マズ カナタ。 スターウォーズのマズカナタの正体は?ライトセーバーを持っていた理由についても

『スター・ウォーズ』考察!マズ・カナタって何者?正体はヨーダの知り合い?

マズ カナタ

いよいよ今年12月には続編となるエピソード8『』が公開されます。 さらに11月11日、12日には『』が再上映されることが発表されました!さらにさらに、12月には金曜ロードSHOWで過去三作品一挙放送と、なんとエピソード7~9とは別の次なる新三部作の製作も発表され、盛り上がりに止まるところを知らないです。 さて、『フォースの覚醒』に残された謎を考察する「の謎解き」シリーズ。 前回までの記事で『フォースの覚醒』の重要シーンから、新三部作のヒロイン、レイとその両親の謎、そしてカイロ・レンとのつながりについて考えてみました。 レイの過去に迫るヒントとして惑星タコダナのマズ・カナタとの会話は非常に興味深いです。 今回は、マズ・カナタとレイの会話を考察し、マズ・カナタに関する謎を解いてみようと思います。 スポンサーリンク ジャクーの娘、レイの存在 マズはハンから何を聞いたのか? 『フォースの覚醒』の劇中のマズ・カナタとレイの会話にはレイの正体に迫るヒントがいくつも隠されていると思う。 マズの城に言ったとき、マズはハンに聞く。 「あの娘は誰だい?」 映画では、この直後に場面が切り替わるため、ハンがマズに語ったことは直接は分からない。 では、 ハンはマズに何を語ったのだろうか?レイの謎に迫る手掛かりとして、この時のマズの質問に対するハンの答えを推測してみよう。 手掛かりになるのは、その後の場面で、レイがに触れてフォースのフラッシュバックを見た直後、レイとマズの交わす会話だ。 マズ:そのはルークのものだった。 その前は、ルーク の父親のものだった。 それが今、お前に呼びかけている。 レイ:わたし・・ ジャクーに戻らなきゃ。 マズ: ハンから聞いたよ ハンはレイとは初対面であるわけだから、ハンがレイに会ってからハンが知り得た情報を、そのままマズに語ったと考えるのが一番自然だろう。 ハンとレイはジャクーから脱出したファルコン号で知り合うが、この時ハンはまだレイが誰だか知らず、レイの名前も知らないでいる。 その証拠に、ファルコンを取り戻した後、フィンとレイを近くの星に置いていくぞ、と言っており、 当初のハンの目的は完全にファルコンの回収だけだった。 したがって、私はハンとレイはこれ以前に面識がなかったものと考えている。 (ハンのレイに対する態度の謎については、以前の記事に書いたので、こちらを参照ください:) それを念頭に入れて、マズとハンの会話の内容を推測してみる。 「あの娘は誰だい?」と聞くマズに、ハンは何と答えたのか? マズ:あの娘はだれだい? ハン:ああ、あの娘か。 ファルコンに乗り込んでた娘だ。 ジャクーからあのドロイドとさっきの男と逃げてきたらしい。 ジャクーのゴミ漁りと言うんだが操縦は上手いし船のことに詳しいしな、ファルコン号の航海士に雇ってもいいと言ったんだが、本人に断られてな。 どうしてもジャクーを離れたくないらしい、誰かを待ってるそうだ。 レイと言ったが、不思議な娘だよ、全く… マズとハンの会話はこんなものだったのではないだろうか? なぜなら、 「ジャクーに戻りたがっている」ことをハンから聞いていたからこそ、マズはその後、レイとの会話の中で、レイが「ジャクーに戻らなきゃ」と言ったことに対して、「ハンから聞いたよ」と答えるのだ。 実は、 マズらこの4人の会話の中で、レイとフィン、そしてBB-8がジャクーからやってきたことは、レイとマズのこのやりとり以前に会話に登場していない。 これ以前の会話では、単にドロイドが持っているのがスカイウォーカーの地図であり、ハンはそれをレイアに届けてくれとお願いするだけだ。 ジャクーという惑星の名前には言及されないのである。 したがって、地下室でマズがレイがジャクーに戻りたがっている、と言った時に、マズが「ハンから聞いたよ」と返答しているということは、 マズがハンから聞いた話の中に「 レイがジャクーからきて家族を待つため戻りたがっている」という情報が含まれていたはずなのである。 でなければ、マズの「ハンから聞いたよ」という回答が不自然なものになる。 マズはレイをどこまで知っているのか? さて一歩踏み込んで考えたいのは、マズはハンからこれを聞いて何と思ったのか?である。 マズは、「ふ〜ん、変わった娘に出会ったもんだねえ」とはならなかったことは少なくとも確かなはずなのだ。 マズはその直後にレイが入った地下に下りて行き、ルークのを発見したレイを見つける。 この時、マズは、ルークのがレイを呼んでいることを感じ取って、地下室に下りて行ったのだろう。 では、マズはレイのことについてどこまで知っていたのだろうか? 注目すべきは、毎度ながらマズとレイのこの会話である。 マズ・カナタ:お前の目の中に見える。 お前が待っているもの-待っている人は・・・わかっているだろう、もう戻ってこない。 だが、戻ってこられる人もいる。 お前の助けがあれば レイ:ルーク・・・ レイに語り掛けるマズはレイの正体をどこまで知っているのだろうか? 以前のブログでも取り上げていたが、マズの台詞から 「お前の待っている人は、もう戻ってこない」すなわち、レイをジャクーに置いていったのが誰にせよ、その人はすでに他界している(あるいは死んではいないが戻って来るのが不可能である状況にいる)可能性が高い。 そして、レイ自身も、その人はもう戻ってこないという可能性に実は気が付いている。 そして、ここが強調したい点だが、マズはレイがそのことに気が付いていることをレイの目を見て感じ取ったのだ。 すなわち、 マズが「お前の目を見ればわかる」といっているのは、「レイ自身が待っている人は戻ってこれないと気が付いている」ことであり、 レイが待っている人がすでに戻ってこられないという事実自体を、レイの目を見て知ったわけではないのだ。 ということから逆に言えば、 マズはレイが待っている人がすでに戻ってこられないという事実自体はすでに知っていたと考えられないだろうか。 すなわち、マズは少なくとも 「辺境の惑星に置き去りにされたフォースに強い娘がいる」程度の情報はすでに知っていたのではないか?そして、それはかなりの極秘情報としてマズのみが知りうる情報として隠していたのてはないか。 そして、さらに言えば、マズはレイがルークの娘であることも知っているのではないか? スポンサーリンク レイの正体を知っているマズ マズは、ハンから聞いた話で、目の前の娘が「ジャクーからやってきた娘である」ことを知った。 そして、その直後に、地下室で「ルークのが彼女を呼んだ」ことから、レイこそがその娘であり、その レイこそがその人物であり、ルークの娘だと確信したと考えたらどうだろうか? 地下でレイを見つけたマズはこう言う。 そのはルークのだった。 その前はルークの父親の、そして今お前を呼んでいる。 この台詞を深読みしてみたい。 マズががルークのものだったと告げるのはわかる。 しかし、 そ の前にルークの父親のだったというのを、わざわざレイに言う意味は何であろう ? 例えば、この台詞が「そのはルークのだった。 そして今お前を呼んでいる」だけの場合とだいぶ印象が変わってくるのだ。 なぜならルークの父親に言及することで、このがスカイウォーカー家の持つ武器であることが強調される形になり、ルークの父親、ルークと同様の親子関係が、ルークとレイにあることを仄めかすことになるからだ。 私は、 なんとなく、この台詞にマズがレイがルークの娘であることを知っている事実が隠れている気がするのだ。 これにははっきり根拠があるわけではない。 しかし、レイがマズの前に現れた時は、レイの正体を見破れなかったマズだが、ハンから娘がジャクーから来たと聞き、さらにがレイに呼びかけた時、マズは、この娘こそがルークの娘だったのか!と悟ったと考えられないだろうか。 さらに、その直後に、マズはレイに「を取らなさい」と強く言うのだ。 これはマズの中に、 レイこそがこのを取るべき人物であるという確信があったからこそ出てくる台詞だろう。 マズの台詞の素朴な疑問 では、何故マズはレイのような娘の存在を知っていたのだろうか? 一番わかりやすいのはルーク自身が教えていたということだ。 ルークとマズは親しい間柄だと思うので、ルークの秘密として、実は娘がいたこともマズは知っていた可能性もある。 上記のマズの台詞を思い出して欲しい。 実はこの台詞は、冷静に考えるとある疑問が浮かんでくるのだ。 そのはルークのだった。 その前はルークの父親の、そして今お前を呼んでいる。 お分かり頂けるだろうか?その疑問とは、ずばり、 マズは何故ルークのが、もともと彼の父親アナキンのものだった事実を知っているのか?という疑問だ。 我々は第として映画を見ているので、この事実はさも当たり前のように感じてしまうが、 冷静に考えると、このルークのがもともとルークの父親アナキンのものだったという事実は、比較的限られた人間しか知らない事実なのである。 まず、ルーク本人は当然だが、それ以外にはっきりこのことを知っているのは、『エピソード3/』でアナキンとの決闘の後、を回収して保管していたオビワン・ケノービだ。 そして次にだろう。 劇中、ルークはの前でを使うシーンはないが、が状況て知っていない方が考えにくい。 じつははっきりしているのはこれだけだ。 そして、ハンやレイアは、ルークの持っているの出自については、ルーク本人から聞かない限り分かるはずはない。 もちろん、彼らがルークからその事実を聞いていた可能性はあるが、はっきりしているのはルークが教えない限りは知る術はないということだ。 と、考えていくと、上記のマズの台詞の素朴な疑問点に気が付いて頂けるだろうか? オビワンやは他界しているし、マズと繋がりがある可能性はゼロではないが、低いだろう。 だとすると、 マズは「このがもともとその父親アナキンが時代に使っていたものであった」事実をどうやって知ったか?と言えば、直接ルークから聞いた以外考えられないのだ。 だとしたら、ルークは同じようにマズに自分の娘のことを話していてもおかしくないのではないか? マズの手元にはルークのがあった。 ルークのは、おそらく『の帰還』後、ルーク自身により回収されたのだろう。 まず、あの場所を直接知っているのは、その場にいたルークとヴェイダーしかおらず、 失くした場所を知っているルークが回収したと考えるのが自然と思っている。 ルークが彼女に依頼するようなことがない限り、マズが自らべスピンまで回収しに行く理由もない。 ちなみに、私は、ルークはかつての自分のをカイロ・レンに渡していたのだろうと考えており(理由は、こちらの記事で書いた:)、 ルークが隠れる時に、カイロ・レンから取り戻したをマズに託した、あるいはカイロ・レンが裏切ってルークが去る際に、 二人のうちどちらかが持っていたをマズが回収した、と考えられる。 ルークが失踪した時の状況から考えると、私はルークにマズにを託す余裕はなさそうなので、どちらかと言えば後者の方があり得るだろう。 前者であれば、ルークがマズにを託すときに告白する可能性もあるが、後者だとその可能性はなくなる。 そうなると、 マズは ルーク失踪前に、ルークの娘のことをルークから直接聞いていたなり、既にレイの存在を知っていたか、ルークが失踪してから独自の情報網を通じて知ったかの何れかと思う。 マズはルークのが元アナキンの物である事実をどう知ったのか? スポンサーリンク ロア・サン・テッカとマズ・カナタ さて、ルークがマズにレイのことを話していたならそれで問題は解決する。 しかし、もう一歩考えをすすめてみたい。 すなわち、ルークが失踪してから独自の情報網を通じて知ったとした場合、どのような可能性があるかを考えてみたい。 その場合、ありえそうなのはロア・サン・テッカとマズが何かしら情報を共有していたのではという可能性だ。 ルークとマズ、ルークとロア・サン・テッカはそれぞれ繋がっている。 この二人はに辿り着くカギをそれぞれ持っていた。 では、 ロア・サン・テッカとマズ・カナタの関係はどうだろうか? 『フォースの覚醒』の物語は、レイの物語であると同時に、「を探せ!」であった。 そしてルークの居場所に辿り着くためのヒントとなるのが ロア・サン・テッカが持っていた「スカイウォーカーの地図」とマズ・カナタの持っていた「ルークの」だ。 この二つはそれぞれルークが去る前に残していった手掛かりであり、レイが二つを手にすることで、最終的にレイはルークの元へ導かれるのである。 『フォースの覚醒』の物語は、ロア・サン・テッカが持っていた「スカイウォーカーの地図」の争奪戦が目立ってしまうが、カイロ・レンもルークのを求めていたし、初期の脚本には、ルークの自体にもルークの場所を示す手がかりがあったという設定になっていた。 ロア・サン・テッカもマズ・カナタも、フォースとの信奉者である。 そして、少なくともロア・サン・タッカはルークの復興を支援していたし、レイアは二人と既知の関係なのだ。 そこから類推するに、もしかしたら、 ロア・サン・テッカとマズ・カナタの二人も互いに既知の関係である可能性もある。 そして、 二人ともルークによる「次世代育成プロジェクト」を手伝っていたに違いない。 そして、ルークが消えた後、銀河にの存在が必要だと信じ、光を絶やさないためにひそかにルークやの支援活動をしていたのも、この二人であったのだろう。 その二人のうち、ロア・サン・テッカは「スカイウォーカーの地図」をもってジャクーで隠遁していた。 ちなみに、劇中「スカイウォーカーの地図」と呼ばれているため、勘違いしやすいが、ロア・サン・テッカが持っていて、劇中ファースト・オーダーやンスが捜していたのは、あくまで「最初の寺院の地図」である。 噂やその他の情報により、「ルークが最初の寺院へ失踪した」ことがわかっているため、結果的にルークの居場所を示す情報になるのである。 いずれにしても、彼が「スカイウォーカーの地図」を手に入れた経緯は謎であるが、ロア・サン・テッカは銀河のあちこちを旅しているものであり、常にジャクーにいたわけではない。 ポー・ダメロンが地図を入手するランデブー地点がジャクーであったわけだが、でもなぜロア・サン・テッカはあの時点でジャクーにいたのかの理由があるはずだ。 そこで、私の推論だが、 も しかしたら、ロア・サン・テッカは、ジャクーにフォース感応者の娘がいることを、少なくとも『フォースの覚醒』の冒頭の時点で突き止めていたのではないだろうか?もっと言えば、ルークには娘がいて、彼女がジャクーにいることを突きとめていたのではないか? だとしたら、 マズ・カナタはロア・サン・テッカからジャクーにルークの娘と思われる孤児でフォースに強い娘がいるという情報を共有していてもおかしくないのではないだろうか? レイはルークの最高機密? さて、マズとロア・サン・テッカがレイの存在を知っていたとすると、この場合、何故彼らがポーまたはンス側にレイの存在に関する情報を伝えないのかが疑問になる。 それには、ロア・サン・テッカはあくまでジャクーにルークの娘がいる可能性があるという情報だけ持っていて個人の特定までは出来ていなかった、というのが一番ありえそうだ。 あるいはレイの存在を安全なものにしておくため、秘匿していたとも考えられるし、あるいはポーに情報を伝える前に、カイロ・レンがやって来てしまったということもあるだろう。 だが、 ひょっとすると、ルークに娘がいるという話は、ロア・サン・テッカやマズ・カナタらしか知らない事実だったのではないか?あるいはルークとの関係は不明でも、そのような娘がいるという情報だけは隠された彼らだけの秘密としておいたことも考えられる。 そして、彼らはにつながる地図を探索しながらも、この娘の居場所を探していたのではないか?マズ・カナタはその日のために、あのを隠しておいたのではないだろうか。 あくまで推論に過ぎないので証拠はないが、そう考えてみると面白い。 そもそも、先ほども述べたように、この二人がそれぞれ「スカイウォーカーの地図」「ルークの」を手に入れた経緯は謎なのだが、実はかなり訳がありそうなのだ。 映画の中で、 マズはハンから「『どうやってこれを?』」と聞かれて、「『いい質問ね、答えはまた今度』」とだけ返している。 実は映画では描かれていなかったが、小説版ではポーがロア・サン・テッカから地図を受け取る際に、ハンと同じように 「『どうやってこれを?』」と訊ねるのだが、ロア・サン・テッカは「微笑んだだけ」で「まだ、すべての秘密をあかすつもりはないらしい」と書かれているのだ。 この思わせぶりなやり取りは二人に共通している。 マズ・カナタとロア・サン・テッカ、騎士団無き後の、再生の鍵を握っていると思われるフォースの信奉者二人だが、同時に何か共通するまだ明かされていない謎がある気がする。 「どこでこれを?」と問うハン、「いい質問ね、答えはまた今度」と答えるマズ。 小説版では、ポーがロア・サン・テッカに「どこでこれを?」と聞くがロア・サン・テッカは答えなかった。 まとめ 公開の迫った『最後の』では、ルークとレイの過去も少なからず明かされると思われますが、ロア・サン・テッカやマズ・カナタが過去にどのような経緯で、に辿り着くヒントを隠し持っていたかも語られることを期待する一方、2時間の映画の中で、そこまで細かく描かくのも難しいのもわかっているので、このあたりは映画公開後の小説などの公開を待つことになるのでしょうか。 「いい質問ね、答えはまた今度」と答えたマズは、まだまだ答えを教えてくれなさそうでありますが、『最後の』では僅かなヒントでも明らかになることを期待して、待ってみることとしましょう。 マズ・カナタ とロア・サン・テッカに フォースのご加護あれ! 関連商品へのリンク().

次の

【保存版】ライトセーバーの種類や光刃の色、特徴などの一覧

マズ カナタ

オビ=ワンも人のこと言えないくらいライトセーバー落としたりしてるけどな。 エピソード2の劇中において、オビワンがアナキンに対し「ライトセーバーを落とすな」と叱責する場面があるが、オビワンがライトセイバーを落とす回数はスターウォーズ全シリーズを通して断トツのトップである。 その後の戦いはオビワンから渡されたブルーの光刃のライトセーバーで戦った。 【追記:マズ・カナタの城にルークのライトセーバーがあった訳】 アメリカ版wikiaによると、【フォースの覚醒】でマズの城にあったこのライトセーバーは、骨董品収集が趣味だったマズが 旅の途中で購入したと記述されている。 訳:アナキンが作成し後にルークが使用したライトセーバーは、マズカナタが旅の途中で購入した。 wikia. オビワンもこの書物を参考に作ったとしたら、2つのセーバーが似ちゃうのは当然ですね。 さらにルークはヤヴィンの戦い(ep4)後、元ジェダイナイトだった フーリクのライトセーバーを分解し、構造を学んだ経験があり、 制作に関する知識はある程度あったと考えられます。 スカイウォーカーはフーリクのライトセーバーを分解して構造を研究した。 この経験から、彼はライトセイバーを新たに組み立てるにはフォースのテレキネシス能力が必要であることを学んだ。 starwars. wikia. 光刃の素材となるカイバークリスタルは元々は 無色透明で、持ち主に同調することで初めて色がつくのです。 カイバークリスタル自体も自分で選ぶことは出来ず、たとえば『反乱者たち』第9話(ジェダイへの道)では、ロザルにあるジェダイ寺院で主人公のエズラ・ブリッジャーがカイバークリスタルをゲットした時も、 クリスタルの方がエズラに引き寄せられるような描写でした。 どんなクリスタルと出会い、どんな色になるのか?これは 「フォースの導き次第」ということになるのです。 ちなみにシスが使用する赤い光刃のライトセーバーは、 儀式によって赤く染められています。 クリスタルは素の状態では「ライトサイドに属する性質」をもっているので、ダークサイドの人間がこれを使用するには、 儀式によってシス仕様に改良する必要があるからです。 画像の左にあるのがレイアのライトセーバー。 スターウォーズ最新作 『スカイウォーカーの夜明け』で初登場しました。 右はレイのライトセーバーです。 【レイアのライトセーバーの特徴】• 光刃はシングル・ブレード• 光刃の色はブルー。 しかしある日、レイアはフォースを通じ 『自分がジェダイを目指すと息子(ベン・ソロ)に死の危険が訪れる』と感じます。 In 5 ABY,Organa discontinued her training after she told Skywalker that she had sensed the death of her son at the end of her Jedi path. 参考: レイアは息子を救うためジェダイへの道を諦め、持っていたライトセーバーをルークに預けました。 そしてレイアの死後、ルークはレイアのパダワンであるレイに、このセーバーを受け渡したのです。 【おまけの小話】 レイアを演じた故キャリー・フィッシャーは、2016年に出版された自叙記【The Princess Diarist】のプロモーションのためテレビ出演したさい、 『もしライトセーバーを持てるなら紫色がいいわ』と語っていた。

次の

ルピタニョンゴが美しい!スターウォーズ・エピソード7/8でマズ・カナタ役!

マズ カナタ

Contents• マズ・カナタとは? 最初に、マズ・カナタについて簡単に紹介しておきます。 タコダナという惑星にある城で酒場を経営しており、ハン・ソロも昔なじみがあったとか。 そんなマズ・カナタは、昔は 伝説の女海賊として名を馳せていました。 マズ・カナタの城には数々の歴史のある品が保管されており、なぜかルークのライトセーバーもそこに眠っていましたね。 ちなみに、マズ・カナタは フォースと強いつながりをもっています。 もっと言うと、ジェダイのようにフォースを感知することによって危機を感知し、回避することができるのです。 まとめると、マズ・カナタは 御年1000歳のフォースを感じ取れる元女海賊ということですね。 なぜフォースを感知できるのか? ここで注目すべきなのは、 マズ・カナタはなぜフォースを感知できるのかということ。 『スター・ウォーズ』の世界には、生まれながらにフォースを感じ取れる者がいます。 その代表がアナキンで、生まれながらに強いフォースを宿していましたね。 そのため、フォースと強いつながりをもち、危機を回避したりすることができたのです。 おそらく、訓練さえ積めば、簡単にジェダイの騎士にもなれていたでしょう。 スポンサーリンク ヨーダの知り合い? 『スター・ウォーズ』シリーズ上では、マズ・カナタとヨーダが知り合いだというような描写はありませんでした。 ですが、両者には共通する部分がいくつかあります。 例えば……• フォースの力• 物言い• 人を導く などです。 身長はともかくとして、マズ・カナタとヨーダのフォースは、なんとなく似ている気がします。 ヨーダはフォースの力で、遠い惑星で起こっている破壊や人々の恐怖を感じとり、未来を予知することもありました。 同様にマズ・カナタも、フォースによって危機を察知し、事前に回避することができています。 つまり、未来が見えているからこそ、危機を回避できているということになりますね。 このように、 未来を見据えるフォースの力という点は、マズ・カナタとヨーダに共通しています。 また、 物言いと人の導き方が、マズ・カナタとヨーダに似ている部分があると感じました。 まあ、物言いが似ているのは何百年と生きているせいかもしれませんが、人の導き方はなんとなく似ています。 マズ・カナタはレイにルークのライトセーバーを託そうとし、ヨーダはルークにジェダイの修行をつけました。 その際、両者ともこれまで経験してきたことを話しながら、レイやルークにどうするか選択させようとしていましたね。 何となく、人の導き方が似ています。 以上から、マズ・カナタとヨーダは知り合いだった可能性があります。 もしかすると、マズ・カナタはヨーダから多少フォースを学んだというような設定があるかもしれませんね。 まとめ 今回の考察は、「マズ・カナタはヨーダと知り合いなのでは」という考察でした。 マズ・カナタは登場したばかりの新しいキャラクターなので、まだまだ謎が多いです。 なので、ヨーダと知り合いという設定が、今後の『スター・ウォーズ』シリーズで出てくるかもしれません。 マズ・カナタの今後の活躍にも期待しましょう。 スポンサーリンク 第三者配信による広告掲載を無効化していない場合は、サイトへの広告配信に Google 以外の第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があるため、その点についても次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示する必要があります。 引用元: お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用元: このサイトについて.

次の