退職メール返信。 「返信の返信」は必要?ビジネスメール返信で気をつけるべき基本ルール

退職の挨拶メール作成のポイントと受け取った際の返信の書き方【例文あり・ケース別】

退職メール返信

返信した方がいいケース• 個人宛でメールが届いた• 退職する人と仲が良い• 退職した後も取引先と関係が続く まず、個人宛に届いたメールであれば、なるべく返信したいところデジ。 せっかく個人に向けて内容を考えてくれたんデジからね!また、付き合いの長い上司など、仲が良い人にも返信したいデジよね。 仲の良い人だったら返信も気楽だよね。 少しくらいマナー違反してても「失礼なやつだ!」とは思われないだろうし。 退職挨拶メールが取引先からのもので、その人が退職した後も会社と取引が続くなら、返信しておくべきだと思うデジ。 そして、できれば「後任の人と一緒に頑張っていきますよ!」的な内容を盛り込みたいデジね。 なるほど。 後は、 上記に当てはまらずとも自分が返信すべきだと思えば返信して大丈夫デジよ。 挨拶に対しての返信を貰って嫌がる人は滅多いないデジからね~。 ただ、内容によっては相手に不快感を与えてしまう恐れがあるデジ。 下記の返信方法もしっかり確認して、失礼のない返信メールを作り上げるデジ! 入れたい内容• お世話になった感謝の気持ち• 退職するのが残念だという気持ち• これからも頑張ってほしいという気持ち お世話になった上司や取引先からのメールなんデジから、「今まで本当にお世話になりました」といったような、感謝の気持ちは確実に入れたいところデジ。 上司宛だったら「ご指導いただき本当にありがとうございました」など、育ててくれたことへの感謝を伝えるのもいいデジね。 感謝の気持ちって伝えられると凄く嬉しいからね。 退職する人を勇気づけるためにも良い言葉を贈ってあげたいなぁ。 また、退職してしまうことに対して「非常に残念です…」といった気持ちも入れ込みつつ、これからを応援する文章も添えるデジ。 もちろん、ケースによって全てを入れる必要は無いものの、 上記3点を意識しておくと返信メールが書きやすくなると思うデジよ。 退職理由・転職先の詮索は避けよう 上記で返信メールに入れ込みたい内容を解説したデジね。 逆に、以下のような内容は入れない方がいいデジよ。 避けたい内容• 「何で退職するんですか?」• 「どこに転職するんですか?」 と、上記のように 退職理由・転職先を詮索するのはタブー、デジ。 どうしてだい? まず、 退職理由って非常にデリケートな問題で、人に話したくない人も多いんデジよ。 そもそも、人に話しやすい内容だったら退職挨拶メールに書いてあるはずデジからね。 あえて書かなかった理由を詮索して、相手に嫌な思いをさせてはいけないデジ。 た、確かに…。 人には話しにくい事情ってあるよね。 また、転職先について知りたいとしても、あまり詮索しない方がいいデジ。 多くの場合、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるデジからね。 つまり、転職先を訪ねて、相手がそれに答えてしまうと、職場のPCに転職先の内容を記したメールが残ることになるデジ。 上司や同僚に転職先を知られたくない人も多いよね。 せっかく隠してきたのを台無しにしちゃう恐れがあるのか。 もし 転職先について知りたいなら、後からプライベートで聞くのがいいんじゃないデジかね。 仲の良い間柄なら転職した後も機会はあるはずデジ。 プライベートすぎる内容も避けるべき 上記で話した通り、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるのが基本デジ。 そのため、プライベートすぎる内容を送るのもよくないデジ。 その人の プライベートな部分が職場のPCを通して周りの人に知られる恐れがあるデジからね。 なるほど。 いろいろ配慮しないとなんだね。 こちらとしては問題ないと思った内容でも、退職する人からすれば周りにバレたくない内容かもしれないデジ。 プライベートな内容のメールを送りたいなら、個人宛のアドレスなどを使うデジ。 これなら、いくらプライベートな話をしても大丈夫デジ! メールはなるべく早く返信しよう 退職の挨拶メールが届いたら、返信はなるべく早くするのが吉デジよ。 なるべく早くって、どのくらいだい? 「送られてきたらすぐ」くらいを心がけたいデジね。 退職まで1週間など、少し余裕があるなら次の日とかでも大丈夫デジけど、 最終出社日なんかに送られてきた時は即座に返信しないと、相手に読んでもらえない可能性があるデジ。 次の日から会社に来ないわけだしね。 また、最終出社日のメールだと、すぐに返信しても相手に読んでもらえないかもデジ。 もし メール内に個人の連絡先などが記載されているなら、そちらのアドレスに返信した方がいいデジね。 件名は「Re:」をつけてそのまま返信 退職挨拶メールに返信する時、件名はそのままにしておいてOKデジよ。 たとえば、「退職のご挨拶」という件名なら、返信時には「Re:退職のご挨拶」となるデジかね。 特に変更しなくていいんだね。 基本的にビジネスメールは件名を変えないのがマナーとされてるデジ。 それに、変に凝って分かりにくい件名にしてしまっては、相手を混乱させてしまうかもしれないデジ。 そのまま返信が無難な選択デジよ。 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様には仕事だけでなく、個人的な相談にも親切に対応いただき、本当に感謝しております。 これからは御社に伺っても〇〇様がいないと思うと、とても寂しく感じてしまいます。 退職した後も充実した人生を送られること、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 具体的にお世話になって話があるなら、その時のことを添えるのもいいデジね。 ただ、さっきも言ったようにプライベートすぎる内容は避けるデジよ! 社外で転職する人や退職理由が不明の時 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様が退職するということで大変驚いております。 〇〇様にはこれまで弊社のためにご尽力いただき、本当に助かりました。 最後になりますが、〇〇様のさらなるご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ この例文は転職する人や、退職理由が分からない人など、幅広い人に使えるデジよ!もし後任が分かっているなら、上記のように後任と一緒に頑張っていくことを書いておくのがおすすめデジ! 【社内の人向け】ケース別、退職挨拶メールへの返信文例 次に社内の人から退職挨拶メールを貰った時の返信文例を紹介するデジ。 同じ会社の上司からメールを貰った際などは、以下の文例を参考にしてほしいデジ! 社内で定年退職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが定年退職してしまうのは、とても寂しいです。 定年退職の話は以前から聞いておりましたが、いざ、その日を迎えてしまうと悲しい気持ちがこみ上げてきます。 退職された後も、どうかお身体にお気をつけてお過ごしください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 定年退職する人との具体的なエピソードがあれば、それを盛り込むのもいいデジね。 社内で転職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが退職してしまうこと、大変寂しく感じております。 新天地でのご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 転職する人に対しては「新天地で頑張ってほしい」といった内容を入れ込むといいかもしれないデジ。 なお、返信する相手が同僚や後輩であれば「〇〇くん」のように砕けた言い方もありだと思うデジ。 このあたりは関係性を考慮して決めてほしいデジね。 社内で結婚する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 今月で退職してしまうのは大変残念ですが、どうか明るくて素敵なご家庭を築いてください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 上記はかなりシンプルな作りデジけど、間柄に合わせてお世話になった話なんかも入れて大丈夫デジよ。 むしろ、そういった内容を入れた方が感謝の気持ちが伝わるはずデジ!.

次の

退職メールの返信のマナーとは?社内外別・退職理由別に使いやすい文例も紹介!

退職メール返信

例文1つめは「上司の退職理由が不明」な場合の例文です。 通常のメールを書くように「〇〇さま」という宛先や「お疲れ様です」の様な定型部分は除いて例文を紹介します。 実際には紹介する例文に定型句を入れて返信するようにしましょう。 お忙しい中、退職のご連絡をいただきありがとうございます。 〇〇さんとご一緒させていただくようになったのは、私が入社してすぐの時からでした。 同じチームで一緒に仕事をさせていただき、〇〇さんにはいつも親切に、時に厳しく指導いただきました。 ご指導のおかげで、何とか恥をかかずに済んでいます。 本当にありがとうございました。 〇〇さんなら次の職場でもきっと素晴らしい活躍をされることと確信しています。 今後の素晴らしい活躍を祈念いたします。 今まで本当にお世話になりました。 ありがとうございました。 続いては「上司が結婚・出産で退職」する場合の例文です。 こちらも定型句は除いて紹介しますので、例文に定型句を加えて返信してください。 ご多用のところ、退職のご挨拶をいただきありがとうございました。 〇〇さんには、時に厳しくもあたたかな指導をしていただき感謝しております。 仕事の悩みだけでなく、プライベートな悩みも黙って話を聞いていただきアドバイスをいただいたこと、本当に感謝しています。 出産で退職されるのは聞いていましたが、改めて残念な気持ちで一杯です。 退職後はお体にはくれぐれもお気をつけいただき、無事に元気なお子さんをご出産されるようお祈りいたします。 今までお世話になりました。 ありがとうございました。

次の

円満な関係を続けられる!退職の挨拶メールへの返信の仕方|転職Hacks

退職メール返信

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の