カンパーニュ 食べ 方。 パテドカンパーニュの作り方とアレンジレシピまとめ!意外と簡単!

フランスの田舎パン「カンパーニュ」!そのレシピやおいしい食べ方をご紹介

カンパーニュ 食べ 方

お隣さんからお土産に〚パテドカンパーニュ〛を頂いたけど、どんな風に食べればいいのかと悩んだことはないでしょうか? パテドカンパーニュは、パンに直接乗せるタルティーヌ(塗る)、またはサンドイッチにして食べるのが一般的です。 見栄えで、アレンジを工夫するというのもありますが、やはり味の面でプラスするものが重要です。 シュテネイって何? シュテネイはフランス発祥ではなく、イギリス経由のインド発祥品です。 イギリスの植民地時代のインドの文化遺産で、野菜や果物を• ワイン酢とバルサミコ酢• ワイン などで、煮込んだ野菜や果物の砂糖や酢の煮物なのです。 玉ねぎのシュテネイを作ったらお皿に盛りつけるきに、一緒に乗せます。 トマトなどと一緒にすると綺麗です。 こちらはパテドカンパーニュと、玉ねぎとマンゴーのシュテネイでアレンジしてみました。 『シュテネイ』と言われると、それだけではどんなものか思い出せないのですが、実は案外食べている可能性があります。 フォアグラの付け合わせに、よく使われています。 右下のオレンジのものがシュテネイです。 管理人がつくったシュテネイより、柔らかく出来上がっています。 玉ねぎを、ワイン酢、砂糖、バルサミコ酢で約1時間くらい煮込めば出来上がりです。 その他にはオーソドックスにタルティーヌです。 タルティーヌの材料は、野菜や魚です。 キノコ• トマト• マンゴ などあります。 フランスで、タルティーヌというと、フランスパンにバターを塗ることを、タルティーヌすると言います。 しかし、イタリアではこのような、フランスパンの上にいろいろな具材を乗せているものを、タルティーヌと言っています。 下のタルティーヌはイタリアンのレストランのもので、トマトと玉ねぎをバルサミコソースで和えたものを乗せています。 その他に、スモークサーモンなどもありますね。 油みがあるとやはり、コル二ションと食べのが良いですね。 すっきりします。 スパゲッティ または、スパゲッティもなかなかお薦めです。 スパゲッティパーティーとかなら、時間がないときなど、ぱぱっとできて便利です。 カナぺ 組み合わせには、そのほかに、こんなカナぺもお薦めです。 パテドカンパーニュを載せる台は、どら焼きを作るベースでお砂糖はいれないで、小さくして焼きます。 その上にカットしてパテドカンパーニュとミニトマトは半分にカットして乗せました。 カナぺの台は、パンでもOKです。 色の配色は考えて、具材は、• 生ハム、• 乾燥トマト、• サーモン などです。 余ったものを少しづつ小分けにして、タッパーにいれておくと、わざわざ買わなくて良いです。 パンの色で(ゴマ、ホウレンソウなど)上に乗せる具材とコーディネートします。 まとめ いかがでしたでしょうか? パテドカンパーニュの食べ方いろいろご紹介しましたが、お好きな食べ方はありましたか? パテドカンパーニュの品物が良ければ、パンだけでとても美味しいです。 また、友達を呼んでちょっと盛り付けを工夫したい時には、• シュテネイと一緒にしたり• スパゲッティに添えたり と、飾り付けにはずいぶんとバリエーションを出せます。 これだけありますので、フランスパンに挟んで食べる以外にもいろいろ試したら美味しかったです。 以上ご参考になることがあれば幸いです。 meringuefine.

次の

フランスの田舎パン「カンパーニュ」!そのレシピやおいしい食べ方をご紹介

カンパーニュ 食べ 方

シンプルなバゲットもおいしいけれど、フランスパン熱が高まるにつれ、パン・ド・カンパーニュ(pain de campagne)の魅力にとりつかれる方が多いようです。 カンパーニュとは「田舎」のことなので、パン・ド・カンパーニュとは「田舎パン」のこと。 フランスの中でも都会であるパリで生まれたバゲットと違い、各地方で古くから愛されてきた日常のパンがパン・ド・カンパーニュです。 パン・ド・カンパーニュは、ライ麦粉や全粒粉が入っていたり自家製の発酵種を用いていたり、素朴な味わいが特徴です。 決まりがないので、パン職人のこだわりや技の見せどころでもあります。 パリで食事をしていて気がついたのですが、人気のビストロで出てくるパンは、バゲットではなくパン・ド・カンパーニュであることが多いです。 茶色かったり酸味があったり、そのままだとちょっとクセがあるパンですが、料理と合わせると味わい深く、料理の印象を強めてくれます。 繊細な料理にはプレーンなバゲットを、ガツンとした力強い味わいの料理にはパン・ド・カンパーニュを、と使い分けてみるのも良いでしょう。 家庭で気軽にたのしむなら、まずはタルティーヌがおすすめです。 ワインが進む大人のタルティーヌは、おもてなしにもいいですね。 チーズと具材の組み合わせについて ハムやサラミ、チーズとフルーツをカッティングボードに盛り合わせて、スライスしたパン・ド・カンパーニュを添えるだけ。 ホームパーティーではタルティーヌとして完成させなくてもいいのです。 タルティーヌが握り寿司だとすれば、このおつまみプラトーは手巻き寿司です。 フレッシュなチェリーの味わいにさらにチェリージャムを合わせることで、カマンベールとの味わいが調和します。 パンにはたっぷり無塩バターを塗って、ももハムにはディジョンマスタードをアクセントに添えるのがおすすめ。 仕上げに黒こしょうをかけると、大人っぽい味わいにまとまります。 初夏によく冷えたスパークリングワインや白ワインとたのしみたい組み合わせです。 <おすすめセットB>(写真下) ブルーチーズと生ハムとぶどうとナッツのはちみつ漬け しっかりした塩味と特有の深い味わいが魅力的なブルーチーズをメインに、生ハム、生サラミ、ぶどうとレーズン、ナッツのはちみつ漬けを組み合わせます。 ブルーチーズとはちみつは甘塩っぱさのコントラストがクセになる鉄板の組み合わせ。 ここにナッツの香ばしさが合わさることで、深みが出ます。 生ハムとぶどうにはブルーチーズをアクセントとして少量合わせるのが良いでしょう。 フレッシュなぶどうのジューシー感と、レーズンの凝縮した甘みを同時に合わせても美味。 秋の夜長に赤ワインとたのしみたい組み合わせです。

次の

『美郷町の老舗フレンチ…『ラ カンパーニュ』』by anima80 : ラ・カンパーニュ

カンパーニュ 食べ 方

【材料】• スライスベーコン(長いもの) 6枚ぐらい• 鶏レバー 100g• A豚ひき肉 300g• A塩胡椒 適量• Aオールスパイス 大1~2• ブランデー 大さじ1• ピスタチオ(粗みじん切り) 適量• 熱湯 適量 【作り方】• 玉ねぎと血抜きした鶏レバ-を粗みじん切りにして炒め、粗熱をとる• テリーヌ型を縦に置き、ベーコンを型の両側に垂れるように敷き込む• 1に材料Aを加えよく混ぜる• ピスタチオと香りづけのブランデーも混ぜこむ• ベーコンを敷いた型に肉生地を入れ、ベーコンを折り返し成型する• ローリエを乗せアルミホイルで包む• バットに型をおき熱湯を張り、160度のオーブンで60分湯煎焼きする• 粗熱が取れたらアルミホイルの上に重石を乗せ、冷蔵庫でひと晩冷やす 【材料】• スパム 1缶340g• 豚ひき肉 360g• ゼラチン 7g• ホワイトペッパー 少々• 卵 1個• ピクルス 適量• マスタード 適量• 好みのハーブ 適量 【作り方】• スパム1缶を開け、中身を取り出し手で握り潰すようにほぐす• 豚ひき肉を加えてよく混ぜる• 2 にゼラチン・ホワイトペッパー・卵も加えてさらに混ぜ込む• 出来上がった生地を隙間なく型に敷き詰め、表面を平らに整える• クッキングシートとアルミホイルをかぶせて蓋をする• 水を張った天板に乗せ220度のオーブンで40分、中心温度が65度以上になるまで焼く• 焼きあがったら取り出し天板に氷を入れて粗熱を取る• 冷蔵庫で3時間ほど冷やして生地をなじませる• 薄く切って、ピクルス・マスタード・ハーブなどを添えて盛り付ける.

次の