霊視 事件解決。 【世界まる見え!|ヤラセなし?斎藤工が驚愕!霊能者が殺人事件を解決する方法とは?|12/2】

未解決事件が、霊能者の力で解決した

霊視 事件解決

松岡伸矢くん行方不明事件を霊視していた? 松岡伸矢くん行方不明事件で霊視の話がが話題になっているみたいです。 海外の行方不明捜査には第六感を使ったいわゆる霊視が使われることが多々ありますが、 日本ではいまだに浸透はしていない状況で、先日放送された大捜査系の番組で霊能者の方が取り上げられていました。 ですが、どれも決定的な霊視結果にはならずに、それっぽい回答しかなく結局解決を見たイメージがありません。 過去に世田谷で起こった事件の時は、TVの霊視結果と遺族の証言が異なっているのにもかかわらず、 遺族が霊視結果に心当たりがあったかのような放送もありました。 こういったところが日本で霊視や第六感を使った操作などが使われない由縁なのかもしれません。 今回の松岡伸矢くん行方不明事件でも霊視が行われても不思議ではなかったのですが、 行われずに非常に似ている人物である和田竜人さんが、本人かもしれないとして放送されていました。 ここまで大きく取り上げるのですから、霊能者使った番組構成は合っても良いのでは?と思うのですが、 霊視が行われたなかった理由は、ヤラセと思われることを回避したかったのかもしれません。 スポンサードリンク 松岡伸矢くん行方不明事件の解決を予言した霊能者がいた? 松岡伸矢くん行方不明事件に関してではないのですが、未解決事件を霊視していた霊能者がいるようです。 2016年に発売された下ヨシ子さんという霊能者の方が書いた書籍に、2017年に 「世間を騒がせた迷宮入り事件が解決することも」 という小見出しで書かれた文章があります。 下ヨシ子さんが提唱する流生命は2018年の2月までが2017年版の予言となっているので、 もし松岡伸矢くん行方不明事件が解決をするならば、この霊視は見事的中したことになります。 下ヨシ子さんは、地震予知や自然災害の予知、世界情勢の予知などいろいろな予言を的中させてきた実績がるようなので、 割と期待ができそうな気がします。 また本文の中には「ちょっと目を離した隙に連れ去られたり」という部分があります。 この点だけ取ってみると、まさに今回の事件と一致すると思えますね。 この人を使っていればもっと早く事件の糸口が見つかった可能性も捨てきれませんね。 2016年時点で書かれているものですから、後付けで予言していたとは言われることもないでしょうしね。 スポンサードリンク 霊視で解決した事件 日本でも少なからず、霊能者の霊視によって解決した事件は存在します。 2006年に栃木県で起こった女児が亡くなった事件でも占い師のAさんが犯人の愛称や乗っていた車、 犯人の人相の特徴などを言い当てています。 事件解決当時は、相性までは放送されなかったものの、警察がAさんを頼っていたという事実もあり、 その結果解決をみたとの話もあったり北海道の男児行方不明事件でもTwitterで居場所を予知していた方もいたりします。 なので、すべての霊能者の霊視がウソというわけではないようです。 超能力じみたことがウソっぽく見えてしまうのは、TV番組によって作られた事だからなのかもしれないですね。

次の

井出真代行方不明事件の詳しい内容!テレビ捜査、霊視の結果は?

霊視 事件解決

【大分女子短大生殺人事件】 大分女子短大生殺人事件は、1981年(昭和56年)に大分県大分市で発生した強姦殺人事件である。 1981年6月27日深夜、大分県大分市六坊町(現在の六坊南町)にあった2階立てアパート「みどり荘」の2階の203号室に住んでいた大分県立芸術短期大学(現在の大分県立芸術文化短期大学)1年の女性(当時18歳)が殺害された。 被害女性は同短大2年の姉と一緒に暮らしており、その日は姉妹で所属する音楽サークルと、大分工業大学(現在の日本文理大学)の学生とのジョイントコンサートに参加し、コンサート終了後の打ち上げにも2人で参加していた。 午後10時半頃、1次会が終わり、姉の方は2次会に向かったが、被害女性は「お風呂に入りたい」という理由で2次会には参加しなかった。 その後、他の女子学生も含めた3人と一緒に男子学生にみどり荘近くの交差点まで送ってもらい、午後11時15分頃、彼らと別れた。 そして、被害女性が帰宅し入浴のためにガスに火をつけた直後、何者かに襲われたと思われる。 その頃、みどり荘の住人や近所の住民が「誰か助けて」という女性の悲鳴と「ドタンバタン」という物が倒れたり誰かが誰かを追い回すような音を聞いている。 しばらくすると「教えて」・「どうして」という普通の会話が聞こえてきたが、その後再び「ドタンバタン」という音が聞こえたという。 姉は2次会を終えて自室に泊めるつもりの友人女性と一緒に、男子学生達にみどり荘まで送ってもらい、翌6月28日午前0時30分頃に男子学生達と別れた。 2人が階段を上がり部屋のカギを開けようとすると、部屋にカギはかかっていなかった。 姉が部屋のドアを開けると、台所と6畳間の電気がついたままになっており、台所に倒れている被害女性を発見した。 被害女性はTシャツ以外は何も身に着けておらず、Tシャツは胸までまくられ、首にはオーバーオールが巻き付けられ、口から僅かだけ舌を出した状態だった。 姉は直ぐに死んでいると分かった。 その後直ぐに、近くに住む男子学生を訪ね事情を説明し、近くの公衆電話から午前0時51分に110番通報した。 午前1時頃、直ぐに1人の警察官が現場に到着し、遺体を確認した後、アパートの隣人に話を聞こうとドアをノックしたが、どちらの隣人も出てこなかった。 その後、みどり荘前にある空き地を捜索していると、みどり荘の2階に住む男性から「何しよるか!」と声をかけられ、その男性に事情を聞いたが、男性は「酒を飲んで寝ていて何も聞いていない」という事だった。 現場検証では室内に被害女性と犯人が争った形跡は見られたが、金品を物色した跡も土足の跡もなかった。 しかし、被害女性の膣内と陰毛から犯人のものと思われる精液が検出され、その精液は血液型がB型の人物のものと判明した。 検死の結果、被害女性は、手で首を圧迫された後にオーバーオールで首を絞められた事による窒息死である事が判明した。 「みどり荘の住人と近所の住人の証言」 夜が明けると聞き込み捜査が行われ、みどり荘や近所に住む住人の証言を得る事ができた。 ・201号室の住人は午後10時頃ベッドに入ったが、202号室のステレオの音がうるさくて寝付けず、しばらくすると音が小さくなったので寝付いたが、「ドタンバタン」という音で目を覚まし、その後人が倒れるような音を聞いた。 その合間に女性の「どうして」という声が聞こえたと話した。 ・みどり荘前の空き地を挟んだ東側に住む住人は、午後11時頃、床についてしばらくすると「どうして」・「教えて」という女性の声を聞いた。 その後、みどり荘の2階から「ドタンバタン」という音が2、3回聞こえたという。 ・205号室の住人は、午後11時40分頃、部屋の電気をつけたままベッドに入り、それからどれくらい経った頃かは分からないが、「きゃー」・「誰か助けて」という女性の悲鳴で目が覚めたという。 物が倒れるような音も聞いており、どこかの部屋に痴漢でも入ったのかと思い、隣の203号室の住人に聞いてみようとパジャマで外に出て、203号室のドアをノックしたところ、中から女性の悲鳴が聞こえたので、慌てて部屋に戻り、ベッドに入ったという。 「ううっ」という声も聞こえたが、その後は普通に話す声が聞こえたので、ふざけていたのだと思い、トイレに行ってその後またベッドに入ったという。 しかし、しばらくすると「ドスンドスン」という音が聞こえ、「神様お許しください」と泣き叫ぶ声が10回ほど繰り返し聞こえ、その後静かになったが、また「カタカタ」という音が聞こえてきたので怖くなって実家に帰ろうと部屋を飛び出したそうだ。 その後、公衆電話から実家とタクシーに電話をかけ、タクシーに乗ったのが午前0時40分頃という事であった。 そして、最初に女性の悲鳴を聞いたのはタクシーに乗る15~20分前だと思うと話した。 「容疑者逮捕」 事件発生から約半年経った1982年1月14日、被害女性の隣室に住んでいた男(当時25歳)が容疑者として逮捕された。 容疑者の男は捜査段階から被害女性の部屋に居た事を認めていたにもかかわらず、裁判途中から無実を主張しだしたが、1989年3月の1審判決では、自白と科学警察研究所の毛髪鑑定などから無期懲役の有罪判決となった。 しかし、科警研の毛髪鑑定や福岡高等裁判所が採用したDNA型鑑定といった、犯行現場で採取された体毛と男の体毛が一致するとした鑑定結果などに多くの批判や矛盾が指摘される事となり、1994年8月に日本の殺人事件では異例の釈放となった。 1995年6月には無罪判決となり、同年7月14日に無罪が確定した。 そして、1996年6月28日に時効が成立し、未解決事件となった。 【大分市松岡郵便局強盗殺人事件】 大分市松岡郵便局強盗殺人事件は、1998年(平成10年)に大分県大分市で発生した強盗殺人事件である。 1998年3月2日夜、大分県大分市松岡の特定郵便局の通用口で、局長をしていた大津豊記さん(当時57歳)が何者かに刃物のようなもので胸や腹を刺されて殺害され、大津さんが持っていた手帳が入っていたと見られる手提げカバンを奪われた。 大津さんは心配して郵便局までやって来た家族によって発見された。 死亡推定時刻は午後10時頃と見られており、事件時の目撃情報はないという。 これまでに7,000件を超える情報が寄せられているが、犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。 大分東警察署はチラシを配るなどして情報提供を呼び掛けている。 <連絡先> 大分東警察署 捜査本部 電話:097-527-2131 「事件現場の地図と奪われたカバンの画像」 出典:大分東警察署 出典:大分東警察署 【大分市会社員行方不明事件】 大分市会社員行方不明事件は、2016年(平成28年)に大分県大分市で発生した行方不明事件である。 2016年9月25日午後11時半頃、大分県大分市横尾の服飾関係の会社員をしていた五條堀美咲(ごじょうぼりみさき)さん(当時24歳)が、自宅アパートを訪ねてきた友人女性が帰宅した後、行方が分からなくなった。 翌26日は午後1時半から仕事だったが、無断欠勤した事で勤務先が不思議に思い、福岡県久留米市にある五條堀さんの両親宅に連絡した。 連絡を受けた両親も五條堀さんの所在を確認できなかったため、26日夜に大分県警に捜索願を出した。 五條堀さんは25日に友人女性が帰宅した後に、翌26日午前1時頃まで複数の友人とLINEでやり取りしている事が分かっている。 自宅アパートは施錠された状態になっており、室内に誰かと争った形跡もない事から、LINEをしていた誰かと会うために外出し、行方不明になった可能性があるという。 また、五條堀さんを霊視した占い師は、自宅アパート付近にあるファミリーマートや大銀ドーム交差点の防犯カメラなどから捜索することをツイッターで提案しているようだ。 大分県警は五條堀さんが事件に巻き込まれた可能性も視野に入れて捜査を続けているが、有力な情報は得られていない。 大分県警は引き続き情報提供を呼び掛けている。 <連絡先> 大分東警察署 捜査本部 電話:097-527-2131 「五條堀さんの顔写真」 出典:朝日新聞 【大分日出町主婦失踪事件】 大分日出町主婦失踪事件は、2011年(平成23年)に大分県速見郡で発生した失踪事件である。 2011年9月12日、大分県速見郡日出町に住んでいた主婦の光永マチ子さん(当時35歳)が、長女を小学校に送り届けた後、行方が分からなくなった。 9月12日午前9時45分頃、小学校から長女の前歯が欠けたと連絡があり、光永さんは長女を迎えに小学校へ向かった。 午前10時頃、長女を引き取り一緒に歯医者へ行き、治療を終えた後、近くのスーパーに買い物に行った。 スーパーの防犯カメラには2人がお茶などを買う姿が映っていた。 そして午前11時30分頃、再び長女を小学校に送り届けた後、光永さんは長女に「気分が悪いから病院に行くね」と言い残したのを最後に行方が分からなくなった。 「失踪後、家から無くなっていた物」 ・普段使っていたモノトーンポーチ ・財布などが入っていたバッグ(黒とグレーのチェック柄) ・自宅のカギ ・光永さんが使用していた車のカギ(車は残されたまま) ・光永さんが使っていた白い枕 ・長女がタオルケット代わりに使っていたバスタオル ・水色のビーチサンダル 携帯電話は残されており、家のカギは開いたままになっていた。 警察が警察犬に光永さんのニオイを嗅がせて探させたところ、警察犬は直ぐに家の前に戻ってきてしまったという事だ。 また、自宅には鑑識などは来ず、1回警察犬を連れてきただけで簡単に処理されたそうだ。 誰かに連れ去られたのか自発的失踪なのかは定かでなく、光永さんの行方は現在も分かっていない。

次の

未解決事件 大分県編

霊視 事件解決

今回紹介するネタの答えは下村まなみちゃん! それは、今から7年前に 発生された行方不明未解決 事件として記録に残されているとか。 一体、当時小学5年生で 10歳に何が起きたのか迫ります。 この子は、2009年7月24日時点まで 「愛知県常滑市」で生活されていた 小学5年生でした! 学校名は常滑西小学校であります。 当時の年齢は10歳となります。 場所は西方向に位置して降り 地多半島という島の一部の 中央部に存在する地域です。 西側には海が面しており 三重県で有名な伊勢湾と繋がっており ここは海上埋立地で中部国際空港が存在する あの有名な近くである。 果たして、こんな綺麗な海沿いで どんな悲惨な事件が 彼女に待ち受けていたのか? 行方不明未解決事件の真相とは! この下村まなみちゃんの真相の発端は 2009年7月24日金曜日の午前7時30分頃に 岐阜県郡上市 高鷲. たかす 町の 「ひるがの高原キャンプ場」付近で 発生した事件が原点となっているみたいです! 実際にキャンプ場へ着いた 小学5年の全児童85名と下村まなみちゃん 当時10歳 は 校長と教員数名らと 23日から3日間の予定の泊まる という日程が決定していました。 そして最大のテーマは4人1グループで 決められた範囲内の遊歩道を散策され 植物や生き物など自然と触れ合う事が 最大のテーマでありました。 しかし、突然 全学年と教員の先生ら全員に 不安の悲劇が襲い掛かってしまいました! それが「 行方不明」!? どうやら、まなみちゃんは 3人の同級生らと、肝試しコースを 下見途中に謝って 他の子供たちが、見守っていなかった 影響で、勝手に決められていない コースへ迷い込んでしまったのでしょうか。 そして、その後はグループの 児童が教員らに助けを求めた事で この日は予定を変更され 数時間は全児童で捜索活動となり 夜までに見つからなかったことで 警察や消防など大規模な捜索となりました。 しかし、この日も見つからなかった事で 正式に行方不明事件を視野に 25日時点で5年生の野外活動は中止が発表されたとか。 その後、警察や消防は 最後に目撃された証拠人の証言として 当時49歳の「澤田広彰校長」から聞く事になります。 その発言された理由は 午前8時過ぎ直前に3人と本人は指定された 遊歩道の林道カーブが実際にあり そこで校長が立っていたら、しっかり前を通過して 歩いたが、直後にグループから一番最後に 見えなくなるほど遅れて歩いていた と証言した。 すると、心配になった 校長が危険と判断すると 数分後に、このグループの後ろを 見守ることを決めて歩いたそうです。 しかし、この時点で最後になります。 それは、3人の女の子たちが 存在していない事を思いだすと 直後に同じルートを探すために 引き返したが、どこにも 「まなみちゃんの姿が見えなくなった」 という言葉だった! その後、この場所のキャンプ場コースは 林道で誰でも気軽に立ち寄れる 遊歩道で出発地点からスタートして この通りに辿ると最終的に 自分たちが野外で生活している 広場に戻ることが可能な初心者向けの コースであることが確認されています。 また最後に目撃された カーブ周辺のコースは アスファルトで作られた林道で そこまで悪い道ではなく 東側には、大人や上級者でも 無理に近い急斜面な、がけが存在しているそうです。 西側を見ると チョロチョロ流れるような 足首当たりまでの、水が流れているが 事故になる深さではなかったようだ。 あの時には、捜索で続きがあり その通り、1日全力で探したが 見つからない事で、最終的な判断は 地元の警察へ通報され 行方不明事件として最終的に 数百名の人数体制で広範囲で捜索しました。 2日以降には、7日間までに 市消防、自衛隊、ボランティアなど 倍の1700名以上で周辺だけでなく 半径以外のコースまで広げることに。 しかし、時間切れとなり 最後には、周辺を分かれた ローラー作戦で、「やぶ、林道や奥 建物内、川の中、がけの土の中」まで 探したがジャッジの成果は1700名で 捜索されたが1つの手がかりも 発見されないまま遂に「未解決事件」となったのです。 これは、熊による事故や 誰も見ていない事で 誘拐などの説が浮上されたが これでは理由が見つかることで 違う事が判明されています。 スポンサーリンク 真相は霊視でダウン症だった? 一体、あの時の キャンプ場で起きた不思議な 下村まなみちゃんの事件ですが その後は、どうだったのか? その後の真相も理由や新証言の 目撃で見つかっていないのが現実だったが 実は、あの時の後日の25日に 緊急で地域のTV番組に出演した時 母親の「益代」さんがインタビューの中で 特徴を「 まなみは、ダウン症の疾患を患っています」 そのように告白していました。 可能性は見えてきますね。 また、一部ネットで 霊視というワードが出現しているが これは実際には鑑定されておらず もしかすると、今後このような 方法でTV番組で見つからない 最終手段で依頼があれば使用するかもしれませんね。 以外に、海外には霊視判定で事件を 解決する仕事で人物がいるので またもやTV番組企画で 新たな証言や真相がここから見つかる可能性も! ちなみにネットでは以下の 特徴が公開されていたので 少しでも役に立つ中身が含まれているので 今後は衣類関係で怪しいと感じたら 警察署へ通報する方法が第一です。 <特徴>! ・身長120cm ・体重20kg ・体型は痩せ型 ・白に袖が水色の長袖Tシャツ ・ウサギの絵が含まれている ・薄ピンクの長ズボン ・水色の運動靴 ・ヘアスタイルはゴムで2ヶ所止め ・自分の名前が入った赤色の ストラップを首に掛けている 犯人は親だったの? そうですよね。 これは、実際には かなり困難で警察や自衛隊が あの当時でも1700名を導入しても 見つからないのでハードルが高い 捜索となっている事が 世界の捜索スペシャリストを呼んだ TVで証拠が判明されています。 一番怪しいのは、 当時下見で歩いて散策されていた コースや周辺のキャンプ場から 10分後には既に姿を全方向から 消されていた所が最大のポイントですね。 2日後には、警察や消防 さらには自衛隊、そして 最終的に7日間までに延べ1700名を 導入された活動でも普通なら 近くで、この時点で不審者がいないのであれば 敷地内で高い確率で発見されるのがこのパターンに見えます。 そうなると、既に総作人数状況から ここのキャンプ場には既に2日後辺りから、 一般道路に状況が子供や知的から 考えれば一番あり得そうな行動に見えます。 もうここまで 出てくると、当時は野外活動で 責任は全て担当の先生に入り ここ以外では、状況が理解出来ていない 一般人の方で先生陣も諦めるのであれば 「 誘拐犯? 」による犯行が考えられます。 ちなみに、ネットで親という ワードが出ていますが、ただの 下村まなみちゃんの母という意味で 全く「犯人」とは関係が絶対にあり得ませんね。 でも、一点不思議なのが 野外活動であり、 行方不明となった日は 地元やまなみちゃんを知っている 怪しい人物などは、この行動からは 犯行でも難しいのではないでしょうか。 事故であれば、海沿いの 可能性は岐阜が山間地なのでないですし 川の可能性であれば、一般道路に 出れば、周辺に大や中が流れていれば 体質からあるかも? とにかく事件や事故全ての 証拠を考えて捜査しなければ 一生解決が難しいかもしれません。 今後の捜査はどうなるのか。 おそらく、今後は番組では 14日金曜日に未解決事件で 世界で活躍する捜索スペシャリスト2名と 捜索犬1匹が協力して特別に探すことになったので これで結果的に少しのヒントが新たに浮上されると 協力して地元の警察、消防、周辺の 自衛隊が探すことを限定で決定する可能性も。 でも、実際は多分ですが この企画で捜索する前には 当時の事件が2009年で およそ7年もの年月が過ぎているので 国内ではストップしている行動は高かったでしょうね。 どうやら、その後 関係する下村まなみちゃんの母が 2013年の特別インタビューで 今でも 切実な思いで娘の帰りを待つ そのように心境を告白されました。 また、娘に語りかけるような 一言で「家はそのままだよ」と告白。 感想&まとめ どうやら、母親もまだ 未解決から解決する事件 事故 で 解明するまで、諦めていない事が インタビューの思いから伝わるので 絶対に母や家族が諦めるまで そして見つかるまで一つの遺留物が 見つかるだけでも良いので どんな方法でもいいので探してもらいたいですね。 果たして、14日のFBI緊急捜索で どのような事実が新たに 世界のスペシャリストたちの腕と 能力から結果が出されたのか 未解決だけに目が離せませんね。 この未解決事件が本当にスペシャリストの 判断でも結果が未解決となるのなら 最後の答えは何だったのか? もし、犯人が浮上されるのであれば もしかすると国内か海外で 潜伏生活している可能性が高いかも? 最後までご視聴ありがとうございございました! 以上で全ての説明を閉じます。 次回はどんなネタを予想する?

次の