浜辺 美波 横浜 流星。 浜辺美波&横浜流星:W主演ドラマでドロドロな愛憎劇 「私たちはどうかしている」を実写化

浜辺美波&横浜流星の和装2ショット公開「頼れるお兄さんです!」

浜辺 美波 横浜 流星

女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんが、7月期に日本テレビ系で放送される連続ドラマ「私たちはどうかしている」(水曜午後10時)でダブル主演を務めることが3月24日、明らかになった。 浜辺さんは和菓子職人の花岡七桜(はなおか・なお)、横浜さんは老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)を演じる。 浜辺さんは同局のドラマ初主演。 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。 母子家庭で和菓子職人の母を持つ七桜は、老舗和菓子屋「光月庵」に母娘で住み込んでおり、光月庵の跡取り息子・椿とはお互いに初恋の相手でもあった。 しかし、椿の父で光月庵の主人が刺殺され、当時6歳の椿の証言で、七桜の母親は逮捕。 七桜は光月庵を追い出され、母は取り調べ中に亡くなってしまう。 15年が過ぎたある日、七桜と椿はある和菓子の対決で再会。 七桜の和菓子に興味を持った椿は、七桜が幼なじみと気づかぬまま初対面でプロポーズする。 七桜は母の無罪を証明するため、正体を隠したまま、椿との結婚を利用して光月庵に乗り込むことを決意する……というラブミステリー。 七桜は、母親の才能を受け継ぐ和菓子職人。 人の心をつかむ、斬新で思いやりのあるお菓子を作る。 光月庵の跡取り息子である椿は、一見クールで傍若無人だが、和菓子や店に対する強い思いを持っている。 母や祖父から、家族としての愛情を受けてきておらず、実はとても不器用というキャラクター。 脚本は「のだめカンタービレ」や「偽装不倫」などの衛藤凛さん、演出は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」「あなたの番です」などで知られる小室直子さんと「家売るオンナ」「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」などの猪股隆一さんが担当。 横浜さんも出演して話題になった「あなたの番です」のスタッフが制作する。 亡き母への思い、和菓子への思い、そして椿への思い、たくさんの思いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います。 横浜さん演じる椿をはじめ、監督、スタッフ、キャストでどんな「私たちはどうかしている」のドラマの世界が出来上がるのか今からすごく楽しみです。 私にとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作り上げていけたらなと思います。 椿は、亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコいい男です。 そんな椿を演じさせていただくことにプレッシャーを感じていますが、皆さんの期待に応えられるように、椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や思い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います。 父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜とのいびつな関係も物語の魅力的な部分だと思っています。 また、和菓子作りも始めました。 繊細な作業で難しいですが、とても楽しいです。 少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることができればいいなと思っています。 何があるか分からないものです。 おまけに一視聴者として楽しんできた日テレさんの水曜10時! とても光栄です。 そして、一見クールなのに情熱や使命感にあふれ、不器用で可愛い一面も持つ椿には、その涼しげなルックスからは想像できないほど、お芝居に対して熱くて真摯(しんし)で、でも人懐っこい少年のような一面もお持ちの横浜さんしかいないと思い、 オファーさせていただきました。 最強に美しいお二人が、美しくも過酷な和の世界をどんなふうに生き抜いていくのか? 皆様もぜひ、見届けていただけたらと思います。 世界に誇れるクールジャパンな和の美しさを、最高のエンターテインメント作品としてお届けします! どうぞご期待ください!.

次の

浜辺美波と横浜流星がキス?初のラブシーン作品情報と動画&画像!

浜辺 美波 横浜 流星

累計発行部数200万部を突破する安藤なつみの同名コミックを基にした本作は、才能あふれる和菓子職人・花岡七桜(浜辺)と、創業400年の老舗和菓子屋「光月庵」のクールな跡取り息子・高月椿(横浜)が、15年前の「光月庵」主人殺害事件をめぐって、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合うラブミステリー。 このたび、爽やかな萌黄色の着物に身を包んだ浜辺と、紺の着物と羽織をまとった横浜の2ショットビジュアルが公開に。 撮影には一人ずつ臨み、二人の写真を合成して仕上げたそうで、和装について二人は「きれいな着物が多くて楽しいです。 姿勢や重心のかけ方で見え方が違うので、ひとつひとつ学んでいるところです」(浜辺)、「背筋も伸びるし、椿を演じるスイッチにもなっています」(横浜)と感想を語った。 ドラマの撮影は6月から再開。 3月には物語の舞台となる石川県金沢市での撮影が行われたといい、七桜と椿の関係が急接近するシーンの直後に撮影されたオフショットも公開された。 こちらは金沢の町並みと、二人の和装姿が美しい一枚となっている。 二人は今作が初共演となるが、浜辺は横浜に「笑わないイメージ」を持っていたそう。 しかし、今回の共演を通して「怖いのかなと思ったら、そんなことなくて。 意外と不器用なところもあって、でも頼れるお兄さんです!」と印象が変わったという。 横浜は「浜辺さんはおちゃめさもあり、でもしっかり自分を持っていて。 そのさじ加減が絶妙で、七桜にピッタリだなと」と浜辺と役のシンクロ具合を明かしていた。 (編集部・吉田唯).

次の

【画像あり】浜辺美波&横浜流星:和装姿の似合いすぎると話題に!

浜辺 美波 横浜 流星

このほど、浜辺と横浜の和装ツーショットビジュアルが初公開された。 同ドラマの原作は、「BE・LOVE」(講談社)で連載中で、累計発行部数200万部超の安藤なつみの同名コミック。 浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人の花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子の高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも強く惹かれ合う物語だ。 浜辺&横浜のほか、主人公の七桜と椿それぞれの思いに、時には寄り添い、時には立ちはだかる、個性豊かな登場人物たちとして、、、、、、、、、、、の出演が決まっている。 今回公開されたビジュアルで、爽やかな萌黄色の地に、白や薄紅色の花をあしらった着物に身を包んだ浜辺と、紺の着物と羽織をまとった横浜。 物語の中で和菓子に情熱を傾ける七桜と椿が目の前に現れたようで、撮影現場は華やかな空気に包まれた。 今回は二人の写真を合成して仕上げることになり、撮影には一人ずつ臨んだ。 和装について感想を聞かれた浜辺は「きれいな着物が多くて楽しいです。 姿勢や重心のかけ方で見え方が違うので、一つひとつ学んでいるところです」、横浜は「背筋も伸びるし、椿を演じるスイッチにもなっています」と笑顔で語った。 また、互いの印象については、「横浜さんは笑わないイメージがあって、怖いのかなと思ったら、そんなことなくて。 意外と不器用なところもあって、でも頼れるお兄さんです!」(浜辺)、「浜辺さんはおちゃめさもあり、でもしっかり自分を持っていて。 そのさじ加減が絶妙で、七桜にピッタリだなと」(横浜)と明かした。 そして、ドラマを心待ちにしている人へ、「ドキドキ、ハラハラ、切なくさせる、胸が騒がしくなるようなドラマにできたらと思います」(浜辺)、「和菓子や着物の美しい世界観の中で、ミステリアスなドロドロした愛憎劇もあります。 全力を尽くしますので、ぜひご期待ください」(横浜)とアピールした。 ドラマの撮影は6月から再開したが、3月には物語の舞台となる石川県金沢市での撮影が行われた。 その際、二人の関係が急接近するシーンの直後に撮影されたオフショットも公開! 金沢の町並みを背景にたたずむ七桜と椿。 ドラマの見どころの一つである、日本文化の美しさを感じさせる一枚となっている。

次の