あなた の 番 です フールー オリジナル ネタバレ。 扉の向こう【あなたの番です】尾野幹葉編のネタバレあらすじ感想!翔太を狙う理由が判明!|ちむちむライフ.com

【扉の向こう】番外編をネタバレ!黒島の過去と苦悩が明らかに?【前編】|mama♡sapu

あなた の 番 です フールー オリジナル ネタバレ

ついに最終回を迎えた「あなたの番です」は、 黒島沙和が菜奈の命を奪った犯人というところで決着がつきましたね! そして 赤池幸子の夫の不倫相手の孫で、赤池幸子は黒島沙和が危ない思考の持ち主だという事を知っていました。 「沙和は普通の子だった」 「こんなことをできる人間ではない」 そして翔太は引っ越しの準備をしている最中の、南の部屋を訪れ南が調べた今までの資料を見たいとお願いしに行きます。 黒島沙和が何を考えていたのかを、少しでも知りたいと。 高知に住んでいた時の黒島沙和の情報はあまりないという南は、すべての資料を翔太へあげます。 もういらないから見終わったら処分していいと。 そのころ二階堂忍は現実を受け入れるのが辛いのでしょうね。 どうしたら忘れられるのかをネットで調べ見つけたのが 「電気痙攣療法で記憶消去」という論文。 二階堂忍はパソコンのコンセントを抜きへ指へ・・・(笑) もちろん何も起こりません(笑) 場面は2014年高知の実家に暮らしている時代へさかのぼります。 黒島沙和は両親の前では笑顔を向けるのですが一人なると真顔に。 学校へ行く途中にこけた子供が目の前で泣いていました。 その時黒島沙和の脳裏に、その子供の首を絞めている映像が流れハッと我にかえるのです。 その後黒島沙和は赤信号で道路を渡り事故に遭いますが命を取り留めます。 退院後黒島沙和が出会ったのは虐められている内山達夫。 友達とその光景を見ている時、目の前に石が落ちていました。 黒島沙和がその石をとり、隣にいる友達の頭を殴る。 そんな想像をしてしまう黒島沙和なんです。 高校時代にはすでに自分の異常性に気が付いているので、自我が芽生えた時から人を傷つけたいという衝動があったようですね。 Sponsored Link 【扉の向こう】番外編をネタバレ!黒島沙和の脳に異常がある? 事故後に検査をした黒島沙和は、脳のどこにも異常がないことを知ります。 本人も 人の命を奪いたいという衝動が人とは違うと分かっている黒島沙和は、自分のどこかに欠陥があってほしいと思っていたようです。 医師に事故と関係なくどこかおかしいところはないのかと聞きますが、 異常なしなんですよね~。 黒島沙和は自宅で 家庭教師の松井先生に相談します。 「自分のこと変だと思ったことはないか?」と。 自分から階段から落ちたり、自分から車に轢かれにいったことを伝え、医学部に通っていた松井先生に病院からもらってきた脳の画像の中に異常がないか教えてほしいと、見せます。 松井先生はとても真面目な性格。 黒島沙和の異常性を心配していろんな人にMRI画像を見せ調べていたようです。 松井先生が独学に調べた結果、 ・前頭前野皮質間隔 ・側頭葉 ・偏桃体 これらの 体積が一般の人よりも 小さい。 「反社会性パーソナル障害などの精神疾患の人の脳に似ている」 「サイコパスと呼ばれている人の脳に似ている」 松井先生は黒島沙和が精神疾患と言っているわけではなく、似ているだけだとフォローするのですが・・・ その結果を聞いた黒島沙和は自分がサイコパスだということに納得するのです! どうしても人を傷つけたいと思ってしまう事、けれどそれがダメな事は分かっている為、自ら命を終わらせようとするけれども毎回失敗するのだと。 松井先生はサイコパスの気持ちが分かるという黒島沙和に驚きを隠せません。 どうしたらいいのかと聞かれた松井先生は、両親に相談しようと話を持ち掛けますが嫌がります。 両親は自分のことを何も分かっていないと。 「先生助けて、わたし普通になりたい」と訴える部屋の外では、黒島沙和の母親が聴き耳をたてていたのです。 ・自分のこの衝動は何なのか? ・自分が生きていたらいつかは事件を起こしてしまう と思い自ら命を絶とうと何度もしますが、そのたびに助かってしまうんです。 信号無視してわざと車に轢かれたことで入手した自分の脳の画像。 それがきっかけで、自分がサイコパスの人の脳と同じだと知るのです。 黒島沙和が受け入れることが出来なかった自分自身の衝動に名前があることに気が付いたこの瞬間が、すべての始まりです。 自分はそれだ!と分かった時の黒島沙和は、何かストンと落ちるものがあったのでしょうね~。 松井先生に助けを求めていますが、松井先生は水難事故で亡くなっています。 黒島沙和を助けたいと奮闘した結果、犠牲になった1人のようですし、松井先生が優しい人なだけあって辛いですね^^; 黒島沙和のサイコパスを母親も知っていたと思います。 赤池幸子にも相談していたから、赤池幸子も黒島沙和の異常性を知っていたのでしょうね! SNSでは黒幕犯人である黒島沙和の過去についてどのような反応があるのかを見ていきましょう! 扉の向こう まだ前編だけだからなんも分からんけど、結局黒島ちゃんの親が悪いと。 サイコパスって自覚するの本当に辛かっただろうな。 黒島ちゃんが犯人っていうのは早めにわかっていたけど、動機や理由がわからなかった。 けど、Huluの番外編を見て全てが繋がった。 松井先生も何も出てこないじゃん!ってなったけどhuluで出るんだってなったw — クロ@人狼大好き勢 kurosiro96460 待って、Huluの黒島ちゃんの過去怖すぎる 暗いとこで見るもんじゃないな — 松。 視聴者からは黒島沙和の母親ににビビっている声も多いですね! 後編では家庭教師の松井先生や南の娘の事件にも触れられそうですね。 覚醒後の黒島沙和が描かれることでしょう! ただまだ気になることがあります。 今日 最終回やのに 扉の向こう302と303が COMING SOONなの なんで?? — kumi kuumii1203 細川さんの許せないことってなにー!??ななちゃーーー?!! これ、分からずじまいなの!? 302と303の扉の向こう、coming soonって書いてたのにやらないのー!? — ちおりんご chiorisan7 coming soonとなっている302号室と303号室が公開されていないんです! 私はてっきりこの部屋が見れると思っていたので、黒島沙和の過去映像で驚きました(笑) まだまだ謎は残されています。 あなたの番です本編で、誰も乗っていない車いすに「あなたの番です」と書いた紙が置いてありました。 赤池幸子の車イスでしたよね。 そして赤池幸子がラストで亡くなっています。

次の

あなたの番です番外編後半ネタバレ!黒幕は誰?扉の向こうで黒島は?|キテネブログ

あなた の 番 です フールー オリジナル ネタバレ

このAIは、スーパーマーケットでの運用を想定して作られてるんだとか。 この日はイマイチ体調の良くない二階堂が「今日は元気がありません。 どんなメニューがいいですか?」と聞きます。 するとAIは、ビタミンB1、B2を含む豚肉を使ったメニューをすすめてくれました。 「豚の生姜焼きの材料を教えて?」と尋ねると、その材料を答えてくれて、「レシピも聞きますか?」と言ってくれるほど有能なAIなんです。 どーやんが、このようなAIを作った理由は、機能自体にこだわりがあるわけでないんですね。 彼は、より優秀なAIを作るためにも、ありとあらゆる思考や行動パターンを学習することが重要だと考えたからなんです。 AIのことになると、嬉しそうに笑う二階堂。 AIのナレーションも、可愛いらしいです~。 「何を言ってるかよく分かりませんが、要するにとても頭が良いのです。 」って。 そんな二階堂には苦手なものがたくさんあります。 ・他人が作った食べ物 ・他人の匂い ・下の名前で呼ばれること そして、世界で一番苦手なものが・・・ それは、母親の万里子(西田尚美さん)です。 ある日インターフォンが鳴り、宅配業者が来たので出ると、大きなマットレスが運ばれてきました。 自分は注文していないと言ってると、お母さんがスーツケース抱えてやってきました。 どう見ても、泊まる気満々です! お母さんは、部屋に入ってくるなり、PCのたくさんのコードを束ねたり、部屋中掃除しようとします。 どーやんは「人は人、私は私って、母さんいつも言ってるよね。 ここは僕の領域だからほっておいて!」 息子に言われて、引き下がる万里子さん。 今度は、持ってきた料理のことを思い出し、無理やり広島菜のお浸しを息子の口にいれようとします。 二階堂の手料理嫌いの元凶はお母さんだったんです。 しかもこのお浸しは、正露丸の味がする~! お母さんは、冷蔵庫を開けてビックリ、ゼリーしか入ってません。 「ぶーちゃん、一人暮らしするならご飯だけはちゃんと食べてって言ってるよね!」 二階堂はぶーちゃんと呼ばれてたんです。 (太ってないのにね・・) 手作り料理を冷蔵庫に入れようとする母に、「食べないから、ここにいる間に全部食べて。 」と、二階堂。 その言葉を聞いて「作ってくれる彼女が出来たの?」と、お母さんは大喜びします。 その後も、息子の隣に座り、お買い物AIを触る、万里子さん。 万里子さんは「トムハップヌックズア」と言います。 AIは「もう一度言っていただけますか?」と何回も聞き返します。 怒った二階堂は、母の手を振り払い、母のパンチもうまく避けます。 そして2人は向かい合い、お互い構えの体制に。 万里子がグローブを出すと、回し蹴りをする二階堂に「腕は落ちてないね。 」と言います。 「トムハップ~」の材料を買いに出かけた万里子さんが戻ると、ソファで二階堂が眠っていました。 「疲れてるのかなブーちゃん」と言うとその声にAIが反応します。 そんなAIを見て、お母さんは1人で話しかけます。 「心配なの。 ずっと2人だったから。 ブーちゃんの引っ越しが決まって、私も一緒に引っ越そうって冗談で言ったら、絶対一人暮らしさせてくれってすっごい大きな声で言われて。 」 「ずっと嫌いだったとか言われたらどうしよう。 」と言おうとすると、AIが 「関係ありませんよ。 人は人。 私は私」 「AIちゃんそれは私、二階堂万里子の言葉ですよ。 」 「あなた、お名前は?」と、お母さんが話しかけると、 「あなたの買い物をお手伝い ママママリコ(仮)です。 」とAIが答えました。 どーやんは、世界で一番苦手と言いながら、お母さんをモデルにしていたんですね。 目覚めた、二階堂は、あわててPCを閉じて「データーが多いほうが制度が高いんだよ。 だから勝手にごめん。 」と謝ります。 「も~!この子は~!」と髪をくしゃくしゃにしてなでまくります。 この時、二階堂は気付くのです。 この強引な感じは、誰かに似てる? インターフォンが鳴りました。 「どーやーん、ごはーん!」翔太でした。 「母が来てるから、今日は良いです。 」と断ったのですが、 「ご挨拶だけさせて~。 」と言って、それを聞いたお母さんも嬉しそうに2人で盛り上がります。 そんな2人を見て、どーやんは溜息をついて、インターフォンの電源を切るのでした。 AIが「頑張れ!二階堂」と励まします。 これで、終わりかな~?と思ったんですが・・・。 急に真っ暗な画面になり、マママリコ(仮)がはじき出した未来予測が出てきます。 その内容は、 「二階堂はあと少しでし・・・。 」 言い残して、終わるのでした。 ・他人が作った食べ物(例え、お母さんであっても。 ) ・他人の匂い ・下の名前で、呼ばれること これらの理由が「扉の向こう」で明らかになりました。 二階堂が他人の作った食べ物が苦手になったのは、万里子の料理が下手だったせい。 他人の匂いが苦手なのは、万里子も匂いに敏感で、匂いだけで誰が来たかわかってしまうせい。 下の名前で呼ばれるのが苦手なのは、万里子にブーちゃんと呼ばれるせい。 ちなみに苦手な物ではありませんが、空手も母仕込みによるものでした。 万里子相手に回し蹴りをかまし、【まだ衰えてないね】と言われていたことから、これまでも二階堂は万里子相手に空手の練習をしていたのでしょう。 そして、二階堂くんは広島県出身だったんですね。 (横浜流星さんの広島弁、全然違和感なくて上手いなあ、と思いました。 ) 二階堂親子は、シングルマザーのお母さん・万里子と2人で生きてきました。 息子が大学進学のため、一人暮らしをすることになったとき、万里子は一緒についていこうと考えます。 でも二階堂は「絶対に一人で暮らす。 」と強く言って断っていました。 二階堂がこんなに強く言いきったのは、母・万里子さんの過干渉・過保護が原因だったんですね~。 まあ、これは仕方ないですね~。 シングルマザーで、一人息子だから、可愛くて仕方がないだろうし、お母さんにとってはいつまでも手元に置いておきたいと思ってしまうんでしょう。 でもでも、お母さんが親しみやすい方で良かったなあ、と思います。 「死」でなくて、 「真相にたどり着き、真犯人を見つける。 」の予想であってほしいです。 特に、最終回放送後の「扉の向こう・番外編」では、黒島ちゃんの高校時代のエピソードが紹介されているのですが、どーやんがパソコンで開いて「記憶の成立と忘却のメカニズム」をみてる場面が切なすぎました。 「扉の向こう」はHuluで、独占配信となっています。 「あなたの番です・扉の向こう」を合わせて、一気に視聴してみてください。

次の

『あなたの番です』特別編ネタバレあらすじ考察・感想!菜奈を殺した犯人は尾野か木下が濃厚!?11話あらすじも!

あなた の 番 です フールー オリジナル ネタバレ

このAIは、スーパーマーケットでの運用を想定して作られてるんだとか。 この日はイマイチ体調の良くない二階堂が「今日は元気がありません。 どんなメニューがいいですか?」と聞きます。 するとAIは、ビタミンB1、B2を含む豚肉を使ったメニューをすすめてくれました。 「豚の生姜焼きの材料を教えて?」と尋ねると、その材料を答えてくれて、「レシピも聞きますか?」と言ってくれるほど有能なAIなんです。 どーやんが、このようなAIを作った理由は、機能自体にこだわりがあるわけでないんですね。 彼は、より優秀なAIを作るためにも、ありとあらゆる思考や行動パターンを学習することが重要だと考えたからなんです。 AIのことになると、嬉しそうに笑う二階堂。 AIのナレーションも、可愛いらしいです~。 「何を言ってるかよく分かりませんが、要するにとても頭が良いのです。 」って。 そんな二階堂には苦手なものがたくさんあります。 ・他人が作った食べ物 ・他人の匂い ・下の名前で呼ばれること そして、世界で一番苦手なものが・・・ それは、母親の万里子(西田尚美さん)です。 ある日インターフォンが鳴り、宅配業者が来たので出ると、大きなマットレスが運ばれてきました。 自分は注文していないと言ってると、お母さんがスーツケース抱えてやってきました。 どう見ても、泊まる気満々です! お母さんは、部屋に入ってくるなり、PCのたくさんのコードを束ねたり、部屋中掃除しようとします。 どーやんは「人は人、私は私って、母さんいつも言ってるよね。 ここは僕の領域だからほっておいて!」 息子に言われて、引き下がる万里子さん。 今度は、持ってきた料理のことを思い出し、無理やり広島菜のお浸しを息子の口にいれようとします。 二階堂の手料理嫌いの元凶はお母さんだったんです。 しかもこのお浸しは、正露丸の味がする~! お母さんは、冷蔵庫を開けてビックリ、ゼリーしか入ってません。 「ぶーちゃん、一人暮らしするならご飯だけはちゃんと食べてって言ってるよね!」 二階堂はぶーちゃんと呼ばれてたんです。 (太ってないのにね・・) 手作り料理を冷蔵庫に入れようとする母に、「食べないから、ここにいる間に全部食べて。 」と、二階堂。 その言葉を聞いて「作ってくれる彼女が出来たの?」と、お母さんは大喜びします。 その後も、息子の隣に座り、お買い物AIを触る、万里子さん。 万里子さんは「トムハップヌックズア」と言います。 AIは「もう一度言っていただけますか?」と何回も聞き返します。 怒った二階堂は、母の手を振り払い、母のパンチもうまく避けます。 そして2人は向かい合い、お互い構えの体制に。 万里子がグローブを出すと、回し蹴りをする二階堂に「腕は落ちてないね。 」と言います。 「トムハップ~」の材料を買いに出かけた万里子さんが戻ると、ソファで二階堂が眠っていました。 「疲れてるのかなブーちゃん」と言うとその声にAIが反応します。 そんなAIを見て、お母さんは1人で話しかけます。 「心配なの。 ずっと2人だったから。 ブーちゃんの引っ越しが決まって、私も一緒に引っ越そうって冗談で言ったら、絶対一人暮らしさせてくれってすっごい大きな声で言われて。 」 「ずっと嫌いだったとか言われたらどうしよう。 」と言おうとすると、AIが 「関係ありませんよ。 人は人。 私は私」 「AIちゃんそれは私、二階堂万里子の言葉ですよ。 」 「あなた、お名前は?」と、お母さんが話しかけると、 「あなたの買い物をお手伝い ママママリコ(仮)です。 」とAIが答えました。 どーやんは、世界で一番苦手と言いながら、お母さんをモデルにしていたんですね。 目覚めた、二階堂は、あわててPCを閉じて「データーが多いほうが制度が高いんだよ。 だから勝手にごめん。 」と謝ります。 「も~!この子は~!」と髪をくしゃくしゃにしてなでまくります。 この時、二階堂は気付くのです。 この強引な感じは、誰かに似てる? インターフォンが鳴りました。 「どーやーん、ごはーん!」翔太でした。 「母が来てるから、今日は良いです。 」と断ったのですが、 「ご挨拶だけさせて~。 」と言って、それを聞いたお母さんも嬉しそうに2人で盛り上がります。 そんな2人を見て、どーやんは溜息をついて、インターフォンの電源を切るのでした。 AIが「頑張れ!二階堂」と励まします。 これで、終わりかな~?と思ったんですが・・・。 急に真っ暗な画面になり、マママリコ(仮)がはじき出した未来予測が出てきます。 その内容は、 「二階堂はあと少しでし・・・。 」 言い残して、終わるのでした。 ・他人が作った食べ物(例え、お母さんであっても。 ) ・他人の匂い ・下の名前で、呼ばれること これらの理由が「扉の向こう」で明らかになりました。 二階堂が他人の作った食べ物が苦手になったのは、万里子の料理が下手だったせい。 他人の匂いが苦手なのは、万里子も匂いに敏感で、匂いだけで誰が来たかわかってしまうせい。 下の名前で呼ばれるのが苦手なのは、万里子にブーちゃんと呼ばれるせい。 ちなみに苦手な物ではありませんが、空手も母仕込みによるものでした。 万里子相手に回し蹴りをかまし、【まだ衰えてないね】と言われていたことから、これまでも二階堂は万里子相手に空手の練習をしていたのでしょう。 そして、二階堂くんは広島県出身だったんですね。 (横浜流星さんの広島弁、全然違和感なくて上手いなあ、と思いました。 ) 二階堂親子は、シングルマザーのお母さん・万里子と2人で生きてきました。 息子が大学進学のため、一人暮らしをすることになったとき、万里子は一緒についていこうと考えます。 でも二階堂は「絶対に一人で暮らす。 」と強く言って断っていました。 二階堂がこんなに強く言いきったのは、母・万里子さんの過干渉・過保護が原因だったんですね~。 まあ、これは仕方ないですね~。 シングルマザーで、一人息子だから、可愛くて仕方がないだろうし、お母さんにとってはいつまでも手元に置いておきたいと思ってしまうんでしょう。 でもでも、お母さんが親しみやすい方で良かったなあ、と思います。 「死」でなくて、 「真相にたどり着き、真犯人を見つける。 」の予想であってほしいです。 特に、最終回放送後の「扉の向こう・番外編」では、黒島ちゃんの高校時代のエピソードが紹介されているのですが、どーやんがパソコンで開いて「記憶の成立と忘却のメカニズム」をみてる場面が切なすぎました。 「扉の向こう」はHuluで、独占配信となっています。 「あなたの番です・扉の向こう」を合わせて、一気に視聴してみてください。

次の