出光 昭和 シェル cm。 出光昭和シェルテレビCM シリーズ第三弾「エネルギーの地産地消へ」篇 5月28日(木)から全国で放映開始:時事ドットコム

出光興産

出光 昭和 シェル cm

2006年10月24日上場 略称 出光、IDEMITSU 本社所在地 〒100-8321 丸の内3丁目1-1 帝劇ビル 設立 (15年) 事業内容 ・製品・の製造・販売 代表者 (兼社長執行役員) 松下敬(代表取締役兼副社長執行役員) 丹生谷晋 代表取締役副社長兼副社長執行役員 資本金 1,684億円 発行済株式総数 1億6,000万株 売上高 連結:4兆4,251億44百万円 単体:3兆880億5百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1,793億19百万円 単体:503億61百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:1,691億21百万円 単体:698億46百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:814億50百万円 単体:398億58百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:8,789億31百万円 単体:4,233億77百万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:2兆8,903億7百万円 単体:2兆3,754億55百万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:9,476名 単体:3,976名 (2019年4月1日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 8. (出光西本願寺前SS:) なお、このスタンドは2018年に閉鎖済みである。 出光興産株式会社(いでみつこうさん、:Idemitsu Kosan Co. , Ltd. )は、の・石油製品の販売などを行っているのである。 (昭和24年)に会社に指定された。 創業者は。 2019年(平成31年)4月1日、経営統合によりを完全子会社化した。 商号「 出光興産」、トレードネーム「 出光昭和シェル」である。 2021年からガソリンスタンドのブランド統一に着手するとで報じられている。 2020年6月19日、2021年4月から全国に約6400か所ある給油所のブランドを数年かけて「アポロステーション」(apollostation)に切り替え、統一すると発表した。 概要 [ ] により(現・)で日本石油の潤滑油の特約店の「出光商会」として(明治44年)に創業。 (昭和15年)に現法人が設立され、戦後の波に乗り、石油の輸入・精製を手がけるの元売大手として発展した。 そのため、長らく10億円という過小資本状態であった(もっとも、相対する負債も創業家及び創業家関係会社によるであるため、実質的には過小資本ではなかった)。 時代背景から開かれた企業を目指すべく、(平成18年)に一部に上場した。 なお、創業時より標榜していた「大家族主義」のもと、長年や制が無かったことでも知られていたが、それらの慣習が上場に際しての障害となる可能性があったことから、上場に先立って一般的な企業と同様に、勤務時間管理及び定年制を導入している。 企業のは2種類存在し、燃油および自動車高級潤滑剤にはのをイメージした「アポロマーク」が、工業用、船舶用の各種高級潤滑剤には同じくギリシャ神話のをイメージした「ダフニーマーク」が用いられている(これらのブランドロゴとは別に、正三角形の中に「SI」の文字を入れた社章も存在する)。 「出光」の筆文字ロゴタイプ(通称・髭文字)は創業者・出光佐三のであり、同社の である。 かつては広く用いられていたが、ではローマ字の「IDEMITSU」表記が中心となり、徐々に使われなくなっていた。 2019年(平成31年)4月以降は通称を「出光昭和シェル」に変更したため、国内ではのみでの使用となった。 主要関係会社として、、出光タンカー、出光オイルアンドガス開発、出光エンジニアリング、アポロリテイリング、がある。 運営の主要会社としては子会社の、、そしてグループ企業ではないが関係の深いが挙げられる。 昭和シェル石油との経営統合以来、本社機能は帝劇本社・台場オフィス・JPタワーオフィスに分散されているがに移転・集約する予定。 キャッチコピー [ ] 経営統合及びトレードネーム「出光昭和シェル」の使用開始後のは、昭和シェル石油と共通で「 人は、無限のエネルギー」である。 トレードネーム使用開始前は、「石油を大切に」・「つぎの活気へ。 MOTION」・「 ほっと安心、もっと活力、きっと満足。 出光の約束」・「 ニッポンに、エネルギーを。 」・「 NEXT IDEMITSU! 」の5種類を使用していた。 主要事業所 [ ] 本社・支店 [ ]• 本社(帝劇本社) - 東京都千代田区丸の内3丁目1-1• 台場オフィス - 2丁目3-2• JPタワーオフィス - 2丁目7-2 28階• 北海道支店 - 北3条西4丁目• 東北支店 - 2丁目• 関東第一・第二支店 - 東京都八丁堀3丁目• 中部支店 - 2丁目• 関西支店 - 南船場3丁目• 中国支店 - 若草町• 四国営業所 - 番町1丁目• 九州支店 - 天神3丁目 製油所・工場 [ ] 括弧内は1日当りの原油処理能力。 北海道製油所 - 真砂町 (160,000バレル)• 愛知製油所 - 南浜町 (175,000バレル)• 京浜製油所()• 四日市製油所()• 山口製油所()• 千葉事業所 - 千葉県市原市姉崎海岸• 徳山事業所 - 山口県周南市新宮町 太陽光発電所 [ ]• ((平成25年) 営業運転開始)• ((平成26年) 営業運転開始) 研究所 [ ]• 先進技術研究所 - 千葉県上泉• 機能材料研究所・営業研究所 - 千葉県市原市姉崎海岸• 石炭・環境研究所 - 千葉県袖ケ浦市中袖 沿革 [ ]• (明治44年) - (現在の)にて「出光商会」として創業。 (昭和13年) - 日章丸一世(1万4千重量トン)就航((昭和19年)2月戦没)。 (昭和15年) - 出光商会が 出光興産株式会社を設立、「事業を通じて人間を育てる」という企業理念から。 (昭和22年)• - 石油配給の販売店に全国29店が指定され石油業に復帰。 11月 - 出光商会を合併。 (昭和24年) - 石油元売業者に指定。 (昭和27年) - アポロガソリン販売開始。 (昭和28年) - が発生。 (昭和32年) - 徳山製油所が操業開始。 跡地で、10か月の工期で完成。 (昭和36年) - ・などと共同で、東邦石油株式会社を設立。 (昭和37年) - 当時世界最大の13万9千重量トンタンカー「」を建造。 (昭和38年)• - 千葉製油所が操業開始。 - 生産調整に反対し、を脱退((昭和41年)復帰)。 (昭和39年)• - 部門を分離し、出光石油化学を設立。 - 出光石油化学徳山工場が竣工。 (昭和41年)12月 - 世界初の20万トン級VLCC(超大型タンカー)「」(20万9千重量トン)を就航。 建造を担当したのは横浜工場(現:磯子工場)。 (昭和42年)• 9月 - 千葉製油所に世界初のを竣工。 11月 - ガソリン「出光100ガソリン」発売。 (昭和45年) - 兵庫製油所が操業開始。 (昭和47年) - 沖縄石油精製(現・)に資本参加。 (昭和48年)• - 出光石油化学徳山工場にてアセチレン水添塔爆発炎上。 社員1名死亡。 - 北海道製油所が操業開始。 (昭和50年)• - 出光石油化学千葉工場が竣工。 10月1日 - 愛知製油所が操業開始。 以降日本では製油所が建設されておらず、最も新しい製油所である。 (昭和51年) - 日本初の、の生産開始。 (昭和58年) - ガソリン「出光金アポロガソリン」発売。 (昭和59年)10月 - 当時日本最大の海底油田、阿賀沖北油田の生産開始。 (昭和61年) - アルキレート配合のハイオクガソリン「出光NEW金アポロガソリン」発売。 (昭和62年)• - 愛知製油所に日本初の重油流動接触分解装置竣工。 6月20日 - 「出光100ガソリン」(愛称・アポロ100)が無鉛ハイオクで再度発売。 (平成5年) - 環境対応ガソリン「出光ゼアス 」・「出光スーパーゼアス」発売。 (平成6年)10月 - 北海道製油所に日本初の重質軽油水素化分解装置竣工。 (平成7年) - 日本初のダブルハル(二重殻)VLCCタンカー「スーパーゼアス」建造。 (平成8年)• 3月 - 「ゼアス」シリーズがガソリンで初めて商品に認定。 10月 - 自動車用新潤滑油「出光ゼプロ」シリーズ発売。 (平成9年) - 「ゼアス」シリーズがの公式ガソリンとなる。 (平成10年)2月 - 全製油所・工場で「ISO14001」の認証を取得。 (平成12年) - トラクションオイルの実用化に成功。 (平成15年)• - 兵庫製油所閉鎖。 9月 - で被災した北海道製油所においてタンク火災。 10月1日 - との包括提携によりを化し、翌年、出光カードまいどプラスを発行。 (平成16年)8月1日 - 出光石油化学を合併。 (平成17年)• 1月 - サルファーフリーガソリン販売開始。 10月 - を実施。 その際、の弟・出光弘が創業した「」が出資し、初めて両社に資本関係が生じる。 (平成18年)• - 社名ロゴが明朝体から変更。 また、のをマイナーチェンジ。 旧図柄は耳の部分が「いで みつ」「こう さん」「さ ぞう」の 3つから「3」であったが改められた。 アポロマークを囲っていた円も、普通の円からやや右に倒れた楕円形となった。 4月1日 - 部門の出光ガスアンドライフと三菱液化ガスが合併し、が発足。 - 東証一部に上場。 上場に伴い、創業家は経営から完全に撤退し、かつ関与しない体制が確立。 (平成19年) - 材料を製造する御前崎製造所が操業開始。 上場会社にふさわしい強靭な体制を目指し、急ピッチな組織再編を推進。 (平成21年)• - 販売会社16社を統合してが設立される。 - 創業100周年事業の一環として福岡県北九州市門司区東本町に会社発祥の地を伝える記念碑を建設。 (平成23年)• 6月20日 - 創業100周年。 販売開始。 2016年にパナソニックからGSユアサにパナソニックストレージバッテリーの株式が売却され、商号がになったことに伴い、パナソニックの系譜を持つ商品のままでありながら供給元の資本が回帰した。 9月5日 - 米国での潤滑油生産能力を1. 5倍に増強し、2013年末までに年間生産能力を10万キロリットルにすると発表。 総投資額は約15億円。 (平成25年) - 同社初の()のを営業運転開始。 (平成26年)• - 門司発電所に続く太陽光発電所(メガソーラー)、の営業運転開始。 3月14日 - 徳山製油所の原油の精製を終了(製油所の名称廃止は31日)• 11月 - 北海道製油所が緑化優良工場として経済産業大臣賞を受賞。 12月20日 - 近年の石油業界における経営環境の変化に伴い、業界再編の必要性を国が指摘したことから業務提携先である同業大手・との両社間で経営再編についての検討を開始したことを公式発表。 (平成27年)• - から昭和シェル石油株式の33. (平成28年)• - ロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル石油株式の31. 当初予定の33. (平成29年)• 4月 - 2017年4月までに昭和シェル石油との統合を目指していたが、創業家から合併に反対され延期。 7月3日 - 国内外で公募による増資を実施し約1,400億円を調達すると発表。 発行済み株式の約3割にあたる4,800万株の発行となるため、合併阻止に動く創業家の持ち株比率を三分の一より下回らせ、合併を単独で否決できないようにする効果があった。 7月4日 - 公募増資の発表を受け、創業家は東京地方裁判所に対し株式発行の差し止めの仮処分を申請。 7月18日 - 創業家の仮処分申請に対し東京地裁(大竹昭彦裁判長)は、申し立てを却下する旨の決定を下す。 7月19日 - 東京地裁の決定に対し創業家は東京高等裁判所に即時抗告を申し立てたが、東京高裁は即時抗告を棄却する決定を下す。 7月20日 - 増資を完了。 (平成30年)• 4月 - 合併に先行して出光と昭和シェルの主要事業を事実上統合。 両社から約300人が参加して新組織を立ち上げる。 - 昭和シェルと経営統合に関する合意書を締結。 創業家との間にも合意書を締結。 また、自己株式の取得も発表。 - 昭和シェル石油とともに、2019年4月1日付で経営統合を行うことを発表。 同時に 株式交換により昭和シェル石油を完全子会社化することを発表。 (平成31年・令和元年)• 4月1日 - 昭和シェル石油と経営統合を実施。 同時に株式交換により昭和シェルを完全子会社化。 7月1日 - 昭和シェル石油の事業を統合。 (令和2年)• 3月9日 - シェル・インターナショナルとシェルブランド潤滑油事業の譲渡に関する協議を開始。 4月1日 - 昭和シェル石油と同社従業員との間の雇用契約に関する権利義務を承継。 7月(予定) - コーポレートブランドを刷新し、アポロマークも囲っていた円を外したものとし14年ぶりに一新。 (令和3年)• 4月(予定) - 系列の店舗ブランドを順次統一。 従来の「出光」「昭和シェル」のブランドを無くし、新ブランド「アポロステーション」に揃え、旧系列の会員カードの相互利用を可能にする方針。 関連会社 [ ] 出光興産グループは(平成31年)4月1日現在、94社および48社で構成されている。 日本国内 [ ] 会社名 本社所在地 主な事業内容 株式会社 石油製品・精製の販売 株式会社 石油製品の精製 株式会社 東京都 石油製品の精製 株式会社ペトロスター関西 大阪市阿倍野区 石油製品の販売 中央シェル石油販売株式会社 東京都文京区 石油製品の販売 出光タンカー株式会社 東京都千代田区 原油・石油製品の海上輸送 東京都 石油製品の販売 エスアイエナジー株式会社 東京都 石油製品の販売 石油製品の販売 株式会社 石油製品の精製 出光スーパーバイジング株式会社 東京都千代田区 石油製品の販売 北海道石油共同備蓄株式会社 東京都新宿区 原油の貯蔵・受払い 東京都千代田区 の輸入・販売 出光ユニテック株式会社 東京都港区 製品の製造・販売 株式会社プライムポリマー 東京都港区 ・の製造・販売 PSジャパン株式会社 東京都 ポリスチレンの製造・販売 アポロリテイリング株式会社(前名:アポロサービス株式会社) 東京都中央区 の輸入・販売 出光エンジニアリング株式会社 工場設備の設計・建設・保全 東京都中央区 の製造・輸入・販売 東京都 業務 出光保険サービス 東京都港区 保険代理店の運営 出光大分地熱株式会社 東京都千代田区 資源の開発• 昭和シェル船舶株式会社• 平和汽船株式会社• 中央シェル石油販売株式会社• 株式会社ペトロスター関西• 株式会社シェル石油大阪発売所• 株式会社上燃• ジャパンオイルネットワーク株式会社• 株式会社ジェイ・エル・エス• 新潟石油共同備蓄株式会社• 北海道石油共同備蓄株式会社• 大分液化ガス共同備蓄株式会社• 昭石海外石油開発株式会社• 昭石エンジニアリング株式会社• 株式会社レッドアンドイエロー• 日本グリース株式会社• 瀝青化学株式会社• 株式会社(旧 昭和シェルソーラー株式会社)• 株式会社エス・ブイ・シー東京• 昭石化工株式会社• 鹿島液化ガス共同備蓄株式会社• 株式会社ライジングサン• 京都スカイパーキング株式会社• 株式会社クレコ• 株式会社オンサイトパワー• 株式会社• 株式会社• 株式会社• リーフエナジー株式会社• TSアロマテックス株式会社• 株式会社()のLPG合弁事業• 株式会社• シェル徳発株式会社• 豊通石油販売株式会社• ジクシス株式会社 日本国外 [ ] 国籍 会社名 主な事業内容 出光潤滑油(中国)有限公司 潤滑油の製造・販売 Idemitsu International Asia Pte. Ltd. 原油・石油製品の売買 Idemitsu Lube Singapore Pte. Ltd. 潤滑油の製造・販売 Apollo Thailnd Co. , Ltd. 潤滑油の製造・販売 Idemitsu Apollo Corporation 原油・石油製品の売買 Idemitsu Lubricants America Corporation 潤滑油の製造・販売 Idemitsu Chemicals Hong Kong Co. ,Ltd. 機能性樹脂の仕入・販売 Idemitsu SM Malaysia Sdn. Bhd. の製造・販売 Petrochemicals Malaysia Sdn. Bhd. の製造・販売 () 台化出光石油化学股份有限公司 の販売 Idemitsu Petroleum Norge AS の探鉱・開発 Idemitsu Australia Resources Pty Ltd の探鉱・開発・販売 Idemitsu Canada Resources Ltd. の探鉱・開発 潤滑油の製造・販売 出光Q8ペトロリアム 給油所運営など燃料油の製造・販売 販促品 [ ] CD [ ]• IDEMITSU MOTIONシリーズ• 規格番号はTDDD-90086。 mydoカードインフォメーション• mydo SALSA(歌:mydo Boys)• (歌:)• New Version (歌:、アルバム『』収録の音源)• (1994年、制作:)• (1995年、制作:ポニーキャニオン) CM [ ] テレビCM出演者 [ ] 経営統合前• (カネゴン他)• 似内千穂• 八幡朋昭 経営統合後• 企業CM [ ]• (平成24年)からは、エンドカットを白地に「ほっと安心、もっと活力、きっと満足。 出光」と書いたものに統一し、ウルトラ出光人が登場しなくなった。 (平成25年)からは、「ほっと安心、もっと活力、きっと満足。 」を省略し「ニッポンに、エネルギーを。 」のキャッチコピーを使用したCMシリーズが放映されていた。 (平成30年)からは、「NEXT IDEMITSU! 」のキャッチコピーを使用したCMシリーズも放映されていた。 提供番組 [ ] 現在 [ ] 太字は出光興産単独提供番組• (系列)• (テレビ朝日系列)• (系列)• (・共同制作、TBS系列)• (系列)• (3rd Season)(テレビ朝日系列)• 過去 [ ]• (日本テレビ系列)• (制作・TBS系列)• (テレビ朝日系列)• (テレビ東京系列)• (テレビ東京系列)• (ニッポン放送)• (ニッポン放送)• () など多数。 諸問題 [ ]• 出光タンカー廃油投棄事件 - (昭和55年)• 出光のタンカーが洋上にをしていた事件が発覚した。 出光は原油を運んだ空きのタンカーに廃油を積み込んで洋上で投棄していた。 当時、国会でもの問題として取り上げられた。 公害防止協定の虚偽報告 - (平成15年)• 愛知製油所において、およびとの公害防止協定に基づく報告データを虚偽報告した。 (平成15年)1月から(平成17年)12月までの3年間、愛知県および知多市に報告した管理項目の報告データ1,454件中584件において測定データと異なっており、報告値をしていた。 虚偽報告のうち、総排出量1件、ばいじん濃度16件の協定値超過であった。 ばいじん濃度16件中2件は「」および「」の規制値を超過していた。 本事件は、電気事業法に関する中部近畿の立入り検査((平成18年)2月22日)中、過去の管理項目について整合の取れない記録が確認されたことを契機に社内調査した結果判明した。 北海道製油所の火災不届け事件 - (平成15年)• 北海道の製油所における火災を消防署に届けず、報道された。 その他 [ ]• (大正8年)、酷寒の地・で車軸油が凍結し、のトラブルが続出していたに「2号冬候車軸油」を納入することにより、事故を一掃した。 (昭和2年)満鉄創立20周年のときに、感謝状と銀杯が贈られている。 の人気番組『』に「アポロマークの首から下はどんな感じなのか調べてほしい」という依頼が送られたことがある。 同番組のチーフ構成作家・は、後に創業者の出光佐三と日章丸事件をモデルとした小説「」を著している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 石油を国有化しと係争中のから、日章丸二世(1万9千重量トン)がアバダンよりガソリンと軽油を満載し、川崎へ入港。 英国 ()社(の前身)は積荷の所有権を主張し、東京地裁に提訴したが、出光の勝訴が決定した。 その後のイランとの国交を深める鍵となる。 この建造についてのエピソードはのでも紹介された。 (昭和45年)ごろまで発売していた。 他社は7月以降に発売していたが出光興産は創業記念日に合わせて先行発売していた。 世界初の無鉛100オクタンガソリンでもあった。 レギュラーガソリンでは珍しくブランド名がつけられている。 ウルトラマンシリーズの一つであるが映画化されると(CMキャラクターを務めるが、隊員役として出演した)、以後の出光のCMにウルトラマンゼアスやカネゴン等のウルトラ大怪獣が度々出演するようになった。 スペルは「ZEARTH」。 Zenith(頂点)とEarth(地球)を合わせた造語である。 当初、同社の手落ちとも報じられたが、長周期の揺れによりタンクの浮き天井が落ちたことが判明。 その後、静電気により発火したとされる。 ただし、一部のSSでは変更されず、2020年現在でもそのままである。 伊予灘を震源とする地震で常圧蒸留装置などが緊急停止したが、再稼働に時間が必要なため、予定の31日より早く精製を終えた。 そのため、精製終了と製油所という名称の終了時期が結果としてずれることになった。 かつて、スキッドガード(SKID GUARD)と呼ばれた出光オリジナルのタイヤ(5万キロ磨耗保証付)を販売していた事がある。 ()( ()の子会社)との折半出資。 Q8はクウェート石油グループのブランド。 海賊とよばれた男(2012年7月 講談社【上・下】) 出典 [ ]• 出光興産株式会社 2017年3月31日. 2017年12月10日閲覧。 出光興産株式会社 2017年5月10日. 2017年5月16日閲覧。 朝日新聞社• -(2019年5月21日閲覧)• 日本経済新聞 2020年3月16日. 2020年3月18日閲覧。 (有料会員限定記事)• 日本経済新聞 2020年3月17日. 2020年3月18日閲覧。 (有料会員限定記事)• 出光興産. 2020年6月19日. 朝日新聞. 2020年6月20日. 第1717472号・第3030797号・第4864802号・第5319566号• 千葉日報社 : pp. 朝刊 1. 1963年2月1日• - 失敗百選(2016年9月8日閲覧)• 中日新聞社. 2015年10月8日• ((平成21年)9月30日 西日本新聞)• 朝日新聞社• 北海道新聞社. 2014年11月7日. 日刊工業新聞社. 2014年12月20日. 朝日新聞社. 2015年7月31日• 出光興産. 2015年7月30日. 出光興産. 2016年12月19日. 出光興産. 2018年7月10日. 出光興産. 2018年7月10日. 出光興産. 2018年7月10日. 出光興産・昭和シェル石油. 2018年10月16日. 日本経済新聞 2019年5月15日. 2019年6月10日閲覧。 出光興産. 2020年3月9日. 出光興産. 2020年2月14日. 日本経済新聞 2020年6月19日. 2020年6月23日閲覧。 出光興産ニュースリリース(2017年10月2日)• YUKIE 2010年6月11日. コメットの日記. 2013年2月24日閲覧。 YOUGO OFFICE. 2013年2月17日閲覧。 - 出光社史(沿革)(2016年9月8日閲覧) 関連項目 [ ]• - 競技• パーク内のサービスステーションを提供• - のにある同美術館のスポンサーをIdemitsu Petroleum Norge ASが務めている• - ベンチ屋根上広告を長年提供している。 - 創業者・出光佐三の出身大学(旧制)であり、2009年に六甲台講堂の改修工事に当たって多額の寄付を行い、「出光佐三記念六甲台講堂」と名付けられた。 外部リンク [ ]• (英語)• 『』 - NPO法人・科学映像館Webサイトより 出光の企画の下で製作された、「日章丸三世」竣工直後の姿を追った短編映画。 詳細はを参照• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

出光昭和シェル「宣言」篇「モビリティの未来へ」篇「エネルギーの地産地消へ」篇 長澤まさみ

出光 昭和 シェル cm

長澤まさみさんがイメージキャラクターを務める出光昭和シェルの新CMが公開されました。 今回は、新たな価値創造に挑戦する「だったらこうしよう。 」CMシリーズ第二弾。 出光昭和シェルの社員さんが、飛騨高山で実証実験を行う超小型EVのカーシェアリングについて、長澤さんに紹介する内容となっています。 飛騨高山の趣ある街並みと、モビリティの未来を見据えた先進的な取り組みにぜひご注目ください。 五平餅と超小型EV 飛騨高山にやってきた長澤さん。 この地域の名物・五平餅のお店に立ち寄り、興味津々の表情で五平餅が焼きあがるのを見学しています。 すると、背後にいた出光昭和シェルの社員さんから声をかけられました。 長澤さんはハッとした様子で、その社員さんの元へと駆け寄ります。 すると「どうです?超小型電気自動車。 」と感想を求められました。 そこで長澤さんは、「おぉ~」と感心したような様子を見せながら、超小型EVを観察してみます。 続けて社員さんは「ここ飛騨高山で、地域の手軽な交通インフラとしての導入がはじまりました」と、熱心に説明を続けます。 そういえば、この超小型EVは自動車よりコンパクトで小回りが利くので、道幅の狭い飛騨高山の観光地でも走りやすそうですよね。 モビリティの未来へ! ところが、どうしても五平餅の焼き上がりが気になってしまう長澤さん。 そこで、「でも、出光昭和シェルってガソリンの会社ですよね。 なぜ小型電気自動車を?」と素朴な疑問をぶつけながら、再び五平餅屋へと歩き出しました。 すると社員さんは「周りを変えるより、まず自分達を変えてみよう。 そう思ったんです。 」と答えました。 その言葉を聞いた長澤さんは「それ、いただきました!」といたずらっぽい笑顔を見せます。 さらに、長澤さんの言葉を聞いた五平餅屋の旦那さんが「まいど!」と威勢よく返事をしたことで、3人に笑みがこぼれました。 こうしてとうとう焼き立ての五平餅を手に入れた長澤さん。 嬉しそうに超小型EVに乗り込むと、さっそく助手席で五平餅を食べはじめました。 そして「いくぞ!」と元気に掛け声をかけると、社員さんも「モビリティの未来へ!」と言いながら、超小型EVを走らせます。 飛騨高山の街を快適に走り始めた二人。 ところが長澤さんが「その前に高山ラーメン。 」と一言。 ちゃっかりしている長澤さんの食欲に、社員さんも「え!? 」と驚いています。 超小型EVのカーシェアリングは、今はまだ実証実験の段階ですが、これからの可能性を考えると今から楽しみですね。 出光昭和シェルの新CM「モビリティの未来へ」篇でした。

次の

出光昭和シェル「宣言」篇「モビリティの未来へ」篇「エネルギーの地産地消へ」篇 長澤まさみ

出光 昭和 シェル cm

[出光興産株式会社] 「だったらこうしよう。 」の姿勢で取り組む当社の新たな価値創造を長澤まさみさんと当社社員の対話形式で訴求 出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、トレードネーム:出光昭和シェル、以下 当社)は、新テレビCM「エネルギーの地産地消へ」篇の放送を、5月28日から開始します。 本CMは、当社の変化への適応性に富む姿勢を表す「だったらこうしよう。 」という宣言のもと、新たな価値創造に挑戦する様子を描くCMシリーズの第三弾です。 前作に続き女優の長澤まさみさんが出演、今回は「将来にむけたエネルギーの地産地消」を題材に、地熱発電、太陽光発電など、当社が取り組む多種多様な再生可能エネルギー事業について伝える内容となっています。 【再生可能エネルギー事業について】 当社は地の利を生かして、地熱、太陽光、バイオマス、風力などで電気をつくり、多種多様な電源構成で安定的に再生可能エネルギーを届けています。 また同事業で培ってきた豊富な経験、技術を通じ、世界各国・地域の制度、固有の文化といった課題に真摯に向き合いながら、電源開発に取り組んでいます。 風呂上りには風にあたり、様々なエネルギーを体感します。 事業を担当する社員が、日本全国や海外で取り組んでいる再生可能エネルギー事業を次々に紹介します。 長澤さんの「エネルギーも地産地消ってことですね!」という言葉で、当社の各地に合ったエネルギーを活用し、安定的に届ける企業姿勢を表現しています。 撮影について 本テレビCM撮影は緊急事態宣言が発出される前の3月に行っております。 県を跨ぐ移動はせず、都内のスタジオに地熱発電エネルギーをイメージした架空の砂風呂をセットし行いました。 また、感染拡大防止策として関係者全員の検温、マスク着用とともに、定期的な換気を行うなどを安全に配慮して撮影いたしました。

次の