沖縄 青 の 洞窟。 【2020年最新】沖縄・青の洞窟|大人気スポットのおすすめツアー!たびらい沖縄アクティビティ(体験・レジャー)

沖縄 青の洞窟(シュノーケリングツアー) アクティビティ予約|たびらい沖縄

沖縄 青 の 洞窟

1グループ貸切プラン1グループにインストラクターが一人専属で付いてくれるのが「貸切プラン」。 泳ぐのが苦手な人やシュノーケリングは初めてという人、自分たちだけで楽しみたいという人は「グループ貸切プラン」を選んでみてください。 沖縄・青の洞窟シュノーケリングのよくある質問 青の洞窟シュノーケリングは泳げなくても大丈夫ですか? 大丈夫です!シュノーケルは泳げなくても楽しめるマリンスポーツです。 インストラクターが引っ張る浮き輪につかまっているだけでも楽しめるので、泳げない方でも初めての方でも安心してご参加頂けます。 青の洞窟シュノーケリングは何歳からできますか? 一般的にはシュノーケルは6歳~となります。 尚、プログラムは多少異なる可能性がありますが6歳以下のお子様でもご予約をお預かりしている主催会社もございます。 ご予約の際は事前にお子様のご年齢をお知らせいただければ予約もスムーズです。 雨でも参加できますか? 多少の雨では水中に影響ありませんので、ツアーは催行致します。 ただし、強風の場合や台風が接近しているときなどは海が荒れてしまうので天気が良くてもお客様の安全面を考慮し中止させて頂く場合がございます。 乗り物酔いしやすいけど大丈夫ですか? ビーチエントリーのツアーを選ぶか、ボートエントリーに参加希望で乗り物酔いしやすい場合は事前に酔い止めの服用をオススメしています。 またビーチエントリーの場合でも、波の揺れで乗り物酔いのような症状が起こる方がいらっしゃるので心配な方は薬を服用ください。 妊娠中でも参加出来ますか? 申し訳ございません。 妊娠されている方はどのコースもご参加頂けません。 那覇空港から青の洞窟までは車でどれくらいですか? 那覇空港からは約50㎞、高速道路を利用して車で約1時間~1時間半かかります。 美ら海水族館からも大体同じくらいの移動距離・時間となります。 ただ、那覇空港到着後レンタカーをご予約されているお客様は空港到着後、レンタカーの貸出までの移動や手続きにお時間を要しますし、GWや夏休み、年末年始などは特に道路が混みあいますので、到着日・帰着日に参加を検討される場合は余裕を持ったスケジュールを立てていただくことをオススメします。

次の

沖縄 青の洞窟(シュノーケリングツアー) アクティビティ予約|たびらい沖縄

沖縄 青 の 洞窟

青の洞窟は、海水の浸食によって出来た洞窟 海蝕洞 の1つ。 洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で神秘的に青く輝くことから"青の洞窟"と呼ばれており、自然の偶然が重なりあった神秘的な雰囲気を体験することができます。 朝日が入る時間帯は、特に綺麗に太陽光が反射するので、一段と青く輝く青の洞窟を楽しみたい場合は、早朝~午前中の時間帯がおすすめです。 シュノーケリング・体験ダイビングが楽しめる"青の洞窟"は、県内のマリンスポットとして1・2を争うほど人気が高く、沖縄のマリンアクティビティを語る上で欠かすことのできない場所です。 また、青の洞窟にいる魚達は人に慣れているので、魚達の方から寄ってきてくれます。 生息する魚・サンゴの種類の豊富さから、"沖縄マリンアクティビティのメッカ"とも言える青の洞窟。 初心者や小さなお子様連れの家族旅行でも気軽に楽しめるシュノーケリング、ダイビングスポットとして人気となっています。 場所はリゾートエリアの恩納村。 アクセスの良さも人気の理由 青の洞窟の楽しみ方は大きく分けると、「シュノーケリング」と「ダイビング」の2つに分かれます。 シュノーケリングは、水中メガネや、シュノーケル 水中に顔をつけたまま呼吸をするための用具)、フィン 足ひれ を装着した状態で、海中をのぞき込みながらプカプカ水中を散策するマリンスポーツです。 一方、ダイビングはライセンス 資格 を必要とイメージする人も多いと思いますが、「体験ダイビング」であればライセンスを持っていなくても遊ぶ事が可能です。 「体験ダイビング」は、経験豊富なインストラクターがガイドしてくれるうえに、元々初めてダイビングをする人を対象にしたアクティビティなので、安心して楽しむ事ができます。 本来、海中の透明度は時間帯によってさほど変わりませんが、観光スポットである青の洞窟の場合、人の混み具合によって青色の見やすさが変わります。 中でも10:00~14:00にかけて多くの観光客が訪れるため、この時間帯を避けた方が、海の中をじっくり観察することができます。 特に、夏場のハイシーズンは、多くの観光客が青の洞窟を訪れるため、海まで降りる階段は長蛇の列となり、20分~30分待ちになることもしばしば。 もし、時間に余裕がありスケジュール調整が可能なら、混雑する時間帯は避け、ゆっくりした時間を過ごす事をおすすめします。 ただ、混雑する時間帯に青の洞窟を訪れることが、デメリットばかりというわけではありません。 やはり10:00~14:00の時間帯が、一番スケジュールの組みやすさがあるというメリットはあります。 混雑していない時間に訪れた方が、青の洞窟の感動を感じられる確率が高いとは思いますが、朝はホテルでゆっくりしたいという方や、他の観光地・アクティビティ・お食事等で行きたいスポットがある場合には、この時間帯に青の洞窟での遊びを入れることで最適な一日の予定になる場合もあると思います。 それぞれの時間帯によって、メリットとデメリットがありますので、あなたの旅行日程と照らし合わせながら最適な時間帯を選んでください。 当日の朝、ホテルからお店へ向かう道中にバケツをひっくり返した様な大雨。 ガイドのお兄さんに「こんな大雨で大丈夫ですか?」と問いかけると、「今日はベストコンディションですよ!」との回答が。 「ホンマかぁ〜?」と半分疑いながら青の洞窟へ到着。 ガイドのお兄さんが言った通り、洞窟内の透明度が最高。 とても美しい。 又、朝から雨と自粛明けもあって洞窟内は貸し切り状態で、ゆっくり写真撮影していただきました。 シュノーケル初心者の子供に対しても丁寧に教えていただき、とても喜んでいました。 青の洞窟シュノーケルが今回の旅行のメインだったので、最高の思い出となりました。 ガイドのお兄さん。 スタッフさん。 ワンちゃん。 色々とお世話になりました。 ありがとうございました。 またお邪魔させて貰います。 たびらい公式アカウント メールマガジン登録 旅するエリアを選ぶ• 旅を楽しむ・予約する• 甲信越• Language Tabirai Japan• [繁体中文]• [English]• たびらいについて•

次の

沖縄青の洞窟ダイビング・シュノーケル おすすめツアー|沖楽

沖縄 青 の 洞窟

青の洞窟は、海水の浸食によって出来た洞窟 海蝕洞 の1つ。 洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で神秘的に青く輝くことから"青の洞窟"と呼ばれており、自然の偶然が重なりあった神秘的な雰囲気を体験することができます。 朝日が入る時間帯は、特に綺麗に太陽光が反射するので、一段と青く輝く青の洞窟を楽しみたい場合は、早朝~午前中の時間帯がおすすめです。 シュノーケリング・体験ダイビングが楽しめる"青の洞窟"は、県内のマリンスポットとして1・2を争うほど人気が高く、沖縄のマリンアクティビティを語る上で欠かすことのできない場所です。 また、青の洞窟にいる魚達は人に慣れているので、魚達の方から寄ってきてくれます。 生息する魚・サンゴの種類の豊富さから、"沖縄マリンアクティビティのメッカ"とも言える青の洞窟。 初心者や小さなお子様連れの家族旅行でも気軽に楽しめるシュノーケリング、ダイビングスポットとして人気となっています。 場所はリゾートエリアの恩納村。 アクセスの良さも人気の理由 青の洞窟の楽しみ方は大きく分けると、「シュノーケリング」と「ダイビング」の2つに分かれます。 シュノーケリングは、水中メガネや、シュノーケル 水中に顔をつけたまま呼吸をするための用具)、フィン 足ひれ を装着した状態で、海中をのぞき込みながらプカプカ水中を散策するマリンスポーツです。 一方、ダイビングはライセンス 資格 を必要とイメージする人も多いと思いますが、「体験ダイビング」であればライセンスを持っていなくても遊ぶ事が可能です。 「体験ダイビング」は、経験豊富なインストラクターがガイドしてくれるうえに、元々初めてダイビングをする人を対象にしたアクティビティなので、安心して楽しむ事ができます。 本来、海中の透明度は時間帯によってさほど変わりませんが、観光スポットである青の洞窟の場合、人の混み具合によって青色の見やすさが変わります。 中でも10:00~14:00にかけて多くの観光客が訪れるため、この時間帯を避けた方が、海の中をじっくり観察することができます。 特に、夏場のハイシーズンは、多くの観光客が青の洞窟を訪れるため、海まで降りる階段は長蛇の列となり、20分~30分待ちになることもしばしば。 もし、時間に余裕がありスケジュール調整が可能なら、混雑する時間帯は避け、ゆっくりした時間を過ごす事をおすすめします。 ただ、混雑する時間帯に青の洞窟を訪れることが、デメリットばかりというわけではありません。 やはり10:00~14:00の時間帯が、一番スケジュールの組みやすさがあるというメリットはあります。 混雑していない時間に訪れた方が、青の洞窟の感動を感じられる確率が高いとは思いますが、朝はホテルでゆっくりしたいという方や、他の観光地・アクティビティ・お食事等で行きたいスポットがある場合には、この時間帯に青の洞窟での遊びを入れることで最適な一日の予定になる場合もあると思います。 それぞれの時間帯によって、メリットとデメリットがありますので、あなたの旅行日程と照らし合わせながら最適な時間帯を選んでください。 当日の朝、ホテルからお店へ向かう道中にバケツをひっくり返した様な大雨。 ガイドのお兄さんに「こんな大雨で大丈夫ですか?」と問いかけると、「今日はベストコンディションですよ!」との回答が。 「ホンマかぁ〜?」と半分疑いながら青の洞窟へ到着。 ガイドのお兄さんが言った通り、洞窟内の透明度が最高。 とても美しい。 又、朝から雨と自粛明けもあって洞窟内は貸し切り状態で、ゆっくり写真撮影していただきました。 シュノーケル初心者の子供に対しても丁寧に教えていただき、とても喜んでいました。 青の洞窟シュノーケルが今回の旅行のメインだったので、最高の思い出となりました。 ガイドのお兄さん。 スタッフさん。 ワンちゃん。 色々とお世話になりました。 ありがとうございました。 またお邪魔させて貰います。 たびらい公式アカウント メールマガジン登録 旅するエリアを選ぶ• 旅を楽しむ・予約する• 甲信越• Language Tabirai Japan• [繁体中文]• [English]• たびらいについて•

次の