東京 テ レポート 喫煙 所。 4月から屋内喫煙は原則禁止に! 喫煙者が知っておくべきタバコのこれから

よくあるご質問

東京 テ レポート 喫煙 所

東京都中央区銀座の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の喫煙所の場所をご紹介します。 また、1階の喫煙所は非常に迷いやすいので、行き方をくわしく説明します。 We will introduce the location of the smoking area of GINZA SIX, a commercial facility in Ginza, Tokyo Japan. 2017年4月に鳴り物入りでオープンした「GINZA SIX(ギンザシックス)」の喫煙所は、1F、飲食店フロアの6F、同じく飲食店フロアの13Fにあります。 6Fと13Fの喫煙所の場所はすぐにわかると思いますが、1Fの喫煙所は、はじめてだととても迷いやすいです。 I guess the place of the smoking area of 6F and 13F will be immediately understood, but smoking place of the 1st FL will be lost your way. GINZA SIX 1Fの喫煙所への行き方 その理由は、建物の真ん中を「あずま通り」という道路が貫いているため。 1Fのエントランスから、建物の中を通って喫煙所に行くことはできません。 そのため、建物から一旦出て、建物沿いにを反時計回りでぐるっと回っていく必要があります。 Therefore, you have to go out from the building, and go around the building in a counterclockwise direction. エントランスを出て、建物を左手にしてぐるっと回っていきます。 三井住友銀行、セリーヌ、ディオールを過ぎて左に曲がります。 銀座シックスの建物をぶち抜いている「あずま通り」が見えてくるので、横断歩道を渡り、エスカレーターの手前を左に進みます。 After Sumitomo Mitsui Banking Corporation, Celine, Christian Dior, turn left. 突き当たりに、喫煙所がありました! In the end, there is a smoking place. 利用可能時間は9時から21時までです。 喫煙は、マナーを守って所定の場所で! Available time is from 9 to 21. The figure is also shown below. Smoking keeps good manners. Google Maps でルート案内を見る あなたの今いる地点からGSIX喫煙所まで、グーグルマップでルート案内を見る場合は下記のリンクをご覧ください。 If you want to get directions from your current location to Ginza SIX smoking area on Google Maps, please see the link below.

次の

GINZA SIX(銀座シックス)1Fの喫煙所への行き方

東京 テ レポート 喫煙 所

目次 (このページの内容)• 日本の出発空港で、ヘルシンキからの乗り継ぎ便の搭乗券ももらえるので、ヘルシンキ空港では、基本的にカウンターに寄る必要はありません。 預けた手荷物は、ヘルシンキ空港で引き取る必要なし ヘルシンキ空港で乗り継ぐ時、日本の出発空港で預けたスーツケース等の荷物は、引き取る必要はありません。 最終目的地で受け取ります。 不安な方は、目を通すことをおすすめします。 音声は英語ですが、日本語の字幕があります。 例えば、ストックホルム行きは21A番ゲート、ウィーン行きは23番ゲートからの出発になります。 私が乗るフランクフルト行きの便は、22A番ゲートであることがわかります。 事前にゲート番号がわかるだけでも少し安心します。 注意点は、 「出発ゲートを確認すること」 「入国パスポートコントロールを通ること」 「荷物検査では液体物は持ち込めない」 など、基本的なことが書かれていました。 左側の濃い青色のゲートは、日本路線やアジア路線など非EU路線が発着し、右側の薄い青色のゲートは、フィンランド国内線や、ドイツ、スウェーデンなど、ほとんどのEU路線が発着します(シェンゲン協定国に入っていないイギリス路線など例外あり)。 左側と右側の部分は、途中ブリッジのようなもので結ばれています。 日本から到着する場合は、左側の濃い青色のゲートに到着し、荷物検査を通り、右側の薄い青色のゲートへ歩いて行き、パスポートコントロールを通過して、各乗り継ぎ便のゲートへ向かうことになります。 それでは写真と共に、細かくお伝えします。 長時間のフライト後ですから、喫煙者の人にはありがたいです。 保安検査では、パスポートと、乗り継ぎ便の搭乗券を提示します。 乗り継ぎ客の人数もそれなりにいましたが、荷物検査のカウンター数も多めだったので、待ち時間は数分で済みました。 アメリカなど、保安検査の係員の態度がひどい国・空港もありますが、ここヘルシンキ空港の係員たちは、良い接客だったのでびっくりしました。 例えば、ベルトを取って渡すと「Thank you」と言ったり、終わった時は「Have a nice flight」と言ってくれたり、日本人並みの親切さでびっくりしました(もちろん、係員によって差はありますが)。 保安検査場から、パスポートコントロール(入国審査)へ進む。 ドイツ、スウェーデン、フランスなど、シェンゲン協定国に入っている国への便は、9〜29番ゲートから出発するので左へ向かいます。 大きな表示でわかりやすいです。 「9〜31」の方へ歩いていきます。 パスポートコントロールはこの先になります。 ちなみに、日本の空港で乗り継ぎ便の搭乗券をもらえなかった場合、搭乗券を無くしてしまった場合など、カウンターに寄りたい場合は、3番と書かれたカウンターへ行けば、係員が対応してくれます。 ここで、EU(シェンゲン協定国)への入国することになります。 ここは、右側は有人カウンター、左側は自動ゲートがあるカウンターになります。 ちなみに、白人系の人たちは、パスポートと搭乗券を見せると、すぐに審査が完了していましたが、アジア系の人たちは、質問をさせられていて、英語が流暢でないと聞き直したりしていて、結構時間がかかっていました。 初めはアジア系の人が3〜4人いた列に並んでいたのですが、進み具合が遅かったので、白人(ヨーロッパ)系が6〜7人いた列に移ると、結局はそのほうが早く済みました。 なので、もし選べるのであれば、白人系が多く並んでいる列を選んだほうがいいかもしれません(白人系でも時間がかかるケースもあるかもしれません)。 また、パスポートコントロールでは、フランクフルト行きの搭乗券を見せると、 「フランクフルトには何日滞在する?」 「フランクフルト訪問の目的は?」 「フランクフルトの次はどこへ行く?」 と3つの質問がされました。 「4 days」「Sightseeing」「Tokyo」などのように答えれば問題ありません。 モニターで乗り継ぎ便の出発ゲートを確認。 日本人の係員がいることも。 一部乗り継ぎ便は、機内でも確認できますが、ここで再確認します。 わかりやすい表示です。 何か質問できるので安心です。 国によっては、税関のところで、指定の用紙を渡す必要がありますが、フィンランドでは何も必要なく、ただ通り過ぎるだけです。 一応「税関」とプロセスの一部にはなっていますが、申告する物がない限り、何もすることはありません。 ゲートがある制限区域エリアに到着。 この後は、搭乗ゲートまで進んでいきます。 15時〜18時あたりは、乗り継ぎ客が多い時間帯なのでしょうか、このように混雑していました。 EU内から日本へ帰る時は、荷物検査がなかったので、スムーズな乗り継ぎになりました。 パスポートコントロールでは、パスポートと乗り継ぎ便の搭乗券を渡し、質問は何もされませんでした。 以上、ヘルシンキ空港での乗り継ぎレポートでした。 そんなに大きい空港でなく、乗り継ぎを優先した導線になっているので、スムーズに乗り継ぎができる空港だと思いました。

次の

4月から屋内喫煙は原則禁止に! 喫煙者が知っておくべきタバコのこれから

東京 テ レポート 喫煙 所

2020年4月から飲食店やパチンコ店は原則屋内禁煙に。 喫煙者は新しいルールを順守することが求められる そもそも「改正健康増進法」とは? 2020年4月施行の「改正健康増進法」の大きな目的は「受動喫煙の防止」。 従来から対策は講じられていたが、今回の改正法ではより厳格なものとなり、多数の利用者がいる施設や旅客運送事業船舶・鉄道、飲食店などの施設が屋内で原則禁煙になる。 喫煙室を設けることは許可されているが、学校・病院・児童福祉施設・行政機関などは屋外を含めた施設全体を禁煙とすることが求められる。 違反すると施設管理者が責任を問われるので、喫煙者のみならず、非喫煙者も法令がどのように変わったのかは知っておくべきだろう。 変化を象徴する施設となりそうなのが、飲食店だ。 これまで喫煙は施設の管理者の権限に委ねられていたが、4月からはそうはいかない。 当たり前のように喫煙していた居酒屋でも、タバコを吸うあるいは吸わせることは「違法」となる。 シガーバーなど一部の喫煙を目的とする施設は例外を認められている ここまで説明してきた改正健康増進法は日本全国が対象となるが、東京都は時を同じくして「受動喫煙防止条例」も施行される。 屋内禁煙の原則は変わらないが、異なってくるのが例外の範囲。 受動喫煙防止条例では、改正健康増進法で例外になっていた小規模の飲食店の基準が「家族経営や従業員がいない店舗(子どもが出入りする場合は不可)」となる。 どれだけ厳しいのか、少し分かりにくいかもしれないが、具体的には改正健康増進法によって規制を受ける飲食店が対象全体の「45%」であるのに対し、受動喫煙防止条例では「84%」にまで上昇する。 東京都の飲食店経営者は、より一層注意して4月以降の店舗経営を行う必要がある。 厚生労働省の公式サイトから抜粋 まず、最も数が多い「喫煙専用室」は紙巻タバコと加熱式タバコの両方の喫煙ができる。 ただし、飲食などの提供は不可で、喫煙目的のみに用途は限定される。 現在、急増しているのが「加熱式タバコ喫煙専用室」。 こちらは名称の通り、加熱式のみが喫煙可で紙巻タバコは不可となる。 「喫煙専用室」と異なるのは、飲食などの提供も許可されているということだ。 先述したシガーバーなどが当てはまるのが「喫煙目的室」だ。 紙巻タバコと加熱式タバコの両方の喫煙ができ、飲食などの提供も可能。 また、小規模の飲食店が当てはまるのが「喫煙可能室」。 こちらも紙巻タバコと加熱式タバコの両方、そして飲食の提供が許されている。 これらの喫煙室の区分の一部は経過措置も含まれる。 今後、規定が変更される可能性はあるので、情報のアップデートには常に気を配りたい。 どこでタバコが吸えるのかをチェックするためのサービスも始まっている。 JTは3月4日にオープンした会員向けオンラインサービスを統合する「CLUB JT」で位置情報に基づいて喫煙スポットを検索できる「喫煙所MAP」を公開。 ユーザーの投稿でタイムリーに更新されるため、最新情報にアクセスするのにうってつけだ。

次の