ペルソナ 丸喜。 【ネタバレあり】三学期(ペルソナ5ロイヤル )の感想レビュー・考察

P5R 心の怪盗団、再び Part9+感想

ペルソナ 丸喜

プレイ日記 前回、明智が代わりに出頭したおかげで、年末は通常通り過ごした主人公でしたが、変化があったのは1月1日。 目覚めたら囚人服のまま、学校にいる主人公。 結局学校からはそのまま出ることにはなりますが、起きたら起きたでモルガナが人間に。 後は死んでいるはずの双葉の母親が生きていたりと、かなりおかしなことが起こっています。 しかしそれがおかしいと感じているのは、主人公とそしてなぜか出頭した後に釈放されていた明智の2人。 その2人と一緒にかすみもとあるパレスに潜入します。 そのパレスの主は丸喜です。 確か丸喜が敵じゃなかったらいいな的なことを触れたと思いますが、途中からもしかしたらって思ってしまってたわけで…。 結局そのとおりになってしまってショックだなと…。 ちなみに明智はニイジマ・パレスで潜入した時の探偵王子ではなく、黒い仮面としてパレスに入ります。 ということでペルソナもロビンフッドではなく、ロキを使っています。 明智は別にそこまで好きですってわけではないんですが、あの豹変っぷりは好きだったりする。 丸喜自身は鴨志田や斑目のような自分のためというわけではないのがこれまでの主とは違うわけですが、結局は本来の現実を取り戻すために戦うことになってしまいます。 ちなみに、主人公以外の怪盗団も丸喜の創った現実に捕らわれているわけですが、最終的にはそれに気づいて共に戦います。 マルキ・パレスの攻略には約1ヶ月掛けて攻略することになりますが、途中メメントスにも潜入します。 統制の神を倒した際に、消滅したと思っていたメメントスですが、実は残っていました。 そして聖杯の奥にはメメントスでも新たな場所があって、そこに潜入することにもなります。 最後はルブランに訪れた丸喜に直接予告状を渡して…となりますが、ここで色々と展開が変わります。 まず、かすみは実はかすみではなく、妹のすみれでした。 かすみはすでに死んでおり、すみれは自分をかすみとして思うように丸喜が力を使ったといったところでしょうか。 主人公はかすみであると認識していましたが、他の人はすみれだと認識していたようです。 あと、これは予告状を渡す日にわかることですが、実は明智は死んでいたということ。 12月24日に現れたのも、明智に約束を果たしたいからと主人公が思ったからのようなので、もしかしたら明智のことを忘れてたらロイヤルルートには突入できないのかも。 なので丸喜を改心させることは明智自ら消えてしまうわけで、それでも明智は戦う覚悟を決めていました。 そして、いよいよパレス突入。 丸喜はアザトースというペルソナを使ってきますが、それを撃破するとアダムカドモンにペルソナが覚醒。 そして、最後は主人公と丸喜の殴り合い…といったところで、丸喜は改心され、元の現実に戻ります。 コレによって明智は消滅。 主人公は12月24日に明智が来なかったということになり、そのまま少年院へ。 あとはP5とほぼ同じ展開ですが、被害者の女性を見つけて、主人公は釈放。 バレンタインデーは何股もしたことで、本命以外の女の子からボコられ、3月には地元に帰ってしまうという展開。 ちなみにアニメーションでは丸喜やすみれも出てきて、若干変わっているところもあります。 そして、最後には死んだと思っていた明智も…?というところでエンディング。 感想 クリアしたので感想を書いていきます。 大まかな部分はP5と同じですし、こちらで触れたので、深くは触れません。 そのため、ロイヤルに絞って触れていきたいと思います。 キャラクター 今回の新キャラである芳澤かすみ。 正確には先にも触れたとおり、かすみではなくすみれなんですが、可愛いですね。 あと、サンドリヨンもペルソナの中でかなり好きで、PS4テーマも買ってしまいました。 次に丸喜。 正直敵になってほしくなかった。 みんなが幸せになるような研究をしていたわけですが、でも丸喜だけは救われてないんですよね…。 丸喜が創った現実は他の人は確かに幸せにできたかもしれませんが、どんな現実でも恋人を失っているわけで。 とても悲しいキャラクターだと思いますし、それがパレスのBGMにも出ている気がしてならない。 次に明智。 P5にもいて黒幕でもあったわけですが、憎めないキャラクター。 3学期では主人公とともに戦ってくれますが、ブラックな明智を見たかったのでこれだけでも嬉しかった。 自ら消えることを知っておきながら、それでも創られた現実に立ち向かう姿はちょっと泣けた。 最後はジョゼ。 メメントスで花を集めてるわけですが、結局何者なのかわからなかったな。 双子のときみたいに裏ボスとして戦えたりするんだろうか。 戦闘 宝魔が倒しやすくなっていたり、凶魔の要素もよかったですね。 また、それぞれのパレスのボスたちも、そのキャラクターの個性がより出ていた気がします。 奥村は非常にうざかったですが、ブラック企業の社長らしいかなとは思った。 音楽 P5だけでも十分すぎますが、P5Rで収録された楽曲も良すぎます。 どれもいいんですが、特にお気に入りなのが、チャンスエンカウントで流れるTAKE OVERですね。 Last Surpriseもいいんですが、こっちもいいですね。 そして、P5Rで一番お気に入りのI Believeですが、マルキ・パレスのオタカラルート確保後に流れます。 これまでの展開もあって余計にクリアしたくなかったんですが、それでも前に進まないという気持ちになる曲かなと。 英語力無いので翻訳サイトに打ち込むつもりですが、翻訳したらめちゃくちゃいい歌詞な気がする。 他にも、マルキ・パレスで流れるGentle Madmanもこれまでのパレスとはまた違ったBGMですね。 唯一救われなかった丸喜の悲しさみたいなのを勝手に感じていたりする。 正直BGMだけでロイヤル買ってよかったとすら思えましたね。 ストーリー P5をクリアした時は87時間で、P5Rはクリアまで107時間でした。 初見じゃないこともありますが、20時間から25時間ぐらいが追加要素なのかな。 ちなみに3学期といっても、実質追加されているのはマルキ・パレスだけですね。 なので、追加としては物足りないところは正直ありました。 3学期といってもマルキ・パレスは2月3日で終わりで、後は飛び飛びで主人公が帰ってしまうという展開なので。 ワイヤーアクション 後はP5のパレスにワイヤーアクションが加わっていたりと、こんなルートがあるんだなと思うところはありましたが、それでもわずかでしたね。 ただ、怪盗らしい感じは増したかなと思う。 吉祥寺 ロイヤルより追加された吉祥寺ですが、ダーツやビリヤード、そしてジャズクラブ、お寺、古着屋といろいろ追加されていましたね。 ジャイロ操作を使ったダーツとか楽しかったなぁ…。 あと、メンチカツは現実の吉祥寺でもあるらしいので、食べてみたいところ。 まとめ P5からあまり期間を空けずにP5Rをプレイしましたが、P5の部分は3周目の気持ちで遊べたし、ロイヤルの部分は満足。 できれば、もうちょっと3学期を堪能したかったというのはありましたね。 3学期と言っておきながら、実際追加されているのは1月1日から2月3日までのようなものなので…。 とはいえ、それでも十分に楽しめました。 お値段は追加要素だけとしては高いとも思いますが、ゲーム自体は非常にいい作品ですし、個人的には音楽だけで元は取れました。 P5でも十分に神ゲーでしたが、P5Rで更に評価が上がりました。 しばらく後になるとは思いますが、P5R2周目も遊ぶつもりです。 トロフィーはコンプリートできましたが、アワードもコンプリートしてみたいなぁと。 それでは、また。

次の

ペルソナ5rの丸喜先生が支配する世界ってどう思いますか?

ペルソナ 丸喜

Contents• バトル後、マップが手に入ります。 丸喜と接触後、ねじ曲がった深淵とバトルです。 バトル終了後、イベントの流れでパレスから離脱することになります。 芳澤すみれに勝つと、続いてサンドリヨンとのバトルです。 倒す事はできず、一定ターンが経過するとイベント後に再度バトルに発展します。 ここで勝てばOKです。 大言壮語する酔漢、奇形の獅子神とバトルし、勝利後に「関係者用ID」を入手します。 制御室のような所で魔槍操る猛将、影を統べる呪術師とバトルになります。 バトル後はイベントに発展し、メメントスに行くことになります。 メメントスでは最下層 聖杯と戦ったところ の更に先にある認知指令室に行くことによって、マルキ・パレスの更に先へと進めるようになるので、最優先で行くといいでしょう オタカラルート確保 研究所 道なりに進んでいくと明らかに様子の違う扉があり、通れなくなっています。 これは鍵のかかった個室にて丸喜の過去の映像を見るイベント後に進めるようになるので、まずはその個室 上記マップで言えば右下 を目指しましょう。 正面は鍵がかかっていて入れないので、階段を使って裏口から入ればOKです。 正面の案内パネルを調べる• 赤と青のエレベーターの前にいる人に、それぞれ話を聞く• 横にある部屋で内容を整理する• 正面の案内パネルを調べる• 正面の案内パネルを調べる• ただし正解する際に事前に話を聞いていたかどうかで、アイテムが貰えたり貰えなかったりなどがあります。 今度はビデオ室には鍵が掛かっていないものの、肝心のビデオを探しに行くことが必要です。 ビデオは唯一、鍵が掛かっていて正面から入れない部屋にあります 隣の部屋のダクトを通って行けばOK。 ビデオを手に入れたらビデオ室に向かった後で、エレベーターに向かいましょう。 ロックされている扉の前の広場では、燃え立つ巨人とバトルです。 腕にはそれぞれ弱点属性がありますが、反射属性も持っているので、全体攻撃する場合は注意しましょう。 腕は潰しても毎ターン再生するので、強いというより面倒くさいというイメージでした。 アザトースは完全無視でOK、丸喜拓人を倒すと第二段階に進みます。 第二段階では基本的には第一段階と一緒ですが、ターン毎のランダムで魔法攻撃を禁止されたり、回復を禁止されたり、防御を禁止されたりします。 更に触手に対して物理攻撃が効かなくなったりするので注意が必要です。 イベントを挟んで第三段階に突入します 体力SP全回復。 第三段階は、アダムカドモンがサポートする丸喜本体のみとのバトルです。 その後は第四段階でアダムカドモンとバトルになります。 アダムカドモンには一切の攻撃が効かず、2ターンに一度大きな攻撃が来るので、何とか持ちこたえているとイベントに発展するので、それまで相手の攻撃を凌げばOKです。 第五段階はイベントバトルのようなものです。 出現モンスター一覧 ビヤーキー 月LV. 70 ロア 隠者LV. 70 ディオニュソス 顧問官LV. 71 マカーブル 刑死者LV. 73 ネビロス 悪魔LV. 74 キマイラ 剛毅LV. 74 クー・フーリン 信念LV. 76 アリラト 女帝LV. 81 バアル 皇帝LV. 82 ベリアル 悪魔LV. 82 ハスター LV. 84 ファフニール 隠者LV. 86 オリハルコン.

次の

ニコニコ大百科: 「ペルソナ5」について語るスレ 6961番目から30個の書き込み

ペルソナ 丸喜

P5Rをクリアしたがいくつか謎が残ったのでどういうことなのかどういうパターンがありえるのか軽くまとめます。 以下ネタバレしかありません。 クリアした人のみ読んでください。 ネタバレして困る人はここで引き返してください。 ここからネタバレします。 その前に時系列を表にまとめたので載せます。 P5Rの謎について大きく2つです。 A:丸喜先生のペルソナはP5無印の統制神ヤルダバアトの影響を受けているかまったく関係のない第三勢力によるものか B:明智くんは死んでいたのか真EDのあの映像はなんなのか 追記:3学期到達しても明智くんコープMAXにしてないなどの条件によってEDが分岐します。 真EDの方には明智くんらしき人物がチラッと出てきます。 まずA(丸喜先生のペルソナはP5無印の統制神ヤルダバアトの影響を受けているかまったく関係のない第三勢力によるものか)について 基本的には P5無印のストーリーは悪神でもある統制神ヤルダバアトの差し金で登場人物全員が利用されている、全員が駒だったという舞台になっています。 それに対するイゴールの起死回生の一手として、モルガナを遣わしてトリックスターとしての才能がある主人公を見出して統制神ヤルダバアトを打破するというストーリーです。 即ちP5無印のすべてのことが統制神ヤルダバアトとイゴールの戦いから始まっており、統制神ヤルダバアト側が用意画策した計画に従ってことが進んでおり、トリックスターの才能のある主人公を見つけ出して対抗させるのに成功したイゴール側の勝利で決着がついています。 で P5Rの丸喜先生およびそのペルソナであるアザトースというのは統制神ヤルダバアトに属しない、イゴールにも属しない第三勢力としてポッと出てきて漁夫の利で神の座を掠め取ったことになります。 この丸喜先生、P5無印およびP5Rの中でも 特異性のあるユニークな設定を持っています。 それは異世界に行っておらず無意識に独力でペルソナの能力を一部取得していることです。 「曲解」の能力です。 これで恋人や芳澤の認知と記憶を改竄し、彼女たちが苦しまないようにできた。 主人公と仲間たちは統制神ヤルダバアトの差し金でイセカイナビを仕込まれて異世界に飛ばされてペルソナを獲得しています。 明智くんのペルソナ獲得の経緯は不明点が多いが、彼も統制神ヤルダバアトの駒として利用されたことが示唆されています(これはP5無印の時からそうです) 丸喜先生というのは統制神ヤルダバアトの影響をまったく受けておらず、劇中唯一のナチュラルボーンペルソナ使い(不完全だったけど)になります。 そろそろAの結論に入ります。 ・丸喜先生のペルソナは統制神ヤルダバアトの影響を受けていない。 ・第三勢力がいるかどうかははっきりしない。 ・第三勢力がいない場合は、異世界に入らずとも神の影響を受けずとも能力に目覚めるナチュラルボーンペルソナ使い(不完全で一部の能力だけ使える)が実はいるという設定の可能性(劇中では丸喜先生だけしか確認できてません) 次にB(明智くんは死んでいたのか真EDのあの映像はなんなのか)について これについてはパターンが複数あります 1、明智くんはシドウパレスの時点で死亡している、丸喜先生騒動の後消滅し、真EDで出たのは主人公の見た幻である 2、明智くんはシドウパレスの時点で死亡していなかった、丸喜先生騒動の後は生き延びた本来の明智くんを 真EDで 主人公が見た 追記:3学期EDによって正義コープの選択肢など諸々で明智くんが出てきたり出なかったりする。 3、明智くんはシドウパレスの時点で死亡している、丸喜先生騒動の後消滅するはずだったが消滅しなかったのを 真EDで 主人公が見た 1について、無情ではありますが明智くんは死んで復活もしなかったと素直にまとめたパターンです。 主人公が見たのは単なる幻でなく、違う並行世界の健やかな明智くんのビジョンだった説も派生としてありえます。 なぜ真EDで主人公はその幻を見たのかその後ジョーカーになった姿がガラスに写っているのかそういうことが説明しにくい点が残ります。 そんな演出をする必要があまりないので1はちょっと変かなと感じます。 これも派生が2種類あって、彼が捕まって警察に協力している2-Aパターンと彼がシドウと一緒にやったこと関わってきたことがなかったことになっている2-Bパターンがありえます。 後者の2-Bの場合は丸喜先生ではなくイゴールの力の影響で現実が変えられたことになります。 イゴールが明智くんを救済した介入したみたいなものになります。 追記:3学期EDによって明智くんが出てきたり出なかったりするのを確認した。 電撃の攻略本のロングインタビューの影響でここの解釈パターンは多様になりました。 2-A、2-B以外の2-Cなどのもっと多様な解釈も可能に。 明智くんは生きてるがなぜ生きてるかそれまでどうしてたかその後どうなったかは一概に言えなくなった。 いろんな可能性ができるようになった。 3について、これも素直に考えればイゴールが明智くんを救済した介入したみたいなものになります。 またシドウと一緒にやったこと関わってきたこともなかったことになっている描写かなと感じます。 また、 明智くん本人や主人公が明智くんが本物でない可能性、既に死んでいる可能性を気付いているのに消滅してないのも他の認知存在と比べて特別すぎる感じはあります。 個人的には、 P5Rの明智くんは丸喜先生が用意した認知上の復活させた存在としては強すぎる特異すぎるので、モルガナと同じくイゴールが関わっている存在だとするのが素直な発想かなと思います。 丸喜先生が認知上で復活させた存在にさらにイゴールが力を加えた特別な存在みたいな感じではないだろうか。 役割は主人公を助けるために遣わされているといったあたり。 明智くんはP5Rで無事役目を果たし、主人公の助けとなったので、イゴールにより死や不幸な人生から救済された説が色々まとまりが良いかなと感じました。 Bの結論としては、 明智くんに対しては、いろんな解釈があってもいい、あったほうがいい面白いとなるので公式であるアトラスも明言はしないとは思います。 どの解釈であろうと "明智くんは(精神的肉体的にどうかの問題はあるが)救済されている救済されたよ"というのがアトラスからのメッセージになると思います。 どういう形の救済がお好みですか好きなのを選んでくださいという演出になります。 追記:電撃の攻略本からのロングインタビューでのヒントでいうとコープ8になった明智くんは「くいしばり」をそこで初めて獲得する。 つまり真EDを見るためには「くいしばり」を獲得するまでに至った関係性を築けた明智くんが存在する。 あと明智ファンからすると ・3学期ルートの明智くんは明智くん本物か、主人公の認知している明智くんで偽物か、本物(魂含め)と主人公の認知が混ざっている存在(ややこしい)かどうか を重要視している明智ファンもいると思いますが、そこはどうとでもなるのでそれぞれが好きな解釈でよろしいです。 (いやほんとにそうなります) P5Rの大きな謎についてはこういうような事が考えられるのではないかというまとめました。 他の考察や謎が色々出るのも面白いかなと思うので各自考えてみてください。 以上です。 おまけ ・ジョゼって何? メメントス探索を苦痛ではなく少しでも快適にするためのキャラクターです。 システム的に楽にするために生まれたキャラなので大した内容はないです。 スタンプをある程度集めると3学期で行けるメメントス最深部で戦えます。 そんなに強くはない。 イゴールかもしれないし別の存在かもしれません。 後からどうとでもなるのでP5Rの時点ではそこまで重要ではないです。 P5SなどP5シリーズ続編に関わってくる可能性もないではないですが、後付け設定でどうとでもなる存在であるため、ジョゼの謎について深く考える必要はないでしょう。

次の