ご多忙の折に。 「お忙しいとは存じますが」の意味と例文|上司やメールでの使い方

ご多忙とご多用は意味が違う?例文とメールでの正しい使い分け方

ご多忙の折に

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

ご多忙の折に

ビジネス上、先方にメールや電話などで用件を伝える時、「お忙しいと存じますが」と使用することがあります。 一見、丁寧な敬語として感じる「お忙しいとは存じますが」という言葉ですが、はたして正しい敬語として使用できているのでしょうか。 答えは、「お忙しいとは存じますが」という言葉は、敬語として間違いではありません。 しかし、一方でもう少し丁寧な言い方をすることができます。 「お忙しいとは存じますが」という言葉を「ご多忙のところ、お手数をおかけいたしますが」または「ご多忙中、恐縮ですが」、「ご多忙の折、誠に恐縮ですが」などということがあります。 目上の人や取引先、知人などに使用する場合、「お忙しいとは存じますが」よりは「ご多忙のところ」「ご多忙の折、」などとすることで、相手からの印象も変わってきます。 「お忙しいは存じますが」という言葉は、ビジネスマナーとして多く使われており、先方の状況に左右されることなく、相手を敬った礼儀として使用されることが多いでしょう。 それでは「お忙しいとは存じますが」を英語で簡単な使い方をご紹介いたします。 日本語の類似語として、「お忙しいところ恐縮です」や「お忙しいと思いますが」などがあるが、英語ではこれらすべてまとめて同じような使い方をします。 I know you are very busy. (あなたが忙しいことを、私は知っていますよ) 英語の場合、文頭に使用することが多いです。 「あなたが忙しいことを知っているよ。 それで私の要件は~・・・。 」というような使い方です。 例文としては、 I know you are very busy, but I would appreciate hearing from you. また、よく使用される例としてもう一つあります。 I understand you are very busy. (私はあなたが忙しいところを知っています) 「I know~」と表現する部分を「I understand~」としても同じような意味になってくるので、こちらも使用されることが多い英語の表現です。 日本語は、相手より自分が目下の使用をするが、英語の場合は対等であることがわかってきます。 これは、それぞれ日本人の恐縮しているところや欧米人のおおらかなところなどの国民性をあらわしているのかもしれません。 「お忙しいとは存じますが」という言葉を使う時、上司や目上の人などは、謙譲語や尊敬語などに気をつけて使用しなければいけません。 仕事中、使用する例としては、下記のようになります。 「お忙しいとは存じますが、こちらの資料の確認をお願いいたします」これは、上司の日頃の仕事をたてる意味も含まれていますが、ビジネスマナーの一つとして常識的に使用することが多いです。 また、特別な例としては、下記のように使用することもあります。 これは、部下が結婚式を挙げるにあたって、上司へ乾杯の挨拶をお願いした一文です。 「この度、わたくし事で大変恐縮ですが、結婚の運びとなりました。 」 このように、上司への使用としては簡単にいうと、主にお願い事などをするときに使用することが多いでしょう。 年賀状の文末に「お忙しいとは存じますが、どうぞご自愛下さい」 それでは改めて、ビジネスにおいての通信手段についてもう一度おさらいしていきましょう。 ビジネスにおいて使用する通信手段は大まかに分けて、 ・電話 ・Eメール ・FAX ・手紙(ビジネス文書) などが代表的な通信手段としてあげられます。 ではその中でも、使用頻度が高く相手に記録として残りやすいEメールについてみていきましょう。 また、Eメールについてのメリットやデメリットなどについてまとめた簡単な動画がありましたので、下記にご紹介いたします。 この中で、言葉や敬語などについて説明があります。 間違った言葉や敬語を使用すると相手に不快感を与えてその後の関係に支障をきたしてしまう、なんてこともあり得ますので、参考にしてみて下さい。

次の

「ご多用の折」の意味を詳しく紹介。使い方の違いを具体例で学ぼう!

ご多忙の折に

「ご多忙の折」の意味 「ご多忙の折」とは「お忙しいところ」という意味です。 「ご多忙」は「忙しい」、「~の折り」は「~のところ、~のタイミング」と解釈できます。 「ご多忙の折、お越しいただきありがとうございます」と言えば「お忙しい中、お越しいただきありがとうございます」という意味です。 「ご多忙の折」は口頭でも文章でも使われる言葉で、相手へのお礼や感謝を伝える場面で聞かれます。 他にも、相手へ何かを依頼したい場合にも使われ、いずれの場合でも「忙しいのに申し訳ない」という気持ちを表す言葉です。 「ご多忙の折」の使い方 「ご多忙の折」を目上の方へ使う 「ご多忙の折」という言葉は、基本的には目上の方へ使います。 「きっとお忙しいでしょう」「お時間に余裕はないでしょうが」と、相手が忙しくしているということを前提で話すこと自体がマナーなので、相手が本当に忙しいかどうかという事実は関係ありません。 「ご多忙の折」を同僚や部下に使う 「ご多忙の折」は基本的には目上の方に使いますが、場合によっては自分と同等または目下の方に対しても使います。 その多くは手紙や招待状などの文面です。 相手がどんな立場の方であっても、手紙などで改めて何かを依頼したり招待したりする場合には、尊敬表現を使うことがマナーです。 「ご多忙の折かと存じますが、ぜひご参加ください」など、尊敬語と丁寧語をバランス良く使えば嫌味になることもありません。 「ご多忙の折」はお礼や依頼に使う 相手に何かのお礼を伝えたい場合や、相手に何かを依頼したい場合に「ご多忙の折」が良く使われます。 お礼の場合は、相手が自分のために何かをしてくれたということについて感謝の気持ちを伝えますが、そのときにただ「ありがとうございました」だけでは味気なく、感謝の気持ちが上手く伝わらないことも多いものです。 そこで「ご多忙の折、お気遣いいただきまして誠にありがとうございました」「ご多忙の折にもかかわらず、おいでいただき大変感謝いたしております」など、具体的なお礼を伝える方法のひとつとして「ご多忙の折」が使われています。 また、相手に何かを依頼したりお願いしたりしたい場合にも「ご多忙の折」が使えます。 これも「よろしくお願いいたします」だけでは、何となく物足りず、見方によっては一方的に押しつけられているように感じる方もいるかもしれません。 そこで「ご多忙の折、ご面倒をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます」「ご多忙の折、大変恐縮ではございますがご検討いただければ幸いです」などとして、「忙しいところ本当に申し訳ないが」という謙虚な気持ちを表します。 「ご多忙の折」と「ご多用の折」の違い 「ご多忙の折」に使われている「ご多忙」は「忙しい」という意味です。 「ご多忙」はとても広く知られた表現なので、相手に伝わりやすく誤解を受けることもほとんどありません。 しかし「ご多忙」の「忙」という字は「心や体が亡くなる」という意味があります。 これは忙しさのあまり心や体が疲れ切ってしまう様子を表しています。 この「亡くなる」という文字が入っていることで、おめでたい席などには「ご多忙」という言葉自体が使われないことも少なくありません。 「ご多忙」という言葉を縁起が悪いと受け取るかどうかは個人差があるので、心配な場合は「ご多用」を使うと良いでしょう。 「ご多用」であれば、特に縁起の悪い文字も含んでいませんし「用事が多い」は「忙しい」と同じ状況を表します。 「ご多用中のところ」「ご多用の折」などとすれば、言葉の縁起に敏感な方でも不快に思うことはありません。 「ご多忙の折」の類語 「ご面倒をおかけしますが」 「ご多忙の折」を使わずに「忙しいところに申し訳ありません」という気持ちを伝えるのであれば「ご面倒をおかけしますが」「ご足労をおかけしますが」「お手を煩わせますが」「お手数をおかけしますが」「図々しいお願いではございますが」など、相手の状況を想像してその言葉に「~ではございますが」という言葉を付け足せば失礼がありません。 お礼を伝える場面でも「お疲れのところおいでいただき」「お足元の悪い中お越しくださり」「ご面倒をおかけしたにもかかわらず」など、他の言葉を使って具体的に伝えることもできます。 「~の折」という表現は言葉自体に品格があり、とても上品に敬意を表せる言葉です。 しかし本当に伝えたいのは「お礼・感謝」または「依頼したい内容」なので、まずは相手に気持ち良くこちらの真意を受け取ってもらうことが重要です。 「大変恐縮ではございますが」 「ご多忙の折」や具体的な言葉を使わずにお礼を伝えたり、依頼を伝えたりしたい場合は「恐縮」という言葉も使えます。 「恐縮」とは、相手への敬意がありあまって身が縮むような様子を表す尊敬表現です。 「大変恐縮ではございますが、ご参加いただければと存じます」「先日はわざわざお越しいただき、大変恐縮です」などと使えば、こちらがへりくだっていることを伝えた上で、お礼や依頼ができるようになります。 「ご多忙の折」の例文• 「ご多忙の折、大変恐れ入りますが当社までお越し願いたく存じます」• 「ご多忙の折、ご面倒をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます」• 「ご多忙の折、ご参加いただき誠にありがとうございます」• 「ご多忙の折、ご対応いただき心より感謝申し上げます」 スポンサードリンク.

次の