サンデー う ぇ ぶり 結界 師。 週刊少年サンデー連載作品の一覧

結界師|読売テレビ・日本テレビ系

サンデー う ぇ ぶり 結界 師

「MAO」はによる漫画作品。 で2019年5月より連載を開始した。 48話は、帰り道の摩緒たちを機械じかけの式神が襲う。 前回はこちら。 同じ「猫鬼の呪い」の陰陽師の摩緒(まお)と出会う。 彼は寿命を操る秘法を継ぐために必要な生贄。 故に5人の兄弟子に命を狙われている。 さらに死んだはずの摩緒の想い人・紗那と邂逅し一同動揺。 それも束の間、摩緒と菜花は金の気を放つ刺客に襲われる… (前回までのあらすじ:「」より) 金の式神の襲撃 サロン潜入の帰り道、華紋たちと別れた摩緒を狙って刺客が現れた。 以前、クーデター未遂事件の現場で感じた金の気の式神である。 彼らが幽羅子と接触しようとしたことと無関係ではないだろう。

次の

高橋留美子新連載『MAO』が期待大な件!

サンデー う ぇ ぶり 結界 師

中学2年生の墨村良守は、400年続く間流結界術を受け継ぐ墨村家第22代目当主予定の結界師だ。 毎夜、あやかしを呼び寄せる恐るべき力を秘めた烏森。 現在は中高一貫の学園が建つその烏森の地で、あやかし退治の家業を続けている。 同じ家業を継ぐ雪村家の娘、高校1年生の時音は、家同士の諍いもあり格好のライバルだ。 良守は幼いとき、修行の毎日の中で、未熟さから時音をあやかしに傷つけられ、以来、誰かが傷つくことがないよう、強くなることを決意した。 今日も新たなあやかしが烏森の地に現れる。 「結!」結界術を駆使して烏森を守る二人だが、烏森の地を狙う恐るべき者たちの陰謀は着々と進行していた。 烏森 かつて、この地を治めていた殿様に因んだ名前だと伝えられている。 強い霊的エネルギーを持つ神佑地 しんゆうち で、近づく妖が進化し危険なモノに変化するため、代々の結界師が妖退治を続けている。 妖 化け物や霊のたぐいなどのこと。 そのかたち・能力は千差万別。 妖は光を嫌い、闇を好むため、おもに夜、出没する。 間流結界術 開祖・間時守が考案した実用性重視の術。 「方囲」で標的を指定。 「定礎」で位置を指定。 「結」で術を成形・発動し、方形の立体内に標的を囲む術である。 「解」で術を解除して逃がす場合と、「滅」で標的を減却する場合とがある。

次の

『結界師』最終回※ネタバレ注意※「週刊少年サンデー」19号で完結したそう...

サンデー う ぇ ぶり 結界 師

烏森の本体であるお殿様 間時守の子供 は裏会本部の土地に封印されました。 今までみたいに妖を呼び寄せたりはしない封印です。 封印についてはまず扇家の土地神を扇七郎が殺害しました。 そして裏会本部にいた最強の土地神には扇家の土地に移ってもらいました。 ここで時音が活躍 そして最大の神佑地である裏会本部に烏森の本体を封印しました。 裏会本部の最深部に良守の真界 金色の結界 を利用して異世界をつくりそこに烏森の本体であるお殿様を入れて内側から良守の母親の守美子が異世界を閉じて封印は完成しました。 この封印計画は開祖である間時守の霊体と良守の母親の守美子が計画したものです。 最後は結局母親が犠牲になり終了です。 内側から異世界を閉じたので 気持ち的に色々とふっきれた正守は一度は潰れた裏会の再興に幹部として働きながら終了。 烏森を失いお役目を失った墨村家と雪村家は和解。 最後は良守の祖父が雪村家へ出向き時音の祖母とお茶を飲み良守は時音を招き約束したスイーツの作り方を教えて仲良く終了。

次の