導き の 地 ヴァルハザク。 【MHWアイスボーン】死を纏うヴァルハザクの攻略と弱点|対策装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】ヴァルハザクの弱点と攻略|痕跡場所【モンハンワールド】|ゲームエイト

導き の 地 ヴァルハザク

氷雪地帯は、特別任務「失われた幽世線」をクリアすると解放されます。 失われた幽世線では、ジンオウガ亜種の狩猟が行われます。 導きの地の最新アップデート情報 指定レベルの減少が可能に 導きの地のレベルを意図的に下げる機能が追加されます。 レベルの調整はしやすくなるものの、レベルを上げる方法は以前と変化ないので、注意が必要です。 特殊痕跡がより集めやすくなる 導きの地で解析済みの特殊痕跡を入手、もしくは完了した際、クエストメンバーも痕跡を獲得できるように変更されます。 今までよりも特定のモンスターを周回する機会が自然と増えます。 強力なスキルが組みやすく、モンスター攻略を進めやすくなります。 マスターランクのカスタム強化素材を入手 導きの地では、 マスターランク武具のカスタム強化に使用する特別な素材が入手可能です。 導きの地をやる大きな目的がカスタム強化素材の入手なので、採集・モンスター討伐をぬかりなく進めていきましょう。 地帯レベルの上げ方と注意点 導きの地の各地帯にはレベルが設けられており、地帯レベルが上がると出現するモンスターの種類が増えます。 地帯レベルは、モンスターの狩猟か痕跡を集めると上がっていきます。 MRを上げると地帯レベルの上限が解放 必要マスターランク 地帯レベル上限 MR49 レベル5 MR69 レベル6 MR99 レベル7 地帯レベルの上限は、マスターランク MR を一定まで上げて出現する任務クエストをクリアすると解放されます。 地帯レベルは、最大7まで上げることが可能です。 地帯レベルの上げすぎには注意 1箇所の地帯レベルを上げると、同時に他の地帯レベルが徐々に低下します。 地帯レベルごとに出現するモンスターの出やすさや、入手できる素材が異なることから救済措置として設けられているようです。 欲しい素材が入手できなくなる 地帯レベルを上げると、出現モンスターレベルごとにモンスターから入手できる素材が異なるため、欲しい素材が入手できなくなる恐れがあります。 目的なくモンスターを狩るより1体を集中して狩る方が効率的です。 地帯レベルの調整方法 目的の素材がある場合は、対象のモンスターのみを狩って帰還し、地帯レベルの上昇を抑えるのが得策です。 上げすぎてしまった場合は他の地帯を上げて、目的の地帯のレベルを下げられます。 低レベルの導きに参加すると効率的 地帯レベルのみを重視して上げたい場合は、自身より低レベルの導きの地に参加するのが効率的です。 低レベルの地に参加すると通常時よりポイントを多く稼げるため、簡易的にレベル上げを行うことが可能です。 逆に高いプレイヤーが低いプレイヤーの導きの地に参加することは可能です。 特殊痕跡の使い方と解析の進め方 解析を始めるには、モンスターの特殊痕跡が必要です。 特殊痕跡はフィールドの各箇所にある他、大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲でも入手できます。 特殊痕跡を入手した場合、画面右上に「解析状況」が表示されます。 解析は2通りの進め方が存在 解析の2通りの進め方 同種族のモンスターを討伐・剥ぎ取り、縄張り争い跡の回収 導きの地の大型モンスターの部位破壊 1体につき1回 解析は、2通りの方法で進められます。 解析の対象種族は導きの地内の画面右上にて確認可能です。 なお、導きの地の大型モンスターの部位破壊は、モンスター1種つき1回だけ解析を進められます。 対象によっては複数回解析を進める必要がある 解析を行う対象によっては、複数回解析を進める必要があります。 そのため、フィールド内の様々なモンスターを部位破壊して回るのも効率的です。 また、部位破壊した対象が解析対象だった場合、その場で解析が完了します。 解析が完了するとおびき出しが可能 解析が完了したモンスターは受付嬢から「おびき出し」ができ、任意のタイミングで戦えます。 おびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話しかけると行うことができ、1回行うと解析した特殊痕跡がなくなります。 確定素材を入手すると、溜めたゲージは1割ほどまで減少しますが、レア素材集めに役立つため積極的に活用しましょう。 導き狩猟おすすめ睡眠装備 簡易版睡眠装備 部位 防具名 スロット 頭• 必須スキルは別途で組み込む必要があるものの、全ての武器種に対応でき、比較的簡単に運用が可能な装備構成になっています。 エンプレス採用整備装備 部位 防具名 スロット 頭• 整備で化合の装衣を回す他、スラアクの零距離属性解放突きの機会を作れるなど高い汎用性を誇る装備構成です。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 真・会心撃【特殊】で睡眠値を底上げする他、精霊の加護の極意で安定性を高めています。 耐久面が心配の方には特におすすめの装備構成です。

次の

【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

導き の 地 ヴァルハザク

ヴァルハザクの攻略ポイント 事前に知っておきたいこと• 瘴気耐性は必須• 初期エリアで落石を当てよう• 慣れないうちの不動の装衣は非推奨 瘴気の対策で瘴気耐性は必須 「ヴァルハザク」は身体に瘴気を纏ってるため、近づくと継続的にダメージを受けるだけでなく、 体力の最大値が半分になる「瘴気侵食状態」になる可能性があります。 そうなると攻撃を受けてしまうと1撃で乙ってしまう確率が大幅に上がるため、スキルの「」は必須になります。 「瘴気侵食状態」は「」か「」を使用すると解除できますが、減ったHPまでは回復しないので、必ず「」で対策をしましょう。 エリア14では落石を活用 「ヴァルハザク」の初期位置である「」のエリア14には落石ポイントが2か所あります。 落石を当てると大ダメージとダウンを取ることができるため狙っていきましょう。 この落石の近くにはラフィノスが複数匹いて落石の邪魔をしてくるため、先に倒してから落石を使うのがおすすめです。 初心者は不動の装衣の使用は控える 「ヴァルハザク」の攻撃には多段ヒットの攻撃が多く、不動の装衣を着ていると 多段ヒットを全て食らってしまい乙ってしまう事があります。 慣れていないうちは不動の装衣を着るのは控えたほうが良いでしょう。 「ヴァルハザク」の足元から前転4回ほどの範囲に攻撃判定があるので、予備動作の立ち上がる動きをしたら急いで攻撃範囲外に離れましょう。 左側前方はブレスが発生する位置になるので、ブレスのモーションを確認したら、「ヴァルハザク」の右横のブレス範囲外に移動しましょう。 また、ブレスを行う前に怯ませることができればブレス攻撃がキャンセルされるので、のしかかり瘴気ブレスを確認したら全力で攻撃して怯ませましょう。 また、纏っている瘴気が完全に無くなった場合、腹下に潜り攻撃することで、ほとんどの攻撃をかわしながら戦うことが可能です。 小型から瘴気吸収の時は大チャンス ・纏った瘴気の量が少なく、周囲に瘴気に侵された小型がいると行う ・瘴気吸収を始めると、小型はその場から動かない ・瘴気吸収中にヴァルハザクがひるむ、小型が討伐された場合、瘴気吸収が中断される ・ 瘴気吸収から瘴気ブレスに移行することがある 「ヴァルハザク」は、纏っている瘴気が減少すると、瘴気に侵されいる「ギルオス」などの小型から瘴気を吸収しようとします。 瘴気吸収中の「ヴァルハザク」は動かずに無防備状態となるため、腹部や尻尾の先端を狙い大ダメージを与えられます。

次の

【導きの地】瘴気地帯の各モンスター出現率一覧、入手素材まとめ

導き の 地 ヴァルハザク

装備紹介について 現時点で所持する武器・防具・護石・装飾品を使って、各モンスターに対抗する為に考えた装備を備忘録的に記録しておきます。 無料大型アップデート後という事で重い腰を上げて導きの地に通っています。 正直レベルアップがし易くなったろうが、溶岩地帯が増えたろうが、面倒くさいという感想のままだったりします。 というか既に飽きちゃっているのかもしれません。 現在は陸珊瑚地帯がLv7に到達、溶岩地帯をLv7にしている途中、残りどこかをLv7にするつもりというところにいます。 でも今は瘴気の歴戦死を纏うヴァルハザクの素材が欲しい!なのに瘴気地帯はLv1。 今からLv7にしたらあっちは下がるしなんだかんだで時間掛かるしこれは困った…状態。 救難信号でもあまり死を纏うヴァルハザクが出ていないので本当に困っています。 見つけたらすかさず行けるように、導きの地用の対歴戦死を纏うヴァルハザク装備を考えました。 なお、過去に作ったを引き継いでいます。 全防具カスタム強化済みです。 装備スキル一覧 クリックで拡大• 見切り:Lv7• 体力増強:Lv3• 超会心:Lv3• 弱点特効:Lv3• 体術:Lv3• 瘴気耐性:Lv3• 力の解放:Lv2• 熱ダメージ無効:Lv1• スタミナ急速回復:Lv1• 満足感:Lv1• 精霊の加護:Lv1• 地質学:Lv1• シリーズスキル:【炎王龍の武技】達人芸 装飾品一覧 クリックで拡大• 本装備のポイント ネルギガンテ武器と相性の良い達人芸 白ゲージが長く会心率もアップさせ易いネルギガンテ素材を使った最終強化武器。 その特性を活かして達人芸を採用しました。 見切りもLv7MAXにしています。 手数が多く斬れ味消費の多い双剣にはありがたい最強レベルのスキルです。 体術かスタミナ急速回復かランナーか ワールド時代はランナーを使っていました。 正直この3つのスキルの内どれを選ぶと双剣にとって良いのか分かっていないので、装飾品が増えたらまたちょっと変化があるかもしれません。 地質学Lv1は必須 落とし物の拾える回数が増えるという事で最早常識である地質学。 Lv1をちゃんと着けています。 お尻 こう使われる事をデザイナーはちゃんと想定していますよね絶対。 だから期待に応えたいと思います。 というか、これを見せたかったが為の装備紹介でした。 スポンサーリンク• 193• 178• 22 Comment• に 完クリ野郎ニャーチーム より• に 完クリ野郎ニャーチーム より• に まかろん より• に Pさん より Sponsored.

次の