月では価格が下がる既存カードも多そうです。 とはいえ恐らく 2月中には デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズの続報があると思うので、 新規テーマと相性の良い種族サポートカード等の価格高騰も十分あり得るでしょう。 コチラでは1月に高騰したカード達を紹介しております! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の