千葉 県 停電 状況。 令和元年台風第15号による被害・対応状況について(9月11日(水)6時30分時点) (METI/経済産業省)

千葉県停電、2度目の見通し修正 完全復旧は「最大で2週間程度」 「経験したことがない規模の設備損壊」

千葉 県 停電 状況

停電の復旧を妨げている原因に「 樹木の倒壊 」があるが、倒木の撤去作業など 東京電力では今までにない形態の配電線の修復作業となっている。 千葉県全域では、およそ2,000本の電柱が倒壊し特に房総半島の地域では 台風15号の被害で家の屋根瓦が飛ばされたり、壁がえぐられたりと酷い惨状だ。 頑丈なコンビニエンスストアの屋根が丸ごと吹き飛ばされた場所もある。 菅原一秀経済産業大臣【 57 】は一部の地域では完全復旧に1週間以上かかる 場所もあると語っているが、報道では2週間以上はかかると報じられている。 13日の午後8時すぎの東京電力の会見では千葉市、鋸南( きょなん )町、 南房総市、鴨川市、館山市は全面復旧に2週間以上かかるとの見通しだった。 いずれも千葉県の房総半島がわ、台風15号が通過した東側に停電のみでなく 電柱が折れたり、鉄塔が倒れたりといった甚大な被害が集中している。 千葉県知事から、香取市、八街市、南房総市、君津市、富津市、山武町、多古町での入浴支援の要請を受けました。 これら地域の皆さんに明日からお風呂を提供できると思います。 これからも、被災地の皆さんに寄り添った支援を行ってまいります。 — 河野太郎 konotarogomame 甚大な被害が集中したのが原因かどうかは分からないが、千葉県の他の地域が 9月13日に比べて停電件数が半数近くに減少しているのに対し、 八街市は 8,100軒から、わずか500軒前後しか解消しておらず復旧が遅れている。 詳しい理由は本稿の最終章で述べるが、通過した台風15号の右側が 左に比べて風力が強い事が理由に挙げられる。 カテゴリー• 167• 101• 1 最新投稿5記事 アーカイブ• 2 Google等の第三者配信事業者が、 クッキー[ Cookie( ブラウザの閲覧ごとに各々の端末に保存される小さなファイル )]を使用してユーザーで有るあなたに、当「 茨城瓦版 」や他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信します。 Googleが広告のクッキーを使用することに拠りユーザーであるあなたが、そのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいGoogleや、そのパートナーが適切な広告をユーザーである、あなたに表示できます。 あなたは、にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者のCookieを無効に出来ます。 第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が、当サイト「 茨城瓦版 」に掲載されます。 対象となる第三者配信事業者や、広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 に、 アクセスすれば第三者配信事業者が、パーソナライズド広告の掲載で使用するCookieを無効に出来る事を、ここに明示します。

次の

【台風15号】千葉県の被害状況まとめ!最新の停電復旧見込みも調査

千葉 県 停電 状況

現場で復旧対応されている方ありがとうございます。 今回東電が発信するツイッターの情報では見えづらいストック情報を収集し、グラフ化し発信することで感じた事はまとめていこうと思います。 togetter. 本日11:00時点で千葉県の81,700軒がまだ停電中です。 千葉県では明日午前6時までの24時間雨量は多い所で120ミリの発表があります。 17日午前6時までに予想される24時間雨量はいずれも多い所で、千葉県は120ミリ、伊豆諸島は80~120ミリ。 17日は千葉県では曇り時々晴れとなる一方、伊豆諸島南部では引き続き、雨になると予想されている。 19時時点で139,600軒がまだ停電しています。 昨日の記者会見で東京電力パワーグリッドからは、 千葉県内全域での停電復旧はおおむね2週間以内になる。 一部地域は被害が甚大で、全戸で完全復旧と言えるまでには「2週間を超えるかもしれない」 との発表もありました。 19時時点で183,700軒がまだ停電しています。 昨年の北海道や過去の停電復旧の事例を見ても、後半は難易度の高い作業や、エリアが分散されているため復旧効率が遅れてしまいます。 私も少しでも正しい情報を届けられるように情報収集、配信を続けて参ります。 千葉以外の地域で(やっと)千葉の停電が話題になってきています。 台風が上陸して丸4日が立ちました。 現地からのSNSでの呼びかけ、政府の協力、東京電力および他エリア電力会社の必至の復旧作業によりピーク時から70万軒の停電が回復しました。 しかし23万軒が現在も停電となっています。 人と人が声をかけ助け合い乗り越えていきたい。

次の

停電、断水、食糧難。報道されない千葉の被害状況まとめ【更新】

千葉 県 停電 状況

経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおりとなります。 Twitter「」でも、最新状況を発信しています。 詳細調査中。 人的被害は無し。 東北電力 停電復旧済み 2. 現在は、タンク貯蓄分(ガスホルダー2基)の消費で、ガスの使用はできているものの、現在の使用状況を勘案すると、16時半頃に需要家15,000戸で供給支障となる可能性あり。 高圧ガス・火薬類 高圧ガス工業 株 横浜営業所が浸水し、高圧ガスボンベが容器置場から敷地外へ流出した。 現在、流出ボンベはすべて回収済。 ガス漏洩はなし。 石油・コンビナート (1)製油所・油槽所 JXTGエネルギー(株)の2製油所(根岸製油所及び川崎製油所)、コスモ石油の1製油所(千葉製油所)について、一部精製装置が停止中。 (出荷機能には影響なし) いずれの装置も数日中に復旧見込みであり、在庫も十分にあるため、地域の安定供給には支障がない見込み。 (2)コンビナート JXTGエネルギー(株)袖ケ浦事業所で、倉庫内の製品缶から潤滑油50リットルが漏洩したが、既に回収済。 なお、海上流出及び人的被害はなし。 古河電気工業(株)千葉事業所で、野外危険物ヤード内にある試験用変圧器の分圧器が落下し、内部の絶縁油が約100リットル(PCBを含む)が漏洩し、排水桝まで流れたもの。 海上流出なし。 現在、詳細を確認中。 JFEスチール(株)東日本製鉄所千葉地区で、塩酸が海洋流出したもの。 現在、流出は止まっている。 流出量及び範囲は確認中。 (3)石油パイプライン 成田国際空港(株)の千葉港頭石油ターミナル(東京湾に位置)で、4、5号桟橋に隣接する消火ポンプ室が浸水。 航空燃料を荷揚げするためには、消火機能確保が必要であり、現在、消火機能を確認中。 それに伴い、4、5号桟橋の揚油は停止中。 現在、他の消化ポンプ室からのバックアップを確認中だが、復帰時期は未定。 内陸にある燃料タンクに8. 2日間分(16時00分時点)の貯蔵があるため、運航への支障はなし。 SS 設備被害により、千葉県内で5か所、神奈川県内で9か所、茨城県内で2か所のSSにおいて、営業停止を確認。 また、停電により、千葉県内で14か所、神奈川県内で1か所、茨城県内で7か所、東京都内で5か所のSSにおいて、営業停止を確認。 引き続き情報収集中。 LPガス備蓄基地、充填所 現時点で被害情報なし 7. コンビニ・スーパー 茨城県、神奈川県等の一部店舗で一時営業停止中 9. 工場等の被害状況 一部、企業で物流拠点(横浜)が浸水、生産活動への影響は軽備な見込みだが、引き続き調査中。 担当 大臣官房 広報室長 野澤 太刀川、藤井、内田 電話:03-3501-1511(内線2276) 03-3501-2857(直通) 03-3501-6942(FAX).

次の